京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2013年03月22日

ワコールミュージアム

今日、私が一番行くべきでないミュージアムに行ってきました。

世界のワコールの歴史を展示しておられる「ワコールミュージアム」です。

正直、私みたいな小汚い中年おやじが、しかも「白いうどんミュージアム」のパーカーはともかくも

ママチャリで、小汚いオヤジが玄関前に着くと警備の方が怪しげな人物を監視されてる感じでした。

ところが、入ってみるとその方も丁寧に応対して下さり、文字通り美の象徴のスタッフの方も親切に応対して下さり、

一応ミュージアム館長であるので、上司の方を呼んでくださって、館内をご案内までしてくださいました。

穴があったら入りたいとはこんな事でしょうか。

会社の歴史資料ですので、積極的に公開されたり企画展をされたりはなされてないのです。

つまり、やはり場違い。しかし最後までみなさんが丁寧に対応してくださって、やはり世界のワコールです。

あるテレビ番組に、いろんなメーカーのものを集めて、プロが選ぶランキングを娘たちと見ていたことがあります。

ワコール以外の有名ブランドの方々が選んだ1番はワコールの製品でした。上位も軒並みワコールが占めてました。

そうなんですね。私には夢の世界ですが、やはり淑女のみなさんが行くところです。

竹田駅からバスに乗る「京セラ美術館」よ木屋町二条の「島津資料館」は皆さん是非行ってください。

あと本当に「考古資料館」の「伏見人形」とか稲森財団「京大映像アーカイブス」「京大博物館」「龍大ミュージアム」
広沢の池の桜から西の「佛教大学宗教ミュージアム」京都外大「10号館」「立命館大平和ミュージアム」今の間に行ってくださいね。

偶然にも近くに甘党のお店やカフェがおすすめがあります。「京セラ美術館」は向かいだと焼肉かも。

「ワコールミュージアム」が不思議。橋を渡ると飲み屋街が何故かあるのです。「喜兵衞」とか。4軒並びで。  


Posted by こやまあきゆき at 23:09Comments(0)ミュージアム

2013年03月18日

京セラ美術館は宝石箱

土砂降りの雨の中、本日の目的地「京セラ美術館」に行ってきました。

「The TeーWaZa」 京セラ春季特別展 京都金工の美
行くのは地下鉄と近鉄竹田駅から「パルスプラザ」前で降りるか、
京都駅八条口から「京都れくなんエキスプレス」に乗ると「京都パルスプラザ・京セラ前」直行です。

まず、立派な「京セラ」に入っていくと、左側の正面に受付があります。無料ですがここで受付。

展覧会は、「京都金工協同組合」の皆さんと京セラのコラボ作品も並んでいます。

世界企業の「京セラ」と「金工の匠」がどうコラボしているか?

例えば香楼の本体がファインセラミックで蓋部分が金工だったり。しかしまずその前に金工っていろんな世界があるんです。
型に流し込んだりする「鋳金ちゅうきん」。塊や板を打って成形する「鍛金たんきん」。彫っていく「彫金ちょうきん」金属とガラス質の釉などを流し込んで溶かしてガラス・エナメル質にする「七宝」。いろんな技法がわかるように紹介されています。

更にピカソなどの銅版画の技法や平山郁夫先生他の日本画コーナー。更に2階には陶磁器の歴史からガラスを使った技法までがわかりやすく並んでいます。

更に「京セラ」の幅広い世界を具体的に見ることができるので、ちょっと立ち寄ったぐらいでは時間がなかったです。
お隣に「パルスプラザ」があるので、食事の施設もあります。その並びに「天天有」発見。

もう一つ、今日は「城南宮」さんに行ってきました。近いでしょ。近鉄・地下鉄駅まで歩いても行ける距離です。
「京都から世界で高く評価された企業のミュージアム」
私は、木屋町二条の「島津資料館」も何度も行ってます。ここがいいのは周辺で食べる場所に不住しないことですね。
二条を東に行くと「赤垣屋」西に行くと地下の中国料理も絶品。昔のホテルフジタにあった中国料理店です。
河原町二条上がるとスィーツおすすめのベリーベリーカフェ。オーナーの居る店。下がると「アイリッシュパブ ノーム」
寺町まで行くとフレンチ「ブション」「そこまでにベルギー焼き菓子「Biscuiterie Destre'e 」があります。その先はスペイン&アジアンロード「ラマーサ」「アントニア」vs「カフェミューズ」「ジャポニカ」
「島津資料館」向かいにようこそ「がんこ」へ。「二条苑」。下がると「ロコ」漢字がないのでカタカナで書きましたが床のある和食。プロデユースしたのはあの「丁子屋」や「グランピエ」のオーナーですよ。高級なので、下がると名前書けないけど、老舗のインド料理店と大好きなカフェがあります。なぜ書けないかというと、メデイアにあまり取り上げて欲しくないそうです。つまりおすすめです。

「ミュージアム」あるところに美味しいものあります。やっぱり人が多いからね。
もうすぐどこも桜でごった返します。今のうちが落ち着いて散策できるチャンス。近所のお店もまだ空いています。

  


Posted by こやまあきゆき at 20:36Comments(0)ミュージアム

2013年03月13日

京都こんなに楽しい街なんです

自分が「うどんミュージアム」館長になったおかげで、京都中のミュージアムや施設をご挨拶回りしていて、改めて京都ってすごく面白い施設がいっぱいあるなって感じてます。

・「京大博物館」今日も見学の学生さんの団体が次々来てますが、私も何回も行って飽きないです。おまけに行ったら京大の食堂(レストラン・カフェ)みんないいです。それに周辺にもリーズナブルなお店がいっぱいあって天国です。学生が少ない今がチャンスです。

・「京大関係では稲森財団の荒神橋東側にある巨大な入りにくい施設。1階に無料で見学できる空間があります。映画なんか上映してたり。まず行ってみましょう。そのあとは南に下ってドイツ文化センターの「カフェミュラー」がおすすめ。橋を渡って法務局の西側下がった「鴨川カフェ」いいです。

・嵐山「時雨殿」から「オルゴール館」まではやっぱりいいです。嵐電の足湯。JR嵯峨駅の周りもいいです。「ローズカフェ」は5月また開きそうです。

・太秦大映通り「キネマミュージアム」14かOPEN

・南座がもうすぐ春の「南座ミュージアム」になります。

・龍谷大学仏教ミュージアムとてもいいです。「井筒風俗博物館」と行ってください。

・「野村美術館」と「泉屋博古館」どちらもかわいい展示です。超お勧めです。

・冬の旅非公開寺院終わります。お見逃しなく。同志社「寒梅館」南側に旧「花の寺」が特別公開です。

・堀川の人形の寺「宝鏡寺」と「茶道資料館」「楽美術館」回られるのもいいかも。

・「清水三年坂美術館」「幕末維新ミュージアム」と「京都府陶磁器会館」「河井寛次郎記念館」「近藤悠三記念館」
 ほかにも高台寺ほか同じエリアでもたくさんあります。
・宇治「源氏物語ミュージアム」近所の街がごちそうです。
・「伏見大倉月桂冠」「黄桜カッパカンパニー」周囲の商店街が素晴らしいです。「とりせい本店」も

・最後に疲れたら「うどんミュージアム」でお待ちしてます。  


Posted by こやまあきゆき at 22:51Comments(0)ミュージアム