京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2015年07月18日

北山セレブの隠れ家「和蘭芹」イオンモールにも

北山や上賀茂セレブの隠れ家的カフェダイニング「和蘭芹・パセリ・北山洋食カフェ」で定番のハンバーグと上品なスーツをいただきました。

このお店は2人のセレブが「おいしいお店ですよ」「よく行きます」と教えてもらった。

女性に人気名だけに、大食いの小山では物足りないかもともアドバイスもらったが、ハンバーグとかもおいしいし、ディナーコースもある。

カフェなので、パティシエが作るオリジナルスィーツが自慢。

お店もきれいで、駐車場完備。

北山駅交差点から北へ。最初の信号を西へ。

ちなみに姉妹店は南区のイオンモールにもある。

今日は、やはり上品でお美しいセレブのオーナーから気さくにいろいろお話をお伺いできた。

ちなみに、このお店の料理長は京都ではかなり有名なオムライスなどのお店共同で作られた方。

そのお店は大きくなってたくさんお店もできているので、名前を出せば皆さん知っているだろう。

しかし、なぜかその2人は、もう一度自分たちが本当にやりたいお店を、作りたい願望が強くなって、2人がそれぞれに1番やりたかったお店を作り始めた。それが「パセリ」

オーナーは、ほかの店より少し高い目かもしれないですけど、本当にいい野菜・いい果物・1つ1つ大事に作っていくことにしました。その結果。

今では、京都の北山や北部では有名なお店に。

更に、入って目に飛び込んでくるスィーツ。

実は、今日は、やや大きめのハンバーグをパンといただき、別にスィーツはフルーツ系タルト。お土産にバナナタルトを家内に。ガトーモンブランを長女に。チーズの好きな次女には名物ベイクドチーズケーキ。 わたしもお変わりでチーズケーキ。

いたがいて、出てくる野菜などみんな新鮮でおいしい。ケーキもおいしい。ハンバーグ本体もソースもいいのですが、オーナーに何かお気づきの点聞かれて、「ソースがおいしくてたっぷりすぎてせっかくのおいしいハンバーグの味がわかりにくい」と言ってしまったので、すぐに検討しますと実に真面目。

あえて言わなかったが、フランスパンも親切にバターがつけてあってそのままでおいしいのだけれども、おいしいソースをつけて食べたいので、バターが邪魔。結局無理に全部ソースをパンにつけて食べてしまった。

いろいろな意味で、このお店は親切すぎて、もうすこし食べる人間が好きなようにできる部分を残してほしいというのが正直な感想だが、実はこれが1番難しいこと。

最近は、ここまで親切にしないとわからない人が増えているの事実。

たとえば、そのままおいしいラーメン出すお店と、やたら細かいところまで注文聞いてくるお店。どっちが好み?
むずかしいでしょう。
私の家内や長女は、自分が料理した違法だから、細かく注文聞いてくれるお店で、自分好みに注文するのが大好き。
しかし、私はその店の味で出されて美味しいかそうでないか、多少自分でアレンジできるかチェックする。

先日の100食限定のお店が父が怒りだしたのも・私が不機嫌になったのも。味が濃すぎて食べられない程。

薄くて塩コショして調整できると好みに変えられるけれども、「これがうちの味です」と出されて味が濃かったらもう食べるのやめるしかない。

そんなのもったいないしで結局我慢して食べているとだんだん怒りが膨らんでくる。

今回の「和蘭芹・パセリ」は、本当にいいお店です。また「ぐりとぐら」のような子供さん向けの絵本もいっぱいおいてあるように、子供さんとでも安心のお店です。

更にスィーツやご飯をお持ち帰りできます。(おかずだけでも)近くの人はいいね、幸せごはん。  


Posted by こやまあきゆき at 22:17Comments(0)スイーツ欧州料理子供と家族で

2015年07月09日

金閣寺「いただき」で素敵な洋食1300円

金閣寺から立命館大学・龍安寺や仁和寺に行く「きぬかけの道」私が車で毎朝通る道。

この金閣寺正面信号」から1つ南の角に「金閣寺いただき」がある。

おいしい洋食をリーズナブルに楽しめるとの情報を以前からいただいていたお店に昨日行ってきました。

単品や定食、お待ち帰り弁当もある。

弁当は「メンチカツ950円」から

この日は、ボードに書かれたたくさんのお料理から2種類メインを選ぶセット1300円を選択。

迷ったが、「ヒレカツ豆腐あんかけ」と「ズワイガニクリームコロッケ」を選択。

味噌汁とごはん付きだが、ミネストローネとパンにも代えられた。

このお店に行ったことを、今日別の女性に話してみると、「白梅町のイズミヤの東にあるお店は、表に行列ができて、並ばないとダメなんです。」情報。

金閣寺店は、昼がかなり忙しそうだが。夜は比較艇的に静かだった。

当然、レストランで、1300円が上限みたいなもんなので、学生さんぐらいの年齢のカップルで楽しそうに食事をしている人たちも。絵になります。

ところで、「いただき」は、「いただきます」の略ですか?とバイトかもしれないが、ホールのスタッフに聞くと。

「たぶん」という答え。

よくよく周りを見ると「・・・いただき・・・」と店内の案内にいただき」の文字をいくつか発見。

きっと言葉使いが丁寧な方が作られたようです。  


Posted by こやまあきゆき at 21:10Comments(0)欧州料理食堂・日常の和洋中華

2015年06月29日

「同志社定食」は「グリルデミ」烏丸夷川西

以前から気になっていた烏丸夷川を西に入ったハンバーグ専門店「グリルデミ」で、絶品ハンバーグ定食をいただいた。

オーダーしてからミンチを出してこね始める。

デミソースもうまい。
どこかのシェフなら、グラニューをビネガーで煮詰めて、ビターな隠し味を・・・・とかウンチクを言いそうだが、この店。待っている間にパンプキンスープを頂いておいしかったので、上賀茂トマトのジュースなどを2杯もいただくなど、野菜もいい。


待っている間にメニューを見ていると学生限定「同志社定食」が書いてある。
同志社前でもないのに。

「マスターが同志社出身ですか?」とお伺いすると

「いえ、実は昔のバイトスタッフが同志社の・・・・クラブに所属していて、辞める時にも後輩を紹介してくれていつもそのクラブの学生さんが手伝ってくれているのと、そのクラブの試合を見に行くうちにすっかり楽しくなって、いつも応援に行っているそうです。

そんんあこんなで同志社定食を学生さん向けに、作ったそうです。

しかし、一般の方でもおいしいので行ってみてください。
  


2015年06月24日

「キッチンごりら」の厚切りポークステーキ

お店がきれいに立て替えてたので、何度も探していたのにわかりませんでした。
ひがしおおじ東大路御陰通を東へ3筋目を上がる角に真っ白なお店。表にゴリラの目印。

オーナーがゴリラ顔負けのがっちり丸刈り黒づくめ。
真剣料理でうまいもん出します。

グリルするビーフもポークもハンバーグもオーダーが通ってから、塊から切り分ける。
だからボリュームも満点。ハンバーグも美しいミンチで出てくる。

1人の私なんかはカウンターで、1から調理を眺めているので、出てくる前からおいしいのはわかってます。

そんなお店。ポークは1300円

もちろんライス・スー^プ・付け合わせサラダ。

しかし、あっという間に学生さんらしき9人とか3人とかですぐいっぱいに。1人で来る人も私だけではない。

質の高いおいしい素材をありがとう。  


2015年06月24日

スペイン料理「テイオペペ」でビンチョスセット千円。

銀閣寺道から北の信号を西に入ると「スペイン料理の老舗 テイオペペ」がある。

オーナーシェフ「マニュエルゴンザレス」氏の故郷の名物は、ビンチョスという串刺しなどの形で、いろんな料理を食べやすくしたもの。

小皿のタパスのメニューも含めて、1品500円か600円の料理を、月曜日とかビンチョス・タパスの日は、2種類選んで1ドリンク付きで1000円。

これがどれだけお得かというと、先日酒が飲めない父と2人で行ってみた。

生ハムやチーズ盛りほか温かい料理も選んで6種類。

2人で十分だった。

なぜ6種類かって?

私が最初はシェリー。次にワイン。父は100%オレンジジュース。

私が、珍しいスペインの2種類のビールのイエローと黒を注文して、別々でのティスティングの後、ハーフ&ハーフ。

2人で3千円ではちょっと申し訳なかったが、お店の料理をもっと知ってほしい。気軽に立ち寄ってほしい。との願いからだ。

  


2015年05月28日

烏丸高辻イタメシランチ880円

京都でお昼御飯がおいしい特集でよく紹介されている「UNO」でイタメシランチしました。

11時半OPENですが夜まで空いているので、昼はすぐ満席になりましたが1時過ぎるか11時半に行くといいかも。

野菜のこだわりがメニューにシエフの手書きで書かれています。
単品も安いので、夜食べに来るのもおすすめ。
イタリアンバルなので、グラスワインもおいしいです。

ちなみに私は菜の花のパスタ・サラダ・コーヒー。父はリゾット・サラダ・エスプレッソ。

150円追加でデザートセットに。

昼は、その日の3須類位ボードに書かれたものから選びましょう。
オーナーとシェフ2人で満席でした。

「ノンアルコールシャーリーテンプル」とかドリンクも魅力的ですので、1時以降なら単品も頼みやすい尾でしょう。

町屋の2階です。
隣に有名な胡粉のネイルアート用品などのお店があって、レジカウンターにも置いてありました。

「日航プリンセスホテル」すぐ南側です。  


Posted by こやまあきゆき at 20:07Comments(0)欧州料理

2015年04月30日

スパゲティーのイタリアンリ「anri」

[supaghetti Anri]は、北大路新大宮商店街2筋北側の東角。

1600円位から」のセットメニュー」になっている。
1番高いディナーコースでも3千円台。

私はスープやスィーツもいただきたかったのでこのコースに。

前菜3種類がまずおいしい。スープはジャガイモ。サラダはフレンチ」か和風のドレシングチョイス。
パスタもたくさんある中から選べる。イタリアンメニューが豊富なのだが、白みそと新キャベツと豚肉の春パスタを選んだ。

このコースにワインも付いているのだが、ジュースを選択。後で気がついたがドイツ製ノンアルコールワインがある。こちらでもよかったそうだ。
せっかくなのでノンアルコール白を注文。おかわりもしてから同じく赤も。
特に白がお勧め。飲まない方でも大丈夫。ノンアルコールといってもブドウジュースのように甘くないので、特に白はおすすめです。

もちろん最後にデザートがこの日は2種類。ソフトドリンクも選択できます。私はコ^ヒー。もちろんエスプレッソやジュースでもOK.

町やのかわいいお店」ですが、小さいので予約するほうがいいそうです。075-491-2447

ランチもあります。11時半から。
  


Posted by こやまあきゆき at 21:54Comments(0)欧州料理

2015年04月29日

スペイン料理アントニオでパエリア夕食。

2009年に出版した「定番にしたい異国料理店」で紹介した200店舗の京都の外国料理店。

6年目の今年。再チェックしている。

ただ改めて、これだけの店を紹介している本は他にはない。また超人気店になって」どんどん」展開しているお店」も多い。

このお店は、以前年間1番おいしいプレートにこのパエリアを選んだ。

予約しておくと、更に魚介類が豊富かも。

この日は、父と生ハムやスパニッシュオムレツなどをいただきながら、ワイン。

パエリアが出てきて、父も喜んでいる。

銅製のパエジヤ鍋なので火の通りがいい。

デザート&コーヒーと行きたいところだったが、「ベリーベリーカフェ」のスィーツも食べさせたいと思い、アントニオさんがコーヒー入れましょうと言ってくれたのを、お断りして出てきてしまった。しかしカフェはお休み。寺町二条で待っていた父は、角のフレンチ流行ってるし、ここにデザートあるやろうと言いだしたが、ここは松井さんのお店だからお勧めがあるでしょうが、またここは今度来ましょう。とタクシーを止めて帰宅した。

アントニオは、やはり京都のお勧めのレストランです。







































































































































































































































































1年で1番おいしい料理に、以前選んだ寺町二条の「アントニオ」の「パエリア」「スパニッシュオムレツ」「生ハム」などいただきながら、ハウスワインを1人デキャンタでいただいた。よかよか























ある都市  


Posted by こやまあきゆき at 20:58Comments(0)欧州料理京都高級グルメ

2014年10月30日

京都のおいしいハンバーグ屋さん「ハセガワ」

京都で、ハンバーグステーキのおいしいお店というと、京都人の口からまず出るのが「とくら」。
ただ、牛ケ瀬といういかにもお肉がおいしそうな地名ながら、桂川より西側なので、なかなか行ったことがない人も多い。
しいて申し上げると本願寺に近い「とくら堀川店」が便利かもしれません。

そんな話が出ていた関係で、京都のおいしいハンバーグステーキのお店に行ってみました。

京都北部の人にとってハンバーグといえばハセガワ」。
北大路タウンより東側の、北大路と鴨川が交差する橋の西詰め。
夜になると若いカップルから熟年の家族連れまで、幅広い人たちが表のボードに名前を書いて、用意されているベンチなどで待っている。
10人くらいはいつも待っている。

今回は家族で行きました。
ハンバーグとグリルドチキンを私は注文hしました。
とってもジューシーでおいしいです。

このお店は、お持ち帰り弁当があるので、ハンバーグ以外を注文にても、ミニハンバーグがついていたりします。

京都東側では、「ジェームスキッチン」のハンバーグ専門店が京大生には大人気。
サイズやソースもオーダーして焼いてもらう。百万編上がる。

繁華街では裏寺の「サラダのサンチェ」がおすすめ。サラダが半端でない。伏見大手筋南の筋にもお店が。

京都駅北の「七番館」は洋食がおいしいで人気のグリル。

三条烏丸東入る「平わ」は、東一条の本店の洋食時代の伝統を受け継ぐ。

安くて学生に人気の「ハイライト食堂」の「デラックスハンバーグ」を頼むと、おまけがすごい。



  


2014年10月24日

欧州料理のルーツロシア料理「キエフ」で。

欧州料理といえが、フランス料理が王道だが、それは欧州全体の料理も、元々農産物なども豊かな中央に位置するフランスに持ち込まれて、太平洋・新大陸の文化も地中海文化も北欧文化も持ち込まれているから。

中でもオードブルの習慣やコースとして順番に食べる習慣や食事のスタイルもロシア文化圏から持ち込まれたものが多い。

なぜなら、ロシア文化圏はギリシャ・ローマ時代のギリシャ文化も継承者でもあり、イスラムに追われたギリシャ正教関係者は皆現在ウクライナになったキエフに逃げ込んだ。フランスやイタリアやスペインなどがローマカソリックの西ローマ帝国文化圏なのに対してロシア文化圏は東ローマ帝国文化圏がユーラシア大陸を東へ進み太平洋まで広がった。

世界に太平洋から大西洋までまたがる国はロシアやイギリス・フランスなどであり、イギリス・フランスなどは海外県を持っているからだが、ロシアは陸続きでまたがっている。

そこには130以上の民族が暮らしており、カルムイック共和国のようなモンゴル系の仏教国もチェチェンほかのイスラム教徒が多い国も含まれている。

さまざまな文化は、モンゴルやイスラムなどの遊牧民文化を受け継いだペリメやシャシリクから北欧と同じニシンやサーモンマリネ(セリョートカ・ケタ)からビーフシシューまで幅広い。

今日は久しぶりに10年近く務めた加藤家のロシア料理店「キエフ」ウクライナ名物のボルシチ・ピロシキ・キエフスキーなどをいただいた。

ロシアンティーブルガリアのバラの花びらのジャム添え。グリビー。ロシア黒パン。

ボルシチやピロシキはスラブ系民族がキエフ公国から広がったルースキー(ロシア・ウクライナ・ベラルーシー)のみならず。西スラブ西ローマ・カソリック圏のポーランドなどでも同じルーツの料理がある。

今日は、モモのリキュールのカクテルで乾杯したが、欧州第2位の生産量を誇るロシアビール「バルチカ3番」もいただいた。

御供は、いっしょに祇園スイーツを散策したこともある若きくいしんぼう仲間の女性たちである。

年齢性別に関係なく、くいしんぼうは皆仲間になれる。

最近は家族での外食が多くなった。

2人の娘が20才を過ぎる年になって、料理とお酒も楽しめるから。

次女はもすぐ誕生日。

家族4人で乾杯の日も近い。

もっとも家内は飲めないので、おかげで車で出かけられる。ある意味ラッキー。

でも、娘たちがお付き合いしてくれるのも今だけだろう。

今日の日まで、京都でいっしょにご飯食べした人は2万人を超えた。

京都人口150万だけれど、私の場合は京都に来る世界中の人たちといつでもご飯食べしてきたから。

始めて母国本をプレゼントしてくれたのは、ハンガリーのガル・チボールだった。

中国料理本は、当時仲が良かった中国の陽や台湾の紀や香港出身シンガポール在住の雷がくれた。

京都産業大学外国語学部在学中にチャーチルが創設された「P・T・P」の以来で設立した「国際交流倶楽部」には、ドイツのドクターバウアー」・イタリアのロマノ先生。フランスのムッシュレルー教授ほかアメリカ・イギリス・スペイン・オーストリア・NZほか様々な国の8人の先生もオブザーバーになってくださり、熊野神社の免税店「アミタ」のレストランでパーティーを開いた。

100人の文化人のサロンになった円山公園の「東観荘」。教育大学附属時代の同級生の100人以上は今のご飯食べ仲間でもある。

「キエフ」は歌手加藤登紀子ファミリーのお店でもあり、今度祇園甲部歌舞練場でもライブがあるが、キエフでもライブがある。

他にも「シルクロードの会」他3000人以上の会員だここをホームグランドにされている。

ここで私も多くの会に参加者としても出席し、楽しい時間を過ごした。

食空間は社交場でもある。

くいしんぼうはどこにでもいる。

長い人類に歴史。

今私たちがこの世に存在するのは、同じ歴史の祖先をもっているからだ。

今はもしかすると家族がいない1人かもしれない人でも。大家族の人でも。

歴史を振り返ると、狩猟採集民族時代のご先祖様もいるし、飛鳥・大和時代のご先祖様も、平安時代・鎌倉・室町や戦国時代を生き抜いたご先祖様もいる。何をしていたかは知らないが、どこかの携帯電話のコマーシャルを別として、ほかの動物でなかったのは確か。

どんな時代でもしっかり食べ物を確保して生き抜いてくれた人たちの私たちは全員が子孫なのだ。

私の子孫はもしかすると娘の代までかもしれないし、その先も続くかもしれないし、先のことは神のみぞ知る世界だが、

有名か無名かに関係なく、人生をしっかり食べて育ってくれたバトンを今受け継いでいる。2人の娘にバトンを渡したので、最終ランナーではなかったが、そうであったとしたらゴールのテープを切ったかもしれない。「マラソン誕生秘話」のように「走れメロス」のように最後に倒れても悔いがない人生を最後まで突っ走ろう。最後のデスマスクが笑顔になっているように。  


Posted by こやまあきゆき at 00:53Comments(0)欧州料理

2014年09月27日

ラーメン街道ど真ん中の洋食屋さんでビフテキ

「京都で昔からそのままの形で続いているおいしい洋食屋さん ますむら」

このお店は、なんと「天天有」「高安」「ラーメン荘夢を語れ」「極鶏 鳥だく」ほか京都1ラーメン店が密集している一角。
なぜここに出店したのか?だいたい答えは同じ。ここで1番にならんと意味ない。

今も続々出店が続く「焼肉のいちなん」が1番目立っている五叉路のすぐ北側に、「洋食ますむら」の看板。
ちょうど銭湯に入る路地の角。

このお店、25年ほど前に「京都くいしんぼうの会」の中核メンバーで、下鴨泉川町に住む仲間がおいしいと教えてくれて食べに行った。
久し振りだったが、スタイルはABCDEのコース なんと高くても1200円。
ビフテキセットやグリルドチキンなどにスープ・サラダなどがつく。
この日もわざわざ三条京阪あたりの方が食べに来ていた。

ちょっといい食道みたい。
百万編の「円居」の創業時の店のよう。

ご夫婦で静かにやってます感がいい。

  


Posted by こやまあきゆき at 18:47Comments(0)欧州料理食堂・日常の和洋中華

2014年09月18日

人気の京都イタリアンを書かないわけ

京都には、人気のイタリアンレストランがたくさんある。
このブログでも、紹介していないわけではない。
また、「京都国際レストランネットワーク」には、川端今出川と百万遍の間の「フリーゴ」やカフェでパスタとケーキで人気の「セカンドハウス」もいる。

京都くいしんぼうの会が設立されて最初の10年間。15か国150人以上が毎月集まって会食(コモンミール)をしたときからの仲間や、私が大学で「国際交流倶楽部」を設立したころ、イタリアとの交流をサポートしてくださったイタリア人教授も、「京都のどこのイタリア料理店がおいしいですか?」との質問に「自分の故郷のお店のほうがおいしい」とか「自分のおふくろの料理の方がおいしい」とか「自宅で作る料理の方がおいしい」とか言って、1度も京都のイタリア料理店の名前を出してもらえなかった。

その頃は、「タントタント」などが中心になって京都にイタリア料理研究会が設立されたころで、続々イタリアで修業した日本人シェフが帰国して、熱心に勉強会を開かれていたころで、今も続いているが、私たちの当時のメンバーにもこの活動をサポートしていたイタリア料理好きがいた。

結局、自分の家の方がおいしいと答えるのは、京都のお店が悪いのではなく、イタリア人気質なのだと今は思っている。
基本的に日本に来ているので、日本料理のお店なら彼ららお気に入りのお店の名前が出てくるのだが、いまだに私の周囲のイタリア人仲間から、京都のここがおすすめと言ってもらえない。

「ディボディバ」をはじめ、紹介したお店は日本人などほかの仲間たちのお勧めで、私も自分がおいしと思う店を紹介すればいいのだが、
どうもそこが、イタリアに行ってないだけに、紹介を躊躇してしまう理由だ。けっこうほかの国から来た人は、母国の料理店をPRしてくれるのだが、結局なかなか紹介できないので、今の課題の一つだ。  


Posted by こやまあきゆき at 18:54Comments(0)欧州料理

2014年08月21日

TOM'Sバーガースコットランドフェスタに参加か?

11月8日に開催予定の「スコットランドフェステイバル」
主催者でもあるスコットランドのライセンス契約の名門パブ「アンティシエンエ」の堀江さんは、最高の生ビールがこのイベントのために空輸されてくるので、おいしい料理も出したいと検討を進めている。
すでに、京都の草分け的アイリッシュパブの「ヒルオブタラ」や「ビリー」の店長も歴任したジョニーさんの「ウエストキャッスル」も参戦予定。

ここにきて、「京都市国際交流会館」の国際フェステイバルなどにも参加している「TOM'Sバーガー」も参戦に名乗り出た。

ただの外国料理店の屋台村にはしたくない。いいビールにふさわしいおいしいお店だけを選びたいと堀江さんは構想を練っている。したがって出店はプロに限定されている。
最終的にどのお店のどの料理を選択するかは、堀江さん次第なのでまだまだ未定。

おそらく「アンソシエンエ」のファンだけでも1500枚位は、前売りが完売予定なので混乱を避けるために直前までポスター掲示やパンフレット配布・予約も受け付けていない。

このイベントの売上の一部が、堀江さんが取り組んできたあるチャリティーの義捐金になるが、そのことをPRに使っていると誤解されないために、現在公表されていない。

あくまでもこれは、本気で長期的な支援活動を続けていきたい堀江さんの心意気でもある。

だからこそ、参加する人にはそのことは関係なく、おいしいスコットランドビールと協力してくれるおいしいお店の料理を純粋に楽しんでもらいたい。
、  


Posted by こやまあきゆき at 18:10Comments(0)欧州料理

2014年08月07日

スペインカフェ「sala de estar」でお得ランチ

私が「京都のスペイン村」と呼んでいるのが、「京都御所」の東のほうから「京都市役所」のある丸太町通りから御池通りの間。
寺町通りから西側2筋位までのエリア

このエリアには人気のスペイン料理店が密集していてスペイン雑貨から始まった輸入雑貨の卸元でもある「グランピエ京都本店」(向かいの「丁子屋」も三条木屋町下がったスペインバル「セサモ」もエスニック料理店の草分け、スペイン語の気まぐれな・自由な即興演奏の音楽用語から名前をつけた「カプリチョース」も「グランピエ」の創業者岡田社長が京都に作ったスペイン留学の思い出から生まれた足跡。「グランピエ」創業時は日本の「パエリア」の鍋の70%以上のシエアを持っていた。

この寺町西のエリアには

寺町二条下がるスペイン料理「ラマーサー」(木下グループ創業の地)
寺町二条西スペイン料理「アントニア」(1年間で1番美味しかった料理に「京都くいしんぼうの会」が選んだ海鮮パエリア(要予約)がある。
御池上がったスペイン料理「エルフォゴン」京町屋炭焼きスペイン料理の名店

そして一番このエリアの北側にあるのが、「京都御所」南側。「京都裁判所」東側にある

スペインカフェ「sala de estar 丸太町富小路下がる。

真白なかわいいカフェ 素敵な女性オーナーが作るスペインランチ

昼のみの営業なので3時ころでもOK ランチBOXは持ち帰れる。

850円 メインに現在だと塩豚ステーキかアマダイ塩焼きかチョイス

プレートには季節野菜とトマト・スパニッシュオムレツ・サラダも乗っていてスープとライス(今日はサフランライス)かパンのチョイス

いっしょにドリンクを楽しむ場合は150円プラスでフレッシュジュースやコーヒーチョイス

なによりもおいしい。

寺町通りは「グランピエ」「丁子屋」「巧」「歩」「芽亜里」など輸入雑貨店が並ぶ。京都御所寺町北の「新島記念館」と「京都歴史資料館」(入館無料・奥の映像コーナーがおすすめ)

家具の街「夷川商店街」など散策するのもいい。

ちなみに京都御所南西の門から入ると「九条家」屋敷跡の池に「京都三珍鳥居」のひとつがある。  


Posted by こやまあきゆき at 17:37Comments(0)欧州料理カフェにて

2014年08月03日

チョコがスタウトにスコットランドビール最高

最高に美味しいビールを飲むなら、下鴨のスコットランドパブ「アンソシエンエ」

そこに、今まで飲めなかったスコットランドの生ビールが飲めるようになった。

本格的には、11月に予定されている「スコットランドフェスティバル」で、いろいろ味わえるそうだが、主催者でもあるホーリーさんのお店で、一足先に頂いた。いろんな種類の中でこの日いただけたのは、チョコレートを・・・。

やはり飲んでみないとわからないだろうが、実に上品な味。甘くないよ。

言えることは、こればっかりは料理なしで飲んでいられる。

ちなみに、スコットランドフェスには、とびっきりビールに合ううまいもんも食べられるし、ほかにも面白いイベント盛りだくさん。ただしすでに1500人以上2日間のイベントに予約予定だそうです。前売りだけで完売になりそうで、主催者もまじかまでポスターやチラシまかない予定だとか。

どっかとフリーマーケットもたいになんでもいいから出店せいへん?なってことないんです。

これはあるチャリティーイベントでもあって、売上から寄付されるイベントなんですが、それを出すと集客のために募金していると誤解されるので、そのことに触れていません。予想では、京都の繁華街に2日間で大量の人があつまりそうです。
私も協力していますので、差し支えない範囲で情報流します。そんなビール飲みたい人は、「アンソシエンエ」へ。

1人か2人ぐらいで行かないと、入れませんよ。ちなみに私はいつも1人です。  


Posted by こやまあきゆき at 19:53Comments(0)欧州料理酒の楽しめる店

2014年07月31日

四条河原町のグルメスポット

四条河原町

実話おいしい魚が食べたいと錦市場を歩いてきた。

途中でご存じの鮮魚も串にさして200円で売っている。

しかし、あまりの暑さに気が変わった。

やっぱりリーズナブルでいい店が密集しているのは、裏寺・花遊小路・柳小路

「さらさ」もまだ午前11時では開いてないか?

と通り過ぎたとき「洋食いろいろ盛り合わせ1200円」「牛筋煮込み定食」・・・

「くりぼん」

ここだ。「ハラミ定食」ください。
鉄板に乗ってでてきた。

その前に出てくるサラダはニンジンドレッシングがやや甘め。自家製ピクルスや浅漬けもおいしい。

こんなん食べたかったんです。並びのスペイン料理店の「ラム焼き定食」を狙ってきたのだが。

しかし気になっていたのが「100日カレー」名物の表示。

玉ねぎなどの野菜で真黒だが、超甘口。今までで1番甘口。

しかし野菜などの味でさっぱり。

女子に人気の店です。

野菜も新鮮。

ただし野菜が好きな方は裏寺の「サラダのサンチェ」がおすすめ。

焼き野菜が乗ったカレー専門店「マリーD」は柳小路です。
  


Posted by こやまあきゆき at 16:26Comments(0)欧州料理食堂・日常の和洋中華

2014年04月10日

ロシアとウクライナ問題

桜満開を楽しんでいたら、突然冬に逆戻りの寒い日。スタッフと体が温まるロシア料理「キエフ」でランチしました。
ビーツを使った「ボルシチ」きのこの壺焼き「グリビー」ミンチや具材がたっぷり詰まった「ピロシキ」とロシア紅茶バラの花びら添え

お昼の時間帯ですが、見晴らし抜群の天体は、ロシアやウクライナの重厚なおもむき、暖かい部屋は満席に近い盛況。

ホールもロシア人を含む4人がてきぱきと料理を運んでいました。
5月になると鴨川が床開き、キエフも後半からは毎年ビヤガーデンが開かれます。
京都市内の三山が見渡せる屋上は絶景です。

ウクライナ情勢が緊迫していますが、はっきり言って誰も現地の情勢を理解していまん。
欧米がウクライナを支援しているというのは、結局ウクライナ人を支援しているのであって、
ロシアは130以上の民族が暮らす多民族国家で、たくさんの共和国や自治共和国からなる連邦国家です。

ロシアはロシア人の国ではありません。
ユーラシア大陸は陸続きです。欧米人のルーツのフランク族とかも中央アジアから大移動したわけで、フランスはその名残
フィンランドやエストニアやハンガリーがアジアンでロシアやウクライナやポーランドやチェコやスロバキアやベラルーシがスラブ系ヨーロピアンといっても、インドアーリアンがヨーロッパ系と言っても、皆大移動しているので、様々な混血でもあります。

だから日本のように長いこと鎖国して1つの融合した国は世界でも珍しいのであって、ウクライナ人とロシア人との争いのように専門家もメディアも報道して、欧米よりのウクライナ対ロシアなんて書くのはまったく無知な日本社会の国際性のなさです。

クリミアも東ウクライナもロシア人が多いといってもウクライナ人もほかの民族もいろいろ暮らしてますし、ウクライナでもウクライナ人以外がロシア人以外でもいっぱいいます。今のロシア連邦にもウクライナ人はいっぱい住んでいます。

誰がこの問題を民族問題にしているのでしょうか?
民族問題では、ユーラシアの国はどこでも解決できないのです。
でくから、グルジアが、ロシア連邦から離れる時も、結局グルジアに反発する地域がそこから独立しました。

欧米がウクライナをEUに組み込むと、結局工業化されている東ウクライナがロシア側に移っていき、仮に領土がそのままでも主力の様々なものがロシアに移ってしまいます。ドイツも含めてロシアのエネルギー資源の援助がなければ東ウクライナもEUの東部も潰れてしまうので、ロシアがEUにエネルギーを売れないと潰れてしまうようなコメントは、ロシアを知らなすぎます。

ロシアは、ウクライナに住むウクライナ人以外の人も安心して暮らせるならば必ずしも東ウクライナのロシア吸収を望まないでしょうが、欧米が支援するウクライナのEU化は、ウクライナ人以外は出て行け的な意見も出ているので、ロシアが支援しなければ、内戦になるでしょう。
シリアと同じです。

もう欧米とロシアが争う時代ではないはずです。ウクライナのEU入りは、交流が進んでいた欧米都ロシア連邦にただ亀裂を作ったに過ぎません。ウクライナは過去にもソ連解体時代にロシアから離れて欧米寄りになって、経済が悪化してから再び親ロシアに変わりました。今回再び
EU入りする方向で動くと、民族問題・宗教問題が絡んでセルビアやグルジアのような内戦になる可能性もあります。誰も戦争を望んでないのに、周囲が変に片寄った支援をすると結局泥沼にはまります。日本は、冷静に客観的に両者の言い分を聞いて、平和的解決の橋渡しになるべきです。日本だけ、この地域の民族問題や宗教問題に中立になれるからです。

ロシアレストラン「キエフ」。争うとこの名前は使えなくなるでしょう。
しかし、すべての東スラブや南スラブの旧東ローマ帝国ギリシャ正教の人々になってキエフは、カソリックのバチカン見ないなものです。

バチカンがロシア連邦に移るなって全体にないことですが、もしそんなことになったら戦争です。
同じことがキエフにも言えます。西スラブ系のポーランドはどがカソリックになったとき、2つに別れました。
キエフも西欧に移るって、東スラブ系の国では許しがたいことです。
これは民族紛争でも週休戦争にしてもダメです。
日本のような中立的な国が仲介すべきです。

EUと欧米が平和共存するための解決策を日本は提案できるはずです。
  


Posted by こやまあきゆき at 20:37Comments(0)欧州料理

2014年03月09日

京都で最高のスコットランド料理

昨日は、最高においしい「スコットランド料理」がいただける「下鴨神社」西側の「アンソシエンエ」に行ってきました。
いつもながら、最高のお酒と料理を楽しむために、集まっておられる上品な方々がカウンターに並んでおられて、私も初対面ながら「京都くいしんぼうの会」の仲間たちの事もよくご存知の上品な紳士と意気投合して(勝手に私が喋っていただけだが)、すっかり時間を忘れて夜中の2時半ぐらいまで居座ってしまいました。いつもここに来るとホーリーさんの暖かさを感じてしまって、時間を忘れてしまいます。

お隣のチキングリルも実に美味しそうでしたが、私はホーリーさんお手製の(すべてここはお手製だが)「ローストビーフ」をいただきました。
もう本当に最高です。おそらく目にしただけでみなさん「お~っ」と声にもならないため息をつくでしょう。

周りの方も、出てきたのを見て「お~っ」と。
これは、もう「コモンミール」しかないでしょう。
「おひとつどうぞどうぞ」と言っておきながら、結局ほとんど1人で食べました。

「やっぱり京都人は口だけ」なんて思われたかもしれませんが、ただ美味しくって下にひかれたマッシュポテトとソースの加減が、上品な味わいで、ローストビーフを美味しく食べるためのコラボになっていました。
いつものパクパクではなく、じっくり味わいながらいただきました。気がつけば結局ほとんど1人で食べていました。

「アンソシエンエ」でホーリーさんにお会いしたかったのは、「京都国際レストランネットワーク」を「レストラン」「カフェ」「デリカ」のように分けて、いいお店各111店舗を会員として選んでメンバー制にするにあたって、「お酒と料理」が楽しめるグループのネーミングをどうするかについてでした。この分野では、「ゲイル」の元店長で「ウェストキャッスル」のオーナーの「ジョニー」さんも師匠と読んでいる「ホーリー」さんを私も師匠と思っているので、「パブ」「ビアホール」「ワインバー」「居酒屋」「カフェバー」などをどんなネーミングでまとめるかでした。

私が「カプリ」と呼んでいるのは、この言葉がスペイン語で自由に演奏する音楽用語から来ていて、京都で草分け的なエスニック料理のお店「無国籍料理カプリチョース」の名前で当時は長蛇の行列のできるお店として京都中にグループ展開したことです。略して「カプリ」

今京都にあるたくさんの人気店がここの出身です。私は自由にお酒と料理の文化を提案しておられるお店のカテゴリーとして「カプリ」を使っています。

おすすめはスコットランドお酒と料理「アンソシエンエ」・アイリッシュパブ「ゲイル」「タイグス」「ノーム」「ウエストキャッスル」スペインバル「セサモ」「プラテル」ラム酒と中南米料理「中川酒店」アフロ酒場「ビバラムジカ」東地中海料理「ZAMZAM」お酒とイタリアン「MICHIYA」「バラクーダ」メキシカン居酒屋「エル・ポニート」ワイン&チーズのお店「アシュクルク」ブラジル料理とお酒「Billy&パステル」・「シークス」ワインバー「サエラ」ジャズバー「ZACBARAN」をまず第1弾で上げときます。  


Posted by こやまあきゆき at 12:43Comments(0)欧州料理

2014年02月16日

LINDENBAUMオリンピック代表

ソチ五輪ならぬ世界の料理オリンピックの日本代表の一人
吉田シェフのデリカテッセンが、左京区熊野神社西側にある。
昨日は、人気のランチボックスを購入した。
ランチボックスは700円代と800円代

ソーセージやジビエが得意な吉田シェフなので
パーティーセットなども頼める
ほかのお店でも中々見られない美味しいがいっぱい販売されていて遠くからでも買いにこられる。

「京都国際交流倶楽部連絡会」
の中核メンバーの一人で、「京都国際デリカテッセンネット連絡会」の会長でもある。  


Posted by こやまあきゆき at 11:45Comments(0)欧州料理

2014年02月03日

京都のレストランネット会長ピカポロンツァ

今や京都の巨大なくいしんぼうのネットワークの中核組織になった「京都国際レストランネットワーク」

会長のイゴールライラさんのお店「ピカポロンツァ」に皆さん行かれたことがありますか?
ケーキがとっても美味しいスロベニアレストランです。

是非1度行ってみてください。小さいので予約が取れない店です。今の時期いいかも。
http://www.ne.jp/asahi/pika/polonca/

スロベニアってどこ?
昔ユーゴスラビアと呼ばれていた国は、それぞれの異なった文化を持つ7つの連合でした。
その後独立したのですが、元の国名は「南スラブ」を意味しています。

オーストリアやスイスのようにケーキがおいしい店です。  


2014年01月07日

伏見のルーマニア料理店

私以上にくいしんぼうな、OSAMURAさんからコメントに入った情報です。
伏見にルーマニア料理店「Casa Antoaneta」が、OPENしています。
残念ながら、私自身超多忙でまだ行けていません。信頼できるくいしんぼう仲間たちからの情報を書いておきます。

京大病院前の「アラシノキッチン」は、1週間ほどお休みされます。三条河原町下がった有名な老舗珈琲店「六曜社」のあゆりさん情報です。

大谷大学東側の人気インド料理店「ヌラーニ」グループ4店舗目では、鹿肉のメニューなどジビエも出始めているそうです。三条河原町上がったインド料理大好き人間の印判屋の主人が、めっちゃ気に入って通いつめてます。

高野のイズミヤ北向かいの人気ネパール料理店「サムジャナ」の修学院駅西側の姉妹店が頑張っています。京福叡山線には、茶山に近い「サムジャナ」本店・一乗寺駅西側の「ナマステキッチン」・修学院の「サムジャナ」と駅ごとにネパール料理店があります。インド料理も含まれるのでとても人気です。

寒い時期寒い国の料理はやはり人気です。ロシア料理「キエフ」・「ロシアンカフェ「バーバチカ」に次いでルーマニア料理もできました。
フィンランドカフェ「カウニスマーラ」も頑張っています。カナダ人の奥様の「生ショコラ」やオランダでも修行された「リンデンバウム」
フィンランドパン「キートス」のパンは温かいお料理にも合います。西院のベルギー料理「モニュマンブルー」。チベット料理「ランゼン」
更に韓国料理や中国料理もおすすめです。

日本のうどん料理を研究中の私ですが、今日は1日限定の「春の七草うどん」が出ました。
数量限定で3時に完売しました。
「七草粥」という習慣は、元々「七草汁」が最初です。いっしょに柔らかいおかゆと食べたそうです。
全国には「七草」を様々な汁物で食べる習慣があり、そのなかに「七草うどん」もあります。少しあんかけにするといいでしょう。
基本的には、精進系なので余計なものは入れません。

  


Posted by こやまあきゆき at 17:59Comments(0)欧州料理

2013年12月22日

京都もすっかりクリスマスです

昨日は四条河原町周辺をウロウロしていました。

今日は北山から下鴨周辺をウロウロしていました。

我が家のクリスマスはいつも私がロシアレストラン「キエフ」のクリスマスライブなどでわいわいしていたので、クリスマスライブが懐かしいです。

京都でもいろんな場所でクリスマスライブが開かれます。

ロームや平安女学院のイルミネーションが有名ですが、駅周辺やいろんな場所でも頑張っています。

北山や北白川が近所なので1件だけおもいっきり頑張っている家ありますね。

河原町周辺はやっぱりクリスマス一色です。

娘がフレスコで使うんだと言ってサンタさんの帽子とトナカイとを持って行きました。

どっちつけたのと聞いたら両方だそうで、せんとくんみたいになってうようです。

サンタは青でもなんでも良かったそうですね。昨日はAKBのクリスマスをコントでやってましたが、

子供にとってはやっぱり嬉しい日です。

でも自分にご褒美でケーキ食べるのもいいでしょう。美味しいケーキがいっぱいあります。

一昔前は、大量に作って冷凍保存されたいちごのショートが大量に山積みされてましたが、

今は、小さくても本当に美味しいもの食べたい日ですね。

さてさてあなたは何を食べますか?  


Posted by こやまあきゆき at 18:24Comments(0)欧州料理

2013年11月22日

スペイン料理アントニオ10周年

京都で「くいしんぼうの会」が選んだ年間ベストプレートを取ったこともある寺町二条西入るのスペイン料理「アントニオ」が10周年を迎えました。ICON59

寺町二条は京都のスペイン村とも呼ばれています。
交差点の西側に「アントニオ」下がったところにスペイン料理「ラマーサ」少し西で下がったところにスペイン料理「エルフォゴン」更に寺町上がったところに、スペインや世界の輸入雑貨「グランピエ」があります。パエリアの日本の鍋の輸入が会社設立当初70%を占めていたスペイン雑貨のお店から始まった老舗です。向かいの「丁字屋」も系列。

アントニオさんの選ぶ素材は新鮮ですべてが丁寧に調理されていて、在京都のスペイン人のたまり場的なお店です。
京都には4グループのスペイン料理の顔があります。
京都で3番目に出来て、今や京都駅ビルや烏丸店も大人気、四条縄手上がったところに本店のある「フィゲラス」
老舗に加えて、スペイン人シェフとして京都のパイオニア的な銀閣ジ1筋上がる「ティオペペ」のマニエルゴンザレスさん。
京都で1番パワフルなスペイン料理店グループ。木下オーナーの「ラマーサ」「エルフォゴン」「ガジェガ」「フイゴ」
そして、超イケメンシェフアントニオさんの完成度抜群の「アントニオ」

これらは、実はスペインの様々な国の料理に分かれているのです。是非食べ歩いてください。
自宅でスペイン料理を作るなら四条木屋町上がった「ノノヤマ」でシェリーを買いましょう。

西の方にお店がなと?大丈夫です。二条御前の「すみや」は「フィゲラス」元料理長平山オーナーシェフのお店です。
ワインが好きでタパス行くなら三条河原町東イル地下のスペインバル「セサモ」が超おすすめです。安くて旨い。
女性に人気のお店「お魚タロー」東洞院「リコリコ」出町柳がおすすめです。

御所南にスペインカフェ「セラディエスタ」があります。

長岡京にも「アレグレ」があります。

クリスマスはスペイン料理にする?  


Posted by こやまあきゆき at 20:13Comments(0)欧州料理

2013年10月04日

寺町二条「La masa」うさぎのパエリアランチ

うさぎと鶏肉のパエリアランチを頂いた。

イカ墨他5種類あるなかで、うさぎと鶏肉のランチを頂いた。

先にムール貝やスパニッシュオムレツなど頂いたので、ワインが飲みたかった。

最初1人で静かにいただけると思っていたら続々来店。

オーナーが表を通って、めがあった。

「何してんねん的な話」

実は、オーナー偶然「うどんミュージアム」の前を通りがかって、「なんじゃこりゃ」と思っていたそうだ。

そんなんです。よろしくね。

うどんミュージアム入口に、京都の人気レストランやカフェのカードを置いている。

ラマーサ・エルフォゴン・ガジェガ・フイゴのラマーサグループもフィゲラスやアントニオのカードもすぐなくなる。

補充しに来たんや。おおきに。そんな会話。

個々は魚介の素材にうるさいお店だから、魚介好きにはおすすめです。

うさぎ食べたん久しぶりなんでごめん。  


Posted by こやまあきゆき at 21:21Comments(0)欧州料理

2013年09月28日

一番美味しいのはベトナム料理?

シルクロードの探検隊のメンバーだった父と熊野神社の世界の料理フードコートに行った。

そうです、メキシコ料理「エルラティーノ」のある所。

1番置くの「クワトロ33(バーバー)」に行ったのです。

ベトナムビール333(バーバーバー)を、ジージとオオジージが飲んだのです。

生春巻きもエビプリ

エビのピリ辛炒め他 美味しいの連発

ベトナム料理には、エスニックと中華とフレンチが融合しているだけに美味しいはず

同じフローのインド料理・中国料理などもある不思議空間はどこも安いです。  


Posted by こやまあきゆき at 20:48Comments(0)欧州料理

2013年09月28日

リンデンバウムの欧風惣菜

2日前に、熊野神社の「リンデンバウム」に父と買い物に行った。

美味しいものが目白押しなのだが、腎臓に負担のない食品となると難しい。

吉田オーナー自ら、塩分・カリウムのない保存性の高い食品が残念ながらほとんどないと困った顔をさせてしまった。

しかし、まず父はいろんな種類のパンがあるのを喜んで一通り選んでいる。ジャムもりんごだったらOK.

サラダもあるし。

帰る道でも、明日の朝食は楽しみを連発。

翌朝、我が家の朝食は、リンデンバウムのパンtとジャム

サラダと別で買ったフルーツゼリー

コーヒーと野菜ジュース

美味しそうなハムやソーセージが買えないのを残念がっていた。

  


Posted by こやまあきゆき at 20:42Comments(0)欧州料理食品

2013年09月04日

蕎麦好き集合SOBACafeSarrasin

蕎麦というと日本人は「和そば」しかないと思っている人が多い。
日本人でも、今の手打ちそばが普及するのは江戸時代の事で、蕎麦がきなど昔は食料不足や土地の痩せたところで採って食べていた。
しかし、まず日本では高知でも古い遺跡から発見されたように、日本連投での栽培は古く、また実はせかいてきには立派に穀物として栽培されて様々な国で食されている。イタリアの蕎麦ニョッキ、ロシアの蕎麦パン、フランスのガレット、京都の蕎麦店「わたつね」のご主人が日本を代表して毎年参加されている「世界蕎麦学会」には35カ国以上が参加している。

そんなマニアックな蕎麦好きが集まるお店が五条烏丸にある「SOBACafeSarrasin」
8月はアフリカエチオピアの料理も出ていた。

ガレットは蕎麦粉を使ったものでフランス語。

この店にはそれぞれ蕎麦にこだわる人が集まる。

15日の知恩寺の手作り市にも参加している。

何か新しい食の世界を探している貴方には、まず足を運んでみる価値があるおでは。

残念ながら8月は「U-1」グランプリが東京代々木であったり、「うどんくん」のゆるキャラが四条大橋でデビューしたりで、私自身中々時間が取れなかったが、近いうちにまずおじゃましたいお店ランキング1番のお店です。

麺に関しては京都は「うどん好き」「蕎麦好き」「ラーメン好き」が同居しているにほんでも不思議な街です。
「わたつねさん」によると、一部の老舗を除いて京都の蕎麦屋の多くは元々うどん屋だったそうです。
蕎麦の方が歴史が浅いからです。また日本中からいろんなうどん屋が京都に来ているためです。
近年になって、麺業界として首都東京の名店に修行に行くようになって蕎麦打ちを学び「蕎麦屋」になった店が多くなり、「うどん屋」と「蕎麦屋」が同居する街になり、更に「ラーメン屋」ができてからも様々なラーメン屋は個性を競ったので京都ブランドではなくお店のブランドになりました。

歴史・技術を受け継いでも個性もないと認められない多種多様文化の街京都では、しかしその多様性を楽しむ人がたくさんいるので、やがて新しい文化も京都に馴染んでいきます。原動力は人口の10%を占める学生と約40の大学関係者です。「蕎麦」が世界の食の一つであることをすぐ理解できる人が多いのも京都の魅力です。

「うどん」も「お米」も「蕎麦」も「ラーメン」もどんどん多様性を生む食であると同時に京都の多様性を楽しむそれが京都の魅力です。
http://www.sarrasin-kyoto.com/index.html

尚農村部でネパール料理バスツアー「京都ダーチャバス」まもなくです。
仔細は明日にでも。「いのちの里京都村」で検索してください。  


Posted by こやまあきゆき at 21:44Comments(2)スイーツ欧州料理アジア・アフリカ料理

2013年08月11日

一乗寺出口町のグリル「にんじん」

今朝、一乗寺の皆さんと公演の草刈をした。
そのあとご近所の方と地域を歩いていて地元のグリル「にんじん」の話になった。
30年の歴史のあるこのお店は、人参の洋食を求めて他府県から来る方も多い。

元々京都駅近くにあったからかもしれないが、おいしいの評判で来店してやみつきになった人も多い。
http://www.grill-ninjin.com/

出口町にはお魚の美味しい和食のお店や蕎麦屋、パティスリー他美味しいお店が住宅街に点在している。
京都で1番散策に人気のスポットでもある。

バスの5番や一乗寺駅から歩く人が多い。修学院までの山側は実に楽しい地域である。  


Posted by こやまあきゆき at 13:02Comments(0)欧州料理

2013年08月04日

西院ベルギー料理モニュマンブルー

ミュージックフェスタで盛り上がる西院。
しかし、この流れは絶対的な主催者がいるのではなく、様々な人の数珠つなぎ的ネットワークが広がってきたようだ。
春日神社や様々な関係者に聞いても、それぞれのつながっている人以外は、よく知らないそうだ。

これこそたくさんの会場。多くの人が参加できる形なのかもしれない。
西院という地域関係者はもちろん。
多くの方の協力と信頼関係がなければここまで続かない。

ある地域・商店街の世話人の方と話し合ったばかりだが、その地域周辺のたくさんの商店街は
みな別の社寺と親しい。
学区もたくさんに分かれる。
その結果なかなか集まっても1つのイベントにはできないそうだ。  


Posted by こやまあきゆき at 22:33Comments(0)欧州料理ミュージック

2013年07月23日

20周年ベルギー料理「モニュマンブルー」

まもなく開催される「西院ミュージックフェスティバル」会場にもなっている、ベルギー料理「モニュマンブルー」
創業20周年おめでとう!神崎さんおめでとう。

120種類のベルギービール。輸入しているのでお店に卸もできるここで飲むのがほんまでしょう。

ビールに合うベルギーや欧州料理やらスィーツまで

女性に特に支持されているお店

西院ミュージックフェスティバルの時には、ごった返すのでカウンターでドリンク注文してください。

普段も1人でも友人とでも。とにかく京都の外国料理店おすすめのお店の一つです。

京都のベルギー関係のお店はほかに

寺町二条のベルギー焼き菓子のお店と下鴨神社北側のチョコラのお店がおすすめです。

世界のビールをお買い求めの方には左京区里の前を西に行った酒屋さんに世界中のビールが販売されています。

以前並びにあった「世界のビール」のお店は弟さんでした。見たこと聞いたことないビールが目白押しです。  


Posted by こやまあきゆき at 19:35Comments(0)欧州料理