京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年01月31日

今日は手打ちそばの日byいやいやえん

京都でいちばん安い和食のお店と、いつもご紹介している「いやいやえん」

実は、「キノキリム」というう中近東のキリムを使ったクッションとかのブランドを作っているオーナーでもあり貿易商でもある。
「キノキリム」ブランドは、有名輸入雑貨店に置かれている。

そのショールームが、実は「いやいやえん」の2階にある。もともとオーナーの大槻さんと仲のいい友人たちが、その素敵空間を使って、大槻さんの手料理をセルフサービスで、もって上がってくつろいでいた。

「いやいやえん」には、ジャズを中心に、粋な仲間たちが集い、カウンターだけのお店なのにライブもやっていた。
だんだん増えて、ついに2階でライブ。

大槻さんは、「京都学派」の京大人文系の有名な、学者を多く輩出した洛北高校山岳部出身。今でもOB達が守っている山小屋がある。その後立命館大学在学中に「輸入民芸グランピエ」経営の「無国籍料理カプリチョース」のスタッフに参加した。

もうおわかりですね。私がそこの責任者だったのです。
「そば名人」のニックネームもある和食への探究心は人一倍。
かなりしつこく口説いて、頑固な大槻さんを当時の「苦胃辛抱の会」のメンバーに参加していただいた。
できれば、卒業したら「カプリ」の社員になっていただきたかったが、山との関係で海外に行く大槻さんが選んだのは、親会社の「グランピエ商会」岡田社長である。学生時代スペインで過ごし、お父さんは日本の民芸運動のパトロンの一人だった独特の感性を持つ岡田社長の元で、織物関係の貿易部門の責任者として、アジア全域。特にインドから中近東を回る生活の中から、大槻さんのこだわりの性格が、彼を専門家に育てていった。

全国から輸入雑貨店のオーナーが来る大槻さんの「キノキリム」
毎週土曜日が手打ち蕎麦の日です。  


Posted by こやまあきゆき at 11:05Comments(0)和食

2009年01月31日

京都くいしんぼうの会 情報センター 開設予定

私の夢は、「京都が世界の食の都」と呼ばれる国際文化都市になることです。

すでに私が親しいエスニック系のお店だけでも200軒以上あります。

元々こういうお店は、単独で様々な苦労を乗り越えてがんばっているお店ばかりです。
食材の仕入れやスタッフ、そんな国誰も知らないとか、何食べてるんですか?みたいな。

「マリ料理店」「ガーナ料理」「フィリピン料理」「ベルギー料理」「ネパール料理」「タンザニア料理」「アゼルバイジャン料理」「ガリシア料理」「スロベニア料理」「グルジア料理」

今書いた国・地域の料理で、具体的な料理を創造できる方、100人中何人いますか。まして、10カ国全部の料理名を各1品言える方は?

京都では、全部食べられます。東京では食べられません。

そんなお店の情報を、地域別・国別・目的別とかいろいろ書いてきました。

それらのお店を紹介するのはブログでも書けますが、できれば、全部のお店のカードや資料をいつでも見ていただけるようにしたかった。そんなエスニック系のお店のカードや情報を集めた資料。

もちろん、私は持ち歩いているので、「キエフ」でもいつもお見せしていますが、もう一つ私が、「ホテルフジタ平安京ギャラリー」の企画に参加させていただく機会を、若い頃能楽の舞台に立ったこともあるホテルフジタの福井支配人が、お声がけ下さって、京都の本物を集めたショップカードなどを、常設できるコーナーを、ホテル入って右側のネットコーナーの一角に常設することになりました。本物の雑貨屋・家具屋・道具屋・画廊他です。京都のほんまもん。それと一緒に京都のエスニック系のお店のカードも私の資料並みに集めたいとお願いしたところ、OKになりました。

どんな形が、皆さんに見ていただき易いか。考えて常設展示します。
その関係で、お勧めのエスニック系のお店に、伺わねばなりません。

こやまあきゆきプロジェクト
「京都世界の食の都ネットワーク」まもなく完成です。
以前寄せていただいたお店の方。よろしくね。
  


Posted by こやまあきゆき at 00:20Comments(0)京都グルメ情報資料

2009年01月30日

イタリアン「カフェド・ギー」に今日ナタリアがいます。

御幸町蛸薬師上ったところにあるイタリアンの「カフェ・ド・ギー」に、ロシアレストラン「キエフ」でもおなじみのナターリャがお昼、店頭にいます。月・水・金が多いそうです。
「キエフ」は、ホールだけで、13人在籍しています。
ロシア人のナターリャとナターシャ。昔「タントタント」でもお世話になったイタリア人のニコラ(お母さんは日本人)。立命館の高やん。京産大の西やん。京大のオッギー。龍大出身のアマノッチ。女性陣が取締役の柳井さん。ドンのシモジ。NFのカッキー。外大のマッチャン。もちろん2人のロシア人スタッフも女性。後コックの卵のシカタン。と私。

そんなこんなで、ナターリャは、イタリアンでも働いている。  


Posted by こやまあきゆき at 00:03Comments(0)欧州料理

2009年01月29日

本日スペイン料理「PePe]OPEN

ようやく、皆様お待ちの「PePe」がOPENしました。

節分の準備が進んでいる、東大路の東一条西入る。

大きな駐車場完備です。

HPでお確かめください。

http://www.geocities.jp/tiopepeuohp/  


Posted by こやまあきゆき at 15:42Comments(1)欧州料理

2009年01月28日

自宅から発信第1号伏見稲荷できつねと稲荷寿司

記念すべき、自宅からの第1号です。
高1の娘「ムッチ」が、新しいスキャナーやプリンターがほしいと昨夜電話してきたので、今日近所の量販店で待ち合わせ。
電気店の中をぶらぶらしているうちに、今はやりの小型ノートパソコンとDVD読み込みキット・カラープリンター&スキャナーなど一式買ってしまいました。クレジットではなくキャッシュで総額5万円でおつりが出る金額に、そのあとの家族4人のイタリアンはなぜか最初無言。

いつもは次女と2人で出かけたりご飯食べいっているので、次女はなんとなく無言。
反対に、長女も昨夜30分位、私が次女にかけた電話を代わってから30分位はなしこみ、今日は2人で買い物と急展開に、家内の顔色気にして無言。でも月末がお誕生日なので。
家内は、まだ何も知らないので、何か怪しい気配に無言で食べたいもの食べてるって感じ。家内は特に高いお店に行きたがらない性格もあって、すぐに「カナート」とか「ビブレ」とかで待ち合わせになる。

この日も次女がパスタと言ったので、焼きたてパンとパスタの「グーテ」になった。
パスタ3品セットでも¥1500ぐらい。私が野菜の蒸篭蒸しみたいなヘルシーーセットを選んだので、¥1100
4人でも¥5500ほど。

帰りにめずらしいチョコがキノコになったおもしろい形のパンを不思議そうに家内が見てるので、買うか?と聞いたら3つ。3人やからと、自分と2人の娘分。おみやげ。

店出たら、バレンタインの準備のチェックにに地下のお菓子の材料コーナー見に行くから付き合ってと次女に言われて4人で地下に。結局バレンタインのたくさんミルクの生チョコ入った箱もって、「これ!」と渡され、次女と腕組みしながらレジへ。(誘導された)お金払うと「パパからバレンタインチョコゲット」と家内と長女に報告。

3人が暮らす店の2階の娘たちの部屋で、モバイルパソコンの初期設定やらネット接続やらやていると、ほとんど生チョコ1人で食べた次女が横から「最後の1個」と、くれた。となりで、布団でアニメ読んでた長女は、「なんか手伝うことあったら呼んで」と言ったきり寝てしまった。

うっかりしていた。表示時刻が正確に設定されてなかったので、10時と思ったら、11時半。

自分とこでゆっくりやるわ。と、まだ開いていないプリンターや新しいマウスなどを残してそそくさと袋に入れて、すぐ近くのマンションに退散。この部屋が、私の読書と勉強部屋。料理や京都関係の本屋資料のみ持ち込んでいる。この部屋には、テレビも家具も何もない。カナートから1分。家内の店と歩いて5分もかからない。

今日のこやまあきゆきの1日
午前中10時まで読書。
それから「吉田神社」「松尾大社」「伏見稲荷大社」にお参り。
2月からの「ホテルフジタ・平安京ギャラリー」の第1回に奉納する、平安京都の4隅の4社のお守りを飾ることになった。
展示品は、

・能楽衣装
・小山喜平「ペルシャンブルー」作品群と「灰釉オブジェ」
・アフガニスタン「キリム」
・東大寺二月堂 漆盆写し
・北野天満宮 剪定 紅梅&白梅
・吉田神社 厄除け福呼ぶお守り(節分大祭)平安京藤原家所縁・吉田神道
・伏見稲荷大社 商売繁盛 (景気回復祈願) 平安京遷都 秦氏所縁の神社 
・松尾大社 平安京遷都祈願 秦氏所縁の神社 酒資料館 
・北野天満宮 2月15日梅花祭 菅原道真公 国技相撲伝説 学問の神様 受験生合格祈願
  上記 4社の絵馬や福祈願絵馬など 

オワカリデスネ  設定完了シマシタ。  


Posted by こやまあきゆき at 23:57Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2009年01月28日

萬亀老・菊乃井・たん熊のぶぶ漬け

今日、陶芸家で、美食家の猪飼佑一氏の「高島屋」個展最終日。

何か、差し入れをと思ったが。
奥様は、清水緑寿庵のご息女。
大変な美女。
猪飼さんも美形で有名なので、美男美女。

男前で、叔父さんも映画俳優というう美男子の陶芸家近藤高弘さんも従兄弟になる。

いっしょに福井の登り窯プロジェクトに取り組んだ。
その後の顔合わせも祇園のお茶屋さんだった。

そういえば、ある旦那衆の一人が私たちを連れて、島原の「輪違屋」さんや祇園・上七軒にも行った。
近くの高級料亭に先に寄って食事。
そんな時代もあった。

いろんな思い出が浮かんできて、何を差し入れたらいいか、迷いながら地下食料品売り場をうろうろしていて
そうだ。「ぶぶ漬けでも」
といううフレーズが頭に浮かんだ。

よく、京都人の家に行って、長喋りしていたら「ぶぶ漬けでも」と言われ、
もう帰らなあかん。
と思うのは昔話。
でも、基本的にあまり家には、人を入れないし、ごはんは、ぶぶ漬けぐらい。

それって、基本的に京都人外食しなかったし、買い物行っても、おかず買ってかえって、家で食べる派がほとんどだった。
最近、変わってきたけど、「ぶぶ漬け」これって、最低のごはんと違って、自家製漬物とかおばんざいとか、
普段の京都人の食事だった。

そこで、高島屋地下の有名料亭の料理TOコーナーに行くと。
ありますあります。有名店の「ぶぶ漬けセット」

今回単品で3種類買いました。
正直言って600円前後。かけ 3

包丁式で有名な「萬亀老」
更に「菊乃井」「たん熊」

他にも「美山荘」とか日替わりで置いてある。
これってかなりリッチな気分になれます。
京都のぶぶ漬け
「南座」東(本店木野)と縄手新橋上るにもそれぞれ鰻の有名店がある。

お漬物はたくさんあるが。

あなたは、どんなぶぶ漬け好きですか?  


Posted by こやまあきゆき at 00:05Comments(0)和食

2009年01月26日

中国料理「桂花林」の「坦々麺」

中国料理「桂花林」はホテル「フジタ」の地下にある。
入ったことがある人は、まず絶景の景色に驚かれるだろう。

今回、このホテルの正面のディスプレーを、お手伝いさせていただくことのなった。
その打ち合わせを兼ねて、フラワーアーティストの富田洋子さんと福井支配人と3人で、「坦々麺」と「気まぐれデザート」をいただいた。

昔東急ホテルに当時あった「中国飯店」に2年間、中国料理の勉強をかねて手伝いに行った時、おいしい中国麺の秘訣で教えていただいた3つが、ここに生かされていた。

ただ辛さが強調された他のものと違い、上品な味わい。
そう、これだったんだ。

  


Posted by こやまあきゆき at 23:13Comments(1)中華料理

2009年01月26日

ラーメン「天天有」30年前

私のブログでラーメン店は、日常の和洋中華のカテゴリーに分けている。
しかし中国料理店で食べると中華のカテゴリーになる。

ラーメンがこれほど発展したのは、「カレーライス」と同様に、日本文化である。
それが、最近中国に逆進出して、巨大チェーン展開しているお店も有る。牛丼より展開が速い。

そんなラーメン店で、最初にはまったのが学生時代の「天天有」だった。
先代の頃で、奥の座敷と呼んでいた茶の間。

きっと、唯一のプライベート空間が、人気と共に客席に変貌し始めた頃、いつも「奥空いてる?」といって、京産大の大塚ら、元々京都産業大学グリークラブに同期入団した連中と、練習の後とかに、行きだしたのがきっかけだった。

繁昌して、昼の仕込やらが親父さん。夜はお母さんと、まだ若かった今のご主人が2人でやりはじめた頃の事を思い出す。
夜中4時ごろだったか、もうお店もほとんど空いてないある日、洛北高校前の「吉野家」に立ち寄ったら、2人でご飯食べておられた。こんな時間まで働いて、大変な仕事だと思った。

今、有名になっても、しっかり現場で仕事をしている。大きくなったら現場を離れて社長になってしまうのが常なのに。
たくさんいいお店が出来ているけど。
ここにくると、昔、茶の間で食べた時と、なんもかわってへん。

姉妹店の器も内装も変わっておしゃれになったけど。
本店のここで食べると、30年の自分とこのお店の歴史を楽しんでいる気がする。  


Posted by こやまあきゆき at 02:26Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2009年01月25日

最近評判のお店ベルギー・ガーナ・ネパール料理

今日も「キエフ」は、1日満席でした。
アフター9は日・水お休みなので、お断りhした2組とお昼に来られてお食事できなかった皆さんすみません。
2月も催事が多いのですが、2月15日全館休業以外は、一般席ご用意できると思います。
念のために075-525-0860まで、当日でもお電話ください。

そんなパニック状態なのに、スタッフの皆や食べることの好きなお客様から、行ってよかった情報が続々寄せられています。
これからの食べ歩きに参考にさせていただきます。

今までご紹介してきた中では、

京福叡山電車一乗寺駅西側のネパール料理「ナマステキッチン」を気に入られて、3回も立て続けに行かれたかわいいお嬢様。まだ新しいお店ですが、これからも応援してあげてください。

外大のマッチャン事北海道美人が感動したといううのが、西院のベルギー料理「モニュマンブルー」ベルギービール・料理・デザートの三拍子そろったお店。スタッフ高感度もいい。プロやね。

アフリカ料理「アシャンティ」にいって、見たことないものばっかりだった。って、アフリカ料理の名前言える人います?「クスクス』ぐらい違いますか?とにかく、見たこと聞いたことない料理のオンパレード。おまけにケンコイーが実にいい人で歌もうまい。西京極や阪急沿線の皆さん幸せやねぇ。近くに「アシャンティ」があるなんて。日本中で、これほどアフリカ料理のおいしいものが揃っているのは、ここぐらいちゃいますか。営業が夜だけですが、予約すれば団体は昼も可。アフリカ料理は北部が地中海文化圏で、エジプトもそうですが、地中海の海洋ルートでも交易がありました。また東海岸もインドなどとの関係は古い歴史があります。
人類誕生説もありますが、有る程度の文明が繁栄するのがいつごろか?ナイルは確かに重要です。
ただ西側もかなり豊かな地域です。アフリカは子供の頃ジャングルのイメージでしたが、砂漠も広範囲ですし、草原や原野的な地域もあります。ケンコフィーは、北・東・西でそれぞれ広域で同じような料理文化を持っているといいます。決して部族や国単位で料理文化を分けられないと。更に欧米支配の時代に持ち込まれた食文化が、それぞれ関係があります。モロッコとフランスは切り離せませんし、南アフリカワインとか、フランス圏だったところは、西洋料理が持ち込まれていますね。イタリアもフランスも結局地中海でつながってますから 。

  


Posted by こやまあきゆき at 23:38Comments(0)京都グルメ情報資料

2009年01月25日

スペイン料理「PEPE」1月29日OPEN?

待ってましたの「PEPE」
京大の時計台も近い東一条西へ。
南側には、大きな駐車場もある。(ただし、飲酒運転ダメヨ)

店頭のチラシが1月29日OPENになったとのコメント。
正直、かなり丁寧に準備していて、完成したらOPEN。
そんな感じなので、開いてみないとわからない。

火曜か水曜日、準備しているところに聞きに行ってみます。  


Posted by こやまあきゆき at 23:09Comments(0)欧州料理

2009年01月25日

キエフの「こばらセット」と夜のデザートセットスタート!

お待たせしました。
ロシアレストラン「キエフ」

現在アイリッシュパブ「ゲイル」になっているところが、以前「キエフ酒房」でした。
夜は、キエフのオードブルつまみながらウオッカやワインが定番でした。

レストランのみになって、12時までバータイムにしてますが、なかなか昔のようなセットメニューがアフター9にない。
とのご不満にお答えして、小山&米平が贈る『アフター9』が充実しました。

◎「デザートセット」¥840
◎「ドリンクセット」¥2000・・・カワキモノ・チャームとワイン・ウオッカ・ソフトドリンク2時間フリー
◎「オードブル+フリードリンクセット」¥3000 ・・・オードブル・ワイン・ウオッカ・ソフトドリンク
◎「こばらセット」¥1500・・・ボルシチ・ピロシキ・グリヴィー(キノコのクリーム煮壷焼き)

で、プリントしたとたんに初オーダーです。

ただし、日曜と水曜はお休み。更にコンサートなどの貸切や予約満席の場合ごめんなさい。

ちなみに、本日1月25日(日)は、終日ほぼご予約満席に近い状況です。
日曜日は昼ランチがありません。夜もアフター9がありませんが、終日ほぼご予約席ですので
ご来店ご希望の方は、お電話ください。075-525-0860 キエフ こやまあきゆきまで。  


Posted by こやまあきゆき at 01:11Comments(0)酒の楽しめる店

2009年01月23日

冬は、ロシア文化圏の料理で温かく。

冬、あなたは鍋ですか?ラーメンなどの麺料理?

寒い時には、やっぱり寒い国の温まる料理まず食べてください。

という事で、まず専門のロシア文化圏の料理をご紹介します。

◎「ボルシチ」ビーツで真っ赤な色のキャベツや牛肉ジャガイモなんかの煮込み料理。
  多くの人が、トマト味だと思っていますが、トマト関係ありません。〔使ってもいいが)基本的にキャベツとお肉で煮込んでくだ   さい。実は、ビーツがてんさい科の野菜で、砂糖の原料。体が温まります。でもこの野菜はローマから伝わったそうです。
  今、「キエフ」に、ニコラといううお父さんがイタリア人の学生がスタッフでいます。お母さんは日本人。2人とも若い時からの私  の仲間です。ニコラにこの話を聞くと、ビーツが最初ピント来なかったようですが、話しているうち、あの紫のサラダで食べてた  野菜のことか。という感じ。フレンチやブラジル料理店でもサラダで使ってましたが、ニコラの話だと、お手伝いさんがビーツで  デザート作ってた。のだそうです。「キエフ」では、ボルシチやロシアサラダに入っています。

◎「グリヴィー」ロシア語で「キノコ」の意味。中身はキノコのクリーム煮。蓋がパイ生地とパン生地の2種類あります。キエフは
 パン生地で、生から焼き上げます。

◎「ガルショーク」大きな壷焼き。中身は野菜味のさっぱりビーフシチューです。蓋はパン生地。

◎「タバカ」グルジア料理。鳥の蒸し焼き。ヨーグルトにつけて蒸し焼きにすると、臭みも消え旨みも増えます。タンドリーチキンの親戚の料理です。

◎「シャシリク」ラムの串焼き。グルジア料理ですが、羊の串焼きは、シルクロード料理でもあります。ドライフルーツの食べ方の一つが赤ワインで煮込んでソースに加えたり。これも保存文化の一つ。また、グルジアが世界ワイン発祥の地です。

◎「ペリメニ」「マンディ」ロシア語で前者。ウズベク語で後者。後者は饅頭の語源です。

◎「プロフ」羊と米の炊き込みご飯。ピラフのルーツです。

◎「ゴルブッチ」本物のロールキャベツ。ロールキャベツは、キャベツでお肉などを巻いてボイルhして食べるものと思ってません か?更に家庭でしたら生クリームたっぷりにケチャップとで煮詰めます。そのソースをたっぷりかけてオーブンで焼いて食べま す。中に米なんかも入ったり。 

どうですか、山盛り食べるだけでなく、温まる材料を、しっかり取り込んでください。
世界の料理の「サムゲタン」は朝鮮人参の効能。モロッコ料理クスクス(「イスラエル料理ファラフェル」アフリカ料理「アシャンティ」アラブの名前「アシュクルク」などで食べられる)同じくモロッコの鍋「タジン」(モロッコカフェ「カフェドストリップ」で予約制。
牡丹鍋は、出町商店街の西〔寺町今出川上る)に有名な猪肉店があります。

それともやっぱりおでんですか?

ロシア料理とウオッカで暖まりましょう。(高級ウオッカは40度。元々零下になるロシアで、他のものは屋外では凍ります。ウオッカだけが助けてくれます。
   


Posted by こやまあきゆき at 23:27Comments(0)ロシア料理

2009年01月23日

2月25日こやまが天神さん案内します。

2月25日といえば、北野天満宮の「梅花祭」です。
21日の東寺の「弘法さん」に行ったら何食べますか?
もちろん、スロベニアレストラン「ピカポロンツァ」オーナーのイゴールさんの「ギバニッツァ」他のスィーツですよね!

で、25日の「天神さん」は、北東の門から入ったところの「長五郎餅」。
更に、この日は、¥1500で上七軒の舞妓さんらによる点手前で、お抹茶とお菓子を頂戴します。この時宝物殿の拝観券も付いています。更に「梅園」入園は¥600.実は、この梅園。3月が見ごろ。といううのも、早咲きの梅はすでに咲き終わり、遅咲き組みは、3月初旬から中旬が見ごろ。25日は空白の時期かも。また元々「菜の花」を献花するので、梅ではないのです。
でも、この日にこやまが、ご案内するのは、豊臣秀吉公の「北野大茶会」気分に浸り、長五郎餅・点茶・梅園・更に一の鳥居向かい、お豆腐がおいしい「とようけ茶屋」の西に「粟餅」を食べて、北野和スィーツ1周を楽しむのです。

この期間天神さんに行く方に、見所。

本殿は、権現造り 後の徳川家康の日光造営にも参考にされています。境内には、京都三珍鳥居の一つが参道西側にあります。北野大茶会は、最初の鳥居はら入って東側の松の木の一帯で開かれました。この時の茶室の一部が大徳寺などに残っています。入って西に「東観音寺」があります。中に「伴家」と「蜘蛛塚」が祀られています。この「蜘蛛」たる人々。京都に渡来人が来る前から住んでいた先住民とも。祭られている中に、菅原道真の祖先とも言われているノミノスクネの祠があります。
日本の相撲発祥ゆかりの人物です。同時に天皇家の御陵を作る時、家臣・側近も生き埋めにされていたのを、中国に倣って焼き物に変えた功労者のして、その時の焼き物集団「土師器」にちなんで、「土師氏」と姓を改め。更に遣唐使を務めた歴代が菅原姓を賜ったとの事です。

北野の梅。平野神社の桜の違いは、平安京を開いた時に吉野から桜を植えた平野社は、平氏・源氏など、天皇直系の武士団とも関係深く。大和的ですが、中国とのパイプが太い菅原家は、中国人の好きな梅を大切にしたので、ある意味、大和派と新中派の権力闘争があったのでは、と私は思っています。こちふかば・・・
  


Posted by こやまあきゆき at 01:09Comments(3)和菓子

2009年01月23日

30から50の異国料理お食事会

今日、キエフに素敵な紳士淑女が30人以上もあつまって、「グルジア料理」のお食事会をされました。
以前「ロシア料理」で利用していただいて、気にいってくださいましたが、世界を食べ歩いておられるので、それなら世界の長寿国「グルジア料理」もありますよ。といううお話。

そこで、そんな素敵な方々が、しっかりした形で、世界の料理を楽しむグループ食べ歩きをするならとおすすめのお店を紹介します。条件は30名50名でも対応できる、良心的値段設定で、異国文化を堪能できるお店。

◎タイ料理「チャンノイ」北山駅近く 最寄の施設「京都市植物園」〔北門)・「コンサートホール」上賀茂神社・大田神社からでも                       社家を通って散策コースに。

◎スペイン料理「レイナ・デ・レイナ」 岡崎公園疎水西側 最寄の施設「岡崎公園の各施設」「平安神宮」「京都観世会館」
                      三条京阪・同地下鉄

◎アゼルバイジャン料理「シャンディーズ」ペルシャ料理にもつながる人気料理店。ベリーダンスが楽しめる日もあります。
                       本能寺・維新ゆかりの地河原町を二条まで、東へ木屋町を三条まで途中
                      「島津製作所記念館」「一之舟入」「幾松」「池田屋跡」

◎トルコ料理「カッパドキア」〔四条寺町上る)「京都文化博物館」「六角堂」「錦市場」寺町下がるリーガル2階にお店
                      尚、少人数なら、ネパール料理「ヤクイッティ」やベトナム料理「スワン」もいい。

◎アフリカ料理「アシャンティ」   ガーナ・タンザニア・ケニア・コンゴ・エジプト・モロッコ・・・ここにはほとんどのアフリカがある。
                     またケンコフィーの歌も最高。

◎インドネシア料理「ハティハティ」基本は夜 120席と京都最大級のエスニック料理店。木屋町蛸薬師地下。
                     週末はブライダルやライブ会場に。
◎ブラジル料理「エストレーラ」  先斗町で踊の後は、南隣のブラジルバイキングへ!一人料理代¥3000前後です。
                    鴨川眺めながら(逆に三条大橋の東側を少し下がると先斗町の緑の大屋根の南側に
                    ブラジル国旗が見えます。 

◎もちろんロシア料理「キエフ」   60名までOK.コースやパーティ¥3500フリードリンク¥1500から つまり¥5000から                     更に夜アフター9が充実。 かわきものフリードリンク¥2000セット 料理とフリー¥3000
                     夜食のロシア3点セット「こばらセット¥1500(ボルシチ・ピロシキ・キノコの壷焼き)や
                     なんと夜9時から デザートセット¥840でもOK(今までレストランが9時ラストオーダーの為                     お茶だけでは、使いにくかったのですが、他で飲み食いして「キエフ」でお茶とデザートだけ                      でもOKになりました。相棒のコックのヨネちゃんが、食べたい人がいるならイイヨと言ってくれ                     たので、こやまとおしゃべりだけでも来て下さい。ただし、日・水やアフター9はお休み。
◎インド料理「アショカ」       老舗の雰囲気がありますね。四条寺町北東角なので、交通の便抜群ですから。

◎ガリシア料理「ガジェガ」     三条キョウエン。場合によってフラメンコを楽しめるかも。伊藤さんに相談してください。
                     人数によって、系列の「エルフォゴン」の京町屋でもできます。


和空間でなら

タイ料理 「佛沙羅館」       木屋町の川床のあるお店なので。京都の雰囲気を、北山から散歩して味わえます。おすすめ                     は、祇園四条から北へ新橋を東へ、花見小路の南へ、歌舞練場を西へ宮川町を松原まで
                     松原の橋を西へ渡って木屋町をお店まで、食後に木屋町上って先斗町を三条まで上れば
                     花街周遊コース。 最初に「北座」の祇園思い出博物館に寄ると花街通になれます。

最近人気なのは、高台寺の「オリエンタルガーデン」や「がんこ二条苑」「銀閣寺ノアノアと橋本関雪記念館」「キンシ正宗記念館にいって姉小路烏丸西入るでベトナム料理やバリ料理。またはタイ料理「バンコクガーデン」二条城の「楽園アジア」などもいいのですが、キャパか問題なので、今回人数が多い場合を想定しました。もちろんエスニック以外の和洋中華。たとえば、北山の「キャピタル東洋亭」や「天使のカフェ」「タントタント」グループ「ベルクール」「円居」グループの元ボンボンカフェもイタリアンに。元カーニバルプラザや三条や烏丸にも洋館の素敵なお店が続々。「セカンドハウス」や「さらさ」グループもイタリアン・フレンチで展開しています。京都は行くとこ多すぎます。・・・・・すばらしい。  わたくし 幸せです。
             
      


Posted by こやまあきゆき at 00:37Comments(1)京都グルメ情報資料

2009年01月20日

高校生のランチエスニック

高校生の皆さん!
京都にようこそ

在京の学生さんも含めて

知っていただきたいのは、京都は学生の町なので、大学周辺にあるカフェでもエスニック。
レストランでも¥1000前後でも食べられます。大学周辺を少しご紹介します。

で、おすすめは、
◎大学見学兼ねて
・同志社大学烏丸今出川1筋上る西入るに「バザールカフェ」留学生もいっしょにランチセットが600円台であります。ただし水曜から週末のみで、学生さんが帰省する時期や入れ替わり時期などにやってない時期もありますがいろんな国の方と交流がもてます。

・京都大学内「カンフォーレ」
時計台の向かいに観光名所にもなりつつレストランが。アラビックな料理やイタリアン・カレーなど。出来れば東大路に面した「京都大学博物館」もおすすめ。

・京大周辺はエスニックの宝庫です。インドネシア「RI ASIA」イタリアン「FRIGO」中華「龍門」「こうしん」タイ料理「KROON」
 タイカレー「こあの助」「アオゾラ」スペイン料理「ぺぺ」円居グループハワイの「ウリウリ」
・精華大学は一乗寺まで来てネパール料理「ナマステキッチン」

・立命館大学衣笠校舎や「平和ミュージアム」に近い大将軍西大路一条東入るのインド料理「NOORANI」とてもおいしい。
 立命館大二条は、三条商店街の「らん布袋」か「さらさ3」

・京都産業大学のバスターミナルのある御影橋から東側を南に川沿いを下がると陶芸体験の出来る「賀茂窯」はスィーツのお店
 そこから北山まで散歩すると、タイ語からきた「カフェノイナー」は、タイカレーやスィーツもおいしい。北山を東へ曲がるとロシア のマスコットの名前のロシアンカフェ「バーバチカ」で焼きピロシキとランチもいい。向かいに植物園と府立資料館・陶板美術館

・京都造形芸術大学はお向かいに「そうげんカフェ」。その北に「アフロ酒場」はランチもある。更に北にマリカフェ「カフェオバオバウ」また北大路高原どおりにエスニック多国籍の草分け「クーシン」もある。

・龍谷大学は、「龍門」か「ラージュ」かでイタリアンか「コウシン」か。

・京都府立大学は、タイ料理「チャンノイ」か「バリガシ」

・ノートルダムはタイ料理「タムサバイ」

・聖母の方は「ポポロ広場」でイタリアン

・京都女子大は「Levante」のスペイン料理か「キンカーオ」のタイ料理か

・同志社女子大は「リンデンバウム」でドイツ・スイス「イーサン」のタイ料理スペイン「sala de estar」

・仏教大学は、フレンチの名店「ボルドー」に1度行ってて本物食べてみて。お向かいにもインド料理店ありますが。「さらさ西陣」

・嵯峨美は、有栖川の味庵BAJU 丸太町下がった「ジェリーズパイ」三条の「Kヤード」はデンマーク

・府立医大は、ハワイ「アロアナカフェ」インド料理「グルパブ」「エルゴビバームス」

・花園大は、スロベニアレストラン「ピカポロンツァ」常盤の「プチシャーレ」

・京都芸大は、西大路五条下がったインド料理「サーガル」

・平安女学園は「パパジョーンズ」

・京都外大はベルギー料理「モニュマンブルー」インド料理「ティラガ」

・光華大学は、「ナマステ」とまとラーメンのお店が実はイタリアン

・橘はタイ料理「らくちゃーん」

・学園大はエスニック創作料理JR二条「すみや」

・池坊は「ゴータマ」か「かんから」

・文教はインド料理「ニューデリー」か「ちょうちょ」

・華頂は、「PURUNAMA BALI」「CACCIATORI」か「フィゲラス」

・精華大は、一乗寺の「ナマステキッチンン」に出るか、宝ヶ池の「ホンキートンク」か近所の「マックさんの家」

他は、調査中  


Posted by こやまあきゆき at 02:24Comments(2)気まぐれカプリ最新情報

2009年01月19日

京都で深夜の異国料理

自分でも、仕事が遅くなって1時2時に店を出ることが多い。

深夜族におすすめの外国料理店をまとめておくと、

◎ジャマイカ・中南米・沖縄料理「中川酒店」
 出町商店街東口から少し北に河原町が加茂街道に分岐する手前の道にあるのが発祥の地。御池三条1筋と3筋目西へ2軒

◎「アンソシエンテ」堀江’Sバーとも呼ばれるスコットランド料理が実においしいバー。ご飯食べに行く価値あり。下鴨神社の西向かい。「スコットランド」の旗が目印。

◎「アジアティカ」先斗町の四条上ったタイ料理店と祇園東へ北側のビルにあるフィリピン料理店。どちらもおいしい。

◎「ハティハティ」木屋町蛸薬師付近の京都観光ビル地下120席ただし土日はパーティー会場。平日なら1人でもOK
 インドネシア料理。祇園下がった「かに屋」の南の「マタマタ」も。

◎左京区北白川の造形芸術大学西側駐輪場から北へ、アフリカ&ブラジルのアフロ酒場

◎NYダイニング木屋町御池下がる「NYダイニングバーCOLOR」

◎タヒチ・台北・ハワイ・沖縄・奄美「Barracuda」山科西友向かい

◎祇園四条駅東とまり「キエフ」のあるビルの2階のアイリッシュパブ「GAEL」他アイリッシュ&イングリッシュパブ

◎ベルギー料理「モニュマンブルー」西院。東佐井通り四条下がるカラオケヤさんのビルの地下

◎スペインガリシア料理「ラ ガジェガ」三条京阪東 三条キョウエン内

◎エスニック「ざっくばらん」熊野神社東へ北側 エスニックの草分けの一つ 「セカンドハウス」の母体

◎スペイン料理「セサモ」三条河原町1筋上る東へ地下 おいしいよ。山田さん入院中

◎カフェ「シエスタ」ご存知DJ西さんのお店。 西木屋町四条上がる「赤ひげ斜め向かい」

◎イタリアン「MICHIYA BAR」昔は、安い和食。今はおしゃれなイタリアン系メニューが主力 三条木屋町上る

◎「いやいやえん」川端清水町 基本的に和食主体ですが、エスニックも得意。かならず何かある。

◎ネパール料理「アニル」は「ハティハティ」のあるビルの並びにある。

◎ブラジルファーストフード「パステル」先斗町歌舞練場正面から河原町へ出る木屋町より西側 週末のみ深夜営業。¥500

◎スペイン料理「JAMPACK」御池木屋町下がる。週末のみ深夜営業。若者に人気。

◎バリ料理「PURNAMA BALI」祇園東大路上る東側 

◎カフェ「さる屋」は週末やや遅いめの営業

◎四川料理「老安記」は12時半ごろまで。

◎中華「龍門」各店

◎葵橋から下鴨本通りの中華料理店

◎東山三条下がった「マルシン飯店」深夜定食あり

◎「スピークイージー」は大丸北店のみやや遅め。

◎食べ物あまりないけど祇園「FINLANDIA BAR」と西木屋町四条上がる「ブーズK」祇園「シークス」食べ物アリ。


*元「ザッパ」の後の「ビンズメのバール」と川端御池上った「カンズメのバール」はいろんなめずらしいビン・カンを集めた店
 後は、24時間営業のマックか牛丼「すき屋」でハワイアン気分で丼にタバスコタップリかけるかタナカコーヒーのクラブハウスサンドか。
  


Posted by こやまあきゆき at 23:58Comments(1)京都グルメ情報資料

2009年01月19日

アイスはハーゲンダッツ派?31派?

人気のアイスクリーム店で、ハーゲンダッツと31がある。

どっちがおいしいと聞かれても、答えられない。

なぜこの話になったかといううと、「キエフ」のまかない中に、賞味期限の話になって、すべての飲食店が賞味期限に関して、かなり神経つかってるけど、アイスクリームに賞味期限がない。とえていたrいう話から、甘党の料理長が、自宅の冷蔵庫にいっぱいハーゲンダッツの限定メニューを買ったまま入れていたら、30個くらいえなたまった。といいだした。ハーゲンダッツには、限定メニューが多く。その時限定発売されても、その後おめにかかれないメニューがたくさんあって、限定メニューでおいしいものは、買いだめして保管しながら、たまに楽しみで1個1個食べるつもりでも、どんどん新しい限定メニューがでると、最後の1個たべるのもったいないからと、残していたらドンドンたまったそうです。

私が、若い頃お世話になった、大丸百貨店の並び時代の「萬陽軒」時代、爆弾型のアイスを作っては常に新しいのと作り変えていた。アイスも鮮度が肝心だそうで、とにかく老舗の厳格な規則で、毎日作っては捨てているものも。

 話に参加した女性シェフのハヤッピーは、自家製アイスを食べているそうで、新鮮な果物は、アイスかシャーベットかの話になって、どんどん話が膨らんだ。自宅では、シャーベットに近くなるので、フルーツ系を新鮮なうちに食べた方がおいしい。という意見。
チーフは、ダッツのマンゴアイスよりシャーベットのほうがはるかにおいしかった話から、基本ダッツ派のチーフでも、バニラでおいしいから、アイスがおいしいとは限らん話。

元々、コンビにではダッツを良く買う私は、基本31派。いろんなバリエーションが楽しめて、Wの3段重ねなんか考える時、自分の中で、アイスのオードブル・メイン・デザートをイメージしている。
特に、デニスさん。わかってください。  


Posted by こやまあきゆき at 00:28Comments(1)スイーツ

2009年01月18日

ブラジル・ベネズエラ・バルト海?油小路散策

今日、ロシアレストランキエフは、ウクライナの方のコンサートで超満員。お昼もいっぱいで、更に夜はお芝居の関係者の懇親会が10時前にスタート。長い一日でした。

ところで、私自身は午前中高校教師としての用事もあったので、今出川通りを西へ自転車で走り油小路真っ直ぐ南に向かって走りました。

一条戻り橋付近で「ブラジル」発見。以前行った事もある喫茶店。
そうです、京都には、以前ご紹介hしましたが「ケニア」が私の知る限り2軒。「スイス」なくなりましたが「オランダ」他国名の付いた喫茶店が多いのです。

油小路は立派なお宅が立ち並んでいるので、食べ門店があまり見つからない通りです。今日は「喫茶店」チェックの日。
そんなことを考えながら走っていると、グアテマラコーヒー「珈琲の木」というお店発見。グアテマラの表示は初なので、気にしながらも、コンサート準備を気にしながら走っていると。


ロシア・サンクトペテルブルグ・バルト三国などの記事の書いた新聞「バルカンプレス」が、張ってあるビルの横を通ったので急ブレーキ。ビーフストロガノフやバルト三国記などロシアや旧ソビエト圏の話し満載。

思わず、1階オフイス受付の方に、「表のバルカンプレス」は、どなたが発行しておられるのですか?と聞くと

「あれはバリカンプレス」なのです。???????

「バリカン」???「バルカン半島」のバルカンと違うの?
実は、世界中から3000を超える参加者のあった美容・理容の世界大会がロシアで開かれました。
久田滋夫さんの「ばりかんぷれす」によると、日本大会で実績を認められ日本代表チームにたくさんメンバーを出場させて、大変活躍されました。そのことが「バリカンプレス」に紹介されていたのです。皆さんたくさんの賞取られました。そして今回サンクトペテルブルグ(旧レニングラード)の他、バルト3国にも行かれ、すっかり現地の料理になじまれたそうです。

京都にいろんな世界で世界的に活躍している方がおられるのはすごいです。

とても品があって高感度高い受付の方が、寒い中外まで出てきて詳しく説明してくださり、「バリカンプレス」もいただきました。

そのまま南は下がると、国際ホテル・全日空ホテル横を通ります。
そうです。イスラエル人の方の話が聞ける「よらむ」や「バリ&タイ料理楽園アジア」の横を通って
京都って皆さん国際派です。

散策中に旧「本能寺」の学校発掘の前を通る。
火災が重なる為に、ほんのう」寺院がすでに出来ている。  


Posted by こやまあきゆき at 01:51Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2009年01月17日

アメリカンスィーツin京都でどこ思い出す?

皆さん。
アメリカンスィーツといって、どこのお店を思い出しますか?

◎「Very Berry Cafe」のメール会員である私のところには、毎月定休日とその月のおすすめスィーツの写真が届きます。
 1月限定スィーツは、「バニラチョコミルク」「バナナパンケーキサンデー」まあ、写真見てイチゴとバナナとアイスがたっぷり。
 こんな案内見て、食べに行ったら。「おすすめ全部」と言ってしまうのが私の性分です。三条河原町のジャンボパフェで人気の 「からふね屋」なんか、1万とか2万のパフェあるでしょう。どうしても行けないのは、行ったら1人で1万のパフェ注文したくてう  ずうずしてます。それやってしまうから、自分で行くのためらってます。家族で「Very Berry Cafe」に4人で行った時も、家内 と2人の娘が皆半分ぐらいしか食べられなくって、残り全部私が食べました。残すの嫌いやから。一生懸命作ってる人の身に 成ってしまうので、つい・・・

◎「NYチーズケーキ」毎月のメニュー見てると、1年長く感じますが、食べに行くと何種類かを、あっと言う間に食べてしまって、
 作りがいのない人間ですみません。もっと味わって食べてほしいといつも思われています。アメリカ大陸にたどり着いた最初の ヨーロッパの人々が、そこに群生するベリーを見て感動した。「NYチーズケーキ」のベリーが入ったものを食べるとその感動が
 伝わってくる気がする。

◎「生ショコラ」岡崎の「小宝」の南の路地を東へ、突き当たりの町屋が、NYの日本領事館の厨房におられて、生ショコラ一筋に がんばってこられたお店。奥様のシェリーさんは、ドイツ系カナダ人だそうで、日本文化に造詣が深い。NY帰りの日本人シェフ の味。ランチを頼んでも生ショコラから始まるこだわりの味。

◎「らん布袋」カナダ人茶道家のカフェには、メープルシロップを使ったものもあるが、このお店のケーキを作るのは、NYチーズケ ーキにいたアメリカンパティシエ。奥様は、「らん布袋」におられる超美人の大和撫子。かわいい娘さんをむっちゃかわいがって るのは、どこでも一緒かも。もうお店持ちましたか?

◎「グラマシー ニューヨーク」高島屋の地下にあるお店。
 単純に良く買うケーキ屋さんの一つ。チョコのとげとげのが定番ながら1番良く買うかも。
 おしゃれ感覚がいい。基本的にチョコ大好きなもんで。ニューヨーク州のグラマシー市をイメージしてつくられているとお店の方 からやったお伺いしましたが、何しろ梱包に時間がかかるせいか、いつも並んで待たないといけない人気店。あまりゆっくり話 が出来る状況がないので、単純に名前にNYが付いてる。ぐらいのの感覚です。

◎「MATUNOSUKE NY」アメリカンスタイルのケーキのお店としては有名ですね。アメリカで勉強されたスィーツ。チョコの
 ケーキとか、・・・やっぱりチョコに行ってしまいます私。

◎「ウリウリ」ハワイ・オアフのお店だったのに、オーナーは今、働いています。でも彼女お手製のアイスクリームは健在です。
 フラメンコ好きが集まっている2階は健在。何人・どこ出身より、皆ここに来る人ハワイアンやから。

◎「アロアナカフェ」ハワイをイメージしてつくられたお店。料理もスィーツもアメリカンです。素敵なご夫婦が、自分家をハワイにし ちゃった的お店。やっぱりスィーツもありますから。
◎「フローズンヨーグルト」のお店
 三条と四条の真ん中。河原町通り北西にビルで誕生した、フローズンヨーグルトのお店。
 ビバリーヒルズのセレブに人気だそうです。

番外
◎「スピークイージー」は大人が、ごはん食べたりお酒飲んだり、アメリカ人の日常を持ち込んだようなお店。修学院と大丸北に。京都バーテンダー協会のボス。藤本さんのお店。大人が楽しんでお酒飲むアメリカです。
◎「ホンキートンク」宝ヶ池乗馬倶楽部内。イングランドとフランスがアメリカ争奪戦をしていた時代の、フランス人とインディアンの料理が混ざって、ルイジアナあたりの郷土料理「ケイジャン料理に」カントリーミュージックのライブ聴きながらどうぞ。
◎「ラホヤ」カリフォルニア料理店なのに、ラテン系。元々カリフォルニアや南部アメリカがメキシコだった時代からの伝統が受け継がれたお店。今再び南部はヒスパニック圏に戻ってきました。
  


Posted by こやまあきゆき at 01:59Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2009年01月16日

中国エスニック「TEARS」で昼食

丸太町河原町東側を少し上ると、バス停までにあるのが、中国エスニックとも言うべき「TERS」

中国にも少数民族も住む世界で最も人口の多い国。
周辺にももちろん世界中にも、中国人のいない国はないほど。

ご存知の通り、北京・上海・四川・・・様々な地域料理がある。
加えて周辺のシンガポール・タイ・ベトナム・インドネシアなど

そんな地域のお料理が、リーズナブルに楽しめるお店。

本日ランチは700円台。

各地のお茶やベトナムコーヒーなどなど。

チャイナエスニックと私が勝手に呼んだがそんな楽しくなるお店です。

なんと11年目。歴史です。  


Posted by こやまあきゆき at 15:07Comments(0)中華料理

2009年01月16日

スペイン料理「テイオペペ」改め「PEPE」月末OPEN予定

1月15日OPEN予定だった「PEPE」は、1月末OPENの案内がでました。
石釜もあるゆとり空間の新しいお店。
東一条西側

マヌエルさんとスタッフの顔 もうすぐ見られます。  


Posted by こやまあきゆき at 14:59Comments(1)欧州料理

2009年01月16日

おいしいおいしいスペインバル「RICORICO」出町柳

昨日昼は、スペインバル「RICORICO」で、いただきました。
¥1000のランチは、3種類からメインを選びます。
私は「鳥のパプリカ煮込み」を選びました。他に白ワインで鳥をスープにしたものとか、日替わりです。
待つ間にと、「スパニッシュオムレツ」と「ロシアサラダ」を注文。・・・正直多かったですこれは。

1プレートにビンチョスやパン・スープ・サラダが盛られて出てきました。
そこにメイン料理。
食後のドリンクは、プラス¥50だったか?カフェラテを注文(普通の1ドリンクは付いています。)

お料理もおいしい・おいしいのですが、それもそのはず。
「RICORICO」は、スペイン語でおいしいおいしいの意味。

祇園の「マタマタ」は、目目でスパイの意味でしたよね!覚えてますか?こちらはインドネシア語ですが。

「RICORICO」は、木屋町御池下がるの「ジャンパグ」の姉妹店。
2店舗共通なのは、スタッフがイケメン。でもとっても高感度高い人たちなので、気分良く食事ができます。

このお店の前の細い道。ちょっとおしゃれで粋なエスニックロードになりました。出町柳の京阪と叡山線の乗り継ぎに渡る道。
有名なジャズ喫茶やパン屋さんがある小道を百万遍に向かって東へ行くとイスラエル人オーナーの「ファラフェル」。こちらはクスクスやピタパンのファラフェルがあって、ベジタリアンにも人気のお店。

もう少し行くと黄色い「オムライスのお店」ここが、更に先の百万遍にある人気の和食「おむら屋」を開いたお店ですよね!御池の堀川と二条駅の間に姉妹店もあります。

この黄色いお店を右(南)に曲がるとタイ料理「クルーン」(元「ざっくばらん」や「アジアティカ」におられた渡辺さんのタイ料理店

その並びに「RICORICO」があります。

そのまま進んで、今出川を横切ると画材屋さんの横路地にアラビア語の「アシュクルク」ワインとチーズと世界の料理のお店。
モロッコ・トルコ・ベトナム・ペルー・スゥェーデンとか、その日の料理が書いてあるお店。

今出川を川端に曲がるとイタリアンの「フリーゴ」。この地域の情報を最初に私に教えてくださったお店です。

そしてその先に私の7大カフェの一つ「さる屋」。料理もデザート盛り合わせもあるカフェ。

東一条にスペイン料理「pepe」の看板にも電気がつきました。百万遍熱くなってきました。京都はまだ寒いですが。

  


Posted by こやまあきゆき at 01:48Comments(0)欧州料理

2009年01月15日

いやいやえん若妻のたまり場?

京都1和食が安いと紹介したいやいやえん。
川端清水町(出町柳と高野の中間の「サンクス」の南)

着物着付け師の先生の若奥様が、着物姿で600円台のランチを始められてから、若い男性が増えるのかの思いきや、なんと昼間から女性の社交場になっている。着物姿の方も多いが、「カナート」に買い物いく途中とか、特にオーナーの大槻夫妻の
お人形さんのようなかわいいお嬢さんが、まだ小さいせいか、年末年始にまだ小さな子供さんのおられる若奥様の忘年会・新年会会場になっている。といううのも、大槻さんのお店。1階は木のカウンター。ランチもここで。毎週土曜日は大槻さんの手打ち蕎麦の日。(ただし1月17日は、お嬢さんの発表会で臨時休業。親父むちゃくちゃ子煩悩です。)

ご存知、大槻さんのもう一つの顔はキリムなどの輸入業。更にこれらの素材で、オリジナルクッションとかも作っていてセンス抜群。実は、2階はその素敵なキリムのある部屋。もともと親しい方のみ借りられるプライベート宴会場だったが、「いやいやえん」は、ご存知、ジャズライブやインド音楽他、素敵な仲間たちによるライブ会場にもなっている。それがいつしか2階になって、いまや2階は社交場。まだ乳児のいるお母さんのグループなどは、安心して身内で集まって母乳やったりも出来るからっと、いつしか第2の大槻邸の様相。馴染みの京大生がコンパに使ったり。ただし、大槻氏は1人でカウンターでがんばっているので、2階は、基本セルフサービス。それでも安い・うまいなので文句ないでしょう。

てまかかってないからと原価に近いお酒の値段。とか、大槻流のこだわりがいっぱい。
実は、和食以外に、日本語で書かれたトルコ料理の本を2冊見せていただいた。他にも仕入れに行かれる海外では、必ず料理本は買うそうですが、2冊ともトルコで出版されたもの。パーティー料理には、トルコ料理やエスニック料理も出したりしている。

まず、1度昼でも夜でも行ったください。ちなみにかなりこの日、私は日本酒いろいろのんで、適当にいろいろ料理もいただきましたが、¥3000なり。  


Posted by こやまあきゆき at 02:22Comments(0)和食

2009年01月14日

新年初めて「千の風」

私の1番お気に入りのラーメン店「千の風」
今年初めて行きました。
といっても、創業店の御蔭橋東のローソンの北側
奥様が守っているお店です。
ピリカラ味噌ラーメンチャーシューと餃子2人前でした。

北山の植物園北門前に大型店ができて、ご主人を中心に盛況のようで、昨年末開店時は6時からでしたが、ついにお昼の営業が始まりました。昼間のご近所の奥様。是非1度行ってみてください。このお店は、そん日の出汁はその日に作るが基本の上品な仕上げ。あっさり・とんこつ醤油・とんこつ塩・味噌・ピリカラ味噌とありますが、油っぽいものはありません。脂ぎったのがお好きな方は、背油入りとかのおみせにどうぞ。  


Posted by こやまあきゆき at 23:50Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2009年01月13日

「Cafe’ CUBE」Jazz Night

京都で、アーティスティックな空間の一つ
岡崎公園西側
疎水に面した二条通の『細見美術館』
地下の『Cafe CUBE』
で、2009年1月15日(木)より、毎月第三木曜日 ジャズライブが始まります。

午後7時 チャージ¥2000(1ドリンク付)

奇数月 藤井貞泰(Pf) 折原ようこ(Vo)Duo
偶数月 折原ようこ(Vo) いろんな中間達

075-751-8606  細見美術館  


Posted by こやまあきゆき at 23:39Comments(0)カフェにて

2009年01月13日

スペイン料理「セサモ」山田さん大丈夫?

「セサモ」の山田さんがアクシデントに巻き込まれてお休みされている。
残されたスタッフが閉めないでがんばっている。
これって、行くしかないんだけれども、「キエフ」は昨日の昼までは、ここ数日昼から夜まで満席。

この後も「ウクライナの夕べ」「前進座座長 嵐圭史さんを囲んで。」「シルクロード」「バルカン会」そして、私こやまあきゆきがご案内する2月25日「北野天満宮梅花祭」などまだまだ目白押し。

祇園の立ち飲み「てつ」の店長が変わった。

スペイン料理「ぺぺ」まもなくOPEN さて楽しみ。

皆さん、雪も降りました。
怪我しないように、風邪ひかないように、しっかり食べてがんばりましょう。

何度も書いてますが、

寒い時・風邪気味ととき、「サムゲタン」「ボルシチ」「ラーメン」は、おすすめです。
しっかり栄養取りましょう。
うどん・蕎麦もちろんいいです。  


Posted by こやまあきゆき at 01:45Comments(0)欧州料理

2009年01月13日

祇園 蕎麦三昧 出雲蕎麦「ぎおん八雲」

京都の蕎麦屋の話を、つい先日書いたばかりだ。

しかし、私に強力な蕎麦好きのボスが出来た。

本来東京をホームとする私にとっては、雲の上の存在の方。

2人が一緒に食べ歩いているのは、まさに釣りバカ日誌の世界。

今日は、突然鳥料理の老舗で鳥南蛮食べようかと寄ってみたが、祝日のせいか予約で満席。

元々京阪「祇園四条」で下車して「キエフ」に行く私と、「十日えびす」にお参りに行かれる蕎麦通の上司とが、場所を変えてあ

祇園へ移動。この周辺。当然繁華街と元々お茶屋さんや芝居小屋があった一角。蕎麦屋が多い。

八坂神社の南には「ひさご」。思わず親子丼も食べたいお店。円山公園内の料亭『東観荘』で、『円山陶芸倶楽部』の指導をしていた頃は、通り道で立ち寄ったものだ。当時このお店と休憩の時に『長楽寺』の石段の下の『紅葉庵』の餡蜜は大好物だった。

『キエフ』のスタッフが良く行く蕎麦屋。

昼なら「南座」と「北座」の横にある『松葉』のにしんそば
同じく南座向かいの『やぐ羅』のにしんそば

祇園切通しにある『権兵衛』。こちらは、父のお気に入りで家族でよく食べにきた。
おろしそばの『田吾作』

夜には、縄手の『小梅』

やっぱり『おかる』や『おめん』ではうどんを食べる。

「・・・あれ?一つ忘れてやしませんか?」

実は、私のお気に入りが1軒。

「ぎおん 八雲」は、手打ちにこだわる出雲そば。南座の並び東へ。
かやく御飯その日の一品のセットで¥1000

祇園には、うまい店がたくさんあります。

『天周』のあなご天丼や『梅の井』の鰻よりちょっと軽くなんて方。
蕎麦屋いいですね。やっぱり好きです。  


Posted by こやまあきゆき at 01:21Comments(0)和食

2009年01月11日

京都だからコーカサス料理が食べられる

日本中で、コーカサス料理が食べられるのは、京都だけ。
という前に、コーカサスってどこ?というう人の為に
黒海とカスピ海の間です。この一帯は8000年の歴史のある葡萄の原産地帯です。
もちろん考古学的な話ですが、ソビエト連邦に含まれていましたが、ソ連解体後3つに分かれて独立しました。

古代キリスト教コプト教系キリスト教国「アルメニア」

グルジア正教の国「グルジア」

イスラム教シーア派が多い旧民族的にトルコ系ながらペルシャ料理文化圏の「アゼルバイジャン」

の3国です。

まず、アルメニア料理は、トルコ料理「カッパドキア」にアルメニア料理がメニューにあります。最も国同士は難しい関係ですが、
京都のトルコ料理店は、クルディスタン系の人たちのお店と聞いていて、メニューの中にアルメニア風といったメニューがあります。尚、ブランディーの最高級品のひとつアルメニアブランデー「アララット」ファイブスターは、ロシアレストラン「キエフ」で飲めます。

「グルジア料理」は、旧ソビエト連邦時代のレストラン「キエフ」にあります。独立した「グルジアコース」を始め、アラカルトで、コーカサス料理、鳥の蒸し焼き「タバカ」。黒海関の好物のグルジアポトフ「ハシュラマ」。ラムの串焼き「シャシリク」。牛ひれの串焼き「バスツルマ」と、世界ワイン発祥の地、グルジアワイン「キンズマラウリ」(スターリンの好物でチャーチル絶賛)や百万本のバラの歌のモデルの貧しいグルジアの絵描きの名「ピロスマニー」。当店で月最高で200本以上売れた「オールドトビリシ赤」や電設の赤ワイン「ムクザニ」白ワイン「チナンダリー」などなど。ロシアで最も多いレストランはグルジア料理店。

「アゼルバイジャン料理」はもちろん「シャンディーズ」アゼルバイジャン大使館御用達。ランチバイキング¥1250夜もリーズナブル。で、60席ある三条河原町北1筋上がる東入ル。2階。ただただ豪華・おいしい・安い。
特に、有名ホテルの料理長が新しく料理長になられたので、今がチャンス。有名なスピリッツ「ラク」や「バラジュース」。もちろんスィーツもある。またキャビアセットなども。

京都でしか食べられない料理たち。「カッパドキア」「キエフ」「シャンディーズ」で、『アルメニア料理』『グルジア料理』『アゼルバイジャン料理』を食べ歩こう。世界的にも食の豊かな地域です。ちなみに、キエフには、ウズベキスタンやバルト3国のものも。またシャンディーズの料理は、「トルクメニスタン」「イラン」「タジキスタン」などとも多くの点で同じです。トルコ料理は世界3大料理です。  


Posted by こやまあきゆき at 23:49Comments(0)アジア・アフリカ料理

2009年01月11日

リンデンバウムのハム&ソーセージが買える。

ドイツやスイス・オランダノレストランでも修行した吉田シェフ

帰国後、京都ブランドのハムソーセージの指導を依頼された。

しかし、1つ1つ半端じゃない。
余りの難しさに皆さんギブアップ

実は、当時の京都ブランド試作。私はいただきました。
今までに、食べたことない味。
むちゃむちゃおいしい。
それが、一般にも買えるようになりました。
くわしくは、リンデンバウムへ 075-213-3979  


Posted by こやまあきゆき at 00:33Comments(0)欧州料理

2009年01月11日

ナチュラルハウスのかりんとう

京都教材研究所の皆さんからいただいた、ナチュラルハウスのお菓子たち。
驚きは、胡麻黒糖かりんとう
今更かりんとうなんて、的に少しためらっていたスタッフたち。
一口食べると、止まりません。
これは、かりんとうと呼ぶべきではない。別物。
やわらかい生地なので、サラリと口の中でとける。

私、一気に9つ食べました。胡麻味。

普段、甘いもの食べないスタッフも全員食べています。

たしかにナチュラル。

京都では、藤井大丸地下のタベルトで売っています。  


Posted by こやまあきゆき at 00:28Comments(0)スイーツ