京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2010年06月29日

京都のミュージシャン北野神社に集まれ!

北野天満宮で、大文字の日に佛教大学のゼミの学生さんが中心になって開いていた、盆踊りや浴衣ファッションショー。
どんどん規模が大きくなって、今年からは北野商店街・ほんまもん塾・京都国際レストランネットワークの「北野婆娑羅プロジェクトチーム」も協力することになりました。また今回から立命館大学の関係者も参加するそうです。

北野婆娑羅平和へのカウントダウンライブに参加している
京都大学ドクターコースでサンスクリットで研究中のベリーダンサーのジャミーラさんも、トルコでの舞台から帰国して、参加してくれる事に。

また、当日夜に大文字ライブのある楠木しんいちさんや、こやまのスタッフで、俳優目指しているすずりんも舞踊で出演予定。
若手ミュージシャンが集う祇園のニュージーランドカフェグリーンも協力してくれます。

自薦他薦。昼の2時から夕方までの、大文字の日に可能性のある方は、北野商店街の「とりゐ」さんか、カフェグリーンさんかキエフのこやままで。075-525-0860

尚、10月には、北野商店街とほんまもん塾が中心となって、「エンゼルハウス」の大小ホールと広場を使った一大イベントを開催します。アーテイストの参加ご希望の方は、同じく上記にご連絡ください。もちろん、おいしい屋台も出ます。  


Posted by こやまあきゆき at 22:02Comments(0)京都の祭り・行事

2010年06月29日

祇園「SEEKS」のフードが充実しました。

パブスタイルながら、カラオケもある。なのに、店の作りのせいか、友達とゆっくり話をするにも、お腹がすいて食べながら飲むにも便利なお店。グループの2次会なら、一人¥3000ぐらいからでも頼める。

このシークスの料理が充実しました。
フードメニューは、50種類。
姉妹店には、祇園のお茶屋さんを使った和の名店もある。

20代からの若い人にも人気です。

このお店は、四条大橋の市営駐車場の東側
あの「カルシュームハウス」があるビルの8階にある。

そして、7階が姉妹店の「Piano Bar Caetla」ワインバーである。
グランドピアノを囲んで、大人の雰囲気です。
こちらも、7月1日がリニューアルオープンです。  


Posted by こやまあきゆき at 21:31Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2010年06月26日

だから僕らは旅に出る

「くいしんぼうの会」に入りたいんですけど。
よくいわれます。
しかし、貴方の周りにいっぱいいます。

今まで、交流がなかった人でも、同じ夢、同じ目的を誰かが呼びかけたら
どこからともなく集まってきます。
素敵な仲間が。

わたしにとっての「くいしんぼう」がその例です。
どこにででも仲間ができます。

そんな事を、世界を舞台に実践して、100人以上の仲間で本を出版した人たちがいます。
1人1人も皆さん素敵な方です。
初めて会ったのに、ずっと前から友達だったような。

そんな皆さんが、今日「キエフ」に来てくださいました。
皆さんの素敵な本にもサインしていただきました。

そしてなんと既に続編が出版されて、3冊目も出るそうです。

一人一人の旅があり、126人の出会い・思い出・人生のキラリと光るドラマが、素敵な本になったのです。

第1弾が「100人100旅 126人でつくった旅の本」(ユーフォーブックス¥1800+税)

そして今回出版されたのが、
第2弾「だから僕らは旅に出る100人の旅日記」(ユーフォーブックス¥1500+税)

せっかくなので、皆さんにサインしていただきました。

1冊目に
km"face02・sayaka・なっきぃ・WAKA

2冊目に
さっちん♪・えみっちょ

の皆さんのサインいただきました。
アマゾン他でも購入できます。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E6%97%85&tag=yahhyd-22&index=aps&field-adult-product=0&hvadid=30554521541&ref=pd_sl_75gieb3ccj_b

ビヤガーデンがビヤホールになってしまいましたが、女性が多いので、とっても明るい店内でした。
みなさん。ありがとう。第3弾楽しみにしています。


  


Posted by こやまあきゆき at 22:50Comments(6)くいしんぼうな人たち

2010年06月26日

6月24日こやまのラーメン記念日

予告しましたラーメン「千の風」正式には、四条河原町店だそうですが、6月24日OPENしました。

そこで、お昼に「塩チャーシュー」+ぎょうざをいただきました。

すると、ラーメン通のくいしんぼう仲間のYONEちゃんが、仕事が早く終わったらいこう!と。
サッカーのお陰で、お客様多いのですが、夜は皆さん早く帰られる方が多く。
この日は、ギリギリ最後のお客さんとして、YONEちゃんとスズリンの3人で再び「千の風」へ!

ちなみに、YONEちゃんは、京都のみならず、博多の有名店の本店など、美味しいお店はたいがい食べに行ったラーメン通。
その彼も、「千の風」は、何度もいっしょに行っている。
今回新人のくいしんぼう仲間のスズリンは、実はタレントの卵。
雑誌のアイドルの人気コンテストにも名前が出てくる。

そんな3人が注文したのは、
こやまが2回目なので「ピリから味噌」YONEちゃんが、塩とんこつチャーシュー、
スズリンが、あっさり。
+こやまがぎょうざ5人前。

3人なので足りるかな?と心配したが、結局3人前私の前に。

そんです。お腹がすいていたのです。

実は、今日は、こやまあきゆきの新しい人生の門出の日でした。
これから、健康なくしんぼうを維持するために、某病院のお食事の裏方として朝働く事になったのです。
ちょっとした裏方ですが、衛生管理された最新の技術を取り入れたまるで宇宙ステーションの中で働いているような
新生活です。108歳まで、健康にくいしんぼうでいるために。
新しい勉強をはじめました。
ちょうどこの日が仕事始め。
詳しい内容は、シークレットなので、お話できませんが、
食べて健康になる。を、これからも実践するために、
毎朝、働くのはいい事です。

「ラーメン千の風」四条河原町店のOPENの日が、私の新しい仕事の始まりに日です。  


Posted by こやまあきゆき at 22:27Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2010年06月22日

「あいばのカレー」は、インドネシアンバルーの味?

京都のインドネシア料理の草分け「インドネシアンバルー」といううお店があった。
オーナーの不幸な出来事で、今日そのお店はない。

このお店のスタッフの方が、祇園の「バリバリインドネシア」のお店のご主人の師匠に当たると、バリバリさんで以前お伺いした時、ご紹介した。

この師匠が作られるお料理を、どこかで食べられないか?とお伺いしたところ、教えていただいたのが「あいば」のビーフカレー。

ただし、「あいば」のカレーは、この店オリジナルとして、今では冷凍でお持ち帰りもできる。

「あいば」といううお店は、実は、この「京都くいしんぼうの会」ブログの最初の頃に出てくる。
「ポパイカレー」といううほうれん草+カレーをいただいた時にも紹介している。

私の大好きなお酒を飲むお店。西木屋町の「ブーズK」(山本コーチャンのお店)で、「あいば」のご主人と出会ったのはもう何年前のことか?

「あいば」といううお店。若者にも大人気なのは、寺町四条と五条の間の高辻上る。
近所には、中古パソコンやさんが並んでいる。
来年お取替えのデジタルのテレビやパソコンが、2万円台で並んでいる。
そんな東の並びに、町屋を使ったお店としてできて久しい。
あいば嫁の書く「あいばだより」には、ほのぼのとした家庭的ニュースが書き込まれている。

2階での「ほっこり宴会」は、8品+フリードリンクで¥3800
アボガドサラダ・牛タタキ・あいばの鶏から・季節の天麩羅・自家製ピザ・揚げ魚のあんかけ・にうれしいご飯・汁物・フルーツ付き。
しかもドリンクは、生やワイン・日本酒にカクテルも

今日、私がいただいたのは、定番のビーフカレーを玄米で。¥750

他にも¥800ランチもある。

家に帰った気分のお店。1人ならカウンターへ。
  


Posted by こやまあきゆき at 17:12Comments(1)アジア・アフリカ料理

2010年06月21日

ラーメン「千の風」新京極店24日11時半OPEN

こやまあきゆき京都No.1大好きラーメン店「千の風」四条新京極店が、ついにOPENします。

6月24日木曜日午前11時半。

場所は、古着の「Hanjiro」の向かい。
昔の「美松」の映画店なんかがあったところ。
四条上って東側に公園がある道を入って下がってもいけます。
人気の「さらさ」のある花遊小路や柳小路から下がったところです。

何故No1かというと、いつも新鮮なスープが売りなので、塩トンコツとか塩しょうゆとかあっさりとかすべておいしいのです。
是非ラーメン食べない方でも話の種に一度行ってください。ちなみの餃子もにんにくなし。胡麻油の香りで、3人前食べられます。すぐに行列のお店になるでしょうから今のうちに。  


Posted by こやまあきゆき at 23:13Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2010年06月18日

輸入野菜&フルーツ「明園」でビーツ

以前、ボルシチの作り方をご紹介した時に、赤い色になる甜菜科の野菜の「ビーツ」(ビート)が、京都で買えるお店は、「明園」さんです。http://www.clubnets.co.jp/store/shopInfo/sid/a988730/ara/062622/kbn/2/tab/1

尚、藤井大丸地下の「タベルト」で買った方がおられましたが、確認したところ現在店頭にはありませんでした。缶詰のみの販売です。

尚、ヨーラシアの情報満載のフリーペーパー「ユーラシアビュー」(本来¥100)が、ロシアレストラン「キエフ」に100冊に届きました。お客様に先着で、興味のある方に無料で差し上げています。毎回1種類ロシア料理の作り方が入っています。なくなり次第終了します。お早めに。  


Posted by こやまあきゆき at 14:15Comments(0)食品

2010年06月17日

アラブの会の方の情報

アラブの会の方が最近よく行かれるアジアンなお店の情報です。
場所は西院です。


先日お話した西院のお店です。
これまでに3回行きました。かなり気に入っています。
特にシュウマイみたいな料理(モモ?)が美味しいです。
豚を使ってないらしいので私でも食べられます。

アジア料理 Deep Asia Dining
http://r.gnavi.co.jp:80/c984600/  


Posted by こやまあきゆき at 23:50Comments(1)アジア・アフリカ料理

2010年06月15日

ワールドカップ京都グルメ

ワールドカップ日本代表が、カメルーンに勝利した。
ロシアで活躍する本田選手は、その前のオランダでもロシアでも大変な人気選手。

いろんな意見が飛び交っていたが、今回のメンバーは、皆頼もしい。
控えもいい選手がいるので、余裕を持って見ていられる。

ある意味、本田選手同様に冷静に対戦相手を分析して、一人一人が役割を理解して
その流れの変化にも、対応する力と冷静な判断力を有しているのが見ていてもわかる。

ある意味、今の若い世代が、世界に対して特別に恐怖心やコンプレックスも持たずに
自分をしっかり見据えている姿は、国際化時代に生まれ育ったからこそとも思える。

日韓でのワールドカップの時には、いろんな雑誌が、出場国の料理が食べられるお店を特集した。

今回の日本と戦う3ヵ国の料理を食べるのなら、「ビバラムジカ」のアフリカ料理と「リンデンバウム」のオランダ料理と
「K-yard」のデンマーク料理なのだろうが、日本で1軒だけのオランダ料理のレストランは「アウデカース」
http://www.restaurant.gr.jp/oudekaas/ 大阪北区にある。元々京都の西院から引っ越したお店。

ところで、ワールドカップで熱くなれるお店がある
スペイン料理「ティオペペ」
もう締め切られるが、食事に行って1・2・3位の予想を書き込む。
当たるといろんな特典がいただける。
もちろん、店内での観戦可能。

予約でいっぱいでしょうが。  


Posted by こやまあきゆき at 22:09Comments(0)京都グルメ情報資料

2010年06月13日

八橋のはじまり

八橋とういう京都のおみやげの定番になっているお菓子
元々は、お琴の形をした焼き菓子。

お琴の名手八橋さんが、茶店のお櫃を洗って米が流されていくのを見て、大切なお米を捨てない為に焼き菓子にして食べるのを教えたことから始まったと伝えられている。

お墓が金戒光明寺(黒谷)さんにあることから、その前の聖護院一帯が八橋発祥の地とされている。
6月12日に哲学の道の「法然院」で命日を偲ぶ法要が営まれた。

執り行ったのが法然院の梶田住職。黒谷の住職も勤めた方です。  


Posted by こやまあきゆき at 16:58Comments(1)和菓子

2010年06月11日

toms アイリッシュカフェ

ハンバーガ+アイリッシュなカフェ
アイルランド出身のオーナーのカフェです。2階に英会話教室もあります。

驚くべきあのワンチャンがいます。
http://tomskyoto.com/  


Posted by こやまあきゆき at 01:11Comments(0)カフェにて

2010年06月11日

最初のお茶菓子

日本のお菓子のルーツは、栗に代表される木の実に始まる。
とはいえ、果実以外に甘いお菓子は、一部の高貴な人々の特別のものであった。

日本に仏教と共に中国からの様々な文化が伝わり、豆腐・味噌が入り、新しい菓子の文化が入り始めた頃、
日本にお茶の文化が持ち込まれた。

お茶の文化が伝わった頃、同じく南蛮文化の流れで、南蛮菓子と呼ばれるカステラに代表される洋菓子文化が伝わる。
お茶の世界が、寺院から貴族・大名へと広がる中で、南蛮菓子は、茶菓子としても貴重なものとして取り入れられた。

お茶の世界が確立されていく中で、この南蛮菓子と味噌文化が融合してできたのが、今日の代表的な銘菓「松風」である。

ただ、先に「松風」があったのではなく、お茶と共に広がり始めた南蛮菓子+味噌の組み合わせは、やがて菓匠の誕生によって洗練されていく。

現在の「松風」伝説には2つの流れがあり、その一つが石山本願寺で誕生した「亀屋陸奥」で、最も古い。その基本や形態からも、米文化と中国菓子文化に南蛮菓子と味噌・ケシなどが加わった組み合わせは、南蛮菓子が持ち込まれた当時の日本の時代背景を考えると、最初に確立されたお茶菓子の日本版完成型ではないだろうか?

これに対して、お茶文化導入に大きな役割を果たした禅宗を中心に、様々な中国伝来の文化が日本に伝わり、寺院を中心に正確に受け継がれていく。その一つが中国納豆を受け継いだ大徳寺納豆であり、これを取り入れたのが「松屋籐兵衛」の「味噌松風」である。歴史的には、本願寺の菓匠となる「亀屋陸奥」に対して、「松屋籐兵衛」の方が後になるが、千利休ゆかりに大徳寺に受け継がれる大徳寺納豆を使った「味噌松風」は、千家にとっても特別の意味がある。成分も複雑。

その他の「松風」が、小麦と味噌主体なのに対して、2軒の銘菓、それぞれの背景をしっかり受け継いで今日も多くの方に支持されている。

そんな「亀屋陸奥」が、京都御所の東側(下切り通し)の「イストワール御所東」に開いたのが「三木都」

信長と戦った石山本願寺以来の伝統を、現在の京都で銘菓とし提供している知る人ぞ知る隠れた名店。

白味噌・ケシの実に黒豆など。お茶菓子の原点を髣髴させる銘菓である。

おすすめは、土日。

最も多くの方が出かけるこの日、現代京都を代表する絶世の美女がお迎えしてくれる。

男女を問わず、お茶と和菓子のお好きな方は、行ってお楽しみください。

少し早くこやまあきゆき、本日いただきました。  


Posted by こやまあきゆき at 00:40Comments(0)和菓子

2010年06月10日

ジョニーのアイリッシュパブOPEN

京都の有名アイリッシュパブの店長などを歴任し、更にスコットランドパブの堀江さんを師匠?と仰ぐジョニーさんが、新しいアイリッシュパブをOPENしました。

京都河原町の「味びる」の路路(六角)を東に入った南側です。

「IRISHPUB CASTLE WEST」
まだOPENしたばかりなので、ジョニーに会いに行きましょう。
特に日本人には行きやすいので、若い方もショットなのでどうぞ。

http://castlewest-kyoto.com/  


Posted by こやまあきゆき at 15:46Comments(0)欧州料理

2010年06月10日

スコットランド「antighseinnse」の料理

スコットランドのライセンス契約を持つ堀江ズバーは、料理がおいしい事でも有名。
しかし、夜は満員だし、家内のエミシはまったく酒が飲めないので、1度も行ったことがない。

前を通るたびに「フィッシュ&チップス」の看板が気になっていたそうだ。
好きな俳優食べていたから。

正直いって、パブの定番でもあるが、おいしいものが少ない。
しかし、この店は何でもおいしい。

それならお持ち帰りできるかも。
6時までなら用意してもらえるかもと電話してみました。

今OK.10分余りでできるので、来られる時間は?

すぐ行きます。
自分の作ったお鉢を持って行ったら
「托鉢ですか?」と堀江さんに笑われた。

ちゃんと包んでくれていた。¥800
これだけで家族の夕食のおかずにもなった。
ご近所の方、いかが?
チキンの燻製などもおいしいですよ。  


Posted by こやまあきゆき at 14:05Comments(1)欧州料理

2010年06月10日

京つう「世界の料理inKYOTO」小山晶之登場

京都の外国料理店で働く人の数珠つなぎ情報のスタートにこやまあきゆき取材していただけました。
http://ikokuryouri.kyo2.jp/

さて、こやまから誰に行くのでしょうか?  


Posted by こやまあきゆき at 13:57Comments(0)京都グルメ情報資料

2010年06月08日

出町のイタリアン「FRIGO」

出町のイタリア料理「FRIGO」の動画サイトご覧ください。
http://kyoto.bussanten.jp/column/04-frigo  


Posted by こやまあきゆき at 14:29Comments(0)欧州料理

2010年06月07日

銀閣寺「NICO」跡が「紅茶館」に

アジアンを中心に銀閣寺でがんばっていた「NICO」が、閉まってせっかくの空間がと思っていたら、お茶のお店でOPEN。

京都にもたくさんお茶の専門店ができました。

老舗の「リプトン」http://www.fukunaga-tf.com/lipton/shop_301.html
(英国の老舗ですが、テーハウスは京都三条本店です。)

我らの仲間の「アッサム」http://th-assam.jp/access.html

リニューアルした「卯晴」http://www.uharu.com/

北山の人気店「北山紅茶館」http://www.kitayamakochakan.com/

購入の相談は「紅茶専門店京都」http://www.verygoodtea.com/tea02.html  


Posted by こやまあきゆき at 22:27Comments(0)カフェにて

2010年06月06日

「無印良品」自宅でエスニックのすすめ

以前もご紹介した、京都でエスニック料理を作る。

「明治屋」「MAKI商店」や高級スーパーに「無印良品」
更には、レストランで香辛料などを販売しているお店も紹介しましたが、とりあえず便利なのが「無印良品」のネット販売。

近所で買えない方におすすめです。

http://www.muji.net/store/pc/user/campaign/campaign100528_01.jsp

その中で、こやまおすすめがタイイエローカレー

私の場合、食材はチキン・ブロッコリー・ナスが定番。

また、ホットを抑えたい方には、牛乳を多くして煮込むのです。
これは、タイ式ではありませんが、なれない方や子供さんでも食べやすい辛さに調整できます。
以前ブログで紹介しましたが、昔留学生寮で、ココナッツがなかなか手に入らないので、タイの留学生が牛乳を使った作ってくれていました。毎日の食事なのですっかりやみつきに。

暑くなるこれから、タイ・インド・メキシコ・スペイン料理はおすすめです。
本物を、レストランでも食べてくださいね。  


Posted by こやまあきゆき at 14:53Comments(0)食材・料理を作る

2010年06月05日

「ビアガーデンでロシア料理付き¥3500」

先日、キエフビヤガーデンにこられた方から、ビヤガーデンの宣伝してないの?と聞かれました。

そこで少しPRします。

キエフビヤガーデン。お一人様¥3500

お料理は、ロシア料理が中心。

枝豆・サーモンサラダ・ポテト&ソーセージ・ロールキャベツ・キノコの酢漬け・ロシアンハンバーグ(トマトソース)

で、どこが違うか?すべて手作り料理。

ドリンクに野菜ジュース(モロヘイヤミックス)・マンゴジュース・コーラ・ジンジャエール・ウーロンチャ・オレンジジュース・ぶどうジュース・パインジュース・トマトジュース・オレンジジュース・グレープフルーツジュースにキリンO.OO%ビールフリーもある。

カクテル風に飲みたい方に、パンチマトリョーシカ(ワイン&みかん)・マンゴサワー・他ジュース&ウオッカサワー

ビールカクテル レンドアイ(とまJ+サワー)・シャンディガフ(ジンジャエール+ビール)・ブラックコーラ(黒生+コーラ)

焼酎は芋・麦・米・黒糖焼酎(もちろんロック・水割り・お湯割)

ビールは、キリン新一番搾り生・黒生スタウト(ギネスに近づきました)・ハーフ&ハーフ

いろいろ楽しめるビヤガーデンは、京都3山見渡せる絶景ビヤガーデンです。

更に、雨天や寒い日は店内でも同じ内容で利用できます。

おでんわは、075-723-1198 こやままで。

  


Posted by こやまあきゆき at 23:52Comments(1)ロシア料理

2010年06月05日

「立命館大学平和ミュージアム70万人突破」

立命館大学平和ミュージアム70万人突破の6月4日金曜日

こやまあきゆき、偶然にもこの記念すべき日の午前中に、このミュージアムを訪問していました。
実は、「北野婆娑羅平和へのカウントダウンライブ」を、毎月継続させる場所の一つとして、立命館大学平和ミュージアムの中のホールやロビーを使えないか?

お伺いして事務所の方ともいろいろお話してきました。

ライブのある15店舗がプロジェクトを作ってはじめた北野婆娑羅を、是非継続させていきたい。
その思いで、これからも様々な可能性のある空間を回ります。  


Posted by こやまあきゆき at 23:37Comments(0)京都の国際交流

2010年06月05日

北野物産展は、10月にビッグイベント開催

北野商店街有志とほんまもん塾での会合の結果
「北野物産展」は、10月にBigイベントを、「こども文化会館」で開催します。
大ホール・小ホールを合わせてライブや物産展が開催されます。
お楽しみに。  


Posted by こやまあきゆき at 23:30Comments(0)北野婆娑羅物産展

2010年06月01日

おいしい「祇園ぷりん」工房

京都祇園 花見小路末吉町(白川の1筋南)をそのまま東へ行くと突き当たりを右(南へ)曲がると「楽宴小路」と呼ばれる趣のある一角がある。このあたりに京都五花街の一つの「祇園東」がある。

この「楽宴小路」の中にあるのが「祇園ぷりん」工房。

ラインナップは、
・「プレーン」
・「グランマルシェ」
・「アールグレイ」
・「抹茶」
・「ほうじ茶」の5種類

今日は、「キエフ」のスタッフ5人で各種いただいた。

おすすめの食べ方は、半分そのままで、
残り半分は、底のシロップも含めて混ぜてお召し上がりください。

2度おいしいの食べ方。

私は、「抹茶」だったので、ぜんぶそのままでもよかったのだが、おすすめの食べ方でいただきました。
抹茶の味もしっかりしていて、しつこくないあっさり程度。
これは、好みですが、プリンとして食べるのであれば、これぐらいのほうが食べやすいのではないかと。

全体のつくりも上品でおしゃれ。

そのまま買って「楽宴小路」内でいただいてもいいのではないでしょうか。

ちなみに末吉町の突き当たりの目印は、「ゴールデンローズ」といううロシア人女性スタッフが運営するサロン。
ロシア料理をいただいたり、ドリンクも飲み放題(ただし90分)だそうですが、お一人様1万円です。
下心持って行っても無駄です。純粋にロシア料理を食べたり飲んだりしながらロシア語会話の勉強する方にはおすすめ。
そのお店の看板を右折すると「祇園プリン」工房の看板が出ています。

ちなみにそこから東へ行くと東大路ですが、フィリピン料理店「アジアティカ祇園」の前も通ります。  


Posted by こやまあきゆき at 17:11Comments(1)スイーツ

2010年06月01日

「コルヌ・デゥ・ガゼル」のピロシキ

北大路の府立大学のある中通りを少し下がったところにある人気のパン屋さんがつくるキャベツたっぷりのピロシキ。
¥168円なのに具がいっぱい。おまけにキャベツたっぷりなので、体にも優しくお味もさっぱりで食べやすい。

実は、こやまの好きなフリーペーパー「go baaan」93号の「ゴバっとパン祭り」を、キエフのスタッフで見ていたとき、ピロシキがある。どんな味か、誰か食べた?てな話があって、前を通った時に思い出して飛び込んだ。

朝やお昼時におすすめの1品です。

この中通り

北東の角にラーメン「いいちょ」があり、またいつも豆菓子を買う「鶴や」さんの並び。

キエフとは仲良しのケーキの学校「ミッシェルコンティ」には、こやま毎週1回位顔をだします。

また買おう。

子供の頃から今でも好きな「泉涌寺」の「京や」のコロッケや深草に本拠地のある「風月堂」のホットドッグのように毎日でも飽きない味です。  


Posted by こやまあきゆき at 14:52Comments(0)ブレッド&テイクアウト