京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年09月29日

北陸インドカレー「SHARMA」三条に出店

京都は、アジアン・スペイン料理・インド料理・ネパール料理が、続々誕生していますが、三条の「明治屋」さんの並びに、北陸のにんきNO1インドカレー店が、出店しました。

さっそくっくいしんぼうなドロさんが偵察に、いや・・・ただおなか空いてただけ。

基本的に北陸味は、京都で受けがいい。

十分いけます。




  


Posted by こやまあきゆき at 23:24Comments(1)アジア・アフリカ料理

2009年09月28日

Irish Pub Gnome

河原町二条南西地下に、黄色い看板がわかりやすい「アイリッシュパブ ノーム」

http://gnomepub.exblog.jp/6632044/

同窓会の三次会は、ここに集合。

2次会からこの店に26人。ここで2人合流。

この日は、英国出身の美人シンガーの素敵なライブもあり、

われらが、ダイスケが数本のハーモニカを持ち歩いていたので、セッション、

オーナーのYUKOもそのハズもミュージシャン

でおお盛り上がり

FM放送局に勤務するTが入ってくるなり、店のハズとハグ・ハグ・ハグ

偶然の再会は、かつての仕事仲間

そして、この店の美人オーナーYUKOも、同級生

むっちゃ盛り上がった3次会は、アイリッシュパブでした。

つまり、ロシア料理・英国風パブ・アイリッシュパブとくれば

最後の閉めは、チャイニーズラーメンでした。(ただただ  皆 別れたくなかっただけ)

で、早速7日に打ち上げを、インド料理「ケララ」に行く事になってます。

インド南西部「ケラート」の料理。もちろん私は、OPENした頃から行ってますが、

この店も、幹事のナカが、一足先に下見に。

こやまちゃんの「定番にしたい異国料理店」にのっとるがな。

何分几帳面な面々 この仲間「くいしんぼう桃源郷」と呼んでいます。  


Posted by こやまあきゆき at 23:11Comments(0)酒の楽しめる店

2009年09月28日

京都教育大学附属桃山中学同窓会

私も世話役である中学校の同窓会が「キエフ」でありました。

5人の恩師を含めて、1次会で39名 2次会から2人 3次会から2人合流

学年150名3クラス。

私は、幼稚園小学校も行ってますから、知らない人間は誰もいません。

実は、この日の為にアゼルバイジャン料理「シャンディーズ」・ブラジル料理「エステレーラ」・マレーシア料理「ロイヤルスパ1F

(特別フェアー)」・準備を兼ねてロシア料理「キエフ」ビヤガーデン・と会合。

本番は、「キエフ」12時半集合 1時から会食 屋上記念写真 3時半からお隣の「シークス」で二次会 そしてしして

3次会はなんとあの、・・・つづく  


Posted by こやまあきゆき at 22:56Comments(0)こやまあきゆき

2009年09月27日

ラーメン夢を語れ

北野商店街イベントにあの、「天天有」の隣にオープンして大人気の「ラーメン夢を語れ」のショップが出店。

おかげで、本店副店長と交友ができました。

夜、早速食べに行きました。

幸い、すぐ座れましたが、食べていると外は行列。

しっかりあの太麺と食べごたえのある煮豚いただきました。

ごちです。家から徒歩5分でした。

ちなみに、この煮豚は、後日「キエフ」のまかないにもお土産で買ったのですが、

料理長以下好評でした。(追記)  


Posted by こやまあきゆき at 01:04Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2009年09月27日

北野物産展に3種の地ビール「美山」「堀野」そして

「北野物産展」
に、鯖街道などの30店舗が集合

なかでも、3社の京都の地ビールが揃ったおかげで、こやまあきゆき 5杯も昼から飲みました。

しあわせ

3社は、美山ビール・キンシ正宗の地ビール・と上京のあたらしい地ビール

他に、黄桜や京大のエジプトビールなどもあるね。

平安神宮ビールは、キンシ正宗さんですが。  


Posted by こやまあきゆき at 00:58Comments(0)酒の楽しめる店

2009年09月25日

天神さんの北野でこやまあきゆきサイン会

9月25日は北野商店街のエンゼルハウス前広場で10時から4時まで 開催される「京都物産展」会場にてサイン会を開きます。「北野バサラ」の舞台で、生演奏やステージに立ちたい方大歓迎です。

サイン会は1時からの予定。ピロシキ1個サービス

皆さん。

当日、天神さんにも市が出ます。皆さん着てね!  


Posted by こやまあきゆき at 02:42Comments(0)定番にしたい異国料理店

2009年09月23日

ドンクのマロンデニッシュの思い出

フランスパンで有名な「ドンク」
京都ひ、北白川に本拠地がある。

私のいた複数のレストランのパンはドンクだった。
陶芸を学んだ「京都府陶工高等技術専門校」専攻科卒業記念に、ドンクで焼いていただいた特注バンズを使った、巨大ハンバーガーは、学生の卒業制作展なのに、お持ち帰りが続出。これで商売できるかも的大ヒット。

いつか、もう一度ドンクでフランスパンを学びたい。
それが実現して、現場でデニッシュ系のデコレーションを担当したとき、「次のマロンフェアー」に複数の創作パンを出すので、何か考えてみたら?と、玉木チーフにいわれて、こやまあきゆきが考えたのが、マロンたっぷりのクリームを中に巻き込み、外に卵を塗って、短く折った素麺を付けて栗のイガイガを表現したもの。 

素麺も原料的に仲間なのと、和食時代に天麩羅や焼き物に使っていたことをおもいだして生生地に付けてオーブンで焼いてみたもの。

結果オーライ。試食で現場スタッフからも香ばしくておいしいの声。
テスト販売は昼過ぎに完売。

しかし、1日限りの幻のメニューになった。
試食しておいしいと思っても、ドンクのパンに素麺を使う事の違和感、抵抗感をぬぐえなかった。
フェアー2日目、私が休みの日。
本来のパン主体に、フランスでも通用するデコレーションに変更されたのだが、出来がいまいちというう事で、販売中止。
ドンクで、後にも先にもこやまあきゆきオリジナルは、偶然初日の午前中に買いにこられた方のみの真夏の思い出で終わった。
しいていえば、「訓練校」卒業制作展会場で販売した、ジャンボハンバーガー。¥800のみ。  


Posted by こやまあきゆき at 01:20Comments(0)テイクアウト

2009年09月21日

百万遍でタイの方におすすめランチ

今日、タイから勉強にこられた方々を囲むお食事会の皆さんに、百万遍近くでお食事できるお店は、どこがいいかというお話になりました。

まずタイ料理店では、出町柳駅と百万遍を結ぶ道の中間にある「おむらいすの店」を南に曲がった「クルーン」。渡辺さんのタイ料理店。料理人はタイの方です。

パチンコ店までにある「アオゾラ」と角の「こあの助」は、タイカレーのお店。

百万遍西にいった沖縄料理「ゴーヤ」と中国料理「コーシン」も味的に好まれるでしょう。

近衛通りを東へ、突き当たりの吉田本通を下がった「末広食堂」は、何故かタイ人留学生に人気でした。

吉田本通りには、「キャラバン」「風媒館」など人気の定食のあるカフェなどがあります。

留学生に人気でした。  


Posted by こやまあきゆき at 00:10Comments(0)アジア・アフリカ料理

2009年09月19日

京都物産展 9月25日(金曜日)

京都というう町は、繁華街の三条間から四条の烏丸から河原町以外では、6つのブロックに分かれている、といううのが私の持論。つまり、旧市街中心部以外に、右京・左京・洛西・伏見・山科・更に中心部の上・中京と下京の京都駅以南に。計7ブロック。

そこで、自分の生活圏以外を知らない地域を越えた物産展を、今回天神さんに合わせて、北野商店街で企画しました。

皆さん、来てね。

当日球根無料配布や商店街での目玉商品。など楽しみいっぱいあるから。  


Posted by こやまあきゆき at 23:11Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2009年09月18日

食の画家 はしづめさやか を知っていますか?

とってもかわいいお嬢さんで、画家・イラストレーターの「はしづめさやか」さんが、一乗寺曼珠院通り、北白川東入るの「むしやしない」というお店で3回目の個展を開かれます。

一乗寺通り。「詩仙堂」「狸谷不動さん」に行く道の一乗寺駅と白川の真ん中の北側です。

期間は、10月6日火曜日から18日日曜日。

おまけに6日・10日から12日・16日から18日 はしづめさやかさんがおられます。

「つぼいーぬ展」 絵本とスィーツの、そうしそうあい。

間違いなく、見に行けば幸せな気持ちになります。

ちなみに、我が家から歩いて3分の場所。

食いしん坊な皆さん。幸せになってください。  


Posted by こやまあきゆき at 23:42Comments(1)くいしんぼうな人たち

2009年09月18日

北野商店が9月25日は「京都物産市」に!

北野商店街の中心部「こども文化会館・エンゼルハウス」広場が、京都物産市会場になります。

市内でお店開いてる方出店希望者は、北野商店街の「とりゐ」さん他、組合員の方まで。

伏見・山科・東山・左京など他の地区の美味しいもの・かわいい雑貨店などOK!

出店費は¥1000のみ。

この日、こやまあきゆき 10時から4時まで、「子供広場」でおしゃべりします。

「くいしんぼう」の皆様、会いに来てね!

京都の食べ物屋さんの出店大歓迎です。ご相談は075-525-0860

ロシアレストラン「キエフ」の小山まで

関係者用ガレージ30台確保。早い者勝ち。  


Posted by こやまあきゆき at 17:19Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2009年09月18日

素敵な¥300で茶・茶・茶ホテル

今出川堀川西入るにある「プチホテル」

フロントがカフェに

セルフで様々なお茶がフリードリンク

ネットコーナーあり、京都と関連雑誌・本が集められていたり

京都発の健康化粧品などがあったり

更に、かわいいおしゃれな自転車のレンタサイクル1日700円

宿泊者以外でも利用可能。

くつろぎに行く価値ありです。

ちかくにいいお店いっぱいあります  


Posted by こやまあきゆき at 17:15Comments(0)京都のホテル

2009年09月18日

2009年09月17日

清水緑壽庵のミルクの金平糖

今日は、あの鞠小路今出川下る

金平糖いただきました

早瀬さんのお誕生日にくばっていただきました。

箱までジャージー牛でかわいいのです。

何度も書いていますが、様々な季節の素材などを使ったこのお店の娘さんは、女優になれるほどの超美人で品格のあるかた。

陶芸家の猪飼佑一さんの奥さんです。近藤高弘さんとも従兄弟。

2人とも、私が展覧会や福井県「きのこの森陶芸館」設立時の仲間。

良く、2人の家やアトリエで、ここの金平糖をいただきました。
  


Posted by こやまあきゆき at 14:26Comments(0)和菓子

2009年09月16日

親子でスープ7杯「バブテスト病院」 の「オリーブ」

次女カエが発熱。

念のために「バブテスト病院」へ。

結局軽い風邪でした。

昼の待ち時間に寄った、1階のカフェ。

パンは手作り。スープもおいしかった。

カエ3杯(クラムチャウダー2杯とパンプキン)

わたしは、コーン・パンプキン・クラムチャウダー・パンプキンの4種間食

驚きは、このお店のパンは、自家製。

「キーマカレー入りナン」・・・ナン食べてたら、中にキーマカレーが挟まっている。他。

困ったことに、パン買いに、又は食べに「バブテスト病院」に行くのもちょっと。

この場合、比叡山ドライブウエィ上がり口にある病院ですが、やはり北白川の「ドンク」でパンとドリンクでも楽しんでください。

ちなみに、こやまあきゆき「ドンク」のデニッシュパンのデコレーションを担当したこともあります。

1日だけの幻の「マロンデニッシュ」。こやまあきゆき創案。が当時の近鉄地下の「ドンク」で販売され、2時間で完売でした。

当時チャンスをいただいた京都ドンクのトップの高橋さんと、コンクールで金賞を受賞されていた近鉄ドンクの当時のチーフの

玉木さんに、感謝です。  


Posted by こやまあきゆき at 00:37Comments(0)テイクアウト

2009年09月15日

出町柳の柳月堂食パン

領事館出張2日目
私が買ったのが「柳月堂」の調理パンだった。
「キーマカレー」や「ソーセージロール」などと、「野菜サンド」・・・

「ロシア領事館」にいっしょに出張した料理長は、たいがい朝はパン食。
で、、毎回出張には、私が美味しいお店の調理パンを買う。
残念ながら、以前は7時集合。今回は8時集合。そして今日は9時集合。

おいしくても開いてないと買えない・・・当然。

食パンに自家製酵母が売りですが、昨日の「YAMADAベーカリ」に、調理パンでは軍配が。

問題は、2日間とも料理長の食べる2個に絞って選びました。
初日は、2種類各2、2人で同じものを食べました。

今回は、5種類選びました。

ただ、事情で30分待つ羽目に!

待つ間に、カレー揚げパン系2種をこやまあきゆきがたいらげました。  


Posted by こやまあきゆき at 23:55Comments(0)テイクアウト

2009年09月14日

浄土寺の「ベーカリー・ヤマダ」

今日は、崎濱料理長とロシア領事館出張の為、朝ごはんに2人で食べる調理パンを、浄土寺の『ベーカリー・ヤマダ』で購入しました。以前から左京区で人気の高いお店。錦林車庫に近い白川浄土寺の老舗のパン屋さん。

私が、責任者を務めた2店舗の『無国籍料理カプリチョース』にも近い。
買ったものはすべて満足でした。  


Posted by こやまあきゆき at 22:50Comments(0)テイクアウト

2009年09月14日

ロシア領事館メニュー

2日間大阪豊中のロシア領事館に出張料理で崎濱敏彦料理長とこやまあきゆきの2人で、行ってきました。
今回は、少ない2日で300弱の方に京都の「キエフ」の料理を召し上がっていただきました。

メニューは、「ピロシキ」「ケタ(サーモンマリネ)」「自家製ハムクランベリーゼリー添え」「カルパサ(2種類のサラミ)」「ポジャルスキーカツレツ」です。

「ポジャルスキーカツレツ」は、フランス料理では、仔牛のカツレツになっていますが、本家ロシアで、皇帝の馬車の車輪を修理する間に、近くにあったジビエで有名な「ポジャルスキー」の店に、突然皇帝が行って、「好物の仔牛のカツレツを食べたいと行ったのです。地鶏で有名な「ポジャルスキー」は、鳥に様々なものを加えて仔牛風に味付けしたカツレツを出したところ、「こんなおいしい仔牛のカツレツは、初めて食べた」と、ロシア宮廷料理に加えられ、フランス宮廷料理に伝わり、世界に広がりました。
日本では、帝国ホテルの村上さんが、事のいきさつも含めて、NHK「きょうの料理」で紹介されました。

ちなみに、カツレツはパン粉が表面についているカツレツを想像すると大間違いです。あれは、日本人がトンカツ・チキンカツ・エビフライみたいに、1つ覚えたスタイルでカツレツをジャンルにしたものであって、実際にカツレツのルーツには、様々な技法が使われます。「ポジャルスキーカツレツ」にもパン粉が使われますが、チキンカツレツやチキンハンバーグとは、別物。

やわらかくて、さっぱりした美味しいお料理です。  


Posted by こやまあきゆき at 22:41Comments(0)ロシア料理

2009年09月12日

錦の「きれいや」さん

体を美しく!
医食同源のモットーに様々な世界の料理法もご紹介しておられる「錦市場」の西の端のその名も
「きれいや」さんの山口さんと、世界の料理談義に花が咲きました。

昨年から始められた、世界のお料理を、京都の留学生の方々と体験学習したり、その後お食事会をされたり。
そんな素敵な活動が、まもなく秋に再開されます。そんな活動に関心のある方は、一度錦市場の「きれいや」さんに足を運んで、情報がゲットできるようにしておいてください。  


Posted by こやまあきゆき at 23:35Comments(0)気まぐれカプリ最新情報

2009年09月12日

ロシア領事館出張

9月13日日曜日と14日月曜日

大阪のロシア領事館で、『大琥珀展』が開催されます。
残念ながらこのイベントは、招待者のみ。
300人位が参加されます。
このイベントで出されるロシア料理をお出しするのが、我が京都のロシア料理店「キエフ」の崎濱料理長。

年2回のこの行事は、決まって料理長と私の2人または、プラス1の3人で行きます。
今回は、2人ですので、明日・あさっては、こやまあきゆきが、盛り付けやピロシキを担当。
今回のメイン料理の「ポジャルスキーカツレツ」は、料理町の担当です。

そんなこんなで、2日間昼食は、朝賞に!現地でのロシア人スタッフとの再開が楽しみです。
土産話は後日。
昨日から夏休みとっていた、学生スタッフが続々京都に帰ってまいりました。
おかげで、「キエフ」は、お土産ラッシュ。

錦帯橋饅頭かもみじ饅頭か、食べ比べ。
お昼は、野菜が。たっぽりのパスタの昨日に対して、今日は、牛肉たっぷりの炒め物。
わかりやゆくご紹介すると、吉野家の牛丼の大盛りサイズの丼では、3つ分位必要な量です。  


Posted by こやまあきゆき at 23:01Comments(0)こやまあきゆき

2009年09月11日

祇園でワイン

今日キエフにご来店くださった素敵な落ち着いた4人の紳士淑女。
キエフにある世界のワイン発祥の地グルジアのワインにウオッカ談義。
そこで、ワイン飲むのにいいお店紹介してとおっしゃられました。

「キエフ」があるのは、四条大橋北西に見える【鴨東ビル6階】です。市営鴨東駐車場の東向かい

したがって、同じビル2階に有名なワインバー「バールラグランジェ」があります。
川向の【木屋町四条上る】に「プラテロ」ここは、スペインのワインとシェリーの専門販売店「ノノヤマ」直営スペインバル。入って右側のワイン店で買って持ち込みOK!

三条京阪まで歩く途中に「PICCASSO」といううワイン販売店が、店頭で立ち飲みやってます。モルドバワインなど、他にないワインもあるので、本当に店頭立ち飲みです。

そのまま三条京阪に行く途中に、ガリシア料理店「ガジェガ」があります。ポルトガル系スペインバルですが、立ち飲みはやや割安。この店、お昼のスペインランチバイキングもやってます。もちろんお昼のワイン立ち飲みあり。

「キエフ」の【鴨東ビル】が良く間違われるのが南隣の【鴨川ビル】。こちらは、かの有名な「カルシュームハウス」が6階にあるビル。地下におばんざいの「おくむら」8階には、リーズナブルで、こばらりょうりもあるやや広いパブ系のバー「シークス」があります。この1階下。7階にピアノバーがあります。ワインも安くって落ち着いた大人の空間。でも90分¥3000ぐらいからでもOK。
頭文字はCです。「シークス」の姉妹店なので、聞いてみてください。

ちなみに、「キエフ」の下にある「バーパール」に行くつもりの友人と偶然会って、ワイン1杯付き合えよ!と連れ込まれました。
もちろん、友人に!【1杯ご馳走していただいたのですが】。ママがワイン党なので、グラスからもちろんワインまで、こだわってるそうです。しかし、スタッフが皆さん美しすぎて、ワインはかなりいいぐらいしいしか判断できませんでした。どちらかといううと、いたって色気より食い気なので、飲み食いに集中hしてしまうタイプなもので、今でもあのワインは確か・・・といろいろ思い巡らしています。基本的に、キエフのビルは、いいお店が揃っているので安心ですが、あなたはどのお店がお好き?

ちなみに、キエフは、グルジアワインと河原町六条西にある日本酒と葡萄館の「タキモト」さんの指導を受けています。  


Posted by こやまあきゆき at 23:16Comments(0)酒の楽しめる店

2009年09月10日

北野商店街たべあるき

昨日、試験で昼前に帰ってきた中3の次女かえと、「こども文化会館」のある北野商店街を、食べ歩いた。とはいえ、大将軍の「妖怪ストリート」の「妖怪ラーメン」いのうえと「妖怪資料館」八大将軍」にも行っているので、食べ物買い物散策。

有名な「長五郎餅」本店や「とようけ屋」並びの「藤野とうふ」とこの前買った「千手堂みたらしだんご」ほ、今回パスして、洋菓子「アルル」で、オレンジ丸ごとゼリーやモンブラン・プリン・クッキー。美福軒名物あんこたっぷりの「京最中」。この店高島屋角の尾張屋のそば饅頭も置いていたので購入。えび屋「かどわき」さんで、団爵芋コロッケ・大えびフライ・フライドチキン・ジャンボビフカツ購入。帰ってから家族4人手分けしていただきました。

「アルル」は、数日前にこの地域出身の警察官の方が、子供時代の北野の思い出は「アルル」のケーキやった!と甥って織られたので購入しました。

ちなみに、きっちりお食事されるなら「糸源」の会席。焼肉の「きよ田」。居酒屋「但馬屋」。TO寿司「八瀬の大岩」。「とびた食堂」などなど。食品販売も1ジャンル1店舗は、いいお店が揃っている。コンパクトに散策も出来る商店街。

実は、「カプリチョース」が大繁盛した背景に、毎朝ここの商店街まで車を走らせて仕入れしていた。錦に並ぶ北の台所。そこでもうすぐやります。

9月25日ここの真ん中の「こども文化会館」の広場にいます。何が起こるかお楽しみに。

http://kyotokitano.com/tenpo/search.php?key=&select=tenpo&go=%B8%A1%BA%F7
  


Posted by こやまあきゆき at 15:41Comments(0)京都の商店街

2009年09月10日

「リンデンバウム」はソーセージ屋に!

スイス・ドイツ・オランダ・フランスなどで修行された吉田シェフの「リンデンバウム」が、現在「ソーセージ屋」さんになるなめに改装中です。レストランとしては、表向き閉店? ・・・実は、予約制で本当においしいものをご用意していただけるのですが、一般営業と平行していると、手の込んだソーセージなどの仕込が出来ないので、メインはソーセージに特化されるそうです。これ本当においしいんです。しばらく工事中の為、リニューアルオープンは、改めてご紹介します。

尚、3店舗目をOPENした「フィゲラス」の山本さんから、「定番にしたい異国料理店」の「フィゲラス」の写真がパスタなので、パスタやさんと思って来店してパスタ下さいとメニューを見ないで注文する方が、意外と多いそうです。「リンデンバウム」もパスタランチがあったので、パスタを食べに来る方が多かったとか、それぞれのお店の専門の郷土料理をできれば注文してあげてください。リンデンバウムも自慢の手の込んだソーセージを注文する方が少ないので、専門店にする決心をされました。

私は沢山お店があるので、その店の得意料理・自慢料理をもっと皆さん明確にするべきだと思います。その国の有名料理を何でも揃える必要はないでしょう。日本料理で何でもあったら、かえって鮮度大丈夫?と心配になります。大型店ならともかく、個人に近いお店に何でもある方が不思議。

これだけは、どこよりもおいしいを1つ教えてほしいです。すべてのお店の方へ。こやまあきゆき

  


Posted by こやまあきゆき at 15:03Comments(0)欧州料理

2009年09月08日

ガーナ・アフリカ料理「アシャンティ」休業

昨日、西京極のアフリカ料理店「アシャンティ」のケン・コフィさんに会いました。

今日からガーナに里帰りのため、しばらく里帰りの為にしばらく休業する為に、祇園周辺にいる友人達にあいさつ回り。

アイルランドパブ「ゲール」他、仲のいい友人たちの店を忙しそうに回ってました。

以前から、新しいお店の夢もあって、すこしおしゃべりしました。

「定番にしたい異国料理店」読んで、来てくれるお客さんがたくさんいるので、しばらくごめんねとのことです。

  


Posted by こやまあきゆき at 18:00Comments(0)アジア・アフリカ料理

2009年09月08日

祇園白川スィートポテトの「楽陽堂」がカフェに

四条縄手、白川の西に「やまとはし」のたもと、スィートポテトの「楽陽堂」さんが、カフェになった。

入って左側にTO用のショーケース、中で¥700からでケーキセット

今日は、「モンブランとアイスコーヒー(ブラック)」でいただきました。

モンブランも甘さ控えめ、いつもはスィートポテトですが、改めていろいろあるんだって、でも甘さ控えめ。

個人的にお芋さんが好きなので賀茂の「公家芋」も好物。

ごはんとおやつの中間で、素材味がなんとなく最近好みです。

三条KYOUENのお芋さんの専門店や「キルフェボン」のお芋系スィーツはたまりません。

ある意味、かわいすぎる小ぶりスィーツは、大食いの私には、上品すぎるかも。

「松屋籐兵衛」さんの「松風」でも「福耳」のほうが、向いてるかも。  


Posted by こやまあきゆき at 17:54Comments(0)スイーツ

2009年09月05日

クイズ、京都のグルメ洞窟的おすすめ5店は、どこでしょうか?

1、ジャマイカ料理 「バル」ビルの北側の道の真ん中あたりのビルの上階にあるお店。

2、北山通り、鴨川の橋のたもとにあり、石積みのレストラン。

3、三条一本北の地下にある、京都でもトップクラスの人気のスペインバル。L字型の店内の奥はまさに・・・

4、四条烏丸のオフィス街地下なのに、忍者屋敷のように籠の個室もあるお店

5、戦争中の防空壕をイメージして作られたお店四条上る

番外

6、トルコの世界遺産の名前の付いた寺町四条上ったトルコ料理店

7、アゼルバイジャンの温泉地の洞窟の名勝の名前をつけた、アゼルバイジャン・トルクメニスタン・ペルシャ料理店

  あなた、何軒わかりましたか?  


Posted by こやまあきゆき at 16:49Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年09月05日

甘栗の思い出「プチフランス」

昔は、町中で天津甘栗の屋台が出てました。

北大路の下鴨高木町上った疎水べりに「プチフランス」というフレンチで、アットホームなお店が有ります。

おそらく今日、くいしんぼう仲間が食べに行っています。

このお店に初めて行ったのは、大学生の頃。

デザートがマロンのムースにいろいろトッピングしてあって、どことなく親しみを感じる味。

思わず、この栗の材料なんですか?と質問したら甘栗使ってます。と・・・

甘栗が、こんな上品なスィーツの材料にもなるんだ。

以来、甘栗食べると、この店のスィーツを思い出します。

私が、北白川で修行したフレンチレストランが「プチフランセ」。当時地下に「ジャンジャック」といううビストロもありました。


甘栗といえば、四条河原町近くで北側の林さんとこの甘栗が京都では定番です。

寺町二条南東にもお店があります。


栗といえば、「モンブラン」結婚した前後、家内の大好物が、「キャピタル東洋亭」のモンブランでした。結婚前はデートコース

結婚後は、『帰りに買ってきてicon06』この言葉に弱かった。

さあ、いろんな栗味わいましょう。「キルフェボン」にもとっておきタルトがありそうです。

ちなみに、我がロシアレストラン「キエフ」の秋のコースは「カシタンコース」カシタンは、ロシア語で栗の意味です。  


Posted by こやまあきゆき at 00:21Comments(2)欧州料理

2009年09月03日

9月25日に北野商店街でイベント

9月21日は東寺の『弘法さん』そして25日は北野天満宮の『天神さん』

この日から、その南に広がる『千本西陣商店街』『北野ふれあい商店街』『大将軍妖怪ストリート』に新しい風が

前夜祭で「キエフ」もロシア人女性スタッフとピロシキ販売も計画しています。

京都在住の外国の方および外国料理店。出店希望者は075-525-0860 「キエフ」こやまあきゆきまで。

尚、当日広場で、外国音楽を歌ったり・演奏できる方も同時募集。今後毎週月曜日の昼のイベントにしたいと考えています。  


Posted by こやまあきゆき at 23:38Comments(0)こやまあきゆき

2009年09月03日

煎茶知ってますか? 井上春峰さん知ってますか?

お茶といえば、抹茶がお稽古の主流のようですが、最近中国茶なども健康・ダイエットなどの様々な効能があって、いろんなお茶が入ってきました。先日「丸九 小山園」さんのカフェでいろんなお茶飲み比べセットを買いましたが、改めてお煎茶や道具立てについて知っていただきたいと、

「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」にて、煎茶器の銘菓「井上春峰」さんの作品を特別展示いたします。

軸は、井上家でも絵付師を経験する有名な中国の画家を、絵付師として使っていた画家の掛け軸も飾られています。

改めて、お茶の原点を考えてみてください。、展示は木屋町の北の出発点。「ホテルフジタ」正面玄関入った一角です。

このギャラリーは、私こやまあきゆきが企画しています。  


Posted by こやまあきゆき at 23:31Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2009年09月03日

Liefで「定番にしたい異国料理店」が紹介されます。

京都本の代名詞的な月刊誌「Lief」
http://www.leafkyoto.net/

9月25日発売号の本のコーナーで、「定番にしたい異国料理店」が紹介されます。

すでに、「リビング新聞」「毎日新聞」「FM845」でもご紹介していただき、

京都の地域ブログ「京つう」や「NPO ふるさとテレビ」などのトップページでも紹介してくださっています。

なんと「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)を検索すると11万1千件も出てきます。たくさんの方々が、皆さんのブログやHPで紹介してくださっています。感謝。

京都情報で信頼度の高い白川書院の「月刊 京都 12月号」の本のコーナーでもご紹介して下さる連絡をいただきました。
FM放送に30分生出演したばかりです。 感謝 感謝 感謝  


Posted by こやまあきゆき at 23:16Comments(0)定番にしたい異国料理店