京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2007年05月31日

京都のジャマイカ料理「中川酒店」

以前少し南アメリカの音楽&お料理が楽しめるお店としてご紹介したことがありますが、昨日は出町柳のお店でいろいろ教えていただきながら、ジャマイカのお料理とラムなどのお酒やカクテルを楽しみました。
正直、以前から前を通ると、メニューも見ていたのですが、レゲーのノリで盛り上がってたら一人ではちょっととなかなか入らなかったのですが、
食べること、飲むことに興味のある方は是非1度「中川酒店」に行ってみてください。
1、料理は、ジャマイカを中心にメキシコ風・ブラジル風など低価格でいろいろ楽しめます。
2、料理にオリジナリティーもあります。ジャマイカのカレーなんか他では味わえない味です。
3、沖縄料理だけでもコースがあるほどメニューは豊富です。これは、てっきりスタッフが沖縄出身かと思っていたら、オーナーの奥さんが(普段木屋町店におられる)日本で、最もジャマイカに近い雰囲気のある沖縄が気に入られているので、沖縄料理も出されるようになったとかで、現在、最初のお店の出町柳店・木屋町店・三条店がありますが、木屋町店が沖縄料理は、一番充実しているとか。
http://www.rockerstrain.com/nakagawa/  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 12:33Comments(2)アメリカ・オセアニア料理

2007年05月30日

京都のタイ料理「Asiatica」

夜、というより明け方3時ごろまで営業しているタイ料理店「アジアティカ」は、2人の料理人がタイ人であるだけでなく、メニューの種類も実に豊富。
3種類のカレー以外に様々な肉料理・野菜料理・さらにベトナムのフォー風の麺と中華麺風の麺など3種類用意されていて、デザートやドリンクも充実している。
1度いくとかなりファンになってしまう内容。おまけに先斗町と木屋町の間を抜ける四条から上がったすぐの横の細い路地の真ん中に入り口がある。
四条辺りでタイ料理を食べるならおすすめ。
尚姉妹店は祇園のフィリピン料理店  


Posted by こやまあきゆき at 01:17Comments(1)アジア・アフリカ料理

2007年05月23日

京都和食で居心地のいいお店「忘我」(ボア)

木屋町のお池を下がっていくと、東側に階段を上がったお店。
ご存知、「鹿ケ谷山荘」や「丁子屋」を経営する輸入雑貨「グランピエ商会」系のお店。
店内は、ややエスニック調でもあるが、かなり和の落ち着いた感じ。
カウンターで、いろいろお話しながらいただくもよし、上の階で個室風に2人4人くらいで楽しむもよし。
名前のごとく、時間を忘れ、我をわすれてしまう空間。
一品でもお任せのコースでもOK.
私が、友人と飲んだ後盛り上がりすぎて、店の表で踊ってしまった店です。
ただし、中で踊る方は追い出されます。きっと。
魚介類など、割烹感覚でどうぞ。  


Posted by こやまあきゆき at 18:40Comments(0)和食

2007年05月23日

京都の韓国料理「よろずや」

世界の料理を書いている私だが、韓国・朝鮮料理は、あまり書いていない。
その理由の第一は、韓国・朝鮮料理は焼肉店というイメージを持っている人が多いようだが、焼き肉は、たしかに今日ひとつの食文化として確立されたが、これは日本でいえば、「すきやき」や「トンカツ」のようなもので、江戸時代以前の日本人の一般的食文化になかったように、韓国でも焼き肉や唐辛子は、一般的食材ではなかった。NHKで放映された韓国の人気ドラマで宮廷料理がたくさん出てくるが、これを見れば理解できる。料理の文化は、日本や韓国に限らず、意外と世界のどこでも新しい文化が取り入れられており、それはいつも驚くべき事実がたくさんある。たとえばインドはスパイス王国で、カレーを日本では、何倍激辛など売りにしていて、甘口・中辛・辛口などと言っているが、唐辛子の歴史は浅い。で、国際学生の家に住んでいたころから、たくさんの韓国からの留学生や研究生の親友がたくさんできて、家族で来日している場合もあり、何度も家庭料理を味わった。京都の表看板が焼肉のお店でも、身内料理として、特別にお店の人が食べている韓国や朝鮮の家庭料理などを、いろんな種類小皿にいっぱい出していただいたりして、ごちそうになるが、これらはすべて裏メニュー。「安寿」という韓国おばんざいのお店があったがなくなってしまって残念。
そこで、学生時代から韓国からの留学生達のお気に入りのお店が、東山近衛の「よろずや」小さなお店なので、あまり紹介しないほうがいいかとも思ったが、決して韓国・朝鮮料理を無視しているわけではない。焼肉店は、過去にたくさん紹介している。一人で行くのは「プルコギ」家族と行くのは「高野のほどり」。店のスタッフと行くのは四条川端下がった「天壇」。この店も「韓国宮廷料理セット」がある。
個人的に、韓国・朝鮮料理は、友達の家で食べる方がおいしいきがする。コーチュジャンポックン。  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 00:20Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年05月21日

ホテルフジタ¥1500デザートバイキングが人気

京都の老舗のホテル「フジタ」。デザートバイキングが人気。
お一人¥1500.子供¥1000.幼児¥500

他に、和食の「水明」洋食の「ピエスデゥー」中華の「桂花林」共同で、お昼に牛肉でランチも人気。
詳しくは、HPで。http://www.fujita-kyoto.com/  


Posted by こやまあきゆき at 23:24Comments(0)スイーツ

2007年05月17日

「大正ロマン?おむら家が2号店二条駅の近くに」

「おむら屋」京大生だったら、もう皆知っているでしょう。百万遍から京阪・嵐電の出町柳駅までの道に向かうパチンコ店の並びに、町屋を少しレトロ調に入ったところにおくどさんなんか作って、カウンターには、おばんざいが器にいっぱい並び、とにかくメニューもどこか懐かしい感じ。
昨夜、中学生の娘2人と家内の4人で食事に行った。
奥の離れの2席の一つに陣取って、オカラコロッケ・ビフカツ・湯葉刺し・・・・・ビールは、京都限定1497生ビール。他に京北で作られている京都地ビールも2種類飲んだ。家内はお茶。娘たちは、カルピスとジンジャエール。
実は、休日は、家族または、娘と夕食に行くので、「おむらはうす」にオムライスを食べには、何度も行っていたし、「おむら家」が百万遍で工事中から覗いたりして楽しみにしていたけれど。小学生連れて行くのはどうかと思っていて、下の娘が中学生になったので、食事にと家族で行ったのだが、心配することもなかった。メニューが豊富で、子供たちもサラダ系や豆腐系を中心にいろいろ注文していたし、家内は、ビフカツなどなつかしメニューを次々注文していた。ホントは、「鍬の上で焼くスキヤキ」も注文したかったのだが、おばんざいをいっぱい注文したので、次回の楽しみに残しておく。ちなみにスキヤキも3種類と、すべての4種類ある。料理のほとんどは数百円。私の記憶では、ビフテキとスキヤキが千円代だった。上の娘はとろろごはん。下の娘は鮭茶漬けも食べてから、3つデザートも頼んだ。ちょっと注文しすぎだったと反省。一人3千円までで十分楽しめる。(これは、大食いの私のいる我が家の基準。実際はもっとリーズナブルでしょう)。2号店の「堀川御池店」は、御池から「神泉苑」の前を通って二条駅に向かう途中の南側。(おむらはうすは、金閣寺と、出町駅西へ1分の2軒)  


Posted by こやまあきゆき at 23:19Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2007年05月15日

「伝統の食文化を味わう」月間『京都』

私にとって、京都の料理を学ぶ上で1番の資料は、白川書院の『月間京都』である。
毎月の祭事を初め、実に詳しい。すでに6月号が、「心地よい宿の秘密」が店頭に並んでいるが、この本は、カナート洛北・ジュンク堂・新京極の紀伊国屋・アバンティー・丸山書店などでバックナンバーが置いてある。京都の日本料理の食文化に関心のある方は、5月号を買ってください。
日本料理の歴史が写真資料と一緒にくわしく紹介されています。
http://www.gekkan-kyoto.net/
社主の山岡さんにもかわいがっていただいてますが、平安女学院の理事長としても・クラシックなどの音楽家のサポートや石の不思議展などの企画など多忙な方ですが、「月間京都」は、長年のデーターがしっかり保存管理されているので、実に中身が濃い。おすすめです。  


Posted by こやまあきゆき at 23:17Comments(0)食文化

2007年05月15日

1番おいしい「松風」は?

一昨日、食べ歩きの女性と話していたときの事。
京都の御茶菓子で有名な「松風」で有名な、予約でないとなかなか買えない5軒のお店の「松風」を、主婦のグループで、すべて予約で同時に入手して、5種類の食べ比べをしたそうだ。
そこで、松風には2種類の系統があること。
味噌味と、中国納豆系のたとえば大徳寺納豆入りとかと比較した結果。
「松屋籐兵衛」の『大徳寺納豆を刻んで入っている松風』が最もおいしかった。との話を黙って聞いていて、思わず握手した。(握手の口実?)
実は、私にとっては、どのお店のも実においしい。
ただ、「松屋籐兵衛」は、縁続きのお店で、子供の頃から「松風といえば松屋籐兵衛」の味で育ったので、全体的に他のものは、甘すぎたりバランス的に少し違和感を感じてしまう。
これは、ある種お袋の味的感想で、フェアな感想ではない。でも、とてもうれしくなった。
前野さんは、絶対に毎日決まった量しか作らない。それ以上でも以下でもない。
毎日規則正しく、同じ作業の繰り返し。売れるからと量を増やす気だまったくない。
餡子なんかは、毎日同量なので、出来る数もまったく同じだそうで、それがこだわりの1っ品を、支えている。  


Posted by こやまあきゆき at 00:55Comments(0)和菓子

2007年05月12日

京都のヒマラヤ料理「HIMARAYA」

以前ネパール料理の「アニル」をご紹介しているが、以前この店のスタッフも勤められ、モンゴル音楽の演奏家でもある、麻衣子さんお勧めのお店が、「アニル」と並んでこの「HIMARAYA」。
ネパール・インド・チベット料理と書いてある。元々「アニル」と同じネパール人オーナーのお店だったそうだが、東京進出を機に京都は現場スタッフが独立されたそうだ。
くわしい裏事情まではわかりませんが、現場の料理などをつくっていたスッタフがそのまま独立するのはある意味理想的です。もっとそれぞれのやりたい料理などが出てくる可能性も高いので、発展的独立と思って皆さん是非食べに行きましょう。
「アニル」は特にお酒の好きな方向き。
「HIMARAYA」の頭のネパール・インド・チベットの関係ですが、本来中国とチベットも関係してくるはずです。ネパールは、インド料理とチベットの影響が強く。チベットの仏教は、モンゴルが受け入れました。モンゴル系の国は、モンゴル以外に中国の内モンゴル自治区・ロシアのカルムイック(ヨーロッパロシア内)やブリアート・オイラートなどもモンゴル系でチベット仏教徒が主です。宗教はその国の食文化にも大きな影響を与えています。
京都は、チベット・ネパール・インド・モンゴルすべてのお店が揃っているので食べ歩きながら歴史や文化を、感じてください。
  


Posted by こやまあきゆき at 01:12Comments(0)アジア・アフリカ料理

2007年05月12日

昆布飴の本物

実家の登り窯のあった泉涌寺の工房から、小学校に入った時、冨本憲吉先生がお祝いにと内弟子のグラークさんにお祝いを預けられたので、私は、背の高いグラークさんに肩車をしてもらって「第1日赤病院」の北の坂を下りていった。結局おもちゃ屋でドッジボールなどを買ってもらったのだが、この坂を下りるたびその時の事を思い出す。面白いもので、人間の記憶は、一度刻み込まれると場所と食べ物は、特に結びついて記憶されるようで、この坂を上る手前では、かならず「京屋のコロッケ」を買って、実家に向かう。逆にドッジボールの思い出に浸りながら坂を下りていくと、正面に飛び込んでくるのが1軒の「お昆布の専門店」。実は、このお店の私の大好物が「昆布飴」。これが、実に本物の味がするのだ。たまに似て非なる昆布飴を試しに買ってしまうと、間違いなく大変なショックを受ける。
この店の昆布飴は、噛んでいると少し奥歯に絡み付いて後で歯の掃除がひつようなのだが、日本古来の飴と昆布が合体した感じのこの飴を食べていると、頭が良くなったような(ホントは、黒い毛が増えてくるような)気がして、飴で健康をこんなに感じられるのはこれぐらいと思うほど。
(祇園に京野菜飴を売ってる店があるが、まだ食べてない)
1粒で両手を挙げて走りたくなるグリコキャラメルのご先祖かもと勝手に解釈している。  


Posted by こやまあきゆき at 00:56Comments(0)和菓子

2007年05月11日

竹の子最中

京都の長岡は、竹の子で有名ですが、この竹を、蜜などで下ごしらえしてから、料理に使う。

この甘い竹の子を最中に加えて食感を楽しむ。
この最中を作っているのは、長岡京市長岡2-28-40の
菓子処「喜久春」 電話 075-955-8016 FAX 075-955-8015
ラインナップは、
・竹の子が入って竹の子の形の「竹の子最中」
・竹の子の入った、羽二重餅の「筍餅」
・竹の子入りの焼菓子の「朝掘」
と、和菓子なのに『竹の子』にこだわっている。
実は、「さんじや」のクレープの「惣菜クレープ」のように、野菜や料理とお菓子のジョイントの甘さ控えめで楽しめるものが、私は大好きである。甘いスィーツはすべて好きだが、食べ過ぎるとしばらく甘いものが嫌になるときもあって、抹茶なんかを飲むとホットするのだが、ただ正直竹の子が餡の甘さで味がわかりにくい気もする。食感がいいので、他の甘さがもう少し控えめの方が竹の子が生きてくると思うのだが、一度お試しあれ。
  


Posted by こやまあきゆき at 00:40Comments(0)和菓子

2007年05月10日

京都のモンゴル餃子 爆裂

元田中のモンゴル料理「まるぼうず」が閉店して、残念に思っていたら、七条京阪北東角から数件北に、「モンゴル餃子」の専門店が、今年の3月に開店していた。もともと立命館大学の留学生だったそうで、中国内モンゴル自治区出身のモンゴル人馬さんの手作り餃子。
肉餃子5ケ¥390 野菜餃子5ケ¥390 他にちまき1ケ¥100 羊肉の餃子や羊の煮物も安い。
おまけに、生ビール中¥450 小¥350 中国ビール¥400 ソフトドリンク¥200ととにかく安い。

お持ち帰りもOK! 
お昼のセットは、水餃子5ケ・ご飯・スープ・サラダで¥630

おすすめは、餃子のほかに羊の煮込み。 これでビール飲んで馬さんのモンゴルの話も聞けるし、京阪で京都~大阪に移動する方。七条京阪は特急も止まるので、途中下車して、モンゴル気分を味わいましょう。「ジンギツハン」が飾ってある。(ちなみに、馬さんは、日本で羊の炒め物や焼肉をジンギツカンと読んでいるのを、来日したときしってショックを受けたそうだ。「ジンギツハン」は偉大な神様のような存在だからだ。しかし、日本人は、決して悪意ではなく、モンゴルの代表的な料理としての羊料理に、日本人が誰でもしっているモンゴル人の代表的英雄の「ジンギツハーン」を呼び名にしてしまった。彼女も最近その心情をようやく理解できるようになったようだ。
ところで、この店で特別に「馬乳酒」の系統のものを、特別にいただいた。カルピス系のもので、日本では、奈良で古代ミルク酒として作られている麹系の甘酸っぱい方のものだった。
一般的に、モンゴルでクミス(クムイス)と呼ばれている馬乳酒の方は、自然発酵でやや酸っぱい飲むヨーグルト系。京都の「玉乃光酒造」が牛乳から作っている。
  


Posted by こやまあきゆき at 23:49Comments(3)アジア・アフリカ料理

2007年05月05日

節句のお菓子は、高島屋?

昨日も、出町の「ふたば」の前は行列だった。
正直、節句のお菓子の有名どころは、どこもいっぱい。
どこからこんなに人が来るの?
ところで、以前デパチカを紹介したとき、「老舗と和菓子」は高島屋。「ケーキ・スィーツ」は大丸。食材は、「タベルト」と紹介したように、住み分けができているよう。当然和菓子と老舗の惣菜・幕の内などは、「高島屋」。京都の古い名店が名前を連ねている。
本来、ふたばも参加しているのだが、・・・・・  


Posted by こやまあきゆき at 00:16Comments(2)和菓子

2007年05月04日

500回記念京都の選抜食べ歩きワールド

フレンチ「レシャンドール」
イタリアン「イルギオットーネ」
ドイツ「リンデンバウム」
ロシア「キエフ」
中国「青宴」
タイ「エスニックカフェ」
スペイン「アントニオ」
ポルトガル「ボアボア」
スロベニア「ピカポロンツァ」
アゼルバイジャン「カスピアンキッチン」
トルコ「イスタンブールさらい」
インド「タージマハール」
バングラディッシュ「ベンガル湾」
ネパール「ヤク・イエッティ」
チベット「ランゼン」
ベトナム「スワン」
フィンランド「フィンランディアバー」
ガーナ「アンシャンティ」
スイス「プチシャーレ」
あ~書ききれない国際料理の都京都へようこそ。カテゴリーで地域別で紹介しているので調べてね。
  


Posted by こやまあきゆき at 00:12Comments(0)

2007年05月02日

京都の節句の柏餅の絶品は!

京都には、キラ星のごとくすばらしい和菓子のお店があります。とても私でも食べ切れていませんが、節句といえば「柏餅」ですね。
そこで、過去の食べ歩きの経験から小山晶之お勧め〉の絶品は、
「餡子入りの柏餅」は、出町の『ふたばの柏餅』
「白味噌仕立ての柏餅」は、南座玄関西側の、『祇園饅頭の柏餅』をおすすめします。
京都には、書ききれないおいしいお店がいっぱい。
やっぱり『食の都』だ!http://chienomiyako.kyo2.jp/
  


Posted by こやまあきゆき at 00:39Comments(0)和菓子