京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2014年04月19日

ウクライナ分割か

京都にロシアレストラン「キエフ」がある。
今のウクライナ情勢を考えると、微妙な名前だ。
しかし、これが正しい姿だ。
ウクライナ・ロシア・ベラルーシーは、同じギリシャ正教で、同じ東スラブ系の民族が最も多いキエフルースキーの後継でもある。

しかし、ロシアは連邦共和国の多民族国家だ。
ロシア人が圧倒的に多いが、そのロシア人と呼ぶのはウクライナ人と同じ系列のロシア人ばかりではない。
ユーラシア大陸で、様々な民族が大移動を繰り返しているの中で、多民族同士の様々な結婚もたくさんあるので、結局
そこで、ロシア人を名乗る人が圧倒的に多いだけだ。次にロシアでは、タタール系の人が多い。クリミアタタール意外にも
ロシア国内にたくさんいる。そしてウクライナ人も。

反対にウクライナは、併合されたクリミアがロシア人が突出していたが、東ウクライナでもロシア人の方が圧倒的に多い地域は
ほとんどない。基本的にはウクライナ人の方が多数派である。但し半分近くロシア人が住む地域も2箇所ある。

ウクライナで、ウクライナ人の国を作ろうとすると、まずロシア人が反発するのは必然だ。ウクライナはロシアから離れると
ポーランドに支配されたり、なかなか自力で独立できない。結局西欧の参加に入るだけだから、今のEUがウクライナを支えきれる
とは思えない。経済が悪化すると結局不満分子がまた政局を転覆させるから、どうしても強引にEUに入ろうとすると、東ウクライナの
一部を手放さなければロシアが納得しないだろう。それは、ロシアのご機嫌取りではなく、東ウクライナに住むロシア人がEU入りする
ウクライナに残りたくないからだ。

ウクライナは「キエフ公国」をルーツとして、「ロシア公国」から大きくなったロシアとは、別の歴史を持つと主張する。しかし、そんであるならば
「キエフ公国」の大きさだけでいいのだろうか?一番東に「キエフ」がある。つまり東ウクライナは、ウクライナでないというのだろうか?

ウクライナとは、ロシア語では端っこの方の地域を指す言葉だと聞いたことがある。
「大ロシア」「小ロシア」「白ロシア」と言っていたルースキー3兄弟時代に、小ロシアと呼ばれるのに憤慨して、「ウクライナ」と呼ぶようになったと教えてもらた。確かにロシア人は大ロシア・ウクライナ人は小ロシアと言われたら、大はいいけど小はがまんできない。

しかししかし、ロシア人とウクライナ人は、それほど仲悪くなかったはずだ、むしろポーランド人やアルメニア人やもちろんトルコ人やもっと
距離のある民族がたくさんいる。

フランスのナポレオンもドイツのヒットラーもロシアに勝てなかった。あの強大な多民族国家を相手にして勝てるなんて本来考えられない。
歴史的にも、日本とバルチック艦隊の戦いぐらいだ。

だからこそ、アメリカの出る幕じゃない。NATOで戦う場合じゃない。テレビの評論家たちが、ロシアが天然ガスを止めたら自分が困るとか、
西欧貿易がなくなったらロシアは困るとか言ってるが、BRICSで欧米都争って今困るのは、中国だけだろう。ロシアはまったく困らない。
そこで天然ガスを止められ、ウクライナを抱えて欧米はどうするつもりだ。ギリシャだけでもあんなに経済危機に陥ったのに、イタリア・スペイン
・ドイツにフランスまで打撃を受けて旧東欧の多くを支えなければならないのに。

結局歴史は繰り返す。

ソビエトも今の中国もEUもアメリカも大国が大きくなりすぎて、勢力を広げていくとあちこちからほころびが出てきて、民族紛争屋独立運動屋
一気にあちこちから穴があいてくると、ソビエトが解体したように、せっかく大きくなったEUも中国もガタガタになってくる。

中国の経済成長の鈍化は、今始まったばかりだけですまないだろう。欧米が何度か危機を乗り越えてきているが。ウクライナ情勢は大きく
足元をすくわれるだろう。なぜなら経済支援しないと自立できない国がおんぶにだっこでEUに入ってきたら、その結果で天然ガスが止まったら
ドイツに始まって、助ける方がこけていく。フランスとドイツが引っ張っていたEUをアイルランド問題も収まったきたとは言いえ、ベネルクスやまるでハンザ同盟といわれた国々が支えられるだろうか?

一番事情通なのは、ロシアレストラン「キエフ」という名前のお店かもしれない。両国の関係者がたくさん来られているからだ。
東京なら外交問題になるが、京都なら文化交流でいつも仲良くしている。

やはり中立の立場で日本が、両国が争わずにすむようにあいだに入るべきだと思う。NATOのアメリカが出るまくちゃない。
もしかするとイスラエルかもしれない。
減ったとはいえロシアにはユダヤ人の方もまだまだ多い。アメリカでは少数派ながら実権を握っている。
NATOとロシアの仲介をイスラエルがする?
やっぱり日本が動くべきでしょう。

同じカテゴリー(ロシア料理)の記事
 50歳からの留学がおすすめ加藤美知世さん (2016-02-06 17:49)
 欧州料理のルーツロシア料理「キエフ」で。 (2014-10-24 00:53)
 ソチオリンピックの料理 (2014-02-06 21:45)
 ロシア料理ビヤガーデン「キエフ」 (2013-05-31 17:53)
 ピロシキ ボルシチ グリービー最高 (2012-12-12 08:05)
 ドクターペッパーと崎濱チーフの思い出 (2012-10-13 22:49)

Posted by こやまあきゆき at 17:07│Comments(1)ロシア料理
この記事へのコメント
小山さん お久しぶりです。
インド料理食べ歩き、いいですね~。
よかったらうちにも寄れる日に
その方と一緒に寄って下さい。
たまにはご馳走します。♪
以前大変お世話になりましたしね。
待ってます。が、、火曜日は休みです。
念のため。
Posted by らあま at 2014年05月12日 00:09
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。