京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2007年04月30日

京都先斗町のすき焼き

先日、ある方に先斗町のすき焼きのおいしい店どこでした?と聞かれた。先斗町といえば、四条の入り口に木造3回建てで昔から狭い階段上がって食べにいっていた「いろは」さんでしょう。と即答した。
今は。北店もできて利用しやすくなった御茶屋が元々主体だった先斗町にあって、四条に面した牛なべの老舗。http://www.sukiyaki-iroha.com/
そんな京都の老舗に挑戦しているのが、銀座など各地に事業展開している「ねぎや平吉」
木屋町・先斗町び出店。
先斗町は、いつの間にか、御茶屋さんの町から、食い倒れの鴨川の床も持つ、日本的空間を楽しめる食空間になってしまった。
あなたは、牛なべ派?とれともトレンディーな「ねぎや平吉」派?
  


Posted by こやまあきゆき at 23:16Comments(0)和食

2007年04月30日

京都百万遍の和の食事処「あやとり」

私が、「お造り定食」を2つ食べるお店がここ。
まず、このお店の欠点は、赤いプラスティックの看板。・・・やきとりチェーンテンぐらいにしか見えない。このお店のすばらしい点。あたりまえの事を、地味にまじめにやっている。
さあ、そこでおなかを空かして行った時、当たり前に「お造り定食」を頼んで、当たり前に食べた。
そこで、どっと食べたくなった。「お造り定食」をおかわりした。
幸せだった。

  


Posted by こやまあきゆき at 01:21Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2007年04月27日

京都のクレープ屋「さんじや」の惣菜クレープ

クレープといえばスィーツの仲間。TOのお店もたくさんあるのに、京都の新京極「ロフト」の近くの「さんじや」は、行列ができてガードマンが出るほどの人気。嵐山と高野の「イズミヤカナート」の1階にもある。実は、カナートが目の前なので、カナートに娘達とよく買い物に行くのだが、2人とも好みのクレープがある。そして、なぜこの店の紹介をするかというと。
この店には、スィーツだけでなく惣菜クレープがある。納豆クレープとか、ハンバーグとか照り焼きとか。実は、私のいるロシアレストラン「キエフ」で現在だしている「エルミタージュコース」(¥4200)の前菜にでるサーモンマリネに付いているのが、ロシア人の大好物の「ブリヌイ」というクレープの仲間。
惣菜用には、芋の成分の含まれており、かならずサワークリームと生クリームを練ったスメタナを塗ってから、好きな前菜を乗せて巻いて食べるのだが、これが絶品。ロシア女性野中には、ハンドバックにブリヌイを巻いてアルミホイルで包んだものを数本入れて持ち歩いている人もいる。おなかがすいたとき、乗せる惣菜だけを買って、乗せて食べる。「さんじや」の惣菜クレープはこれに近いものを感じる。
甘いだけがクレープじゃないよ!  


Posted by こやまあきゆき at 23:56Comments(0)スイーツ

2007年04月25日

京都のパフェ「ポポロヒロバ」

龍大のアマノッチに、「龍大の近くで、皆が良く行くお勧めのお店ある?」と聞いたらすぐ答えてくれたのがこのお店。京阪藤森駅から南周りで西の師団街道方面に行く途中にある。
幸い疎水近くの所に地域の地図が書いてあったのですぐわかりました。
お恥ずかしい話、この日1時にお寿司。3時に実家で北海道の従兄弟が送ってくれたソーセージを使った料理やスープをいただいた後なので、日を改めようかとも思ったが、昨日アマノッチに教えてもらってからいろいろ想像していたので、別バラはパフェを欲していた。
店に入る前に予想通りのボリューム満点のパフェがショーケースにあった。アマノッチから少し情報を仕入れていたので、店に入ると聞いていたとおり、本のように分厚いメニュー。しかし中身は、想像以上のもの。シンプルなメニューからスタートしているが、私のようなおじさんが注文する前に、間違いなく読めるか少し心配な名前がびっしり。(名前を想像してください)
しかし、何が主に入っているかが書いてあるので、とりあえず好きな物が入ったパフェでも選んで注文するか、「スタッフ泣かせのパフェ」という、ほとんど自分の好きな物がチョイスで選んでいけるパフェにするか(確かこれは¥2000ぐらいだったと思うが)。
で、私は、ちょっと恥じらいを感じて、娘の名前と関係のある紫芋のパフェにした。コーヒーと。
そのあと、八軒AMにメープルシロップを使ったパフェを追加注文すると、ワッフルにメープルアイス他がトッピングされてメープルシロップかけたのを作ってくれた。これは「砂に書いたラブレター」というパフェのアレンジ?とか。できる範囲でいろいろオーダーできるし、思ったよりなれてるせいか出てくるのが早い。ひとつ残念なのは、ミュージシャンぽいマネージャーかチーフか聞かなかったけど、料理のメニューの名前も実に楽しい。すぐ後で家族で食事の予定なので、残念ながら今回食事はパスしたが、今度はがんばって自転車でお腹すかしたがいこう。ちなみにスタッフは男女ともに皆素敵で実に感じがいい人ばかり。人気のもうひとつの秘密かも。  


Posted by こやまあきゆき at 18:28Comments(0)スイーツ

2007年04月22日

八幡の『亀屋芳邦』の「石清水」

八幡のおいしいもんとして、この地に詳しいかたからいただきました。
立派な栗の入ったみかさ。甘さ控えめで実においしい一品です。
「松花堂」から北へ900m。
HPでたくさんの商品が紹介されていて、一部クール宅急便で着払いで購入もできる。
詳しくは、HPで。http://kameya-yoshikuni.hp.infoseek.co.jp/index.html  


Posted by こやまあきゆき at 20:41Comments(0)和菓子

2007年04月22日

小川珈琲のお米のロールケーキ¥840

私が夏に1番好きなアイス珈琲が、小川珈琲のアイスコーヒー。
本店や三条木屋町店に行くと、どうしても買って帰るのが、定番のお米のロールケーキ。
お値段¥840も良心的ならば、食感も材料も実によくできている。
新作「春いちご」や「宇治抹茶」の¥1050もあり、商品によっては、作っている『ル・ブラン堅田工房』
http://www.oc-ogawa.co.jp/shopnearby/s_sig_leb_katatak/
からの直送もあるそうだが、この商品は小川珈琲でも販売店は限定されている。
小川珈琲のHPなどで確認してください。
とりあえず三条店を紹介しときます。
http://www.oc-ogawa.co.jp/shopnearby/s_kyo_sanjo/
  


Posted by こやまあきゆき at 20:26Comments(0)スイーツ

2007年04月21日

アゼルバイジャンバー「Venus」23日から料理開始

アゼルバイジャン料理の「カスピアンキッチン」(三条河原町1筋下がる西入る)のレザさんのお店の祇園のバーがオープンした。先日お邪魔して、タバコを吸わない私も水タバコを体験した。
食道楽の私は、残念ながら料理が次の月曜日からスタートだったので、少し残念。
プライベートで、ロシア人の女性もたくさん来ていた。
ラクと呼ぶのか?アゼルバイジャンのウオッカのようなスピリッツを4杯ぐらい飲んだが、お腹がすいたので、近くの中華屋さんに入ったら、田中の三宝の姉妹店でお爺さんが作っていた。
実は、娘の同級生のお爺さん。
きっちり挨拶して帰った。
お孫さんは男前で、娘がバレンタインにチョコレート上げたのにもらえなかったとしょげていた。
親バカで娘にいっぱいチョコレート買ったけど、本当は、友達からほしかったんだろう。
まだまだ若い。くれる人も出てくるだろう。その時親父が寂しくなる時。
  


Posted by こやまあきゆき at 23:17Comments(0)欧州料理

2007年04月19日

京都のウオッカは、「ウオッカバーナカニシ」で

先斗町を、三条から下がるとマトリョーシカと呼ばれるロシアの人形が並んでいるお店の前を通る。
ここが、世界のウオッカを集めたウオッカバー「ナカニシ」の中西さんのお店。
長くロシアレストラン「キエフ」の表の顔だったので、ピロシキなどの料理も少し作っておられるが、なんといっても世界中から集められたウオッカ。
ちなみにウオッカは、ロシア以外に、ポーランドのズブロッカ。アメリカに移ったスミノフ(最近母国ロシアでも製造再開)。他に、北欧(たとえばフィンランドとか)や西欧の北の方(たとえばオランダとか)更に、ウクライナ・チェコ他スラブ圏。グルジア・モンゴルなどロシアと関係の深い国々。ウオッカ文化圏は、面積的には世界のかなりの国に広がっている。
女性には、フレーバーウオッカがお勧め。  


Posted by こやまあきゆき at 23:08Comments(0)酒の楽しめる店

2007年04月16日

京都のスコッチ&ピアノ「バートランド」

京都の祇園に「バートランド」というお店がある。カウンターの樽に入ったスコッチは私の好物。
ところで、ここに土曜日とか、寺崎さんがピアノを弾いている。ちなみに、彼は日替わりで様々な店から呼ばれている。ここで、カウンターで目の前の樽のスコッチを飲みながら寺崎さんのピアノを聴いていると。大人の世界を感じると同時に、時間を超越している事に気づく。  


Posted by こやまあきゆき at 23:36Comments(0)酒の楽しめる店

2007年04月13日

朱雀大路はJRに乗って

京都駅から亀岡へ、中央市場を通り抜けJR二条駅へ、昔は鉄道で食材が運ばれ、丹後や若狭の幸が、京の都に来たわけです。この鉄道が実は、昔の朱雀大路に重なっています。昔都人が牛車で走った道を今は鉄道が走っているのです。
私の最新ブログ「知恵の都京都人の遺伝子」を読んで、謎解きしてください。  


Posted by こやまあきゆき at 01:05Comments(0)

2007年04月07日

京都のスペイン居酒屋「セサモ」vs「タパタパ」

「セサモ」は私のいた無国籍料理「カプリチョース」の系列で3番目にできたお店。スペインに留学していた岡田社長のスペイン好みで作られた。山田さんが現在の店の顔。料理も多彩でおいしい。
「タパタパ」は祇園のフィゲラスの系列。どちらも私には、他人とは思えない親しみがある。
安くてお勧め。  


Posted by こやまあきゆき at 00:56Comments(0)日本酒・洋酒・ビール・ウオッカ

2007年04月03日

京都のアゼルバイジャン・バーオープン

カスピアンキッチンのオーナーレザさんのバーがオープンする。
店内では、水タバコも用意。チャージ¥500プラスドリンク代。
アゼルバイジャンの様々な料理が楽しめる。アゼルバイジャンはワインのふるさとのひとつで、ウオッカみたいなスピリッツも本場からやってくる。
場所は祇園会館の北の道を西に入った祇園加納ビル1階
朝4時までの営業で、オーナーも8時頃から出勤。
詳しくは、075-531-2553  
これは、最新情報です。  


Posted by こやまあきゆき at 22:28Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年04月03日

京都のベトナム料理 2「VIETNAM FROG」

三条京阪を出た『KYOUEN』の中にあるベトナム料理店「ベトナムフロッグ」は、最高にいいお店である。まずおいしい。2つ目に予想以上のボリューム。3つ目に野菜などが京野菜など素材が実にいい。4つ目におしゃれな空間。5つ目にサービスも行き届いていてお箸までおしゃれ。
ランチ¥1200で前菜からデザートまで全部チョイス。更にご飯かお粥食べ放題。
フォー追加したぶん余計だったぐらい。
今日はタコの前菜・鴨料理・おかゆに・・・とにかくベトナム料理は中国とフランスも入っていてコーヒーは世界第2位の生産国。アオザイは女性を更に美しくみせる。
ブログカフェもそうだが、間違いなくベトナムはこれからのトレンディー間違いなし  


Posted by こやまあきゆき at 22:23Comments(0)アジア・アフリカ料理