京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年08月30日

西陣千本・北野・大将軍 こやまあきゆき がんばります

京都の市場といえば、「錦市場」か七本松の「中央市場」

ちょっとお待ちください。

京都の歴史を調べてみれば、南の錦市場に対して、北は北野辺りの商店街が中心でした。

通りに立ち売りでお店を出していたので、中立ち売り 上立ち売り 下立ち売りの名が残ってます

京都の食べ物所縁の地となると、小山晶之の出番です。

9月25日の天神さんの日に、皆さん北野商店街に来てください

なにかがはじまります  


Posted by こやまあきゆき at 01:09Comments(0)京都ふるさと食の再発見

2009年08月30日

フィゲラス・ヌラーニ・・新店続々

不景気というう方が多い中、京都の元気なお店は、まだまだ出店ラッシュ

インド料理「ヌラーニ」・「アジャンタ」続々出店

スペイン料理「フィゲラス」も京都駅ビルスバコに続いて新店OPEN なにやら唐辛子マークのピピンの姿が?

「ティオペペ」が「ペペ」を開いたのに、マニュエルさんは、銀閣寺道の1筋北の筋に「ティオペペ」で、独立。

ニューヨークダイニング「カラー」も、スタッフからオーナーに独立。

ある意味、これが最近の主流かもしれません。

会社として、好景気な時代に、店舗拡大しても、消費低迷ですべてを持ちきれなくなったこの時代。一流企業でも新しい事業を

起こす社内企業家に、新しい子会社的新事業を独立採算的に起こさせる。

もともと、飲食店でも、京都は家族経営の延長線的な会社が多いので、せっかく投資したしたお店をつぶすより、独立採算制

で、やってみろ!的独立。この手法昔私も使いました。

京都に4つの陶芸倶楽部を設立しましたが、スタッフはもともとの仲間たち。大きくなれば考え方の違いも出てくる。

それぞれ自分の担当を、責任もって独立させたら。私は自分が教えてる倶楽部を、私流で教えていくから。なんて。

ある意味、一人一人個性を重視して、人まねを好まない京都的手法かもしれません。決して、喧嘩別れでもないので。  


Posted by こやまあきゆき at 01:02Comments(0)京都グルメ情報資料

2009年08月30日

フレンチの「ピエスデゥ」で¥2500ランチ

最後の夏休みかもしれないが、家族4人で、ホテルフジタの「ピエスデゥー」で、フレンチのフルコースランチ¥2500をいただいた。
オードブルは、ムースにキャビアや季節の野菜をあしらったもの
スープかパスタは、前回かぼちゃのスープだったが、今日はコーンスープなので、生ハムとトマトのパスタを私はチョイス。
お魚はスズキがメインだが、野菜の付け合せが多かったので、家族は喜んでいた。メインはステーキのソースもお肉も良かった
家族的には、最近お肉を食べない魚党の娘たちだが、味が気に入って最後まできれいに完食。

デザートは、マンゴムース他が入ったココナッツミルクソースが、家族揃ってお気に入りだったが、次女のカエだけマンゴが苦手
最後は、私がいただきましたがコーヒー・紅茶も好評でした。

大澤 修 料理長 ごちそうさまでした。

スタッフの山下さんほか、みなさんありがという。
残念ながら、くいしんぼう仲間でもある福井支配人がご不在でしたが、また、おいしいもの食べに行きましょう。

9月のランチは、¥2000 ステーキランチ または お魚ランチ
          ¥2500 コスモスランチ フルコースランチ
          ¥3000シェフのおすすめランチは、帆立貝とエビとグリンピースのテリーヌサフランソース メスクラン添え
               本日のスープ さらだ
               メインはチョイス A オーストリア産牛フィレステーキ マルサラワインソース
                          B 桜鯛の菜の花バター焼きとズワイガニのグリエ
                          C 本日の料理長おすすめ料理
               本日のデザート コーヒー

更におすすめは、40周年記念プレススペシャルランチ ¥1970

           アミューズグール(小さな前菜)
           スープ サラダ
           ステーキカレーライス(伝説のフジタのカレーソース)
           季節のアイスクリーム コーヒー
               
夜は。¥4000 ¥5000 ¥6000 他

二条鴨川西詰め (三条京阪徒歩7分) 075-222-1511
  


Posted by こやまあきゆき at 00:46Comments(0)欧州料理

2009年08月27日

和食で宴会

先日、和食で20人程で宴会するのに、雰囲気があっておいしくて、夜¥6000位でもいけるとこ紹介してほしいとのお問い合わせが、ある程度交通も便利。立派な分陰気の方々でした。

そこで考えました。祇園・先斗町は置いといて・・・

・『北斎』・・・四条と三条の中間の縄手通り。今¥5000までの名物「御猟鋤鍋」の特別セットもあります。
        お昼は¥1260ランチ

・『貴匠桜』・・・松原東大路に強西入る。立派な酒屋さんがお店に。いまなら¥1000(60分)からフリードリンクもあります。
         ランチ¥1300から
         「ハモしゃぶコース」¥4000より  075-561-3939

もう少し予算が必要ですが、八坂通りと木屋町にいいお店が並んでいます。

参考までに

 『豆屋源三』二条下がる
  
 『鶴清』床』351-8518昼¥4800から 夜¥7500から 飲み物

 『燕楽』八坂通り075-533-6646 『活鱧コース』¥6000から 『おまかせ料理かも川』¥4000

 『京柿』八坂通り075-531-6600 『六波羅会席』¥7000から夜10&サービス料別  


Posted by こやまあきゆき at 13:43Comments(0)和食

2009年08月27日

帰ってきた3万円 明星タクシーさんに感謝

先日、近所のコンビにに立ち寄った時、3万円入れて簡易な封筒を落としました。

特徴的な事もすこししか書いてないので、帰ってこないと思っていました。コンビに確認した時には届出なし。(行き違いで連絡入るのですが)

一度落とさないようにと下賀茂神社前で確認したので、もしかしてその時かも、4日後下鴨署前を通った時、急にそう思えてきて
落とした日の事情、コンビにか神社前かと、封筒の形と共に届けました。するとなんと「これですね」と出てきました。

現金だけの入った、簡易な封筒を拾ってすぐ交番に届けてくださったのは、明星タクシーの運転手さん。コンビにの店員さんにも行ってくださっていたのですが、お店のスタッフの連絡が行く前の最初の入れ替わり直後に私が聞きに行ったために、忘れ物の記録にはなかったので、届いてませんといううことだったのです。

まずお礼のお電話をすると一般電話が着信拒否。やむなくお仕事先にご挨拶に。

こやまあきゆき、生涯3度目の落としたお金がそのまま帰ってきた瞬間。
実は、若い頃バイト代16万そのまま落とした時も、交番に拾って置いてありました。と電話。
亀岡で落とした財布は、園部の方だ地元警察に届けてくださいました。買える途中の自販機の前に落ちてた。

残念ながら、1度だけお給料袋そのまま落として警察に届けなかったのが1回。

人騒がせですみません。バイク2回・自転車1回。盗難。どちらもすぐに警察のかたが発見してくださいました。
夜な夜なの散策はほどほどにします。  


Posted by こやまあきゆき at 13:12Comments(0)こやまあきゆき

2009年08月25日

こやまあきゆきFM845に生出演26日2時半頃

教材研究所さんが出版してくださった「定番にしたい異国料理店」が、様々な新聞メディアに取り上げてくださる中、26日午後2時半頃、伏見を拠点に京都密着情報提供でも人気のFM845にこやまあきゆき生出演します。

http://www.fm-845.com/timetable/wed.html

是非聞いてください。

ところで、こやまあきゆきが今取り組んでいる京都のプロジェクトもご紹介します。

・30を超える食べ物を共通点として集まっている仲間たちとの楽しい時間。
 「京都くいしんぼうの会」事務局 財団法人「京都国際学生の家」(京大名誉教授 内海理事長) 
  代表世話人 吉村ハビ京大理学部教授 坂口(三菱電機)・中尾(元「苦胃辛抱の会事務局)・枝川(教材研究所)
 「くいしんぼう桃源郷」 伏見で学生時代をすごした仲間たち 
  立川(ウエスティン都)・松吉(北野天満宮)他
 「円遊会」円山公園「東観想でスタートした料理と陶芸の好きな仲間たち
  会長 井上ただよし関電OB(井上家は京都初の「也阿弥ホテル」を開いた。分家の常盤ホテルが現在のホテルオークラ)
 「シルクロードの会」シルクロードをテーマに「キエフ」で集う 主催「玉乃光酒造」&「キエフ」 
 ほかにも「バルカン会」「月読の会」たどキエフだけでもたくさんあります。

・「京都食文化研究会」
 世界の料理と文化に関心のある人々の情報交換の会。こやまあきゆき自身「民族芸術学会」で食文化が専門の会員です。
 事務局「いやいやえん」大槻一之 2階が輸入雑貨「キノキリム」川端清水町「いやいやえん」は京都1安くておいしいお店の 
 ひとつです。土曜日は大槻さんの手打ちそば。お昼も¥680ランチ着物姿の大槻夫人の手料理。

・「京都国際レストランネットワーク」京都の外国料理店を中心にした親睦組織。
 事務局はロシアレストラン「キエフ」 加藤美知世
 代表世話人 こやまあきゆき アゼルバイジャンレストラン「シャンディーズ」レザさん他
 資料コーナー「ホテルフジタ」ネットコーナー
 オブザーバー 約10店舗のインド料理店をサポートする永田力也さん 外国人労働者をサポートスル安澤さん他

・NPO「ふるさとテレビ」
 農林水産業にかかわる方々をはじめ、地域振興・ふるさと振興の全国組織 特別顧問 こやまあきゆき他
 京都の坂下支局長は、日経新聞文化事業部時代 「民芸運動」の中核メンバーと推進事業を担当。藤田観光を経て現在観光 会社社長。「10石舟関連プロジェクト」や「大宮商店街から高浜までの西のサバ街道プロジェクト」などに取り組む。

・「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」
 京都の優れた芸術・文化を紹介するホテル正面のギャラリー
 提唱・企画 こやまあきゆき 全面サポート ホテルフジタ福井三千男支配人

・「京つう」地域密着型ブログシステム
 「Jライン」が京都で始めた地域密着型ブログシステム
 現在全国に30以上の地域ブログが開かれ、ネットワークを形成
 藩レベルの地域のほうが、生活圏に共通性が高いと、府県単位より小さい地域密着型
 スタッフこぐまちゃんのすすめで、設立の初期からブログを開く
 ブログカフェで、「らくたび文庫」の若村さんら、京都の若手パイオニアたちと出会う

・「円山陶芸協会」こやまあきゆきが指導する陶芸組織
 京都では3000人以上がすでに学んだ。
 現在2つの高校で正規科目
 京都市公立小学校でも伝統産業体験に取り入れている学校もある
 生まれ育った登り窯のある 東山泉湧寺の「円山陶芸倶楽部」が現在の本拠地 顧問小山喜平京都芸大名誉教授
 姉妹クラブ
 上賀茂 西陶芸倶楽部・祇園八源久智作陶芸倶楽部・木村隆和敬陶芸教室 他

現在取り組んでいるプロジェクト

・「京都は世界の食の都」プロジェクト…京都の公的機関・国際交流関係と学校・宿泊施設・銀行・美容室などと連携して
 情報提供 構成は「京都くいしんぼうの会」(食べる人)・「国際レストランネットワーク」(作る人)・「京都食文化研究会」

・「商店街地域振興プロジェクト」…9月25日天神さんの日に前夜祭計画中

  


Posted by こやまあきゆき at 22:15Comments(0)定番にしたい異国料理店

2009年08月25日

沖縄&ジャマイカ「中川酒店」

久しぶりに「中川酒店」でジャマイカ飯や沖縄の「ゴーヤチャンプル」「ミミガー」などいただきました。
沖縄カクテルほか。ロイヤル北の「五十家」さんの上。
おいしかった。  


Posted by こやまあきゆき at 05:40Comments(0)アメリカ・オセアニア料理

2009年08月25日

ボストンシェーカー・NYダイニング「カラー」

あのボストンシェーカーでおしやれなカクテルを楽しんだ。
3人で¥2000ほどのお値段

いろんなライブも増えて若者のお店に変身

木屋町御池下がる。地下

パスタほか料理もある。もともと人気の和食「蜃気楼」の姉妹店。
現在は、独立。カウンターとテーブルなので。1人でもグループでもOK.  


Posted by こやまあきゆき at 05:36Comments(0)酒の楽しめる店

2009年08月25日

真夜中のスィーツNZ「グリーン」

今日は、久々ヨネチャン「とマッチャンの3人でニュージーランド「グリーン」へ。

5種類のスーツと、ミートパイ。ビール2本カクテル2.・・・など。

しめて3人で、¥7570

幸せのグリーンは四条縄手あがってすぐ














  


Posted by こやまあきゆき at 05:30Comments(0)スイーツ

2009年08月23日

銀閣寺のアイスキャンディ

昨夜、家族でどこに食べに行こうか?
と4人で話し合ったのですが、体調との関係でお肉系が2人パス。

実は、今けっこう私夏休みいただいているので、家庭料理満載の生活。

かえって食べすぎ。

結局あっさり素麺が1番と言うことになって、何故か薬味三昧の素麺が夕食。

おまけに、あっさりのはずが、肉団子とかも並んでいて。

食後にどこか出かけたい。でももう食べられない・・・・・

で、近所の「銀閣寺アイスキャンディ」へ。

ハワイの「ウリウリ」さんも行きたかったのですが、また食べたくなってしまう。

同じ理由で「そうげんカフェ」もデザートだけですまないので今日はパス。

家内は、「あずき入ってるの」「ムッチ」はフルーツ系カエと私はアイスクリンに似たソフト

さて、帰りに「マイケル」寄ろうと家内

「クリーム入ったドラヤキ買ってきて!」

「ジャージー牛のクリーム入りドラ」のこと。またまたついでに「ジャージー牛のアイス」とビール

更に100ショップで、三ツ屋サイダーなど20本購入

さて、私はビールと缶を開けてジョッキに注ぐとアワ90%(しっつかりいたずらで缶振られてた。

結局3本飲む。そうだ、アイスだ・・・・  


Posted by こやまあきゆき at 15:18Comments(0)スイーツ

2009年08月22日

アンソシエンテで美知世さんバースディ

スコットランドパブで有名な堀江さんお「アンソシエンテ」に京都国際レストランネットワーク事務局担当の加藤美知世さんのバースディに親しい仲間が集まった。

オーナーの堀江さんからシャンパンとケーキ
永田さんとナターシャ夫妻。&こやまあきゆき

永田さんは、10店舗以上の京都のインド料理店を指導する。
奥様のロシア出身のナターシャさんは、ロシアレストラン「キエフ」のスタッフ
つまりこやまあきゆきの同僚

その場に居合わせたお客様とも喜びを分かち合った。  


Posted by こやまあきゆき at 03:01Comments(0)欧州料理

2009年08月20日

深夜のスイーツ「カフェシエスタ」

京都外大スランス語のマッチャン。京産大ロシア語のタッチャン。そして京産大ドイツ語OBのこやまあきゆきの3人で、「カフェシエスタ」で深夜の創作スィーツやカクテルをいただいた。おいしい。

だいたい1品¥500なので、3人で¥3000台のリーズナブルさ。

おまけに、人形劇とスィーツのコラボライブがあった日。
一品¥500

すぐ気木屋町あ
  


Posted by こやまあきゆき at 00:24Comments(0)スイーツ

2009年08月19日

最近行けてない身内の飲み屋

あまりに忙しくって最近行けてない、自分の家帰った気分のリーズナブルで美味しい料理もあるお店達。

・「いやいやえん」大槻一之「キノキリム」の和の店 川端清水町サンクス一筋南 一品¥300から予算¥2000
・「ぐ」先斗町四条上った鴨川眺めながらなのに、焼き鳥2本位だけで生か焼酎でぐだぐだ まあ¥3000まで
・「老安記」¥400の水餃子が超うまいチンタオビールで四川料理を
・「ざっくばらん」熊野神社の捜索エスニックの草分け。いろいろ飲
・「Booz K」ウクレレ弾くコーチャンはお酒のプロ
・スペインバル「セサモ」山田さんの1品はとにかくおいしい。安いこれでいいのか?地下三条河原町一筋上る。
・ジャマイカ&沖縄『中川酒店』ここは、焼き野菜の『五十棲』さんとも仲良し
・モダン焼き『フジ』の荒川さんとは学生時代からお世話になりました。百万遍から北西へ「おむら家」の先
・「点龍」花見小路四条下がる魚ぶったギリ。定食あり
・「たれさい」格安和食、先斗町と木屋町の間の13番通路2階
・「エルラティーノ」と「ビクーニャ」ある意味ライバル?どっちも好きです。
・「ラスタ」ジャマイカレゲーのお店だった地下洞窟がビルの上にある『バルビル北の筋
・「藤野」東福寺の駅から北へ、おばんざいと美人ママ格安立ち飲み(椅子あり)
・「こすもす」北白川宝ヶ池橋南西。朝原さんと同志社陸上部で活躍したハードル選手、河野さんのお店 やや高級
・「まほろば」川端東鞍馬口北角、自家製・・酒?
・「しんご」先斗町四条上る「プラテロ」の上。魚食べよう
・「さる屋」川端今出川カフェ風夜バルにも
・「すみや」同僚、元フィゲラスやカプリチョース料理長 平山さんのアットホームなお店御前御池
・「アジャンタ」寺町四条下がった方と違って造形大西へバルもある
・「レバッテ」七条と室町にあるスペイン料理、カウンターで気楽にワインでも。
・「JYAMPAG」と「リコリコ」同じくスペインバル
・「パステル」ブラジルファーストフード『ビリー』の姉妹店
・「ハティハティ」「マタマタ」スマトラ出身のお店
・「ヴバラムジカ」アフロ酒場は天下一品本店の南側
・「バラクーダ」は山科西友前 深夜まで営業する太平洋スキューバー地帯のお店
・「シッツ・ゲッツ・サン」『マロニエ』画廊北路地東へ料理もエスニック
・「フィンランディアバー」世良さん又行きます
・「ウオッカバーなかにし」先斗町
  


Posted by こやまあきゆき at 00:11Comments(0)酒の楽しめる店

2009年08月18日

検索11万 京都くいしんぼう44万?

「京都くいしんぼうの会」ブログ
昨日は990件以上の検索数

すでに44万アクセスを突破しています。

ところで、わたくし「こやまあきゆき」を、ブログを書く前に検索すると10件もでてきませんでした。

今検索すると11万件以上

ところが、「定番にしたい異国料理店」は、発売して4ケ月にも満たないのに、12万件ほど出てきます。おそらく「異国」と「料理店」が含まれるテーマもあるからでしょうが、実は出版されてすぐの検索では、10件も出てこなかったのです。

もちろん、検索数上位から順に見ても教材研究所刊 こあまあきゆき著 「定番にしたい異国料理店」の事が書かれたものばかりならんでいます。この広がりってやっぱりすごいですね。

今、ブログやネットは社会を共有する証みたいになっています。

そえを、多様なメディアがサポートして、更に広がってるって本当にうれしいかぎりです。
造形大の前や北大路の「丸山書店」や「ジュンク堂」でも売り切れてました。
「大垣書店」や「紀伊国屋」さんでも追加・追加発注だとか。
出版に協力してくださったお店が200店舗もあり、特に「アンソシエンテ」の堀江さん「シャンディーズ」のレサさん「アシャンティー」のケンコフィー「ラマーサ」「ガジェガ」「エルフォゴン」の木下さん「サーガル」のラーマさん他レストランネットワークの仲間たちには特に感謝しています。

地域ブログ「Jライン」の「京つう」ブログや修学旅行生のガイドブックや「京都交通アクセスマップ」で有名な「教材研究所」そして「キエフ」や「フジタ」やNPO「ふるさとテレビ」更に財団法人「京都国際学生の家」や内海博司理事長「京都くいしんぼうの会』代表世話人の吉村ハヴィ(京大理学部教授)  


Posted by こやまあきゆき at 23:37Comments(1)くいしんぼうな人たち

2009年08月18日

毎日新聞「読書之森」藤田文亮様

『定番にしたい異国料理店』が、毎日新聞社の「読書之森」で、紹介されました。

本当に次々たくさんの方が紹介してくださったことを、感謝してくださいます。

1冊のご紹介に取り上げてくださった藤田様にも感謝します。

この本は、世界んも料理や文化を、京都の37軒で食べ歩いて理解していただく構成ですが、2年余りの間に500軒以上たべあるきながら煮詰めました。その経過をブログに書いていたお蔭で、修学旅行生のガイドブックで有名な「教材研究所」の皆さんが約2年間同行してお店の方との会話なども記録してくださいました。

本文は、ブログを編集したものが主体ですが、世界一周に今回しぼりました。

第2弾・第3弾は、またまたおもしろい構想で準備をすすめています。

この本のお蔭で、『京都国際レストランネットワーク』も正式に活動しはじまりした。

京都の商店街など地域振興にも外国料理店仲間といっしょに協力する事に

ホテル「フジタ」にも資料コーナーを設置し、おまけにホテル正面を「フジタ平安京ギャラリー」と名付けて

企画も担当しています。現在紫式部邸跡の「慮山寺」のご住職の南画と、木村隆先生の天目茶碗を飾っています

今日、FM放送に声の出演が決まりました。

ちょっと予告です。

東アジア・フレンチ&イタリアンを今回除外しているもう一つの理由があります。

これは、第2巻第3巻とも関係があります。

今回の京都のたべあるきは、世界を面で理解していただく本です。

今度は、縦軸、つまり西と東のしょくの歴史を縦に理解していただく本です。

  


Posted by こやまあきゆき at 18:35Comments(0)定番にしたい異国料理店

2009年08月18日

北野 みたらしや『千手堂』

錦市場と並んで、京の北の台所と呼ばれた「北野西陣商店街」

西には、妖怪ストリートで有名な「大将軍商店街」東には人気店が南北に並ぶ「千本商店街」

「ふれあい商店街」と名付けられたおしゃれな町の中心に『千手堂』がある。
みたらしのたれの味の上品なこと。

他にも人気のラインナップがずらり。「北野天満宮」の周囲に目が行きがちだったが、実は京都の元祖エスニック「カプリチョース」時代に、ここまで買出しに来ていた。相棒の笹沼が仕入れ担当。京都でもいいものが安いこの商店街まで、北白川から車で買出し。それでも業者仕入れより社員一人分の給料以上に安く仕入れられ、新鮮な商品をいつも安売りしていた。

ある意味、私の原点。ここを世界の食の都の拠点にしたい。今そんな熱い想いが出てきたいる。

http://www.mitarashiya-senjudo.com/  


Posted by こやまあきゆき at 18:21Comments(0)和菓子

2009年08月17日

丸九 小山園の抹茶ロールと焙じ茶ソフト

抹茶で、実績のある小山園丸九のカフェが伊勢丹に続きオープンしたのは昨年。

今日、前を通ったので、有名な薄茶と店でしか食べられたい抹茶ロールをいただいた。

おししい。

7種のお茶が楽しめるセットも買って、帰ろうとしたが。

レジ前にある焙じ茶ソフトが気になってまたソフトを注文。

どことなく、むかしのはったい粉(麦こがし)の味を想いだす。

上品なくつろぎのお店。

ごちです。  


Posted by こやまあきゆき at 01:03Comments(0)スイーツ

2009年08月14日

浜松の鰻の白焼き

鰻のなかで、私が個人的に一番好きなのが、浜松の白焼き

記家内が静岡生まれで、静岡出身のお母さんの兄弟が浜松で鰻を扱っている。
毎年夏になると白焼きが届く。

こればっかりは、実にうまい。

夜帰ると、白焼きてんこ盛りの鰻丼。

ご飯は下に少し。

今日、昼、まだ白焼きあるけど?

といわれたが、とにかく夜ご飯にと。

朝ごはんは、イワシ・トマトジュース

昼は、芋コロッケとお茶漬け

キエフのまかないは、トマト・ハム・キノコ類や野菜が豊富な冷製パスタ

夜は、鰻でしょうか?

八坂神社南門真っ直ぐ下がる

石塀小路入り口ちかくに、くつろぎの「C/SHIMOGAWARA」がある。

ジェリーズパイやNYチーズケーキやピタパンなど世界の味があるのは、オーナーが京都でがんばっている外国人オーナーたちと仲良く。彼らと提携しているから。

1軒で、いろんな味が楽しめます。

今日、一緒にビールで乾杯しました。

『京都は世界の食のやね』
  


Posted by こやまあきゆき at 23:23Comments(0)和食

2009年08月13日

¥400の北海道「てうれラーメン」のコーンバター

「東急ホテル中国飯店(当時)」社長 丁さん
「世界の民族料理 パピルス料理店」社長 笹沼
「中国現代史 某有名大学教授 稔」
「謎の高等遊民 奥様はドイツ高官 K」

私が20代後半一つの飲み歩きコースが

川端東鞍馬口「まほろば」で、和田さんのウンチクを聞きながら、自家製???をいただく。

「最後の仕上げだ!」と誰かが叫ぶと当時平均年齢45歳くらいの男たちは、ハイテンションのまま

東鞍馬口の高原通りと北白川の間にある「ていれラーメン」に大移動。

私はもっぱら「バターラーメン大 コーンプラス」と奥様が皮から作る餃子

なにしろ格安

ラーメン各種¥400

トッピング¥100

餃子を誰かが頼むと、焼いてる間に、奥様が皮をこね始める。

餃子ラーメンもある。

この店、あるとき巨大な冷房が壊れた。

以来うちわ。

暑い夜。汗かき、熱いラーメンを、うちわ扇ぎながら食す

昨夜は、家内コーンバター並 私コーンバター大盛り 娘 醤油コーン大盛り プラス家内が餃子(私と娘各1おすそわけ)

ラーメン食べるとき、スープ全部飲み干す習慣やめたら?と毎回家内にしかられる

しかしこの日2人とも最後に私の前にお鉢を置く

たっぷり入ったコーンが底の沈んだので、もやし等野菜も多かったので食べ残している

やむなく、すでに底まで完食している私が2人の鉢の汁をあらかた飲み干す

底にたまったコーンが見えた

2人黙々とコーンを平らげる

3つの空っぽのお鉢

「ゴチソウサマー」

来る時は気持ちよく3人で造形大前の坂を下った

帰る時 何故か私だけお腹が重いせいか置いてきぼり

「丸山書店で待ってるし」・・・・置いていかれた


   


Posted by こやまあきゆき at 23:01Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2009年08月11日

こやまあきゆき陰陽師と出会う

「キエフ」にすなばしいお客様が来られた。

陰陽師 嶋田秋成さん
http://ameblo.jp/akas-onmyouji/entrylist.html

せっかくなので、いろいろお話を伺ったが話が尽きず。「らくたび文庫」の岩村さんとも交流があるそうなので、京都案内人の岩村さんにまた詳しくお伺いするとして、圧巻のHPを紹介します。

活動の拠点は秘密。興味のある方はブログ参照。

ところで、もうすぐ「大文字」

「大谷祖廟」では「万灯会」が3日間
16日は、いよいよ大文字。

「キエフ」の大文字セット¥5000は3ヶ月前に満席。
しかし、当日予報通り快晴なら、全員屋上に居られるので、70名当日席あります。(ただし半分はこちらも予約済)

6階でコースと2時間飲み放題で8時から屋上で「大」「妙法」「万灯会」に想いをを込めての最高の時間。

尚、翌8月17日はビル定期検査のため定休日です。


  


Posted by こやまあきゆき at 21:08Comments(1)こやまあきゆき

2009年08月11日

鵺(ぬえ)に新島先生の奥様は似ていた?

烏丸通りから寺町まで、四条通りを一筋下がった綾小路通りの店舗を、再チェックしながら散歩していると、「神明神社」の前を通った。文子天満宮も祭られているこの神社。約850年前の平安末期の近衛帝が皇居としても使われた藤原忠通屋敷跡。邸内の鎮守あれt社の「神明神社」と書かれている。

この祠に祭られているのが、頭が猿・尾は蛇・手足は虎。「鵺」と呼ばれた怪獣。
これを退治した源三位頼政。この時の二本のやじりが宝物。

この「鵺」最近のNHKの番組で紹介されたのを偶然2度も見た。
番組は、同志社の創業者新島譲夫人が、当時「鵺」と呼ばれたほどの女傑。
最後は、「同志社の母」として卒業生に慕われる方だが、幕末会津藩の最後の戦いに最新式スペンサー銃で最後まで戦い、明治になると京都で新島夫人として同志社創立をサポート。更に夫他界のあとは、日赤の従軍看護婦として従軍、晩年は茶道教師として指導に当ると紹介されていた。

そんなこんなで、「鵺」は妖怪や怪獣よりも、多彩な顔を持ったキャリアの象徴の私の中ではイメージされた。「鵺」を退治した話と、「菅原道真公」を祭る信託を受けた文子天満宮が祭られている祠。

私には、時代を救った女性キャリアを祭った祠に思えた。

鵺退治の説明を読みながら綾小路通りを歩くと、ちょっと立ち寄りたい天麩羅屋さんや鱧料理店、新しい大型海鮮居酒屋さんなどの大漁旗を眺めながら、今でも戦ってる人たちがいるおかげで、美味しいものをいただいているんだなあと思いながらの綾小路散策だった。  


Posted by こやまあきゆき at 20:55Comments(0)こやまあきゆき

2009年08月11日

KOKON KARASUMA

今日は、四条烏丸下がった、精華大のショップ「shin-bi」まで散歩。午前中は一乗寺の「啓文社」にも立ち寄った。

『京都シネマ』の情報収集などでおしゃれ空間でしばしの快適時間。

このビルの地下には、祇園本店に何度か寄せていただいた創作寿司の「aida」や一乗寺本店にしばしば寄るラーメン「天天有」のライセンス店。(おしゃれな赤と黒)カラフル点心の「老香港酒家京都」やイングリッシュパブ「HUG」他、洗練された食空間になっている。

「aida」に初めて行ったのは、柳井さんと祇園甲部の舞妓さん他数名で祇園をハシゴしたあと、最後が「aida」の創作寿司でした。なぜかメキシコビールを飲んだ記憶までしかなく。後日「キエフ」に「aida」のご主人がこられた時に、箭内さんに「この前最後に行った「aida」覚えてるか?と聞かれて「あの祇園新橋のおしゃれで真っ赤な御鮨屋さん」と答えたら、「色が違うけど」とやんわり・・・

このフロアー。最近京都になくなりかかっていた大人の空間ですね!  


Posted by こやまあきゆき at 18:29Comments(0)京都グルメ情報資料

2009年08月09日

陶器祭りはそばでした。

蕎麦大好きの「ホテルフジタ」の福井支配人と、連日の五条坂の陶器祭りに行きました。

北側の「清水五条」駅を出ると、若狭の水産物も扱っている「近幸」さん。京都では有名な鮮魚と仕出のお店。私の母方の祖母の花子おばあちゃんの生家です。

おいしいものいっぱいあるので覗いてください。

お茶は、「ダイコク薬局」「100円ショップ」「サークルK」が、並んでいるので、1本キープしたほうが、炎天下にいいでしょう。

どれもこやま御用達ですが、「サークルK」は、近所にある酒屋の「湊屋」さんの経営。「キエフ」にキリンビールを配達してくれています。

「ダイコク薬局」は、以前はこの店で。今は四条河原町下がったお店で、ビヤガーデンの「充実野菜」を。箱買いしてます。

この日、五条坂の蕎麦屋さんは行列でした。そこでお寿司屋さんにも蕎麦があるので、そこで「ざる」と鉄火巻きをいただきました。この期間意外と閉めてる飲食店も多いのです。  


Posted by こやまあきゆき at 17:42Comments(0)寿司

2009年08月07日

五条の陶器祭りで何食べる?

五条の陶器祭りが始まりました。

若い頃、私も参加していました。

いつも困ったのは食事。真ん中の蕎麦屋さんかラーメン屋さんか?

五条坂には、学生時代に行った「ひのき」というう喫茶店があります。

五条坂上ると新しいお蕎麦屋さん。消防署まで行くと「スマイルバーガー」と

様々な国のお惣菜を店内でも食べられる「デリ」があります。

正面通りまで下がると、ネパール料理「マチャプチャレ」

もちろん七条にはスペイン料理「レバンテ」

馬町の角にあたらしいエスニックなカフェ

今日は、南の東から10軒目位の岡田さんや森里さんのお店を覗きました。

明日も昼頃行きます。  


Posted by こやまあきゆき at 23:36Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年08月06日

こやまあきゆき健康診断

こやまあきゆき
定期健康診断を受けました。

診断結果はまだこれからですが、いつもどこでも先生に指摘されるのは、「もう少し外食を減らせませんか?」というう注意。

食べすぎが心配です。

ただ、これまでやや血圧が高いめですが、基本的に標準の範囲内。

働いて、エネ1ルギー消耗しているのと、野菜が以上に多い。

今日のまかない、初めて半分持って買えることにしました。

108歳まで生きるつもりなので、しっかり健康的に食べます。  


Posted by こやまあきゆき at 23:48Comments(0)こやまあきゆき

2009年08月05日

羽束師の「伏見」でランチ

運転免許書の事で、羽束師の京都府警運転免許試験場まで来た。

紛失による再発行。

申し込みが終了すると2時間待ち。

ふらりと外に出ると「お食事処 伏見」
他に2軒の喫茶店。

以前は喫茶店で食事した。

で、今回は蕎麦の看板に、体が勝手に入っていた。
「ざる」か「にしんそば」と思っていたのに、大きなお店なので、食券を買うシステム。
おなかが空いていたので、何故か「カツカレー下さい!」と勝手にお腹が喋った。

「気持ちは蕎麦なのに・・・」

結局「カツカレー」の後に「にしんそば」と注文した時、よくある「食後のドリンクは¥200です」と手書きポップ。

「後で珈琲」と口が喋った。

普通の人間は脳で考えて喋る。

私の場合は、胃袋が勝手に喋る。

今日通りすがりに「台湾屋台ラーメン」とか、気になるお店複数発見。

久我散策した、こやまあきゆきでした。

情報
スペイン料理「アントニオ」さんの隣のすばらしい家具が並ぶ「やまかわ」さんが、食べられるお店になりまhした。

また、今日、百万遍から出町に抜ける「モダン焼き」 フジ」の荒川さんと再会。
「エスニックモダン」「シチューモダン」「ガーリックモダン」など100種類以上のメニューがあるお店。
昔弟分だった、タイのシリキャット(現在 アメリカベル研)がバイトしていたお店。もう一人のハビとも食べに行った。

この店の超特大は、グループで1枚で満足のボリューム。  


Posted by こやまあきゆき at 00:34Comments(0)食堂・日常の和洋中華

2009年08月05日

フジタホテル「ピエスデゥー」でランチ

私がお世話が朝お世話になっている、ホテルフジタのレストラン「ピエスデゥー」で、大澤料理長おすすめの、ランチ「ひまわり」をいただいた。¥2500.ランチは¥2000からいくつかの種類があり、角倉了以宅跡の、「夷川邸」や壮大な風景を構成する滝壷の鯉を眺めながら、「京都市工業試験場」の陶磁器研修科時代の、釉薬の恩師 木村 隆 先生ご夫妻との会食だった。先生の奥様は、実に素敵な方。先生は、油滴天目で有名。

今回私が、フジタホテルの福井支配人と企画している、「フジタ平安京ギャラリー」の正面に、紫式部邸跡の「魯山寺」のご住職の町田泰宣先生の南画のすばらhしい作品3点と木村先生の天目茶碗が展示されている。

先月は、上賀茂神社所縁の、真多呂人形の京滋地区代表の桜井先生のご協力で、「祇園会」の屏風を、岡本さんの陶芸作品と、展示させていただいた。

木村先生とは、福井県の「きのこの森陶芸館」設立の時や、祇園郵便局を開いた祇園の酒店の「八源」(現在陶芸倶楽部とギャラリー・煎茶・抹茶などのお稽古場もある)をいっしょにホームグランドとして活動した、恩師であると同時に同志でもある。

先生は、現在「相国寺」北側の「和敬学園」でも陶芸指導をしておられる。
まったくお酒を飲まない先生は、何度も御茶屋遊びやコンパにも笑顔で参加してくださった。ウーロンだけで楽しんでくださる先生。割り勘負けばかりでごめんなさい。

この日は皆お水でがんばった。最後のミルクティーで乾杯。
お料理には、太刀魚やステーキ他のコース。もうすぐ家族4人で又来る予定です。
みなさんよろしく。

ちなみに、地下には¥1000ランチの「ゆい」他お昼も夜のビヤガーデンもありますが、ランチはいいです。
  


Posted by こやまあきゆき at 00:12Comments(0)京都のホテル

2009年08月02日

夏のおすすめ

アフリカガーナ出身のケンコフィーさんのお店「アシャンティ」
暑さを感じる季節dあかあこす、おすすめは「ワニ&なぜかダチョウ」
西京極駅の駐輪場の前です。四条河原町から15分です。

夜のみ。  


Posted by こやまあきゆき at 23:49Comments(0)アジア・アフリカ料理

2009年08月01日

夏のごちそう

夏もうすぐ梅雨明けです。て

心配した私のいるロシアレストラン「キエフ」ビヤガーデン。
昨年は不景気のお蔭で、一昨年の200%の人気でした。空梅雨の御蔭です。

しかし、今年は雨で半分休業業態。
ですが、毎日予約が50から60近く入ります。
今日も満席予約ストップ。

そして、今月末までの集計で、過去最高を記録しました。
実は、7ヶ月間ほとんど毎月昨年を越えています。
原因は、何といってもリピーターの多さです。
ビヤガーデン今期3回目・4回目がおられます。

ビールが飲めない方でも100%マンゴジュース・パインジュース・野菜ジュース黄色と緑・・・
少しウオッカサワーで割ってマンゴサワー・パインサワー・ワーロンハイ・梅サワーなどなど。
更にビールは、「一番搾り限定」は行くべし。  


Posted by こやまあきゆき at 01:21Comments(0)京都でデート