京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2011年05月31日

6月1日はKBS京都の「世界の料理」の取材

ついに6月1日になります。
私は、朝は京大病院で仕事。
午後は、「長尾谷高校」で、陶磁器の上絵付けの授業です。

私は、108歳まで生きると公言しています。
54歳は、人生の折り返し地点だとも。

今月で、「京大病院」の仕事も最期の予定です。
7月からは、新しい仕事が沢山待っています。

この1ヶ月を、しっかりとお礼奉公して、新しい人生に旅立ちます。

このブログはすでに80万検索を超えていますが、11月までに100万に近づけたい思いです。

7月からは、きっと皆さん驚きの展開が待っています。

お楽しみに!  


Posted by こやまあきゆき at 23:05Comments(0)テレビ情報

2011年05月31日

「キエフビヤガーデン」ようやくOPEN¥3500

ロシア料理と2時間飲み放題の女性に人気の「キエフ・キリンビヤガーデン」がようやくOPENできました。

今日は、南座関係のご予約や私と仲のいい中国人の友人やお馴染みさんも駆けつけてくださいました。
まだまだこれからですし、今日も女性の方が多かったです。

なんといっても、ビールだけでなくマンゴジュースや赤白のワインを使ったオリジナルパンチや野菜ジュースもあるビヤガーデン。
小さなお子様連れの方も、紫の野菜ジュースに子供さんがはまって、プーさんのカップでおかわりの連続。

一昨日は、京都花月よしもとの桂あやめさんや林屋染雀さんも寄ってくださいました。「姉様キングス」がキエフでも人気のお2人の登場で、ちょうどテレビで染雀さんのお化けがおいとまする落語をみたばっかりなので、お帰りの時に「もうおいとまですか?」と聞き返しました。

ちなみに、四条大橋から見える「キエフビヤガーデン」は、提灯の半分を消しています。
この方が落ちつくと、好評でした。
身近な事から、節電しましょう!
そして、節約の為にもビヤガーデン着てね。

実は、今日来られた常連さん。
前回、ビール単品で2人で飲み続けたら1万円近くになった。ご飯食べないからと思ったけど、今度は、料理食べ残したぶんは持って帰って、¥3500のセットにすると、そして今日はセットでした。でも、結局全部お料理も食べてくださいました。メインはタンドリーチキンです。  


Posted by こやまあきゆき at 22:57Comments(0)ロシア料理

2011年05月30日

祇園北京料理「青冥」でランチ

久しぶりに堂島に本店のある中国料理「青冥」でランチしました。
前菜
酢豚・エビチリ
スープ
デザート

¥1500

ランチは¥900から
お店の方が、基本北京料理でお出ししています。との事。

「一力」を上から眺めながらの食事でした。
お客様に、中国の方が多かったお店ですが、ゆったりした空間です。

学生時代によく来ました。
  


Posted by こやまあきゆき at 13:50Comments(0)中華料理

2011年05月29日

「魔法のレストラン」で村田さんがキエフへ!

毎日放送に人気料理店紹介番組「魔法のレストラン」の取材が今日ありました。

あの村田吉弘さんが、「キエフ」の昼や夜の定番のボルシチ・ピロシキ・グリビーを召し上がりました。

お天気ならば、絶景ビヤガーデンでしたが、台風の影響か悪天候。

加藤幹雄社長との対談。

ちなみに、映るかどうか知りませんが、エレベーター前でお待ちしているのが、私こやまあきゆきです。

放送は、6月8日水曜日19時からです。  


Posted by こやまあきゆき at 20:46Comments(0)テレビ情報

2011年05月29日

ウクライナの歌姫ライブ満席でした

チエルノブイリで、少女の時に被爆されたナターシャさんの天使の歌声ライブが「キエフ」で開催され、80名近い満席の盛況でした。  


Posted by こやまあきゆき at 20:41Comments(0)レストランライブ

2011年05月29日

北区等持院にタイカフェ&雑貨の「ムーレック」

等持院駅からは南へ。
馬代通りの1筋西にカフェ&雑貨の「ムーレック」がある。

タイの雑貨からタイカレーまで。

お店の収益の一部をNGOで、子供たちに寄付されている。

京福電車「嵐山線」北野初、で
是非お立ち寄りを。
水・木お休み
075-462-3311  


Posted by こやまあきゆき at 20:39Comments(0)京都世界のカフェネットワーク

2011年05月29日

北大路に新しいネパール料理店

北大路タウンより西に少し。
南側に、「ナン・サラダ無料・・・つぶれるまでがんばる」ネパール料理店がOPEN。

まだ、発見したばかりなので、仔細はこれから。  


Posted by こやまあきゆき at 20:34Comments(0)アジア・アフリカ料理

2011年05月29日

「千の風」で黄そば

お気に入りのラーメン「千の風」で、初めて「黄そば」をいただいた。

和風に焼きチャーシューと玉子

上品な味わいでした。

御蔭橋の奥様がいるほう。  


Posted by こやまあきゆき at 00:47Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2011年05月29日

ナターシャと「NZカフェグリーン」でカレーと・・・

スタッフのナターシャと、「NZカフェグリーン」に行った。
カレーと名物のアイス「ホーキーポーキー」
更に、緑の美しいムール貝。
NZビールを味わった。

四条縄手上る。  


Posted by こやまあきゆき at 00:45Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2011年05月29日

「いちなん」でマッコリとすごい映画

一乗寺の「いちなん」はライブやいろんな交流会が開かれているお店。

「マッコリ」ほしさに立ち寄ったら、ちょうど映画上映中。

世界の農業を考える上で、素晴らしい海外映画の上映会中だった。

マッコリ飲みながら、素晴らしい映画に感動。

その後、1回で、見ていたメンバーと熱く語り合った。  


Posted by こやまあきゆき at 00:40Comments(0)食空間の演出者達

2011年05月29日

「いやいやえん」満席

京都で、和食が1番安いお店に立ち寄りましたが、1席しかなく。
飲んですぐに数人が、終わった方が席を譲っていました。

結局、一杯と突き出しでおいとま。

¥800でした。

川端清水町  


Posted by こやまあきゆき at 00:33Comments(0)和食

2011年05月29日

カツくら三条本店の絶品とんかつ

家内が入院中に夢に見た「かつくら」の味噌とんかつを食べに家族で行きました。
水曜日の夜。

定番「味噌カツ」は豚ロースですが、家内の希望で豚ヒレでお願いしました。
1番大きいのとリクエストしましたが、鉄板に乗る大きさがあるのでと・・・

私は、定番の豚ロースの味噌カツ。
長女は80グラムのヒレ
次女は、一番大きいヒレカツ(名誉の為に、グラムは秘密)

私は、待ってる間、胡麻豆腐や鰊と茄子のたいたんで、生ビール3杯。

定番味噌カツを、皆が2切れ食べた時に完食。
追加、楓と同じヒレカツ。

大満足の4人は、三条・御幸町ぶらぶらショッピングへ。
輸入雑貨「芽亜里」で、服やバッグを購入。
隣のお店も可愛かったので・・・
御幸町をぶらぶら。
最期は、ハニービーで創作アイス。
4人ともむっちゃ盛り上がりました。

私は「アラビアンナイト」や2種類いただきました。
みんな、大満足のアイス三昧。

更に四条の人気雑貨店で可愛いもの買って散財しました。  


Posted by こやまあきゆき at 00:30Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2011年05月29日

格安インド料理の造形大前「アジャンタ」でランチ

「京都国際レストランネットワーク」インド料理の代表を務めるのが寺町松原にある「アジャンタ」。
姉妹店「タージマハル」と計3店舗。
特に「アジャンタ」は、スープン飲み放題・ナンおかわり自由で¥980から。

結局、家内のエミシが退院後、最初に選んだのがこのお店。
水曜日のランチに2人で行きました。
家内、ヒヨコマメ私がほうれん草チキン。

ほうれん草カレーといううと五条西大路下がる「サーガル」のが、私の1押し。

しかし、ここでは2種類のタンドリー付き¥980

インドのダンスのノリノリを見ながら。
大満足でした。  


Posted by こやまあきゆき at 00:19Comments(1)アジア・アフリカ料理

2011年05月23日

スペインのシェリーを買いに「プラテロ」へ

ロシアレストラン「キエフ」の食前酒
・伏見の「玉乃光酒造」が作る、シルクロードのミルク酒「クムイス」¥420
・同じく「龍酔」(300本限定発売されたお酒¥350
・「パンチマトリョーシカ」(赤ワインとミカンジュース)¥520
・「パンチチェブラミン」(白ワインとパインジュース)¥520
・「ほーりちか」スコットランドパブの尊敬する堀江さんに感謝して作った¥520
・「キエフキール」¥630
・「シルクロード」「砂漠のバラ」「草原のオオカミ」「オアシス」 クムイスカクテル各¥630

そして、定番のシエリー
・「フィノ」¥450
・「オロロソ」¥630

このスペイン産の食前酒は、四条木屋町上る、スペインワイン・シェリー専門店「ノノヤマ」さんおすすめの品。
このお店は、ご存知の通り、半分がスペイン専門の酒屋さん。半分がスペイン料理「プラテロ」。
1杯からでもOK!の専門店です。
  


Posted by こやまあきゆき at 22:08Comments(0)酒の楽しめる店

2011年05月22日

一乗寺の「とん吉」で家族でヒレカツ

家内が病院入院中、1番食べたかったのが、何故か味噌カツ。
名古屋人でもないのに。

一時帰宅の足で、2人で向かったのが、一乗寺の白川のパチンコ店の西隣のとんかつ「とん吉」

昔、わざわざ食べに行ったとんかつのおいしいお店の一つ。
カツ定食¥800から

今回は、味噌カツがないので「ヒレカツ定食¥1500」を2人ともいただきました。
ごはんトン汁付き。

食事中に次女が塾から帰ってきたメール。
自宅に近所なので、次女も合流。
3人でヒレカツ

家内と長女と次女は家内の両親と退院したら「スシロウ」に行く約束だったそう。

夜仕事から帰ったら、スシロウの握りがいっぱい置いてあった。
結局、バイトのあった長女はどっちも行けず。
お土産に山盛りの寿司が夕食用に。

その残りを私がいただきました。

すみません。
夜は、今年2回目の王将で冷麺と餃子食べてきました。

22日は、お好み焼きと餃子を長女が作るそうです。
今日電話したら、パパにいっぱい作ってるそうです。
今夜も餃子です。  


Posted by こやまあきゆき at 22:23Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2011年05月22日

愛妻エミシ助かりました

ここしばらく、こやまあきゆきの食べ歩きブログが、なかなか更新できていませんでした。

実は、家内の愛妻エミシが、高熱を出して病院に行ったら即入院になって、約2週間。癌やリンパ腫の可能性が高いと言う事で、最新の検査を受け、一部大きく腫れている部分も切除して詳しく検査していただきました。

私たちの両親も健在ですが、人間長生きするほど、癌や腫瘍はつき物。
出来るだけ早期に発見し、適切な治療を受ければ、最近の日本の医療技術は本当に進んでいるので、今回も徹底的に調べていただきました。

その結果、癌は、前進検査でもまたく発見できず。ウイルス感染による一時的な腫れでした。家内の白血球数や血小板が、平均値より少なめだった事も、高熱が続き、数日間食べられなかった事もあり、早く原因を見つけて欲しいと、徹底的な検査をお願いしました。

皆さん、50歳過ぎると誰でも癌にはなってるかも。位の覚悟で人間ドックや癌検診を受けてください。
日本の医療技術は進んでいます。
健康な方ほど、普段病院に行く機会もないかもしれませんが、私のように、食で病気にならないようにしている人間でも、毎月仕事柄検査を受けています。

ところで、すべて陰性だったエミシと土曜日に一時帰宅が許可されました。
家内がまず行きたかったのが・・・次回  


Posted by こやまあきゆき at 22:14Comments(0)こやまあきゆき

2011年05月22日

レストランで能楽

ロシアレストラン「キエフ」で、5月24日木曜日。
能楽を学ぶ集いが開催された。

・能楽師、観世流シテ方の武田大志さん。
・笛の森田流笛方の相原一彦さん。
・太鼓 石井流大鼓方の石井保彦さん。
・更に小鼓の方も駆けつけてくださいました。

初めての方でもわかるように、衣装の着付けの実演から本番前の打ち合わせ。(扇子で拍子をとりながら、演目を打ち合わせする事が、今、私たちが一般に使う打ち合わせ。の言葉の語源)

参加者は、若い男女から能楽を普段楽しんでいる方まで、いろいろでしたが、とても楽しい。素晴らしいの連続でした。

次回が楽しみです。  


Posted by こやまあきゆき at 21:17Comments(0)レストランライブ

2011年05月17日

市川猿之助歌舞伎の魅力

スーパーカブキで、歌舞伎に新しい魅力を確立した市川猿之助さんの魅力を存分に楽しめる「歌舞伎ミュージアムat
南座」ガ、開催されている。普段上れない花道などにも上れたり、衣装が着られる紐あるとの事。

歌舞伎の魅力を、舞台とは違う角度から楽しめるまたとない企画に、キエフスタッフのハヤピーが参加してきた。
5月30日まで、祇園四条の南座で、大人¥1500 学生¥1000

http://www.kabuki-bito.jp/news/2011/05/at_5.html

更に、少し先になるが「京都造形芸術大学」内にある「京都芸術劇場 春秋座」で、ちょうど子供たちが夏休みの8月11日木曜日に市川猿之助芸術監督プログラム「松尾塾 子供歌舞伎2011」が開催される
14時開演
http://www.k-pac.org/performance/20110811.html

お楽しみに。

ところで、このサイトは、くいしんぼうのサイトである。
という事で、「南座」と「造形大」での歌舞伎の後のおすすめくいしんぼう!

「南座公演」の前は、
・「天周」のあなご天丼¥1000
・「琢磨」で和食
・土日はNZカフェ「グリーン」でランチ

「南座公演」の後は、
・ロシアレストラン「キエフ」
・スペイン料理「フィゲラス」
・インドネシア料理「バリバリインドネシア」
・「蜃気楼」で和食

「造形大」の公演の前は
・大学内のカフェがおすすめ。
・「そうげんカフェ」でランチ
・「ドンク北白川店」でカフェ
・インド料理「アジャンタ」でランチ

「造形大」の公演の後は、
・「おおきにや」で和食
・「ビバラムジカ」でアフリカ&ブラジル料理
・「らくだ」で四川料理  


Posted by こやまあきゆき at 21:43Comments(2)偉大な方

2011年05月17日

京都のレストランウエディング

京都では、学生さんや若い世代の結婚式の1つの形として、カジュアルにレストランで友人を集めてのレストランウエディングが多い。そんな個性派の結婚式を昔からプロデユースしてきた木村さんのブライダル会社が「I.BL●●M」
特に、レストランウエディングを得意としている。

http://www.ibloom.co.jp/

そんな、木村社長と私は、同窓生。13組ある高校の同じ学年の隣のクラス。
偶然、私と幼馴染で、北野天満宮の神官になった友人とクラスメイトだった関係で、高校時代もよく話をしていた。

陶芸家、近藤高弘君と彼が仲がよかった関係で、アユミブライダルの部長だった頃の彼と再会。
嵯峨美の仲間と手作りブライダルで人気が出たと、当時宝ヶ池プリンスホテルでのパーティーに招待してくれて、京都縁の映画俳優らゲストとも楽しい時間を過ごした。

どうしても、自分の考えでサポートするブライダルを、若い人の為にやっていきたいと独立してからも、次々と新しいアイディアを盛り込んだ提案を続けてきた。

今、京都で、以前ブライダルの会場として提供されていなかった様々なお店のブライダルを提案している。

結婚する人も、将来の結婚をイメージする人も、レストランを経営する人も、出会ってよかったと思えるナイスガイである。
http://www.ibloom.co.jp/  


Posted by こやまあきゆき at 20:44Comments(0)ブライダル

2011年05月17日

インドネシアンブライダルパーティ

インドネシアンブライダルパーティーが、週末開かれているのが、木屋町のハティハティ
120席ある広いお店。衣装もある。

新婚旅行に海外に行く時間がなくっても、素敵な仲間に囲まれて、スマトラ気分。

バリ・ジャワ・スマトラなど各地の料理が楽しめる。  


Posted by こやまあきゆき at 20:23Comments(0)ブライダル

2011年05月17日

京都の激安エスニック料理

こやまさんの1番おすすめのお店を紹介してください。
1番よく聞かれる質問。
いいお店の定義は、いろいろありますが、
今回は、激安でエスニックを楽しめるお店を改めてまとめてみましょう。
予算が少しでも楽しめるお店限定情報。

・メキシコ料理「エルラティーノ」・・・ご存知価格破壊のメキシコ料理店。熊野神社南側の半地下奥。
・ブラジルカフェ「カフェジーニョ」・・・コーヒー¥200から、料理も豊富で安い。
・スペインバル「セサモ」・・・基本的に数百円のタパスは、どれもおいしい。三条の1筋北の通り。河原町と木屋町の間の地下。
・中南米&沖縄料理「中川酒店」グループ4店舗。
・タイ屋台料理「パクチー」・・・・・丸太町河原町か三条御幸町
・中国&アジアン・・・「ティアーズ」丸太町河原町
・洋食・フレンチ・・・・百万遍「円居」
・パスタ&スィーツ・・・「セカンドハウス」
・イタリアン激安チエーン店「サイデリア」・・・ファミレス系だが、イタリア人の評価も悪くない。
・いやいやえん・・・和食 清水町
・インド料理・・・・安さで比較すると「アジャンタ」本店がおすすめ。スープの見放題・ナンおかわりできるとか。

 あくまでも、一定の味をキープしている限定での、特に初めての方や若い方におすすめ。


  


Posted by こやまあきゆき at 18:06Comments(0)気まぐれカプリ最新情報

2011年05月17日

美しき遺言

実は、先月叔母が亡くなった。
私と一番仲のいい叔父で陶芸家の鈴木卓司の奥さん。

京都の織物の名家の次女として生まれ、女優並みの美貌を持ちながらも、最後までマイペースで人生を生きる叔父を支えてくださった。

元々生まれ育った実家の鳴滝の別邸で結婚生活を送った。
お茶室や日本庭園のある立派な家は、裏山も借景までが敷地。

ここに両親・姉夫妻も移り住んで、大家族仲良く暮らした。

誰が、いつ遊びに行っても笑顔とユーモアたっぷりの楽しい話で楽しい時間を過ごす事が出来た。

家族を支えたしっかり者の姉は、裏山を自家菜園にしていたが、ここから眺める景色も絶景であった。
義兄は、新聞記者として活躍し、娘は「淡交社」でお世話になった。私の従姉妹である。

叔母は、癌が発見された時すでに手遅れだった。それでも退院して4年間家族と笑顔で暮らした。
何度か、私が娘と遊びに行っても笑顔で元気な叔母しか思い出せない。

しかし、その4年間に叔父や家族の為に沢山の申し送りを家中に残した。
特に、家庭の事をすべてまかせきりだった叔父の為に、どこに何があるか。こんなときどうするか。
叔父が困らないように、引き出しを開けると、叔父の探しているものがすぐにわかるように整理してあった。
最期に行った時に、叔父叔母が、加藤唐九郎さんの書かれた陶芸大辞典を見せてくれた。

私の祖父鈴木清や曽祖父鈴木鷹二郎(初代鈴木清湖・パリ博覧会で銀牌受賞)について書かれているページを見せながら、母方の先祖代々についてくわしく説明してくれた。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E8%89%B2%E9%99%B6%E5%99%A8%E5%A4%A7%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%94%90%E4%B9%9D%E9%83%8E/dp/4473000907

陶芸家 加藤唐九郎さんの原色陶芸大辞典は、現在従姉妹も勤めていた淡交社から出版されている、改訂版最新版である。

実は、叔母が最初に教えてくれたのは、この本の初版本。そこには更に前の鈴木喜三郎やその従兄弟のことまで書いてある。
ちなみに、その前は鈴木籐三郎で、美嚢の絵師で始めて京都に来た鈴木家の初代。


今、叔父・叔母の事は他人事ではない。
あまり検査を受けない家内を、徹底的に調べていただいている。

私たちの両親は、80過ぎても皆健在。
しかし、実際には60代で早い人で癌の手術を受けている。

常に自分の体を知っている事と、どう生きるかをしっかり考える事が必要だと思っている。

私は、現在朝から京大病院で働いている。更に昼からはレストランで働いている。
風呂上りには、体重計で健康チェック。

また、常にビタミンC・Aやミネラル・乳酸菌・カルシュームを食で補充している。
パセリ・バラの花他、抗酸化作用の強いものもバリバリ食べる。
だから、料理にでるパセリは残さない。

しかし、いくら注意しても限界がある。
叔母は、叔父が何も考えなくても、自分の陶芸に没頭できる環境を作ってきた。
最後の最後まで、叔父の事を心配していた。
その分、自分チェックがおろそかになっていたのではないか?

しかし、最後の最後まで2人は仲良しで幸せな家庭だった。
今、私は家内について回っている。
いままでお互い好き勝手してきた人生を見直し、私が取り組んできた食と健康の話を家内にもし始めた。

家内も、自分の食を見直して、しっかりした考え方で生活していく事を約束してくれた。

もう少し、叔母など回りの人にも速く伝えるべきだった。
今日は、家内を最新の設備での検査を受けさせた。

帰りに、家内のおやつのメロン・ぶどう・ダークチェリーを買った。
書いた順に食べて欲しい。傷みやすい順だからと。

普段でも、我が家ではイチゴは4パック単位で買って置いてある。
子供たちは、1人で1パック食べる。

C1000タケダは、箱で買っている。
牛乳はおいしい牛乳。
パンと青汁は近くの牧場から配達。

アーモンドや練り胡麻などは食卓に置いている。

今日も、「京都府農業会議」の関係者とミーティングをした。
地下水も豊富な京都の町は、京都府全域と周辺県の力で守られている。

都会だけで暮らすのでなく、農林水産地域だけで暮らすのではなく、周囲も含めた広域京都生活圏を、大切に守って、素晴らしい環境の中で、100歳過ぎても元気で働くつもりの雄大な生活環境を作ろう!

鳴滝の叔父の家は、コンパクトだが、そんな環境だった。
赤の他人でも。いっしょに土に向かって、収穫して、いっしょにおばんざい作って食べたら、皆大家族になれる。

そんな社会を目指して、叔母のようにいつも誰にでも笑顔で、黙々と朝から働いて、

1人でも多くの方が、笑顔で人生をまっとぅ出来る社会を作るために、私も家族や沢山の友人・仲間と生きていこう。

最近、新しい夢が増えた。それは「赤十字社」の精神を作った偉大な創始者が、孤高のまま亡くなった事。

この事は、新しい目標を私に与えてくれた。

遺言

それは、決して財産とかの話ではない。

自分がすばらしいと感じた人の生き様から学んだ事を、しっかり自分の中で受け止め、消化して、自分流に行動する事。

私が好きな言葉の1つは、ユダヤ教徒が学んでいるタルムードの中の言葉をヒントにわかりやすく書かれた日本語本「ユダヤ人の知恵」で、読んだ言葉。「もし、貴方が望む事をやっている人がいなければ、あなた自身がやりなさい」というう意味の言葉。

中学生の頃に読んだので、多少私なりの解釈になっていると思うが、誰もしていない事を恐れる必要はない。

大切な事は、それが社会の平和や共存や何らかの理由で恵まれなかった人とでも、いっしょに前向きにやっていける環境を、自分も率先して作れたら。私が非力でも、それに共鳴してくれる有能な方の理解と行動で実現できる場合もあると言う事。

私は、常に非力だが、そんな私だからこそ有能な方が応援団になってくれてきた。
決してこちらからお願いしたり、望んだ訳ではないが、「いいね!それならこんな方法どう?」「なるほど、そんな事もできるんだ」

私は、自分が言い出したことでも、ほとんどいつもブレーンに助けられて実現してきた。

私は108歳まで生きるつもりなので、家内には105歳までがんばってくれと言った。

将来、店も持って田舎暮らしもしよう!のんびり自然の中でくらそう!素敵な仲間と。自分たちで作った野菜とか食べながら。

それでも、寿命が来たら、「叔母が叔父に伝えた事と同じ事を頼みたい」
しばらくは、無名の木の墓標でも立てて、数年経ったら無煙仏のかたといっしょに土に帰してほしいと。

家内、私といっしょはいやだそうなので、せめて隣にしばらくいさせてとお願いした。

元気な間は、お互い今までどおりさほど干渉せず、素敵な同居人でいこうと。

叔母さん、叔父さんは僕たちが1人にしないから。千の風になって見守ってあげてください。  


Posted by こやまあきゆき at 00:47Comments(0)こやまあきゆき

2011年05月15日

家庭教師ヒットマンREBORN!

長女ムッチが作ってくれた夕食を、次女カエと3人でいただいた。
テレビ画面には、DVDの「リボーン」の動画が映像が。

このアニメは、次女カエが買い揃えていた頃、借りていっしょに読んでいた。
普通の高校生が、マフィアの跡継ぎになるお話だが、そこにいかにも子供アニメキャラの登場人物が続々登場。
いつしか、私も読むのを忘れてしまった。

そして、突然DVDで最終回までの終盤を連続で見る事に。

ここまで、計算されて最初から書かれていたの?と思うぐらい信じられない展開。

昔の里見八犬伝+封神演義http://www1.plala.or.jp/fengshen/みたいな展開
http://www.mmv.co.jp/special/anime-reborn/

やっぱり、日本のアニメは、すごい文化だと改めて感心した。

いろんなアニメを見るたびに、最期のスタッフ紹介で、実に沢山の関係者の力で完成されている事に驚く。
京都には、「マンガミュージアム」がhttp://www.kyotomm.jp/あり、精華大学にもマンガ専門も学部がある。http://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/manga/また、「京都アニメーション」http://www.kyotoanimation.co.jp/が、「けいおん」などのヒットを飛ばしている。ここのプロデユーサーも食事に来られた時に、娘が声優の専門学校にも行っているので、というと、うちに来てっと言って下さったのは、社交辞令と思っているが、最近次女も大阪まで声優に勉強に通っている。

くいしんぼうで陶芸家の私にすれば、1人ぐらい料理人か陶芸家になってほしいと望むのは、自分勝手な人生を生きている私が望むべきではないだろう。

皆、自分の道を見つけ始めたのかもしれない。我が家の幸せごはんは、娘たちが主役になり始めている。  


Posted by こやまあきゆき at 21:53Comments(0)京都で幸せ夜ご飯

2011年05月15日

世界の留学生情報

関西を拠点に、留学生との交流や情報発信に取り組んでおられるアーティストの佐々木博子さんの情報サイトをご紹介します。
「世界の留学生」http://www.e-radio.cc/

京都の活動拠点は「京都アートカウンシル」です。
http://www.kac-web.com/

たとえば、まもなくモンゴルのホーミーなどのライブが開催されます。
http://www.e-radio.cc/pg139.html  


Posted by こやまあきゆき at 15:48Comments(0)京都の国際交流

2011年05月14日

京都「スペイン館」で、巨大パエリア¥500

京都のスペイン料理店有志が、明日15日、東北支援の巨大パエリアを銀閣寺の「テイオペペ」前にて。¥500で振舞う。
売上は、日本赤十字社に寄贈される。

テイオペペ・フィゲラス・アントニオ・エルフォゴン・ラマーサ・ガジェガ・フイゴ・リコリコ他の支援活動。12時から。

http://tiopepe-kyoto.jimdo.com/  


Posted by こやまあきゆき at 15:23Comments(0)

2011年05月14日

世界の旅仲間北野に集合!

1人の若い旅人が、その海外での体験と写真を本にしようとした。

せっかくならと、同じように旅そした経験の有る人にネットで呼びかけた。

100を越える若者が集まって、1冊の本が出た。

超人気となって次々続刊が。

今日、京都の北野商店街にある「ゆいまーる」は、佛教大学の学生さん達が企画するOPENキャンパス。

土日無料で、写真展が開催されて、世界を旅した仲間が集う。

http://ameblo.jp/tabiphoto100/  


Posted by こやまあきゆき at 14:36Comments(1)京都の国際交流

2011年05月08日

NZカフェ「グリーン」でランチ

今日は、祇園縄手上る、ニュージーランドカフェ「グリーン」で、ランチ。
チーズチキンカツレツ他で、なんと¥600円台のランチです。
と言う事で、激安エスニック料理店をまとめて紹介しましょう。  


Posted by こやまあきゆき at 23:54Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2011年05月07日

京都非公開文化財特別公開5月8日最終日

京都の非公開文化財を見学する時に、是非立ち寄って欲しいお店紹介をするつもりで、1回書いたのですが、多忙のあまり。
いろんなお店を食べ歩きすぎているあまり、書くことが多すぎてその後書かないうちに最終日になりました。

そこで、最終日に行かれる方に、少しだけまとめておきます。
下鴨神社・・・いうまでもなく御蔭橋を渡って川端を北へ、ラーメン「千の風」(普段ラーメン食べない方でもおすすめの上品なお店)。更に北へ「いやいやえん」。京都1安くていい和食の店。下鴨本通り向かい「加茂のみたらし」元祖みたらし団子。夜ならスコットランドの「ホーリーズバー」。ジャマイカ料理「中川酒店」。豆餅の「ふたば」。出町柳から東には、いつものタイ料理「クルーン」他

百万遍知恩寺・・・・百万遍南西角、和食の「あやとり」。北西の「おむら屋」。南西1筋南そ西へ洋食の「円居」
西方寺・・・・東山仁王門。岡崎の疎水に面してスペイン料理「レイナデレイナ」。そこから北へ「細見美術館」内でイタリアン。
東山三条1筋北の洋食「福く朗」。東山三条下がる激安中華「マルシン飯店」西側本格「龍門」
六道珍皇寺・・・・フレンチ「貴匠桜」。和食「蜃気楼」。洋食「やすい亭」。インドネシア料理「マタマタ」
建仁寺・・・・・・・「十二段屋」「楽家」「琢磨」
金戒光明寺・・・「吉田山荘カフェ」「茂庵」「生ショコラ」

それぞれに、過去にも紹介しているお店です。  


Posted by こやまあきゆき at 23:25Comments(0)京都グルメ情報資料

2011年05月07日

東北がんばれ!いますぐ京都国際会館へ!

国立京都国際会館の天江館長他、京都各界の方々が、東北支援活動の一環として開催されている『つながれ、ニッポン
!』~鎮魂と祈りの夕べ~

災害復興支援東北物産展や各界名士による様々なライブや比叡山の声明。ゴスペル。・・・・・などなどがたった今開催されています。夜8時ころまで。

メインホールは、入場¥1000 学生¥500中学生以下無料。
最期に、虎の尾花火が上げられます。

いまからでも、是非駆けつけてください。
また、宮城県など東北の物産も集まっています。
少しでも、お買い求めください。

京都からも、東北東日本支援の輪広げましょう。  


Posted by こやまあきゆき at 16:31Comments(0)こやまあきゆき

2011年05月07日

ビバラムジカでブラジルのフェジョアーダ

「ビバラムジカ」に、スィートポテトのお酒を飲むつもりで立ち寄ったが、植松さんが、ブラジルのフェジョアーダ作りましたから、パンとですけどよかったら。と・・・。

先日、アフリカ料理「アシャンティー」やマリ料理「カフェオバオバブ」が、なくなったんで、アフリカ料理メニュー増やしてとお願いしたら、早速イカとオクラのアフリカンを作ってくれた。

ブラジル料理もパワーダウンしているので、もっと作ってとお願いしたら早速。

本当に嬉しい限り。

ここのスタッフは、へんに若い可愛い、素直な子が多いのも、結局植松さんのまじめさと、音楽を楽しむ素直な心を持った人が集まるからだろう。

この日も、前の日も、初対面同志でも、いっしょにサンバなどの映像見ながら、自然に楽しんで会話している。
この日も、「この人和田アッコさんそっくり」「ホンマヤ」的な会話で盛り上がっている。
笑い、会話を楽しみ、飲みながら、体もスイングしている。

きっと、音楽が、みんなの心の波長まで1つにするのだろう。  


Posted by こやまあきゆき at 01:11Comments(0)アメリカ・オセアニア料理