京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2011年09月30日

京都北西部の外国料理店

京都国際レストランネットワーク2周年報告書を持って、カウニスマーラーの後、アメリカケイジヤン料理宝ヶ池のホンキートンク バリスィーツのバリガシ タイ料理チャンノイ ロシアンカフェバーバチカ タイ語のぶっとうからきたカフェノイナーは、鴨川に面した超人気カフェ 新しいメンバーのネパール料理ハムロキッチン 洛北高校前のブラジルカフェ カフェジーニョに行きました。北部で昨夜行けなかったのは、新しい仲間インド料理ガネーシャ 大将軍のインド料理ヌラーニとノートルダムから北の夜のイルミネーションが綺麗なインド料理チャンダル 後天神川のスロベニア料理ピカポロンツァ 梅津のデンマークカフェKyardです。

中心部は
バリタイ料理楽園アジア ベトナム料理ティェム アン フォーン ヴィェット 
仙台へ巨大パエリア作りの準備中だったのが、不死鳥 ラマーサ、エルフォゴン、ガジェガ、フイゴの総帥木下さん 更にスペイン料理アントニオ
深夜にペルシャ料理シャンディズからスタートして、スペイン料理セサモ 沖縄屋台なかぐぅあ酒店 インドネシア料理サマサマ ブラジル料理パステル インドネシア料理ハティハティ アラビア料理ザムザム ブラジル料理エステレーラ メキシコ料理エルコヨーテ スペイン料理ガジェガ アイリッシュバブゲイル ロシア料理キエフ 多国籍パブシークス ニュージーランドカフェグリーン インドネシア料理バリバリインドネシア スペイン料理フィゲラス メキシコ料理エルラッティーノ メキシコ料理レイナでレイナ メキシコ食材ワールドトレーディング リンデンバウム 最後に下鴨のスコットランドパブ堀江さんのお店  


Posted by こやまあきゆき at 20:23Comments(0)

2011年09月30日

大阪船場センター地下米平で握りセット

輸入品がならぶ、船場センターで昼食に地下に降りる。
400円からランチ 夜にもう一度来たい店ばかり。

握りとうどんか蕎麦で
880円で

正直、名前ではいりました。  


Posted by こやまあきゆき at 13:37Comments(0)京都近県「大阪情報」

2011年09月29日

今、フィンランドカフェでお茶してます。

宝ヶ池のフィンランドカフェ カウニスマーラーが新店舗に移転してもうすぐ3ヶ月。
まだまだ場所がわからないとの声。
宝ヶ池の地下鉄駅から西へ、ホームセンターコーナンの駐車場のふカフェを西へ入ると、フィンランド国旗が書かれきれいなお店。店内にはかわいいフィンランド雑貨がならんでいる。

いつものハーブティーを頂く。

今日は、京都国際レストラン2周年の報告書を配布し始めた初日。
クーシン ビレッジ ビバラムジカ ベリーベリーカフェ セカンドハウス インドアジアン タケリアパチャンガ 白川書院 そしてカウニスマーラー

この後ホンキートンク チャンノイ バリガシなど何軒回れるか?  


Posted by こやまあきゆき at 14:33Comments(0)カフェにて

2011年09月28日

京都国際レストランネットワークまもなく3年

2009年11月11日世界平和の日に結成されまもなくまる2年。
メンバーも200店舗になろうとしている。

最近の新入会を改めて紹介すると
「カフェエルゴ」・・・フレンチカフェ 鴨川沿いの「カフェ・リュ・エルゴ」が、本店だった「フレンチのエルゴビバームス」の移転して、カジュアルナカフェになった。

「ラバロッカ」・・・ベルベル人のオーナーが作るモロッコ料理店。ベルギーから転居

「SAMASAMA」・・「ハティハティ」の姉妹店。以前本店の並びにあった。インドネシア料理

「アムロキッチン」・・・ネパール料理「ヤク&イエッティ」の親戚

「ガネーシャ」・・・・・金閣寺の人気インド料理店

「ZAMUZAMU」・・アラブ地中海料理店 「シャンディーズ」の姉妹店  


Posted by こやまあきゆき at 14:18Comments(0)京都国際レストランネットワーク

2011年09月27日

京都白川古川町横の喫茶feカフっさ

今日、くいしんぼう仲間の歩ちゃんが、古川町から東大路に抜けるところにある隠れ家的カフ 喫茶 その名も喫茶fe カフェっさ   わかりますか?
喫茶店店でもあり、カフェでもあり。

この感覚、私すごくわかるんです。

京都国際レストランネットワークには、京都の世界のカフェネットワークがあります。メンバーの選定に当たっては、京都の喫茶店組織に入っているお店は、皆さん名店ですが、カフェと呼ぶと失礼になります。逆にカフェに、喫茶店と呼ぶのもしっくりこない。けっきょく、こだわってる部分が違います。

あたしが、このブログの始めの頃に書いた、三条河原町にあった伝説の喫茶店コニーアイランド。このお店の創業者が、上記のカフェの創業者の祖父にあたります。やがて初代は、伝説の名店 六曜社を設立。やがて地下のお店は、ミュージシャンでもある、二代目に譲られ、初代のお店は上に引っ越し。地下は、二代目に。自家焙煎珈琲で名声は、不動に。

更に3代目が、スィーツなどで新たな世界。
今日は、そのこだわりいだきました。  


Posted by こやまあきゆき at 22:52Comments(0)カフェにて

2011年09月27日

エスニック屋台続々

外国を旅したとき、やはり気になるのが屋台。
食べでも大丈夫?と心配する人もいるが、最近屋台気分で楽しめる世界の料理店が
京都にも増えて人気になっている。その代表格がタイ屋台パクチー。河原町丸太町本店で、京都はランチした。
580円のタイ麺。透明感のあるお米の麺。こくのあるチキンスープ他のランチが、辛さ表示されている中で、これだけは辛くない。横に酢に唐辛子入りとか、色々な調味料が置いてあって、自分好みにできる。タイの調味料も買えるので、気に入ったら自宅用にどうぞ。ただし、唐辛子入りお酢は自家製。あなたも作ってね。
三条さ置いてあって御幸町の姉妹店もよろしく。
本格的ベトナム料理をランチタイムだけ、表の屋台で販売しているのが、姉小路烏丸西いるで、店頭販売しておいるのが、la papaye verte 中でも食べられる、忙しいオフィス街ならでわのサービス。
同じく、京都市役所西にある、レコードも奥で買え、上の階にはレコーディングスタジオがあるJAPONICA。
昼時、ミュージシャン達も集い、タイカレー弁当を初めて見たのはここだった。

沖縄 ジャマイカ屋台が、恵比寿橋女子会通りにある。なかぐぅあ酒店。店までの通路も席になっていて、屋台メニューもある。私は、いつも書いているように、ソーキ蕎麦を食べにいく。
三条木屋町を京都国際タウンと呼ぶのも、ブラジルファーストフードパステルや、レバノンアラビア料理ZAMZAMでも1品500から
1000代でもOK!
日本風屋台は、吉田山北登別口や出町の橋のラーメン屋がのこっているが、メキシカンのタケリアパチャンガ ハミキャバブなど楽しんで欲しい。  


Posted by こやまあきゆき at 18:54Comments(0)地球を旅する

2011年09月27日

キルフェボンタルトに負けません

京都のお気に入りスィーツは、左側のスィーツをクリックすると、これまでにも書いている。
中でも恵比寿橋女子会通りの木屋町の角にあるキルフェボン、私的にもいち押しの一つ。

しかし先日、それを上回る2つのタルトを食べた。
一つは、高3の長女が初めて出きた?ボーイフレンド?らしき男の子の為に徹夜で作った金時タルト。
夜中に帰ってきた私が試食する事に。すっかりタルトで買収された。プレゼントや家族の分以外を、少しずつ切って食べていると、高2の次女が お姉ちゃんあんまり食べてへんから残しといて!と、叱られた。
翌日も、キルフェボンの前を通って季節限定を見たが、長女の愛情たっぷりタルトが頭に浮かんで、金時タルトもう少し食べたかった。と想っていたら、シャンディズの金曜夜のスタッフのアイリちゃんが3時頃登場。香川県行ったので、美味しい鳴門金時タルト買って来ました。!?
ありがとうだけ言って、イラン人シェフあらしと食べていたら、美味しいを連発する嵐に対して、私が無表情だったせいか、こやまさんタルト嫌いですか?と、心配した顔で聞かれた。私もついに白状して、あまりの偶然に、うれしいやら不思議やら。
夜、帰ると、更に長女が、
タルトまずかった?と聞いてくる。
ムッチャ美味しいから、全部食べかけたら、カエに怒られた。と言ったら、よかった。残りパパに残したんねん。と、冷蔵庫からタルトが。全部食べると思ったのに、食べへんからまずかったと思ったと。
その後、ママからまだ高校生やから、よく考えて付き合いなさいと注意された話。で、パパはどう思う? 
我が家の家族は、本当に家から出たがらない。家内と3人で女子校のノリ。共学なのに友達も女の子の溜まり場。
パパに相談してくれるのもいまのうち。
とはいえ、今日も4人共家にいた。家内が古本屋で10
冊1000円で買ってきた黒鷺死体宅配便というコミックを10巻読み切り、グラタンの夕食下鴨神社の
御手洗団子。やっぱり、家族や仲間の愛情には勝てません。  


Posted by こやまあきゆき at 02:42Comments(0)子供と家族で

2011年09月27日

金閣寺近くのインド料理 ガネーシャ

ランチで、金閣寺と平野神社のインド料理店ガネーシャに行きました。
タンドリー付きの一番高い1050円のランチを注文。アメリカ帰りと勘違いするイケメンインド人と素敵な日本人?女性。待ちが出る人気。
西にもネパール インドなどの料理店が増えてきました。少し路地に入った店も含めて西大路だけで6店舗。
嬉しい事に、こちらの人気店も京都国際レストランネットワークの仲間に。
私が大好きな、サーガルに近いメニュー構成。サーガルは、大盛。こちらは、その日のお薦めと自分が食べたいものと少なめで品数派。女子大生らしきグループなど満席。
インド料理は、ヘルシーで安い健康食なのでもっと行ってね。
ちなみに、西大路辺りには他にヌラーニ ラジュ ナマステタージマハルがあります。ラジュは、バングラデシュ系ナマステタージマハルは、全員ネパール人。ネパールには、インド系とチベット モンゴルと共通する文化があるのですが、ナマステは、インド料理とネパール料理を別々に出しています。ラジュをバングラデシュ系と書いたのは、ヒンデゥー系仏教系は、牛を食べず、イスラム系は豚を食べないのと、南部のドラビダ系にベジタリアンが多いねので、ガネーシャで、ベジタリアンコースとノンベジタリアンコースに分けてあります。ベジタリアンコースは、ダィエット食にもなるので、これめ人気。ナン美味しいです。  


Posted by こやまあきゆき at 00:30Comments(0)アジア・アフリカ料理

2011年09月25日

ジュンク堂京都BALに定番にしたい異国料理店あります。

新京極の紀伊国屋書店で売り切れになった 京都の外国料理店50年の歴史と200
店舗の学生が利用しやすいお店情報を網羅した、教材研究所出版の本は、河原町六角下がるのファッションビル 京都BALビル内 ジュンク堂の世界の料理書コーナーにあります。尚、カラーページでは、アフリカ料理アシャンティのみ閉店。
場所などの移転が数店舗。  


Posted by こやまあきゆき at 21:56Comments(0)定番にしたい異国料理店

2011年09月25日

デートは炙りもち派 あんみつ派? 

今おすすめのデートコース
大徳寺から今宮神社にお参りして、炙りもちを頂く。
井戸がある古い方がしっかり焼いていて、面影がある。
私が、デートにお薦めするのは、反対の道側。作りが全体的に新しく、炙りもちの焼きが気持ちあまい。有る意味2人っきりでいるだけで幸せな2人には、自然体で食べてしまうこちらの方が手が止まらない。お茶も急須で出てくるので、話が弾んで喉が渇いても、緊張して餅が喉に詰まりそうになっても安心。
おまけに、もうこのまま離れたくないと思ったら、船岡山に登って、平安京を開いた都人の気分になるのも悪くない。2人っきりならどこでも住めば都。

繁華街から出発する人、昼からだったらロシアレストランキエフで、まずランチ。食後にお店の人に断ってから屋上へ、絶景です。白川で舞妓さんが拝んでいる辰巳神社。花見小路から八坂神社を抜けて円山公園の池の橋を渡り突き当たりの料亭いそべさんの横の階段を右に上がると、東観荘也阿弥 京都で最初の洋式ホテル 也阿弥ホテルが建った所。也阿弥の庭園には、たくさんの小山晶之の陶芸のオブジェが飾られています。その横に紅葉庵があります。秋には入れない人気店。お薦めはあんみつ。更に話が弾んだら将軍塚まであがる坂の途中に、歴女が喜ぶすごい建物が二カ所。
左阿弥 料亭です
、昔、京都の街を上から見て描いた絵を描いた場所。もう一つが、安養寺 法然上人 親鸞聖人が、 修行され  


Posted by こやまあきゆき at 15:52Comments(0)京都でデート

2011年09月25日

エスニックが1000円から3000円?

カスピ海料理シャンディズに、昨夜もたくさんの外国から来られたらグループが食事に来られた。
8人ぐらいだと、一人1000円から3000円までがお料理代
一つのグループは、今週4回目 イランやマレーシアのハラル食が来店の理由かもされないが、毎月こられるグループは、欧米各国の方。会話もネィティブな英語。ヨーグルトとライムにつけたチキンや牛ヒレやマトンなどのキャバブがでると歓声がわく。
この味は、アルゼンチンのガウチョ料理に通じるかも。  


Posted by こやまあきゆき at 14:35Comments(0)アジア・アフリカ料理

2011年09月25日

今が最高、京都じっくり語り合う観光

京都の飲食店は、年中忙しい。
私が今イスラム圏の料理を研究中のペルシャ料理シャンディズにも、話を聞きたいと寄ってくださった、食事以外の来店が4組。

涼しくなって、祭と紅葉前 連日の合間が、やっとゆっくり話せる時間。

そこでお薦めは
宝ヶ池のホンキートンク カントリー音楽
百万遍西 画材屋さんの路地南 ワインとチーズのお店 アシュクルク
エルラテーノ と元田中のタケリタパチャンガ メキシカン
四条蛸薬師 八文字屋 京都の新聞に写真を連載
探偵BAR 元田中西に実在 監督のBAR 二階に秘密のモロッコ
宝ヶ池コーナンふた筋北のフィンランドカフェ カウニスマーラ
元田中東のフレンチ ベルクール
木屋町四条上がる スペイン料理プラテロ
蕎麦 ワタツネ お能と蕎麦
和食 いやいやえん おおきに屋 もりた
かもがわカフェ 六曜社 インキョカフェ ビレッジ 
ビバラムジカ アフロ音楽
カリブサンドクレオール エルコヨーテ サンバ  


Posted by こやまあきゆき at 12:29Comments(0)京都グルメ情報資料

2011年09月24日

高瀬川舟祭りではじまった

昨日、がんこ二条苑前 島津記念館南側で、1年に1度高瀬川舟に上がれる舟祭りがあり、きれいどころや
殺陣の体験などにたくさんの人が詰めかけた。偶然大阪で開かれる沖縄音楽のPRに来ていたFM大阪の高崎君とカメラマンの長瀬君も写真を撮りに来ていたので、3人で三条河原町の判子屋にひやかしに入ったら、明日の日曜日に下鴨神社で判子供養が開かれる、お茶席や雅な行事があるという。
家内は、下鴨神社の近くで生まれたので子供達も下鴨神社の行事には出来るだけ参加しているので、明日も行くそうだ。
これからの季節、京都は祭りが目白押し。下鴨神社に行かれたら、家内の同級生のみたらしだんごを食べて、若者たちは、橋の端の中川酒店 大人のお酒は下鴨神社西向かいのホーリズBARへ  


Posted by こやまあきゆき at 16:38Comments(0)京都の祭り・行事

2011年09月22日

グルメのための味百選にあの

高島屋恒例のグルメのための味百選
毎回好評のこの企画に、あの銀座久兵衛が出店している。

北海道の美味しいものの企画が毎回人気があるが、やはり素材に圧倒されるのに対して、今回の企画は、プロの職人技を感じる。和食のメッカ京都は、あらゆる面でプロの世界。

そこに乗り込んでくる巧み達。

あなたは、どう評価しますか?

ちなみに、故あって、今回の出品者の中に、私としょっちゅう顔あわせている方がたくさんおられる為、あえてコメントいたしませんが、是非行ってみて下さい。高島屋にとっても記念すべき年です。  


Posted by こやまあきゆき at 20:12Comments(0)京都グルメ情報資料

2011年09月22日

an tigh seinnse 堀江俊之  

私にとってのスコッチやビールの師匠でもあるホーリーさんこと、堀江俊之さんと久々にゆっくり語り合う時間が
持てた。下鴨神社の西向かいにある、スコットランド料理とお酒が抜群に美味しいお店は、いつもホーリファンで一杯で、気の小さい私が独りで行っても、ホーリーさんと個性豊かな人々のまるで芝居を観ているような、楽しい店内の会話は、黙って聞き耳をたてているだけで、わざわざ足を運んだ甲斐がある。

そんなホーリさん目当てに、カウンターに座って烏龍茶下さい。て言った人に、ホーリさんの毒舌が飛ぶ。

一杯1万5千円しますけどいいですか?

ホーリさん曰わく、烏龍茶ってペットボトルの105円のもあれば、超高級な茶葉の世界もある。お酒に例えると、シャンパンを使ったカクテルを注文すると、最高級のシャンパン開けて作ったら、とんでもない金額の一杯になるかもしれない。お店は決してぼったくる気がなくても、そのレベルで変わってくるから、初めての店では遠慮せずに、自分の好みを伝えて、お店の方の意見やお薦めを聞いてから判断するべきと。
今回も、堀江さんの楽しい話が出る出る。
堀江さんのお店のスコットランド料理は絶品揃いだが、実際に現地で食べたとても人間の食べ物とは思えない一品の話。これはきっと、美味しいものはイングランドに持って行かれるので、わざと人間の食べ物とは思えない味にしたに違いない?とか。英国流ブラックユーモア。  


Posted by こやまあきゆき at 16:01Comments(0)偉大な方

2011年09月20日

くいしんぼうの会ぞく

連日、アゼルバイジャン、ペルシャレストラン シャンディーズには、食べ歩きを楽しんでいるグループが続々集まって来る。 
くいしんぼう桃源郷は、京都教育大学附属桃山中学の同期有志。150名中140名程が連絡がとれる。正規の同窓会は、全員に世話人会から連絡が入るが、その世話人会が、普段メールで連絡を取り合い、毎月に近いぐらい京都の世界の料理を食べ歩いた結果、前回の三条河原町あがったケララさんで11人。今回は約20人が参加。早速その中の
一人が、明日も別の仲間と予約してくれた。また、この会の仲間に、河原町二条南西下がる地下アイリッシのノームのオーナーがいる本人もアイリッシュのミュージシャン。同じく仲間の大輔は、本業は精神科の医者だそうだが、誰もが患者だと思っている。普段からマイハーモニカを持ち歩き、誰かが演奏していると、すぐにセッション。主役より目立って、ダイスケ ダイスキ コールがおこるからやめられない。このメンバーには医者が14人はいる。とにかく先生たらけ。しかし、ペルシャ料理やアゼルバイジャン料理は初めて。トルコワインも好評。   
今回は、コースにない品を、とりあげた。
三条河原町の  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 15:16Comments(0)くいしんぼうな人たち

2011年09月17日

さざんか亭に若者たち殺到

京都の学生コンパから結婚パーティーまで、幅広い人気のさざんか亭。
三条大橋から南を見ると、ミドリのネオンが浮かぶ。

本店 六角店共 とにかく広い。人気の秘密は200名ぐらいまで利用できる数々の個室と、学生コンパでもいける様々なプラン。さらに驚きの延長プランまで。

ほかにも洋式パーティー向きのグループ店もある。

どうしてこんなに安くできるのか?

実は、すべて自社ビル。

木屋町中心部には、親会社のビルが立ち並ぶ。

木屋町で、宴会場の代名詞に近い存在感は半端ではない。しかし  


Posted by こやまあきゆき at 20:21Comments(0)和食

2011年09月17日

うしのほねあざなが、北野にぎわいふれあい物産市に

すっかり北野 千本西陣 大将軍地域の10月野のイベントとして定着した、北野マルシェと音楽ライブ
昨年は、約25組のライブもあった中、今年は、丹後の物産に加え、和食で人気のうしのほねが四ブースでの出店。
人気店の味が、北野で1日限定で楽しめる。


10月30日日曜日10時からこども文化会館  


Posted by こやまあきゆき at 16:05Comments(0)北野婆娑羅物産展

2011年09月14日

イタリア料理フクムラとイタショク

京都で、私の知る限り一番古いのが四条四条富小路上がる フクムラ

そのイタリアワインはもとより、パスタマシンなどの調理器具もあつかっている。

今日私が寄せていただいたのは、他でもないあのイタリアから生まれた驚異の教育の展覧会会場で子供たちに使ってもらうコルク集めのご協力を御願いしていたからだ。

醒ヶ井綾小路下がるにお邪魔して直さんからいただきました。
イタショクさんのHP.に、イタリア情報が満載。なおさんブログも読んでみてね!  


Posted by こやまあきゆき at 19:27Comments(0)欧州料理

2011年09月13日

もりたのおでん

大学生なった頃、父にようやくつれて行ってもらったのが、三条河原町を三筋下がった東のもりたのおでん。
他にもおいしい料理が安い。大人のお店。
実は、東山の泉涌寺仲間。
京都芸術大学と京都教育大学で、長年陶芸を指導した父のお気に入り。それだけになかなか連れて行ってもらえなかった。
いまでも人気のお店です。  


Posted by こやまあきゆき at 23:42Comments(0)和食

2011年09月13日

自分達の田んぼや畑持ちませんか?

都会生活になれている都会育ちの方でも、自分達の田んぼや畑を持ちたい方が沢山おられますが、都会で暮らしながらも、農村部の方にお手伝いいただいて、一緒に自分達の野菜を、つくってみませんか?
耕作放棄地を、都市部農村部の人が、一緒になって汗をかいて、土と向き合う素敵なプロジェクト 京都モデルファーム運動が始まりした。
料理屋さんやレストランが、オリジナルな契約農地にしてみたり、第二の人生を都会と農村部の二重生活で、新しい人生の喜びを再発見したり、私はこれを京都ダーチャプロジェクトと名付けましたが、昨日このプロジェクトの京都府の担当者の、とっても可愛い素敵なお嬢さんとお会いしました。いかにも洗練された都会っ子。神戸のご出身。なんとご結婚されて、ご主人が農業やりたいと農地を借りられたのがきっかけで、ご夫妻揃って自然と向き合い生活に、様々都会暮らしで気づかなかった喜びを、今、日々楽しんでおられるようです。農業の話をされている時の笑顔があまりにも素敵で、楽しさが全身から伝わってきます。

そういえば、超人気フレンチカフェ エルゴカフェの富田さんも、今畑持ってるんです。と、底抜けの笑顔で話してくださったし、いつもホテルのフロントで一緒に働いている方も、一時間かけて京丹後市から通っておられるし、市内の豪邸に住むかたも、いちぶを畑にされている。

我が家も、畑がある。北白川は不思議な町で、ポルシェ フェラーリ ジャガーと耕運機が私の家の一筋下の交差点で、頻繁にすれ違っている。我が家のガレージには、家内の愛車?の日産グランデ?とかなんとか、リッター5
キロぐらいしか走らない、日本車にしては、しんじられない燃費の悪いやたらフロントが長い車が、前庭のガレージに、とまっている。

今、前庭のガレージの屋根を、葡萄棚にしようかとんがえている。

自分でも広い畑など持ちたい方は、京都府農業会議内モデルファーム推進課にまず相談
075 441 3660  


Posted by こやまあきゆき at 23:08Comments(0)田園暮らし・山暮らし

2011年09月12日

餃子のみんみん

餃子の老舗。創業昭和28年、大阪南が創業の地  


Posted by こやまあきゆき at 15:06Comments(0)中華料理

2011年09月11日

驚くべき学びの世界展in京都

日曜日ということで、家族連れはもちろんアーティスト系の方もたくさん来ておられて、大盛況。期間中名前を書き込んだ入場カードで何度も入れるので、最初の頃に行った方がいい。

私は子ども達に陶芸を教えているが、いつも言っている事がある。
人には、誰にでも才能がある。自分の魅力を発見し、それを伸ばしてはじめてより自分らしい世界が見つけられる。陶芸には、立体 絵画デザイン 色彩など自分の感性を無限大に伸ばせる。

今回のイタリアのレッジョエミリアで生まれた幼児から子ども達の教育は、まさに感性 創作性 知性を無限に育てるプログラム。
音楽性 芸術性 更にフィールドワークからの展開は、日常
生活の中に、常に創作性のヒントがあることや、捨ててしまうものが新しい創作物の素材になる事を、再認識させてくれる。
 硬くなった頭をほぐすために、大人が観るべき展覧会でもある。  


Posted by こやまあきゆき at 17:42Comments(0)子供と家族で

2011年09月10日

京都国際タウンは、豪華

9月9日にOPENした、地中海料理店ZAMZAM。
初日という事で、京都に店を持つ海外出身のレストランオーナー達が、お祝いに駆けつけた。初日だけでも10ヵ国を超えたようだ。私が駆けつけた時間帯でも、日本以外に、ロシア トルコ インドなどの仲間が、乾杯を連呼。
祝い花も、インドネシア料理店ハティハティのテディさんやラジュのラジヤスさんドルフィンのシャローンほか。

楽しいのは、大型スクリーンに流れる歌や踊りの画像。
ペルシャ アラブ トルコなど言葉も色々だが、知らない多国籍の人が、自然に一体化している不思議。
料理人レさんの家に集まった友人のパーティーみたいでした。

今日からは、料理 水タバコもできます。  


Posted by こやまあきゆき at 17:41Comments(0)

2011年09月09日

レバノン アラビア ギリシャ料理ZAMZAM本日開店

地中海料理ZAMZAMが、本日開店する。
混乱を避けるために、あえてPRを一切しない静かな船出。
30から40種類のイタリアン ギリシャ料理 トルコ料理 レバノン料理などでまだほとんど知られていない料理を30種類から40種類、ほとんど1000円以下で提供する。何よりも初めての味だらけ。
昨日から姉妹店のペルシャ料理店シャンディーズで、仕込みが始まった。
 9月9日は、日本では何かを始めるのに吉日。しかし、シャンディーズは、9月9日、40席の店で30名のご予約。仕込みも、カスピ海料理店シャンディーズのアゼルバイジャン料理 ペルシャ料理と、地中海料理ZAMZAMの、イタリア料理 ギリシャ料理 レバノン料理 トルコ料理と多彩。
今日は、ペルシャ人アラシ アゼルバイジャン人レザ そしてイスラム料理研究中のコヤマアキユキの3人でがんばった。夜に欧州で、ギリシャ料理店を経営していたレザの友人が、心配して様子を見にきた。彼は、ギリシャ料理 ドイツ料理に精通していて京都でお店の計画中。
また、お向かいになるスマトラ出身のハティハティのテディさんも駆けつけた。
今、京都国際レストランネットワークのメンバーが木屋町だけでも30軒ある。
ハティハティを事務局に、河原町から縄手までの3つの川周辺を、京都国際タウンにするプロジェクトの中核店。

安い 旨い 心地よい 
さて 一番乗りは、どなた?  


Posted by こやまあきゆき at 00:43Comments(0)アジア・アフリカ料理

2011年09月07日

いやいやえんで飲んでます

悲しいよき飲み友達だった神崎さんが亡くなった。
昨日丁さんの息子のかっちゃんと、神崎さんの話しをしていたばかり。

神崎さんと丁さん 今ニュージーランドにいる笹沼英司。4人でまほろばとてうれラーメンに行くのが日課だった時代、一度も働いた事もない神崎さん 自称、高等遊民 を働かそうと、東急ホテル中国飯店のマネージャーにして、私も二年間一緒に働いた。
彼は、学生時代に交際したドイツ人の彼女が帰国してその後ドイツ文化センター館長などを歴任。彼は働かずに一緒に歴任。子育てなどを担当。息子のマルコは、ルフトハンザでがんばっている。
今回の死は、マルコからニュージーランドの笹沼 京都の立命館大の北村先生からいやいやえんへ。
彼のマルチな人間性がうかがえる。  


Posted by こやまあきゆき at 23:41Comments(0)日本酒・洋酒・ビール・ウオッカ

2011年09月07日

バリガシで最高のランチ

私の大好物のランチ
地下鉄北山駅から北へふた筋

バリスィーツのバリガシのチキンとマンゴーのランチ
チキンが、ムチャクチャ美味しい。そこに新鮮なマンゴー。
一度お試しください。

おまけに、スィーツのカフェ。ショコラのケーキやフルーツ シャーベットまでが、全部美味しいプレートも最高。

この日は、京都産業大学京都市のOB会や地域起こしのNPOの京都環境21
などの世話人の美濃部さんと待ち合わせ。しかし、j  


Posted by こやまあきゆき at 22:37Comments(0)カフェにて

2011年09月07日

Dai,sで、幻の中華料理

高野上がった、一乗寺ラーメン街道の東角。様々な新しいスタイルで、事業展開中の飲食店グループ創業の地に、かつて 料理長クラスを、3人も置いた中国飯店があった。私も勉強の為2年間ホールを手伝い、点心などを教えていただいた。御曹司は、ゼネコンに就職されて、大型ビル建築の責任者になられた。私が退職して数年後、家業を守るために、厨房で働く御曹司の姿が。二人の美人姉妹の妹達も働いていた。
一番下のマリに、なんで若いのにそんなに働くの?と聞いたら、若いときの苦労は、買ってでもしろ。と言われて育ったから。と。
今彼女は、北山のほうで一軒の店を仕切っている。
一時3兄弟は、大和大路で自慢の中華料理の弁当屋さんを開いて、いつも売り切れの人気だった。
今、父から受け継いだ、たくさんの人に安くて美味しいものを、食べさせたい。
という情熱が、ダイズ厨房本店の、料理長兼マネージャーとして、中華お好み弁当になった。
昨日ランチを、五百円でお任せで入れていただいた。お腹は十分だったが、盛ってもらっている間に、唐揚げ弁当が気になって、追加して店内でかっちゃんと話しながら平らげた。
 その間に、続々来店で、お邪魔なのでと帰ろうとすると、二つ食べた人初めて椰子、招き猫がわりに毎日来てや。と、優しいお言葉。昔ながらのかっちゃんでした。  


Posted by こやまあきゆき at 22:21Comments(0)中華料理

2011年09月06日

京都国際レストランネットワーク

四条木屋町上がるの小学校跡地で、9月9日から開催される、イタリア発驚異の教育を紹介する展覧会。
こどもNPOをはじめとした、子供を支援する団体が主となって実行委員会を中心に開催される。この期間中の子供のためのたくさんのイベントの1つに、このサイトでも紹介した、王冠とコルクを使ったアートの材料を、「京都国際レストランネットワーク」が協力して集めることができた。更にメンバー以外でも、木屋町周辺の人気料理店が協力して。その輪が広がった。

「京都国際レストランネットワーク」(約200店舗)は、現在京都で様々な国際化時代の京都の街づくりに取り組んでいる。今回は、木屋町周辺、国際タウンプロジェクトの有志が、メンバー以外の外国料理店などにも呼びかけたので、更に輪が広がった。

まず、今回の企画に協力を要請したお店のリストだが、
・インドネシア料理「ハティハティ」
・インドネシア料理「サマサマ」
・インドネシア料理「バリバリインドネシア」
・スペイン料理「ガジェガ」
・スペイン料理「セサモ」
・スペイン料理「プラテロ」&ワイン専門店「ノノヤマ」
・メキシコ料理「タケリアパチャンガ」
・メキシコ料理「エルラティーノ」
・メキシコ料理「レイナデレイナ」
・イタリア料理「MICHIYA]
・フランス料理「エルゴ」
・フランチカリブ「クレオール」
・ベルギー料理「モニュマンブルー」
・中国四川料理「老安記」
・韓国焼肉料理「いちなん」
・ハワイ・オアフ・ウクレレカフェ「ウリウリ」
・エスニックパブ「シークス」
・エスニック創作カフェ「さる屋」(名前はフランス語から)
・エスニック&カバブ「ぐるぐるカフェ」&ハラル食材「ドルフィン」
・アゼルバイジャンペルシャカスピ海料理「シャンディーズ」
・アラブ・トルコ・東地中海「ZAMZAM]
・世界のワイン&チーズ「アシュクルク」(名前はアラビア語)
・ニュージーランド料理「グリーン」
・ロシア料理「キエフ」
・ジャマイカ・中南米料理「中川酒店」
・沖縄料理「なかぐあ酒店」
・日本料理&エスニック・創作料理「いやいやえん」

以上が、「京都国際レストランネットワーク」の中で、今回木屋町中心に協力したお店・

更に、上記メンバーの依頼で、今回協力してくださったネットワーク以外の木屋町周辺の人気店。
・ビアレストラン「ミュンヘン」
・イタリアンピッザ「サルバトーレ クモオ」
・世界のビール&お酒「ブーズK]
・ワイン専門店「ピカソ」&「空き箱」
・イタリア料理「イタショク」

皆様のご協力ありがとうございます・
この活動は、今後もついづいていきます。  


Posted by こやまあきゆき at 00:09Comments(1)京都国際レストランネットワーク

2011年09月05日

エルゴカフェの絶品ランチとスィーツ

鴨川丸太町から西へ、京都を代表するフレンチレストラン エルゴビバームスが、カフェになってまだ数ヶ月。
開店の時に、富田さんの顔を見に来て以来。料理の種類も充実。
今日のプレートランチを選んだが、スープやサラダが選べる。私は、自家製のハムほか盛りだくさんのサラダと、パプリカのスープ。料理が美味しいのはもちろん。この店に来たらスィーツを頂かないと、といぅことでチーズケーキを頂きました。やっぱり鴨川にあった人気のリュエルゴの伝統健在。
お店には、悪天候なのにセレブで満席。カウンターがあるので一人でも行けるのも魅力的。
本格派なのに1000円以下なのは、奇跡です。  


Posted by こやまあきゆき at 13:49Comments(1)欧州料理