京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2013年06月21日

台風でも満席「さらさ」だけじゃない花遊小路

台風の影響をほとんど受けない京都

しかし大雨やサッカーの影響でか、全体的に人が少ない

清水寺は外国の方が七割以上歩いておられた。
小雨の中「ゑびす堂の人力車」がゆったり京都を案内されている。
超おすすめ

そんな中、新京極四条一筋上がった東側の「花遊小路」は皆満席に近い盛況。
なによりも「さらさ」「よーじや」が並ぶこの通りは、実に明るくお洒落になった。

「さらさ花遊小路」人気に集まったのか

スペイン料理「TERNURA」は、前の店でもラムが私の好物だった。
「ポパイ食堂」「yasai hori」「カフェダイニングNeuf」

どんつきが工事中なので「柳小路」も「カレーのマリーD」とかあるし、その北側の「NINNJYA」「ラーメン千の風」

裏寺と呼ばれた地域も含め、京都は楽しくなっている。  


Posted by こやまあきゆき at 19:39Comments(0)kawaii

2013年05月10日

BaskinRobbinsの3つのKawaii

BRサーティーワンアイスクリームで超カワイイアイスクリームを3種類いただいた。
イースターエッグハント・サーティーワンパーティ・ポッピングシャワー

前を通りがかって思わず「KAWAII」写真に、どんあ味?見た目だけ違うの?不思議?

そこで、どんな味なのか気になって入ってみるとすかさず「味見してください」とスプーンで渡された。

?見た目と違ってメロンを食べてる感じ。
うまい

じゃあこっちは?

あっちは?

と聞くと、全部お味見出してくれそうな気配だったが、56歳のおじさんではひやかしにしかみえないので、

「あつ、すみません。残りはダブルで。スモールでいいです。コーンで」

結局アイスクリームダブルをほうばりながら河原町を歩くことに。

これって、祇園祭の私の定番やん。

「そうなんです。祇園祭の重厚の日は、ここでアイスを買ってホコ天になった四条河原町の東側から巡航を見るのが私の定位置なのです。一昨年は三条河原町で見ましたが、ここ数年5回はここのアイスのお世話になってます。

ハーゲンダッツが店舗展開やめましたが、我が家は昔からダッツ派の家内や長女と31BR派の私と次女に分かれてます。
ですから、家の冷凍庫にはダッツが。外でよく北大路タウンで次女と2人でBRを。
以前USJでベッキーのBR特別メニューを書いたこともありました。

今回のかわいい3種類はどれもオススメです。  


Posted by こやまあきゆき at 20:02Comments(0)kawaii

2013年02月16日

三条通りのKawaiiみっけ

祇園のうどんミュージアムから四条・御幸町・三条・東洞院・押小路・烏丸(マンガミュージアム)・三条・新京極・四条・マンガミュージアムと歩いた。

目指すは「Kawaii」

ご近所の通り筋をすべて順にご挨拶回りをしていて気づいた事がある。
「うどんミュージアム」に、一番関心を持ってくださるのが「Kawaii」人たちなのだ。

どういうことかというと、美容室・ブティック・かわいい雑貨・化粧員
なぜか「Kawaii」がテーマのお店に入っていくと、パンフレットの「耳うどん」見ただけで「Kawaii」というう反応

奥の他のスタッフをわざわざ読んだり、必ず1人は「おうどん大好きなんです」と行ってくださるKawaiiがおられる。
それってオジサン的発想?

しかし、そう言われてみれば家族4人全然食べ物の好みが違う我が家でもうどんは常に常備されている。
以前は「つむぎうどん」の乾麺も箱で置いてあった。夏のひやむぎ・素麺も次女が好きで切らすことがなかった。

家内が和食と時々エスニック・長女はベジタリアンに近いがスィーツ大好き。次女は肉食系とチョコ・牛乳。
私は、毎日元々パスタ・ラーメン・蕎麦を含めて麺を食べるので、昨日はつむぎうどんときしめんを自宅だ食べている。

嫌いなものが私以外あるが、うどん嫌いはいない。

そんなKawaiiお店で行きに気になった「三条高倉のDUO京都三条店」に、帰り入ってみた。
和紙などの可愛いものから、アメリカンスタイルのスクラップブッキングまで、Kawaiiがいっぱいある。
1枚の写真やアルバムが、思い出いっぱいの1冊ののアートに変身する。
論より証拠
  


Posted by こやまあきゆき at 20:12Comments(0)kawaii