京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2015年07月04日

下鴨高木町西「塩見家とんとんラーメン」

しもがも高木町と洛北高校前の間の「かごの屋」の向かいできている実にきれいなラーメン屋さん「塩見屋」

夜のセットメニューは好きなラーメン+中華の1品ハーフサイズで¥890円

プラス100円で、ごはん食べ放題付きかデザート付き。

私は塩トンコツと回鍋肉ミニとデザート(この日は、杏仁風味アイス)。

どちらかというと鳥系や魚貝系が好きですが、塩トンに今回はしてみました。

ごはんは普段なら付けるのですが、この日は先に御園橋の「ハイライト食堂」で「ジャンボチキン+ごはん大盛り」を食べていたので、塩見家ではいただきませんでしたが、スープもかんしょく。

宴会も2階でできます。

女子に人気。

もうすぐドリンク半額などのサービスもあるので、カウンターのチラシをもらってください。

アンケートに答えると・・・

イマガチャンス。

基本木曜日定休日。です。  


Posted by こやまあきゆき at 20:34Comments(0)食堂・日常の和洋中華ラーメン

2015年05月19日

大徳寺南の中華そば「雅」のお得セット

ラーメン・中華そばに関しては、好みもありますし私自身がすごくおいしいと思わないけで悪くはないレベルのお店がほとんどなので、ここ最近でもおすすめされた2軒を紹介できませんでしたが、今回の「雅さん」は、唐揚げがおいしいお店として紹介されて少し前に1度まず行きました。

場所は、大徳寺の東側の交番所のある交差点を南に少し下がったところです。

お店は、小料理屋のようにこぎれいで、上品な脱サラっぽいご年配のご主人が1人でカウンターでお迎えしてくださいました。
このときは、お坊さんじゃないかという感じの歌舞伎役者の誰かに似ている若い男性が1人食事中でしたが、比較意的いつも静かなお店。

お品書きを見て驚いたのは、唐揚げセットや餃子セットやトンカツセットがすべてごはんや漬物ラーメンと込みで千円でもおつりが来ます。
唐揚げは、小さめで山盛り。別に餃子2人前注文したので私でも多すぎました。

すぐに書かなかったのは、ラーメンの定番は醤油か辛みそのチョイス。
今回は、醤油選択。

出てきたすべてが一生懸命作られてるのがよくわかるし、餃子も有名店よりおいしい系なのですが、なにかすべてが1つもの足りない。

実は、このお店はニンニク・ラーメンこしょうほか、いろいろ置いてあって、自分好みに調整しやすくしてくれていて、唐揚げの下のキャベツなどようにマヨネーズも置いてあるのです。この日はだいぶ減っていたマヨネ^ズはいかにも冷蔵庫で逆さに置いてましたというように気遣い。

ただ、この日は書かない方に入ってしまったのですが、もう1度トンカツ辛みそで再チェックしに行きました。

ご主人のまじめさがどうしても紹介したくなったからです。

正直、実にお得。の印象の方が、おいしかったを超えてしまうのですが、食べた中では餃子かから揚げセットをお勧めします。  


Posted by こやまあきゆき at 18:59Comments(0)食堂・日常の和洋中華ラーメン

2015年04月21日

天下一品本店の屋台の味と王将北白川店

休みの日、父が中華かラーメンを食べたいと言い出した。
とはいえ、場所は烏丸六角。しかも時間は午前10時。
以前から、父が「餃子の王将」にあまり好印象を持ってないことと、「天下一品」で1度食べてみたいと言っていたが、父の好みではこってりは無理。「王将」は店によって味に差があるので、どうせなら北白川店に連れて行きたい。ということでこの日はタクシーで両店舗に近い私の自宅へ移動して、そこから自家用車で「天下一品本店」へ。雨が強い日だったので開店したばかりの「天下一品本店」がすいていると考えた。そしてなんといっても他のお店では「こってり」か「あっさり」のチョイス。だが、本店には創業当初の「屋台の味」がある。とまりは中間の味。私にはこのぐらいのこってりが普段はいい。ただ、元気をつけたいときはこってり。

この日は、父が屋台の味。私がこってり。父はチャーハンが好きなのでセットに。更に餃子も1人前だけ頼んだ。

父は今、小食なので「おいしい」を連発しながら半分でチャーハンを食べ初めて、残りは私のとこへ。

餃子も1個味見して私の所へ。しかし昼にしては父はよく食べた。

食後に、車で1筋南側の「王将北白川店」に移動。
お持ち帰りに「餃子2人前」「エビチリ」「ニラレバ」「黄金炒飯」を注文。

2人の夜ご飯になった。器を父の作品に入れ替えたて赤い漆器の丸盆にのせて出したので、父も完食。

ちなみに普通のチャーハンは天下一品と味がかぶるので黄金炒飯にしたのも正解だった。  


Posted by こやまあきゆき at 19:46Comments(0)テイクアウトラーメン

2015年04月06日

京都のおすすめラーメン「いいちょ」

京都には、私のお気に入りラーメン店を100人いればみんな自分の好きなラーメン店を言うけれどもまず10軒書いてもらうと同じ組み合わせはないだろう。それぐらい多種多様である。

1番の理由は、ラーメン店を開くまでの店主の背景が多種多様。もともと国際都市だし、150万人口の1割が学生。全国から世界から様々な人間がこの町に来て共存してきた。

2番目に、京都人は人まねが嫌い。伝統を受け継いでも親と同じレベルでは負けであって、みんな親を超えないと気がすまない。それは比較して親を超えるのではなく、親とは違った自分らしさを出さないと認められない町だからだ。息子の代になって味が変わってもある意味当然で、先代にないない魅力を加えられなかったら評価されない。親父の真似しかできないと言われる町。

3番目に、常に自由で新しい物を受け入れてくれる。それが学生ばかりか高齢者でも気持ち学生のままで年取ったジジババがうろうろしている町。私のように。だから新しいカフェ・新しいスィーツ・えらいおいしいラーメン店できてるで。の情報が入ると、自分が知らないことが許されない。黙って1人でも食べに行く。だから情報源が学生であったり娘であってもおいしいと聞くと親父が1人でも食べに行く。そんな町。


したがって、今まで私のブログを読んでくれて食べに行って「やっぱり京都くいしんぼうの会」が紹介しているお店はおいしいね。といってくれる方は、最終チェックをしている小山晶之とある部分で味覚の好みが共通している可能性が高いが、逆に私と好みの合わない人のほうが多いかもしれない。

単純にラーメン店もできるだけ1度は食べに行くようにしていくが、2度行くお店はほとんどない。
私が行くのは、北白川の「天下一品本店」天下一品でも95%以上はこの本店。おそらく過去100回ではすまないだろう。週2回以上いっていた時期もある。一乗寺の「天天有本店」先代の頃にまだ京都産業大学の学生だった頃、車で通学していた友人とグリークラブの練習帰りに寄るのがおきまりコースだった。奥にあった小部屋で食べるのも当時のお決まりだった。一時代替わりのときに味が変わったと皆が言い出して一時足が遠のいたが、「京都くいしんぼうの会」ができてから会長のイゴールらとも輪島の朝市の帰りとか、キャンプで北山荘に行った帰りに寄ったりしてから復活。対面の焼肉「いちなん」の孫さんと仲良くなってからは、このラーメン街道の草分けとしてたまに立ち寄る。この近くのお店では「高安」
百万遍の「たくみ」祇園の「いつわ」京都の赤池の「銀閣」府立大学や「京都コンサートホール」から北大路に下がった「いいちょ」そして、家族ぐるみ大の仲良しの新京極から公園の方へ東に1歩入った裏側びある旧「実松映画」などがあったエリアにある「千の風」。

おわかりだろうが、どのお店もスープが最後まで飲める私好みの味。
基本的には、京都は水がおいしいだしの旨みを楽しむ町。だからとんこつ煮込みましたとか背油コテコテは私の好みではない。もちろん使っているお店も有るが、基本は出しかチャーシューがうまいか。だから行列のできる有るお店はチャーシューコテコテの味なので渡し的には1回で十分とかになってしまって、毎日でも飽きない店だけが残ってくる。

ちなみに「天下一品本店」では、通常は「屋台の味」を注文する。風邪に注意の時だけ「こってり」  


Posted by こやまあきゆき at 17:23Comments(0)ラーメン

2015年03月28日

タイカレーラーメン専門店もシャム

タイカレー専門店、丸太町の「シャム」の姉妹店。
四条千本のやや西。高架の東側。

いただいたのは、シャムオリジナルタイカレースパイスにたっぷりココナッツ風味のタイカレーラーメン。

店長おすすめの食べ方は、ごはんも注文して(チキンがトッピングしたご飯もある。私はこちらをいただいたが。)

麵いただいた後に、ソープがタイカレーになるので、ご飯にかけていただく。

ただ、シャムはすべてオリジナルなので、学生時代2年近く「京都国際学生の家」で、タイ人の友人のまかないを毎日いただいていた私にとっては、ココナッツ風味が強すぎる。辛さを本店は自分好みで加えるのにたいして、ラーメンは本店のカレーよりは最初からやや辛め。
ただ、本当に辛い物が好きな人のためには、テーブルに置いてある香辛料を加えねばならない。

本店のほうが、子供でもいただける味。  


Posted by こやまあきゆき at 20:16Comments(0)アジア・アフリカ料理ラーメン

2014年07月24日

天下一品本店とラーメン藤本店

自転車で京都一周の昼時に、ラーメン藤本店で昼食

「メンマラーメン」を注文。
醤油味なので、懐かしの中華そばのイメージでメンマを選んだのだが、ネギが富士山のように盛ってあった。

となりの中年の上品なカップルの天盤ラーメンのねぎは普通。

メンマも多いが、ネギ山は基本的にうれしい。

たまたま昼が「藤本店」だったので、自宅近くまで夜中に帰ってきたら、「天下一品本店」の店長に会いたくなった。
寄ってみると、あいにく休み。ちょっとがっかり。正直私の楽しみは店長の顔を見ること。

オーダーは決まって屋台の味。あっさりとこってりの中間。
ニンニクは入れなかったが、途中でトウガラシのつぼに手が。

昔はこの店もネギ自分で勝手に入れられたのに。と思い出していた。

「天天有」の昔の奥の小部屋。

年のせいか昔のことがシルエットのようになつかしい。  


Posted by こやまあきゆき at 18:40Comments(0)ラーメン