京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年04月28日

いいちょで昼食

京都のラーメン店で人気No1,といわれる「いいちょ」の前を通ったので、ラーメン大とチャーハンで昼食にしました。

並んでいる学生さんに聞いてみると「いいちょが1番おいしいから」の声ばかり。

すべてバランスが取れた実においしいラーメンありがとうございます。

スタッフの動きも実に気持ちよく。

1つのドラマのようでした。

人気の3店が、合同のHP持っておられるのでご存知でしょうが、ご紹介しておきます。

http://hoshina1.hp.infoseek.co.jp/

  


Posted by こやまあきゆき at 15:12Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2008年04月28日

女子大生・0Lにお勧めの3軒

26日~27日にかけて夜の探検

1)イラン料理「ハムちゃんのキャバブ」〔三条木屋町下がる両側に2軒・1軒は〔長浜ラーメンの南隣)〕
  以前何度か。モンゴルのセックやナカシらといったお店。・・・妙に混んでたのでパス。

2)キューバ・サルサの店「ルンビニ」(三条3筋下がるビルの3階)
  ライブでいっぱいなのでパス。

3)メキシコ料理「エル コヨーテ」(先斗町三条下がる・歌舞練場南の地下)
  大音響で、女性が踊っていたので、お邪魔するのもなんだしとパス

4)チベット・インド・ネパール料理「ナマステ」〔先斗町三条下がってすぐ)
  店がないようだ?「ブルー・・・」の近くの階段で座っていたクラブ系の男の子に聞いてみると「知らん」と言って寝てしまった。

*ここまで来てふと考えた。
  若い女子大生とかOLとかでも、安心して一人で夜行ける店探そうと。
  
1)アジアンテイスト「アジアン・エレメンツ」(三条御池下がる)
  上戸彩に似ているかわいい女性が、入り口から覗くと立っていてお迎え体制。
  入り口で、きちんとお迎えしてくれるお店、最近少ない。おまけに上戸彩のファンなので、迷わず店内に。
  2階の客席の一番奥のカウンターに座る。これドリンクバーの前。注文楽。
  東南アジアや韓国料理など、水餃子も交えて食べる。
  ドリンクは、「まっこい」と「ブラックルシアン」「カミカゼ」
  更に「季節のケーキ(さくら)」「アイスとリンゴのコンポート」「自家製チーズケーキ」などもいただく。
  お客様は、女性同士。
  スタッフは男女共高感度高い。
  実は、「美容院」のオーナーの経営。
  どおりで、接客がきっちりしていたわけ。

2)スペイン料理「JAMPAG」
  人気のスペイン料理店で、タパス盛りなどいただく。
  ワインはスペイン産赤3種。
  「RICO RICO」を、出町柳駅から東へ「ファラフェル」の前を通り過ぎ「おむらいすのお店」の並びに2号店としてOPEN。
  フラメンコギターが似合いそうな吉川マネージャーと米倉シェフ〔いかにもおいしいものを作ってくれそな、素敵な女性です) 
  もう一人、私が内心「ガウディー」と名づけた高感度抜群の男性。北海道か東北辺りの大学の野球部の雰囲気。
  安くていい店です。

3)和食「 Bar MICHIYA」
  久々に八木さんのお顔拝見。
  やっぱりいいお店です。
  「めなみ」の3階

  3軒とも安心していけるお店です。  


Posted by こやまあきゆき at 01:47Comments(0)京都グルメ情報資料

2008年04月26日

京都のハンガリー料理は、「リンデンバウム」で

先日、私のいるロシアレストラン「キエフ」に、ハンガリー料理はあるか?というお客様が来店された。

たしかに、「キエフ」は、旧ソビエト連邦時代に、京都市とモスクワより古いスラブ系民族の「キエフ公国」以来の、スラブ系民族発祥の地の一つで、姉妹都市。

現在15ケ国にわかれた。「ロシア」「ウクライナ」「ベラルーシ」「カザフスタン」「キルギスタン」「ウズベキスタン」「タジキスタン」「トルクメニスタン」「アゼルバイバイジャン」「アルメニア」「グルジア」「モルドバ」「ラトビア」「エストニア」「リトアニア」。

更に、同じスラブ系の「ポーランド」「チェコ」「スロバキア」や旧ユーゴスラビア(南スラブ)の「セルビア」「クロアチア」「スロベニア」「モンテネグロ」・・・は、一過性の国のように論ぜられている。それぞれ伝統文化を受け継いでいる。

『ハンガリー』がテーマなので話が戻るが、
「ドイツ」「スイス」「フランス」で修行した、「リンデンバウム」の吉田君は、ハンガリー・オーストリアが中欧に勢力を持っていた時代の伝統的料理も得意。

ハンガリー料理で有名なパプリカもたくさん使った「グラーシュ」という煮込み料理もメニューに入っていた。
以前ブログでもご紹介したが、オーストリア人の方からの予約で、七面鳥のグラーショが食べたいというご予約があったので、作ってお出ししたという話を、吉田君から聞いたことがあったので、先述のお客様に「リンデンバウム」に予約されて、豚か牛か何のグラーシュか事前に言っておかれたら作ってくれます。との話をしたら、実際に行かれて「リンデンバウムは良かったよ」と再び「キエフ」に来てくださり、感想などを話してくださくぃました。

ハンガリー料理の食べられるお店については、以前何度か書いていますが、ハンガリー料理店はなくても、ハンガリー料理を食べられるお店は、京都に何店かあります。その時のメニューによりますが、5軒ぐらいハシゴしてハンガリーフルコースが完成するぐらい、店によって出されているメニューが違うので、何度もご紹介している「スロベニアレストランピカポロンツァ」は、「パラチンケ」というハンガリーデザートがあります。松ヶ崎のホテルでもメニューに入っていたこともあります。
オーストリア料理は、ケーキ専門店が京都にたくさんあるので、グランビアの「モーツアルト」他オーストリアのケーキマイスターも京都に数人います。ハプスブルグ家の伝統も京都で楽しんでください。
  


Posted by こやまあきゆき at 23:30Comments(1)欧州料理

2008年04月25日

1380件のアクセスありがとう

昨日、お休みでした。昼間で本読んだりごろごろ。
正直、毎日超多忙。
ようよく、昼食食べるつもりで

「タコス屋タケリアパチャンガ」かインド料理「DiDi」に行こうと家を出たのですが、まだ開いてない。

ふと目に付いたお店に入ったら、これが久々のおおはずれ。
目の前で、3回調理器具落とすやら・・・
ほとんど、×のお店の話は、話題にしてないのですが、さすがに気持ちも盛り下がり、帰って1日読書。

自宅で、適当な食事ですませました。
まるで休肝日。

でも久々本も読め、熟睡できました。

にもかかわらず。皆さんごめんなさい。

今日パソコン開いたら1380件のアクセス。

でもお分かり下さい。
毎日食べ歩いても、書けないお店もあるんです。

それに、お気入りでも、何度も行っているお店の話題は、あまり書かない。

以前、ラーメン「千の風」に週4回は、行っていた時でも、ほとんど話題にしていません。

新しい部分だけお伝えしています。

前置き長かったですが、今日は¥500をテーマに、錦から室町・寺町・などかなり散策しました。

¥500で、おいしく お腹一杯食べられる店があるか?

「志津屋のカツサンド」「551の肉まん2ケ」「¥250弁当」さまざまな「おにぎり」などあるのですが、ご飯食べやさんで、¥500定食でいいのがないか?

実は、バターがなくなったり、諸般の値上げで、現状維持がむずかしい。

どこまでできるか?すると大丸北側の「前田ダイナスティ」で発見¥500ランチ。
吸い込まれるようにOLが入っていく。ちょっと今回は、気後れしてやめました。
錦も全部歩きましたが、おにぎり位。

やっぱり¥500で食べられるのは、立ち食いうどんぐらい。

あきらめて、高島屋通路の「九十九堂本舗」で、季節限定桜あんを食べました。

やっぱり値上げしてます。皆さん。  


Posted by こやまあきゆき at 00:12Comments(1)和菓子

2008年04月23日

京都とイングランド

イングランドというと「紅茶&サンド」「パイ&ケーキ類」「パブ」

A)当然紅茶といえば「リプトン」&「ブルックボンド」京都では、家族で安心のお店。
  紅茶専門店としては、白川の「アッサム」がお気に入りです。「リプトン」もいいですが。
  他にも数軒英国喫茶があります。

B)パイ&ケーキ・クッキーといえば「ベネシアさんのハーブ」か、以前もご紹介している「ジェリーズパイ」
 もちろん「ベネシアさん」の場合、「パパジョーンズ」のネットで買える。

C)英国パブ。大きいのは、全国チェ~ン店「HUB」四条烏丸と三条河原町1本南の「京劇ボーリング場」の1階西側。
 「ピッグ&ホイッスル」は三条川端北東3軒ライブで盛り上がる。
  


Posted by こやまあきゆき at 01:43Comments(0)欧州料理

2008年04月23日

京都とウエールズ

京都には、現在「アイリッシュパブ」「英国(イングランド風)ぱぶ」「スコットランドパブ」がありますが、ケルトの文化を受け継いでいる「ウエールズ」をテーマにしたお店は、ありません。

実は、私のアトリエだった「修学院陶芸倶楽部」のメンバーには、ウエールズ出身の画家がいました。
彼は、陶芸の教え子になるわけですが、日本に来る前に滞在したタイの少数民族を描いたすばらしい作品を残して、アメリカにいってしまいました。実に誠実で生真面目な美男子でした。

京都府与謝野町は旧加悦町の時代の1人のウエールズ出身で、この地で戦争中強制労働させられたのが縁で、後にこの地を再訪し、それがきっかけで高校生の交流にまで発展する国際交流活動が行なわれています。
フランクエバンス。彼が、自身の経験を、歴史の教訓として反日ではなく親日の為に努力してくださった事に心から感謝します。
京都市内で、様々な国の料理店で働く多くの母国を遠く離れて京都に来てがんばってくださっている皆様。
本当にありがとうございます。
その一人一人のこだわりと努力と情熱が、民族・宗教・国籍を超えた人と人との交流と相互理解に発展している事は、すばらしいことです。

京都に、たくさんの国のお店があります。
皆さん、応援して、いっしょに楽しみ、良き友人として、いっしょに発展的に交流の輪を広げていけることに感謝します。
ウェールズの友人が残した作品を見ていて、彼がまた来日した時にいけるお店ができればいいなと思っています。
http://www.town.yosano.lg.jp/view.rbz?cd=798
与謝野町出身の皆さん。よろしくお願いします。  


Posted by こやまあきゆき at 00:55Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2008年04月22日

ニューヨーク ニューヨークの苺チーズケーキ

今日は、大庭ちゃんの差し入れで、高島屋地下にある「ニューヨーク ニューヨーク」の苺チーズケーキを3ついただきました。

チーズケーキ
いままでブログでもいろいろご紹介してきました。
・スイス菓子「ローヌ」のふんわりジューシーなチーズケーキ
・パパジョーンズのちょっと重い目のしっかりしたチーズケーキ
他にもデンマークカフェの「Kヤード」のデンマークとスェーデンのケーキ
フィンランドパン「キートス」のお袋の味フィンランドケーキの食感も近いものがあるが濃厚な味
カフェでは、かなりいろいろ食べたがおかげでまだこれが1番というのは私的に未定。

さて問題です。
最近の話題に出た、1口サイズの人気チーズケーキは、なんと呼ばれているでしょうか?
たぶんブログで書いたとおもってますが。
ちなみに、「ユーハイム」せっかく先日いただいたのに、書く事が多すぎた日なので書き損じました。
四条河原町店には、よく行きました。「バウム・・・」を買いに。
  


Posted by こやまあきゆき at 23:39Comments(0)スイーツ

2008年04月22日

京都のケータリングサービスとホームパーティ

◎京都でケータリングサービスを受けたい場合のおすすめ店は。

・「円居ケータリングサービス」
 京都大学や「ルベソンベール」「ボンボンカフェ」などを展開する円居グループが、まずおすすめです。
  http://www.madoi-co.com/food/catering/

・「WITHYOUデリバリーシェフ」
 フレンチやイタリアンスパニッシュなどで、様々なパフォーマンスも演出してくれる専門店です。
  http://www.withyou-k.com/?page_id=5

◎自宅で・ホムパーティーで外国料理などを楽しむ場合
 
・「リンデンバウム」
 http://homepage3.nifty.com/koucha/linden.html
  リンデンバウムさんは、HPがないので、「紅茶のひとりごと」さんの素敵な紹介にリンクしました
  上記のページも素敵なので見てください。http://homepage3.nifty.com/koucha/index.html

「ムガール」と「アショカ」は、通販もあり、特に「ムガール」は種類が多いので、そのままインド料理が楽しめます。

◎仕出し屋さん
 たくさん京都にはいいお店があるのでもっと利用しましょう。
1軒だけおすすめをご紹介すると「高澤」さんです。気楽に予算に合わせて相談できます。
料理も超おすすめ。ご主人の陽一さん。ハンサムで実にやさしい兄貴のような方。
「京都料理組合」でもいろいろお世話しておられるので、そのサイトをご紹介しておきますので、他のお店も調べてください。
http://www.kyo-ryori.com/shop.php?s=46
   


Posted by こやまあきゆき at 14:48Comments(0)京都グルメ情報資料

2008年04月22日

各国のメニュー拝見

◎スペイン料理『RICO RICO』(出町の「オムラハウス」の並び)
・スペイン産チーズ¥330~  ・マッシュルームのアヒージョ¥430
・タコのガリシア風¥450    ・カジョス¥630

・ドリンク「カール スバーグ生」¥490

◎アジアン料理『アジアン・エレメンツ』(御池木屋町下がる東側)
・ローストビーフ    ¥900
・サモサ        ¥650
・フォー・ガー     ¥680
・本日のカルパッチョ ¥900
・ミーゴレン      ¥750

◎メキシコ料理『Reina de Reina』(東山仁王門から東へ、疎水に面したお店)
・ランチは¥1000

・白身魚のベラクルス風パエリヤ¥1200
・白身魚のベラクルス風     ¥1200
・チリコンカルネ          ¥1400

◎ブラジル&アフリカ料理『VIVA LA MUJICA』に
 ランチタイムの『BOA TARDE』
 ちなみに、4月26日「ガンバ」6月14日オープン

◎フレンチ『エルゴ・ビバームス』

 平日のランチスタートしてます。
 ¥1800・¥2000・¥2500・¥3500

◎インド料理『ゴータマ』(四条西洞院下がる)
 ゴタマピラフ¥1050 ボナゴスミチュラカレー¥1365
 TAKE OUT OK!

◎英国カフェ『Miss Daisy』(六角麩屋町
 スコーンセット¥1000
 サンドゥィッチ¥1000
 HMケーキ  ¥1000

◎スペインワイン&タパス『EL RE STURANIF』(四条木屋町上がる)
 ワイン屋さんのお店。17時半~23時(17時半~23時)
 土鍋パエジャ(現地では、土鍋を使う)
 北部ナバラ地方の伝統料理
 土鍋パエリアは家庭の伝統的。
 
 

  


Posted by こやまあきゆき at 01:08Comments(0)欧州料理

2008年04月21日

1週間食べまくりました

ここ数日、かなり充実した出会いが続いている

ブログで紹介しきれていないので、こやまあきゆきの食べ歩き日記を整理すると

4月15日(火)◎スィーツ『CHEZ LA HWRE』(1982年創業寺町丸太町下がる西側)
           いただいたもの「苺のロングロール」¥525「静流(白玉・他の和風デザート)¥480「さくらカステラ」¥210
           「ごまカステラ」他パステルカラーのカステラが単品でもセットでも買える。
           他に「王様のまくら」¥525(いろんな素材を巻き込んだビッグサイズのロールをカットしたもの)
           いっしょに季節限定「さくらのハーブティー」をいただきました。
         
         ◎ブラジル料理『PASTEL DO BRASIL』にて(三条の2筋南の筋を河原町から東、先斗町歌舞練場への筋)
           おすすめは「スペシャル シュラスコ」(17cmブラジルソーセージや牛肉・チキンなどを串焼きに。
           単品のシュラスコは¥500ぐらいです。
           「PASUTEL」(薄く延ばした生地に具材を挟んで油で揚げたもの。料理でもデザートでもおいしい)
           更にデザートパステルの中から私が、バナナのパステルチョコソース。ヨネちゃんがマンゴパステルキャラメル
           おすすめドリンクは、「カイピセーバー」(有名な「カイピリンニャ」よりはるかにおいしいカクテル)
           店長は、194cm以上ある日系ブラジル人のルイスオタビオさん。サンパウロ出身。超イケメン。

4月16日(水)◎インド料理『GULBABU』(御所の北東。今出川河原町2筋南を西へ)カルカッタ出身のシェフが作ってくれる
          愛情いっぱいのインド北東部の料理。ちなみに北部と東部が、辛い料理が多いのですが、北東部のベンガル           地方は、辛くありません。この店は、辛いのが好きな方におすすめ。辛さは1~5.ちなみに、シェフの好みは、          辛さ3で、現地では魚介類(貝やエビの料理が多いそうです)カウンターと奥にお部屋があります。
        
         ◎スィーツ『茶寮 油長』(大手筋三番街の酒屋さんとお茶屋さん油屋茶舗)
          いただいたのは、自家製モンブランを使った「モンブランパフェ」
        
         ◎インド料理『NEW Delhi』大手筋の東京三菱銀行から北へ30mぐらい。ランチもあります。
          「タンドリーセット」6種類
          {タンドリーチキン ・タンドリーブラウン(ブラックタイガーの)
          ・シークカバブ(インドソーセージ) ・マライカバブ(チーズ&カシュナッツ入り)
          ・チキンティカ(骨なしチキンのインド風焼き鳥)・フィッシュティカ(魚)
          オーナーのモハメッド・カシムさんは、御両親がデリーとカルカッタ出身
          同じカルカッタ出身の『ラージュ』のオーナーラジャスさんの妹が奥さん。かつてラジャスさんといっしょに
          働いてきたそうです。『ラージュ』は、現在京都滋賀に8店舗。『ニューデリー』もがんばってください。
          ちなみに、モハマッドの名でおわかりの通り、イスラム教徒だそうですので、この店に豚たどのメニューは
          ありません。ベジタリアンOK.チキン・フィッシュ・マトンなど使っています。
          「レディースセット」など¥850
          おすすめが、「パニールとほうれん草のカレー」
          *「パニール」とは、ヒンディー語で、カッテージチーズを意味します。市販の牛乳にレモンを絞って家庭でもでき           ます。
       
          ◎メキシコ料理「EL LATINO」(熊野神社南向かい)
           花博「メキシコ館館長」落合さんは、メキシコ在住10年。
           メキシコ雑貨の方で、知られた存在。
           大学関係から音楽・プロレスをはじめ、メキシコゆかりの様々な人々の社交場。
           「タコス」・「ナチョス」から中南米にも広がるメニューとドリンクが、信じられない破格で楽しめる。
           メキシコ料理ってそんなに肩張って食べるもん違うから。と、この日も呑んで食べて¥2000ほど?いいの?
           メキシコに関する事ならなんでも教えてくださいます。さすが館長。

4月17日(木) ◎インド料理「スジャータ」(三条大橋西。三条河原町の『がんこ』の向かい。2階。)
           ブッダガヤ出身のスタッフが、サーブしてくれた。
           「ベジタブル料理」を選びました。味は辛くないしチャイも最初から甘い。
           あまりインド料理になじみのない方でも、味がボンカレーに近い辛さ甘さなので、子供さんや家族で行くには 
           おすすめ。ランチ11時半から。日替わり¥850 タンドリーランチ¥1350 夜のセットは¥1500~
         
          ◎スィーツイ『キルフェボン』で、季節限定「種子島の蜜芋タルト」¥735
            いっしょに中国の幻の岩茶をいただきました。

4月18日(金) ◎インドネシア料理『ハティハティ』(今日で最大のインドネシア料理店。着席120名・立食250名)
           来日約20年ほどになるインドネシア人オーナーのお店。
           ウエディングパーティーから30人位のパーティーまでOK!
           なんといっても、バリ料理店が多い京都にあって、スマトラ料理・ジャワ料理・スンダ料理などがいただける。
           オーナーはイスラムだそうで、この店の料理には、一切豚が使われていません。またベジタリアンでもOKの            料理もあります。
           この日は、スマトラ料理をいただきました。
           DENDENG BALADO パタン地方の牛フライ(ビーフジャーキーのような真っ黒に焼いた牛肉¥945
           KRIPIK TEMPE(インドネシア納豆のパリパリ揚げ) ¥630
           SATE (今回はスパイシーラムのピーナッツソース串焼き)(KAMBING)4本¥1050
           BROCOLLI MADU(ブロッコリー&あっさり甘辛スープ)¥840
           AYAMSAMBAL CABEHIJAN SUMATRA(鶏肉と野菜のグリーンチリソース)¥1000 
         
          ◎スィーツ「ARIBCO」京都嵐山駅はんなりほっこりスクエアー1階
           久松夫妻にいただいたロールケーキ。
           バニラ・小豆・ショコラ・抹茶の4種類ある。
           今回は、抹茶をいただきました。ありがとう。


4月19日(土)◎多国籍料理「COO-CI’N」
          多国籍料理の草分け的なお店。
          寺町今出川下がったお店の時代は、たくさんの外国人料理人が働いていました。
          アフリカ料理「アシャンティ」のオーナーもその一人。
          今もメニューは食べきれないほどすごい種類があります。
          お店の名物「クーシン麺」は、トムヤンクンとフォーの中間のようなやや辛い具たくさんのオリジナル麺
          お昼にいただきまhした。

         ◎スィーツ『京都祇園いの菓子』
          縄手通新橋上がる西側のスペース新橋。ビルの4階の隠れ場的レトロチックなスィーツのお店。
          人気メニュー「のんのん」(名物ロールケーキ)ホロホロ生地と自家製大徳寺納豆小豆が、舌の上で溶けちゃ            う。なんとこの日。最高級の「セイロン手積みロックウット農園手摘み紅茶¥1200
          これは、相当おいしいです。
          
4月20日(日)◎アメリカンカフェ「さる屋カフェ」(川端今出川南東の町屋カフェ)牛肉のすごいハンバーガー
          彼女が、パティシエだったのとオーナーがパンやケーキのお店で働いていたそうで、この日食べたチョコラケー          キは、オーナー作だった。
          この店のハーブティーが無茶無茶おいしかったので、聞いたらいろいろと教えてくれた。
          「Yogi Tea・・・STOMACHI 」 他にもいいブランドがあるそうです。
          箱でかってきました

4月21日(月)◎二条から団栗橋までのお店の再チェック。
          宮川町の「蜃気楼」に行くつもりでしたが、おやすみ?
          そのまま五条まで歩いて宮川町周辺の徹底チェック。
          実は、五条京阪近くの有名仕出と鮮魚の『近幸』さんは、祖母の実家です。
          時々ごあいさつがてらに鮮魚を買います。祇園などの有名料亭などに高級鮮魚を入れている有名店です。
          そこまで行ったら、並びに「サークルK」発見。
          実は、お取引もある宮川町の酒屋さん『湊屋』さんの経営。
          覗いてみると、東出さんの奥様が。
          ごあいさつに入店して、ハーゲンダッツのキャラメルのアイスクリームを買って
          食べながら昼食する店を考えていたら、『キエフ』から電話。
          忙しいのですぐに帰って来い。
          実は、ロシア人スタッフが休養でこれなかったのを忘れてました。
          美知世さんすみません。
          結局、この日はダッツだけ。
          もちろん店では、最高のまかないが用意されます。
          「キエフ」にバイトに来た学生の多くが、長期間働いています。
          週1だけでも登録しといて、と言うことで、皆お客さんで来てスタッフになった人たち。
          今は学生は、京大・産大・立命館・龍大がいます。
          昼もロシア人2人を含む女性4人。3人は、この店で働きたいと来てくれました。
          感謝。
        


Posted by こやまあきゆき at 01:02Comments(0)食文化

2008年04月21日

さるう屋cafe’yogi Teaとハンバーガー

ここ数日、かなり充実した出会いが続いている

ブログで紹介しきれていないので、整理すると

4月15日(火)ブラジル料理「PASTEL DO BRASIL」にて
         「スペシャル シュラスコ」・「PASUTEL」(料理でもデザートでもおいしい¥500)
         ・「カイピセーバー」(有名な「カイピリンニャ」よりはるかにおいしいカクテル)
4月16日(水)インド料理「GULBABU」
         スィーツ「茶寮 油長」(大手筋の酒屋さんと米やさん)
         インド料理「NEW Delhi」大手筋の
         メキシコ料理「EL LATINO」タコス・「ナチョス」
4月17日(木)インド料理「スジャータ」
         スィーツイ「キルフェボン」
4月18日(金)インドネシア料理「ハティハティ」
         「室町
4月19日(土)スィーツ「いの屋」「のんのん」
4月20日(日)アメリカンカフェ「さる屋カフェ」  


Posted by こやまあきゆき at 01:02Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2008年04月17日

インド料理「スジャータ」

今日の昼食は三条木屋町南東のビルの2階の「スジャータ」
タンドリー・ナン・野菜カリー・ラッシー・チャイ・サラダの定番Bセットをいただきました。
タンドリーチキンは焼の方。スタッフはブッダガヤからこられているそうです。
野菜カレーは、日本の味に近く。野菜いっぱい。子供団でもOK。  


Posted by こやまあきゆき at 23:38Comments(0)アジア・アフリカ料理

2008年04月17日

キルフェボンの春メニュー

種子島蜜芋のタルトと幻の岩茶「青茶大紅ほう」をいただきました。  


Posted by こやまあきゆき at 23:33Comments(0)スイーツ

2008年04月17日

メキシコ料理は川端さんに聞け!「EL LATINO」

京都で、メキシコ料理やメキシコ文化を研究する人たちの社交場にもなっているお店の一つが「EL LATINO」

このお店、何度も店の前まで行っているのだが、私の仕事の時間内で営業されている為、なかなか行く機会がなかった。
私の友人達とも親しい川端さんがオーナー。

今回、ブログが本になるに当たって、友人達が口をそろえて言うには、「メキシコ文化は川端さんに聞け!」のアドバイス。
昨日、要約その機会を持つ事ができた。
話していると、確かに共通の友人だらけ。
そして、たくさんお話を伺った。  


Posted by こやまあきゆき at 19:07Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2008年04月17日

伏見のインド料理「ニューデリー」はなんと・・・

伏見のインド料理店のオーナーは、なんと「ラージュ」のラジャスオーナーの義理の弟さんでした。

このお店は大手筋商店街の西の端の東京三菱銀行との間の道を少し上がったとこにあります。

メニューの説明だけで、いろんなインド料理の基礎知識で、とても勉強になります。
オーナーのお母さんはカルカッタお父さんはデリー出身。ムスリムです、


あらためてびっくり出事  


Posted by こやまあきゆき at 02:08Comments(0)アジア・アフリカ料理

2008年04月16日

京都のインド料理「グルパブ」

カルカッタ出身のオーナーが作るカレーは、平均的に辛め
1~5まで辛さとメインを選んで ナンやタンドリートノセットやベジタリアンセットもあります
カルカッタで1番よく食べるのは、えびや魚介類のやや辛めのカレーで この店で3ぐらい

そこで3でBランチ魚介類カレーもあるセット¥1050をいただきましたが、辛い。

でもチャイで復活

ナンは小さめの丸型 おいしいです。大きさ的には日本人好みかも。

タンドリーは、「ラージュ」と同じ煮込み系
忙しい店では、ランチに多いタイプ。
当然ジューシーです。
店長は、若くてとても好感持てるタイプ。
場所は、今出川2本下がる河原町西
カウンターと奥のお部屋もありますが、お昼は混んでます。  


Posted by こやまあきゆき at 15:06Comments(0)アジア・アフリカ料理

2008年04月14日

京都のメキシコ料理店特集

京都には、メキシコ料理店はかなりあります。
今回は、しっかり京都に根付いているお店のみ御案内しておきます。

◎「エル コヨーテ」 先斗町を三条から下がってきて「すしてつ」もあるビルの地下。
 サラサ音楽を初め、ラテン好きの仲間が集まるお店の一つ。店構えとしてもしっかりしていて安心して入れる立地。
 値段設定も安い。

◎「エル ラティーノ」熊野神社の南側のビルの半地下の奥にある老舗。ラテン全般。音楽の好きな人にとっては、京都のラテンを語る上で、「エル コヨーテ」と双璧。予算はやや高といっても¥4000もあればok!

◎「ビクーニャ」 かなり移転もありましたが、テキーラ飲むならここ。更にペルーのホワイトカリーなど、他店にないメニューも楽しめる。木屋町御池下がって2つ目のビル。ペルーのホワイトカリー、今も食べに行きましょう。

◎「タケリア・パチャンガ」元祖タコス屋。
 叡電元田中駅から徒歩1分もかからない。 近くのネットの事もあった。
 「タコス屋」として¥280で1個注文、できたてをいただく。
◎「レイナ デ レイナ」・・・・・・・・・・昔、京都で最初のメキシコ料理店べラクレスの伝統を受け継ぐお店。岡崎公園疎水に面した南西角の景色も抜群の大人のお店。
◎「エル ポニート」三条新町のお酒が楽しめる楽しいお店。若い人にも人気。カウンターで一人テキーラ飲みながら単品で頼むのにいい、スタッフが楽しい。
◎「エルラティーノ マツバラ」松原商店街の西側にある、ランチもあるメキシコ料理店。熊野神社南のエルラティーノの姉妹店。烏丸に近いのでOLさんにも人気。

◎「ワールドトレーディング」メキシコ食材販売会社 レイナデレイナのグループ会社 隣
◎「中川酒店」中南米の料理店なので、メキシコ料理も置いている。
◎「ラホヤ」カリフォルニア料理店だが、メキシコ領だった為メキシコ料理が主体。  


Posted by こやまあきゆき at 00:03Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2008年04月13日

京都のブラジル料理特集

京都のブラジル料理は、今まで2軒ご紹介hしていますが整理しますと

◎「ESTRELA」(シュラスコ・ブラジル料理) 075-211-8795
  先斗町の三条側から下がって歌舞練場の並(180分)
  5時から12時までの営業ですが、だいたい込むのは6時ごろから。
  5時に行くと自分だけだったりで、スタッフは皆さん親切ですが、ちょっと申し訳ない気がします。
  カウンターの料理からデザートまでも食べ放題。ドリンクは別。
  男性¥3200 女性¥2800 子供¥1500 シュラスコなしで¥2300
  お母さんのケーキ最高
  店内にブラジルの食材も展示してあったり
  「REVISTA mais BRASIL」というブラジル情報満載のフリーペーパーが置いてあります。

◎「カフェ・ジーニョ」(北大路洛北高校前の交差点から西へ)
 小さいカフェですが、お料理からドリンクまで揃っていておすすめです。
 以前もご紹介しましたが、「くいしんぼうの会」創立8人衆の一人がサンパウロ出身で、いまでも良く行くそうです。

◎「PASTEL DO BRASIL」(ブラジルのファーストフードのお店)075-241-4734
 河原町三条を2筋下がった道を木屋町に抜ける途中の北側
 大きなブラジル国旗の看板が目に付く
 「パステル」とは、薄く焼いた生地のこと
 これにミンチやチキンなどを詰めたもの
 ちなみに、今なら路地に置いてあるフリーペーパー「Timo」を持参するとブラジルフルーツジュースが¥100 OFFの
 クーポン付き
 このお店は、最高です。
 シュラスコスペシャルなんか安くてボリューム満点。
 店長ルイスオタビオさん、サンパウロ出身の日系ブラジル人ですが、イタリアンの血もはいっているそうで、
 無茶ハンサムで身長194cm ドリンクの「カインセーバー」も料理やデザートにもなる「パステル」も最高
 定休日なし
 6時から金曜は2時半 土曜は朝までやっています。
 6時から11時までは空いています。店長は月曜休み。オーナーがいるそうです。
 

△「中川酒店」(出町のampmの前の商店街から北へ 上賀茂への街道のもう1本手前の道のは入り口・「清水家」の手前)
 ブラジルソーセージやブラジルコロッケなど中南米料理のメニューに入っている

△「ビバ・ラ・ムジカ」(王将北白川店の並びの地下)
 アフロ料理としてブラジルソーセージなどもメニューに入っている

エステレーラは、閉店しました。  


Posted by こやまあきゆき at 14:04Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2008年04月13日

京都のベトナム料理店特集

1週間ほど、あまり食べ歩きができませんでした。
フジタホテルも一杯。「キエフ」も花見の名所に囲まれている関係で昼夜予約満員御礼状態でした。
昨日から、少し時間が取れましたがその分休養を取りました。

少し、最近食べ歩いたポイントの地域の整理をしておきます。
◎『京都とベトナム料理店』

基本的には、4店舗。「ベトナムフロッグ」が閉店していなければ5店舗でした。

◇「XUAN(スアン)」御幸町四条上がった西側の素敵なお店。
 入り口が狭いので、注意して西側を見ながら進んでください。錦まで行ったら行き過ぎ。
 *春のランチを、御参考までにご紹介しましょう。
  [お昼のミニコース]¥2000
  生春巻き・アサリと竹の子のスープ レモングラス風味
  野菜ソムリエ厳選季節の3種盛り
   (旬の野菜の天ぷら盛りスィートチリソース添え ちりめんキャベツのロールキャベツ 干し海老の春キャベツ包)
  自家製玄米パン
  フォー(トリ・チャーシュー・エビ・牛から1種チョイス)
  本日のデザート
  ベトナムコーヒー又は、蓮茶

  [スワンランチセット]¥1200
  前菜(生春巻き・季節の1品・とりサラダ)
  五穀米のおかゆ 又は フォー

  [レックスランチ]¥1800・・・前菜かメインとフォー(麺料理)
  
  [お昼のフルコース]¥5500~要予約

*ディナータイム
  [季節のコース]  ¥4700
  [ヘルシーコース]¥3700
  [定番スワンベトナムコース・アオザイ] ¥3000(人気のベトナム料理を集めたコース)
           
             以上 075-212-0656 
「スワン」は、ブログ仲間の溜まり場です。

◇『la papaye verte』(ラ パパイヤ ベール)
  
  このお店は、フレンチのシェフだったオーナーが、ベトナムフレンチに魅力を感じてつくられたお店。
  本格的なフレンチ料理人だっただけに、牛のフォーなんか絶品。
  
 京都市中京区烏丸姉小路西入る 075-213-8888
  ランチは11時半~2時ラストオーダー ディナーは5時半~10時半LO
 並びにバリ料理店があるので、間違ったらだめ。女性スタッフに引かれてバリに行かないように。

◇『Huong Viet(フォーン ヴィエット)』
  
  ベトナム人スタッフが作る本格的なお店。
  黄緑っぽい店のカラー
  メニューは、実に多彩。
  デザートも充実
  店に入ると、そこはベトナムのポップが流れる。

 京都市中京区押小路通東洞院西いる プールトゥジュール中はし1階 075-253-1828 
 (火曜定休日 だが 気分しだい)

◇烏丸六角東に新しいベトナム料理店があります。

333とベトナムフロッグは閉店  


Posted by こやまあきゆき at 01:47Comments(0)アジア・アフリカ料理

2008年04月08日

教材研究所のみなさんありがとうございました。

私の本。本当にできるのか?

でも、今日教材研究所のスタッフ皆で、ロシア料理を食べに来てくださいました。

ロシア・ウクライナの料理。ロシアビール・グルジアワイン・ポーランドのズブロッカ最後にブルガリアのバラの花びらのジャム。
5ケ国競演でした。

今キエフでは、リトアニアウオッカ・モルドバシャンパンなどもドリンクメニューに加えるかもしれません。
ちなみに、純米吟醸『玉乃光』が造られる馬乳酒の仲間「クムイス」は、ベラルーシのミンスクの研究所の指導で造られました。
アルメニアブランディー「アララット」・モンゴルウオッカ・シベリア餃子「ペリメニ」(マンディ・マントゥの仲間)・ウズベキスタンのプロフ・・・ユーラシアの料理とドリンクが揃っています。  


Posted by こやまあきゆき at 23:30Comments(0)くいしんぼうな人たち

2008年04月07日

4月8日沖縄料理GOYA」百万遍にOPEN

ジャマイカ料理でおなじみの「中川酒店」の4号店「ゴーヤ」いよいよオープンです。
この前のブログでご紹介しました。
皆さん忘れないで、まずいってください!
吉田神社北の参道上がり口の近くです。(ローソンの向かい辺り)

中川酒店からいただいた御案内によると

MENU ぐるくん(沖縄県魚)のハーブ蒸し ¥720
     スーチカ(塩漬け茹豚)と京水菜の生春巻き ¥630

4月14日から ランチタイムもオ-プンと書かれています。

075-752-1158  


Posted by こやまあきゆき at 16:44Comments(0)日本の郷土料理

2008年04月07日

桜餅とズブロッカ

嵐山の橋の角にあるお店に「アンの入っていない桜餅」がある。

学生時代に良く買いに来た。

スペイン料理「ボデゴン」もここの経営。

桜餅の葉は、前年度のものが、塩付けされている。

ポーランドのウオッカ「ズブロッカ」は、トニック割もストレートもおいしい。

この味どこかで?・・・そうです。桜餅の葉です。

世界遺産に登録されている草原にのみ生える草。

バイソンという牛が好物で食べていたものを。ズブロッカ草といい、独特の香りと味を楽しむことができます。

桜餅とズブロッカ草の味は実に良く似ている。

バイソングラスともいいます。

ポピュラーなウオッカなので、ポーランド産は、どこのお店もよく置いています。

「キエフ」のコレクションにチェコ産とロシア産ズブロッカがかざってありますが、やはりポーランド産が1番です。
  


Posted by こやまあきゆき at 14:50Comments(0)和菓子

2008年04月06日

モンブランとティラミスのアイス

ヨネちやんと久しぶりに下鴨神社東側の御蔭橋のラーメン「千の風」で、餃子3人前豚骨醤油チャーシュを注文した。

うまかった

この店、以前は週4回位通っていた。京都の台所錦市場の有名店の店長と遭遇。
ここには、近所の有名割烹の料理長や有名店の寿司職人、オシャレなジャズ喫茶のオーナーも来ていた。
まさに味のわかる男達の溜まり場。
堀江さんも、ここのオーナーの紹介で出会った。

食後のおきまりが、南側にある「ローソン」
ここに、関取かと思った巨漢の住職がスタッフとして働いている。
残念ながらこの日はおられなかったが、いつもアイスなど新商品が出たら教えてもらう。
で、「ハーゲンダッツ」の大人の味¥358ぐらいするアイス。
「モンブラン」と「ティラミス」を、ヨネチャンと向かいの桜満開の鴨川のバス停のベンチに腰を下ろして試食。

リキュールが入っていて大人の味。
ティラミスの方が甘いが、どちらかといえば、ティラミスよりモンブランの方が、食べやすい。  


Posted by こやまあきゆき at 20:21Comments(0)スイーツ

2008年04月06日

桜とくいしんぼう

今、新橋は、ライトアップで人が一杯です。

木屋町と円山公園を見物する人が必ず通る四条大橋は、橋がおちそう。

そんな桜の花見にいったら、どこで休憩しますか?

名所別に、私ならこ書いておきましょう。

「半木の道」(植物園に沿った加茂川東側の紅枝垂れ桜並木)
 もよりの店は、北山植物園北側橋から北東のビル「バーバチカ」(ロシア料理・焼ピロシキがおいしい)ホントは有名なそばやがあるのですが、・・・・
「平野神社」50種類で400本の桜。平安京の都、。鳥居から西へ、更に下がったクロチクグループのイタリアンがおすすめ
天満宮の南側の「粟餅」と豆腐屋さんもおすすめ。
「妙蓮寺」堀川北大路下がった御会式桜が有名なお寺。鞍馬口堀川から千本に抜ける途中に「さらさ西陣」があります。
『御所』寺町通り今出川下がったスイスオーストリアドイツ料理「リンデンバウム」烏丸今出川西のタイ料理「イーサン」
西側では、一筋西の室町通りの「まるた」。
「勧修寺」西友の向かいの「バラクーダ」(太平洋スキューバスポットの料理)
『原谷』近くて異空間の「しょうざん」内で中華でも。
木屋町三条上がる「アジアデリカ」(リトルマックス)・「MICHIYA BAR」
高台寺「濱作」・「辻利高台寺店」
  


Posted by こやまあきゆき at 00:13Comments(1)京都グルメ情報資料