京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2007年08月31日

京都のインド料理「ラジャス・RAJU」

今、京都・滋賀にラジャス・インド料理の輪が広がっている。
すでに、丹波口店・山科店・伏見店・草津店・膳所店・堅田店に続いて、
実は、あのアゼルバイジャン料理の「カスピアンキッチン」が、「ラジャス」になった。
実は、私の仲間のナターリャが、スタッフとして働いているのと、山科の「バラクーダ」のご夫妻のお勧めが、山科の「ラジャス」だったので、知っていたのだが、ラジャスさんお勧めは、「カルカッタカリー」と炭焼き。ま、お近くのお店で楽しんでください。今、京都のインド人で一番パワフルな人です。

ところで、カスピアンキッチンのレサさんが、1週間ぐらい前に私のいるお店に遊びに来てくれていました。とてもお元気だったそうですが、私が休暇中だったので、お話できませんでした。
きっと、新しい「カスピアンキッチン」を、準備中だと思います。
http://www.leafkyoto.net/g/raju/index.html  


Posted by こやまあきゆき at 23:30Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年08月26日

まずいってほしい外国料理店小山おすすめ!

左京区 フレンチの「ベルクール」松井さんのお店
   比叡山方面は、「エスニックカフェ」
北区  タイ料理「タムサバイ」
右京  スロベニアレストラン「ピカポロンツア」イゴールのお店
山科  スキューバーのスポットの料理「バラクーダ」
西京極 アフリカ料理「アシャンティ」
宝ヶ池「ホンキートンク」
修学院「スピークイージー」
下鴨「ホーリーズバー」(スコットランド)
東山区 消防署前の「デリ」か七条京阪東「モンゴル餃子」か西のタイ料理店。
祇園  フィリピン料理「アシャンティ」
先斗町 ブラジル料理・メキシコ料理・ネパール料理・タイ料理
河原町 「シッテゥ・ゲッツ・サン」
四条京阪 ロシア料理「キエフ」
三条京阪 フルーツバー「上」アジア屋台の店とコラボ
丸太町  「エルゴビバームス」(鴨川の「エルゴカフェ」も含む)
出町   「中川酒店」(ジャマイカ)と「リンデンバウム」(スイス・ドイツ・フレンチ)
京大近辺 「円居グループ」(ボンボンカフェとか京大のレストランとか)
同志社近辺タイ料理「イーサン」


  


Posted by こやまあきゆき at 22:30Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2007年08月14日

大文字おすすめは、「キエフ」の大文字セット¥5000

涼しい6階レストランで2時間フリードリンク。おまけに枝豆から、賀茂なす・牛フィレステーキアジイカソース。など料理も楽しめて、8時前から屋上で大文字・妙法を楽しめる。お一人¥5000.
屋上はすでにご予約満席だが、レストランは雨天の場合の避難所になっている為、60席は当日天気のみは入れます。大文字の大混雑の日、超おすすめスポットです。
セット一人¥5000  


Posted by こやまあきゆき at 16:19Comments(0)欧州料理

2007年08月13日

京都のトルコレストラン「イスタンブールサライ」の料理。

ランチは、土・日・祝のみ
・煮込みランチ  ¥1600
・ケバブランチ  ¥1850
ディナー
・A         ¥2600
・B         ¥3100~¥3600
場所は、三条河原町上がる「朝日会館」北側を西へ。
   075-213-2995  


Posted by こやまあきゆき at 00:42Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年08月13日

京都のアゼルバイジャン料理「カスピアンキッチン」閉店?

今までたびたび紹介しているアゼルバイジャン料理「カスピアンキッチン」が閉店しているとの情報から、いろいろ調べてみましたが、今のところ仔細は不明です。オーナーのレサさんとは、個人的に親しいのですが、祇園の「ビーナス」も閉まっていて、最近店を、広い町屋にでも引っ越したいと、取り合えず一度今の店を閉めたいと言っていました。親友の姫路のペルシャ・トルコ料理「カスピアン・キャバブ」のオーナームサビさんにも聞いてみましたが、ムサビさんがしばらく帰国していたのでまだ連絡取れてないそうです。きっと新しい店を近くオープンすると思います。  


Posted by こやまあきゆき at 00:37Comments(2)アジア・アフリカ料理

2007年08月10日

京都のオーストラリア料理

京都で、オーストラリア料理店は、ありません。実は、ほとんどのステーキハウスは、国産かオーストラリアのOGビーフですが、あまり表示されません。人気の祇園のスキヤキ・焼肉食べ放題のお店もOGビーフですが、私が明言できかねます。で、他のオーストラリアというと、カンガルーが食べられるのは、「アシャンティ」のセネガル風カンガルー料理です。現地の食材とカンガルーが似ているそうです。オーストラリアで学んだ料理人は、川端四条上がる串焼き「YASU」の店長。オーストラリアから帰国して、現在の店を始めました。情報は、ヤスで収集してください。
ちなみに、アボリジニ風タロイモなどの料理は、祇園四条上がる「アシャンティフィリピン料理店」タロイモ料理など食べて下さい。オーストラリアビールは、山科の「バラクーダー」で飲めます。フィジービールもおいてます。一番近いニュージーランド料理店は、四条縄手上がる「グリーン」です。
ホテルフジタ1階「ピエスデゥ」では、8月のランチ¥2000プラスオプション¥300で、オーストラリア牛のステーキが、味わえます。フレンチの大沢料理長の1品です。  


Posted by こやまあきゆき at 00:39Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2007年08月07日

京都のセネガル料理

この前ご紹介したマリ料理「カフェ・ル・バオバブ」で私が食べた「ヤサ」というシチューは、セネガルのお料理だとのご指摘がありました。マリ料理のお店と思っていてのと、閉店前であまりお話を聞けなかったので、訂正させていただきます。このお店は、なかなか私の仕事時間とかぶっていてなかなかいけないのですが、また詳しくお話を御伺いしようと思います。日々食べ歩いて出来るだけお店の方にお話を御伺いしているのですが、何か間違いにお気づきでしたらどんどんコメント下さい。
尚レサさんの新しいお店も閉まったいるので、「カスピアンキッチン」についても調べています。共通の友人が、姫路でトルコ料理店を開いているので確認します。  


Posted by こやまあきゆき at 15:33Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年08月05日

京都のアフリカ料理「アシャンティ」仔細

京都でアフリカ料理を食べようと思ったら、まずチェックするのが、西京極の「アシャンティ」。木屋町の「クスクス」そして、マリ料理の北白川天下一品本店の2階の「カフェ・ル・バオバブ」である。
3店をはしごすると、アフリカ各地のかなりの国の料理が、堪能できる。
で、私は、たまたま、「カフェ・ル・バオバブ」と「アシャンティ」を、ハシゴした訳だが、他にもアフリカ料理が食べられるお店が、京都に数点ある。
今回は、先日お邪魔した「アシャンティ」で私が食した料理の仔細。
1.だちょうの刺身。
2.ガーナ料理「ンカツェクアン」(チキンとピーナッツの野菜スープ)
    中に様々なお餅を入れられる。私は、オプションで、フフというジャガイモ餅2個入れてもらっ  
た。フフはとてもおいしいが、スープがボリュウム満点なのに、欲張ってフフ2ケ入れたら、ここで終わってた。もう大満足。

3.ガーナ料理「ケレウエレ」(プランティーンという甘くない巨大バナナのスパイシーな揚げ物・・・甘くない)
4.ガーナ料理「スーヤ」子羊と野菜のガーナ風
5.チュニジア料理「プレックチュニジアン」巨大揚げ餃子のようなもの。には、生タマゴ野菜たっぷり。
6.アイスクリムを注文したら、特製チーズケーキが、サービスでつけてくれた。
  今回は、オーナーケン・コフィー・エフナコさんの出身地ガーナ料理を主に選んだが、店のめにゅーアリゲーター料理などもある。驚く話は、」次のブログで。  


Posted by こやまあきゆき at 23:35Comments(3)アジア・アフリカ料理

2007年08月05日

京都のチュニジア料理「Ashanti」

アシャンティで食べた料理の一つがチュニジアの「プレックチュニジアニ」
はっきりいって30cmぐらいある巨大揚げ餃子。
どうして食べるか聞いたら、生たまごや野菜がたっぷり入っているので、長い方を縦にして、上から食べるしかない。ふうふうしながらたべました。おいしいけど大変。グループだと盛り上がるの確実。  


Posted by こやまあきゆき at 15:01Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年08月03日

京都のガーナ料理「Ashanti]

京都で、アフリカ各地の料理が食べられるお店が、阪急「西京極」駅出入り口の反対側の静かな住宅街を駐輪場を一周するように反対側の出入り口まで行くと、目の前にある。
シェフのガーナ出身のKEN Kofiさんは、船や大使館の料理人として、立派にフレンチの料理人として働いてきた。17年前から京都で「アフリカ各地の料理」を紹介しているが、
実は、ピアノと歌も抜群。この日は、ダチョウの刺身で始まり、ガーナ料理中心ノメニューをいただいたが、他にもアフリカ各地の料理が楽しめ、デザート・ケーキ・ドリンクも充実。
阪急沿線の方。知らないのは、とてももったいないです。
新しい世界が待っています。彼の料理も多彩で、子供とでも行けますし、アイスクリーム食べに行くだけでもOK。
料理の仔細は、順に紹介します。すばらしい人です。  


Posted by こやまあきゆき at 23:36Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年08月02日

京都の山科「バラクーダ」のダイブ&お料理

京都の山科にあるスキューバーダイビングのお店。スキューバーグッズやダイブツアーも日帰り1万代ぐらいから1泊・・・と予定が書かれている。「SEYU」の向かいといえば、すぐお分かりでしょう。
代表の浜野叔生さんが店を開いて約10年。沖縄とか各地のダイブスポットに行っているうちに、6年前から店で、ダイブゆかりの地のお料理やドリンクを出すようになった。
特別エスニックとかダイバー料理なんて意識していない自然体。
それもそのはず。浜野さん。会えばわかるが、むちゃくちゃいい人。お店にも変な気負いがない。
どことなく南の海の家にでも飛び込んだような癒し空間。
で、本日昼食でいただいたのが「バラクーダ特性ハンバーグ」・ハワイのKAUAI COFFEE(ココナッツミルクコーヒー)デザートにパナパフというバナナ・ココナッツ・.パイナップルのアイスクリーム。
これが、めちゃうまい。そこで皆さん!
1.山科でめずらしい外国料理や奄美・沖縄料理が楽しめるお店です!
2.なんと昼の12時から夜の12時まで食事ができます。(普通夜だけとか、間休憩のお店が多いのに)
3.お酒は、日によって夜中2時から明け方まで営業してます。
4.間の時間にアイスクリーム食べに行くだけでも楽しみなお店。西友帰りにどうぞ!
5.浜野さんと是非お友達になってください。山科の癒し空間が一つ持てること請け合いです。
   


Posted by こやまあきゆき at 20:40Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2007年08月01日

京都のトルコ料理新京極の「ドルネキャバブ」

まずお詫びです。今日夕食まで何もたべてないとマリ料理のブログに書きましたが、新京極で、トルコ料理の「ドルネキャバブ」を食べたのを忘れてました。
のびーるトルコアイスを食べに立ち寄ったのですが、娘は「ハーゲンダッツ」がいいと思っていたので(これも間違い、実は、家内と姉がダッツ派で、妹と私は31派なのです。トルコの店の後に31に行く途中で、たまたま娘が間違ってダッツに入ってので2人でダッツで食べたのですが、後で家内・上の娘と合流して和食で夕食後、2人は迷わずダッツに入って行きました。仕方なく私も再び抹茶をシングルで食べたのです。ちなみに1回目の妹と2人の時は、私はピーチとバニラでした)すみません。トルコアイスの続きですが、結局私だけこのときキャバブを食べました。
 本日小山の食したもの。トルコのキャバブ。和食で鴨鋤など。マリ料理のシチューやデザート。そしてハーゲンダッツに2回で、3個。ドリンク、朝ヤサイジュースと牛乳500ml。昼タピオカコーヒー。スポーツドリンク。「味ビル」で、梅酒2杯・シークワーサー・京都1497生ビール2杯。マリ料理のお店でケニアのビール「タスカー」1本。  やっぱり健康診断の結果が心配です。  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 23:50Comments(2)アジア・アフリカ料理

2007年08月01日

京都のマリ料理「Cafe' le baobab」

昼に定期健康診断を受けた関係で、ベタですが家族で味ビルの「囲」で夕食したのですが、昨日2度食べた南インド方面のランチから、ドリンク以外食べてなかったので、一人でマリ料理の「カフェ・ド・バオバブ」に寄りました。セネガルのシチュウ「ヤサ」。他に「デゲ」「ジンベエ」というジュースとデザートも頼んだのですが、せっかくなのでケニアのビール「タスカー」も飲みました。
 今日のお昼に上の娘にタピオカ入りココナンツミルクを買っていったのですが、タピオカ入りミルクティーの方が好き。といわれました。いっしょにここに連れてくれば良かったかも。
偶然ですが、シチューは、辛くないカレーに似ていて、偶然前日食べたタミール料理とベンガル料理の中間的な味です。(北白川の天下一品本店の2階)  


Posted by こやまあきゆき at 23:04Comments(1)アジア・アフリカ料理

2007年08月01日

しげさんのお店と料理最高「ゴーヤ素麺」

しげさん。私が学生時代通った「ざっくばらん」におられた。当時の仲間の一人が、「アジアティカ・タイ料理店店長」。しげさんは、河原町今出川に出来た最初の「セカンドハウス」のスタッフも勤められ、約4年前に河原町のマロニエの北を東に入った所に自分のお店を持たれた。
看板のSHIGESANが「SIT GET SUN」になっている。さんは?・・・・よく看板見て考えて。
ちなみに、タイカリーやこだわり天津飯ほか、オリジナルいっぱいで大人気。
わたしもこれから、しげしげと通わせてもらうつもり。
初対面なのに、古き良き友と出会った感じ。場所は、てきとうです。ここは隠れ家なので、さがして下さい。河原町の三条と四条の間で、東に一見行き止まりに見える路地を入る(実は露地はつながっている)。がヒント。本当に人柄が出ていいお店です。たまにライブやってます。カウンターだけなので、カウンターの中で演奏するそうです。  


Posted by こやまあきゆき at 00:12Comments(0)酒の楽しめる店

2007年08月01日

京都のタミール・南インド・料理「ティラガ」

今日のランチ2で行きました。
1200の1番しっかりナンやタンドリーもついたコースでしたが、エビなどの魚介類のスープは、最高。
普通に、インドのノーマルな料理がメニューにあるのは、一応北インド宮廷料理&スタッフが現スリランカなどにも分布するタミール人の料理人なので、魚介類や野菜のカリーや、南インドの独自の郷土料理も夜のメニューにたくさん入ってます。
北インドの宮廷料理の専門店より、メニューが豊富。カリーもたくさんの種類少しづつ楽しめます。
四条大宮上がって最初の東一方通行の道の角。  


Posted by こやまあきゆき at 00:01Comments(0)アジア・アフリカ料理