京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2014年07月27日

京都左京の多国籍料理COO-C'INは超人気

 京都の無国籍料理・多国籍料理店にには、3つの老舗がある。
1.「無国籍料理カプリチョース」ゆうまでもなく、私小山晶之が責任者を務めたお店。
  輸入民芸「グランピエ紹介」を、銀閣寺「橋本関雪記念館」内にある、イタリア料理「ノアノア」の地下で開業した岡田社長の創設ししたグループ。
  一時は、「カプリチョース北白川店」「カプリチョース岡崎店」「スペインバルセサモ」「三越エレガンス(現在の祇園ヤサカビル)地下のプエルタ」「カプリチョース麺粥」「鹿ケ谷山荘」「木屋町の割烹忘我」「床のあるロコ」「宇治植物園のちょうちょ」「ホテルギンモンド地下の丁子屋」など、どんどん膨れ上がった。 そこで働いたスタッフは次々独立。
  ・堀川御池西側「すみや」料理長平山元「カプリチョース本店料理長」平や山さん「の着せ「「・川端清水町「いやいやえん」オーナー大槻(元「カプリチョース北白川スタッフ」・・・・・・
2、「ファーイースト」スタッフの大槻さんが「ぐるぐるカフェ」」オーナー


3、多国籍料理「COO・C'IN] 京都御所」東側から、左京の高野から東へ、エイデン超えた高原通角南川。
  久しぶりに行ってきました。黒酢アンの酢豚。牛肉の・・・。とにかくおいしいですが、「女子会」の超人気店。
  週末は予約だけで満席になります。予約の方は075-722-5025です。  


Posted by こやまあきゆき at 18:28Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2014年06月12日

多国籍料理「クーシン」予約満席でした。

家内・長女・次女と4人で、世界の料理が楽しめる、北大路の北白川から西に行った角の「クーシン」に行ったのだが、残念ながら全席予約席だった。
自宅に近いので、いつでも行けると思いついつも、「ビレッジ」や「ビバタムジカ」に行ってしまうので、今回は家内のリクエストですっかりその気だったが、
結局、長女が時間があまりなかったので向かいの「サイゼリア」になってしまた。

ま、ここほ安くていいの出が、クーシン麺が頭にあっただけに私はチキングリルしか注文しなかった。

すると、エスカルゴや水牛のチーズや家族が注文したオスソワケが次々回ってくる。
よっぽど私が不機嫌そうな顔でもしていたのか?

次女が食べていたドリアを「パパア~ン」と出してくると、長女が「あんたやりすぎ、キモイ」

それでも家族4人での外食はいつからか思い出せない。
今まで普通の人が夕食の時間に働いていたから、せいぜい朝食か夜食を自宅で一緒にするくらいだったが。

昨年からは、週一の休みの前日は実家に帰って両親と休日を過ごしている。
昨夜がその日。昼は私がオムライスにハヤシをかけて。夜はリゾット。
今朝は、朝7時半の朝食が、父が朝ごはんのために早起きしてメークイーンとソーセージなどでクリームシチューを作ってくれた。
昼は、立派なワカメや麩とやはり乾物の椎茸を甘く炊いて、あごだしをあんかけにして椎茸を炊いたうま味の入った煮汁も加えて
さぬきうどんを茹でて、あえて水でしめて投入。

暑い昼にやや熱すぎないようにネバネバとろとろワカメたっぷりの讃岐うどんに椎茸をみじん切りにしてトッピング。

おなかに優しいうどんを作って母といただいた。
父は、特製弁当を下げて帰ってきた。

今は、帰宅途中の高野のネットができるお店にいる。表のたこ焼き注文したので、前に置かれている。
しかし、ここで食べずに持って帰ります。

2週間前だったか、帰るとタコ焼きが山盛り置いてあった。
長女が作ったそうだ。
大阪人ではないので、めったに食べないけれど、たまにはいいよね。  


2014年02月28日

エスニック料理店七割倒産

私が書いた「定番にしたい異国料理店」教材研究所刊の巻末に紹介した200店舗の世界の料理が食べられるお店。
移転は数店舗あるが、閉店は少ない。

しかし、エスニックブームが始まった初期に出された京都新聞刊「京都の異国料理店」を、今朝見てみるとすでに7割以上が姿を消している。
幸いその中にあるお店で、現在「京都国際レストランネットワーク」に入っている中核店は、今も人気のお店だが改めて息の長い人気店を
チェックしてみた。

◎スペイン料理「フィゲラス」現在は、京都駅のスバコの2階にあるカウンターのお店も、京都についたとき、京都から帰るときの思い出を語る伝説のフランスの焼き菓子「タルトタタン」をいただけるお店としても人気である。このフランスでも紹介されたお菓子は、「フィゲラス」を生んだオーナーの岡崎にあるフランス料理店で焼かれている。
◎ロシア料理「キエフ」ここでいうロシア料理は広義の130以上の民族で構成されるロシアやスラブ系の最初の国キエフ公国」に由来するために、現在ニュースになっている「ウクライナ」の首都の名前であり、京都市と姉妹都市。ロシア・ウクライナ・グルジアなどの料理がある。
◎カリフォルニア料理「ラホヤ」十塚さんは、スキューバーダイビングで訪れていたカリフォルニアのラホヤが、スペイン・メキシコ時代からの伝統も受け継ぐ街であり、その様々な伝統料理を楽しめるお店を、二条城北側の大宮通り上がるの細い路地に作った。青い玄関が目印。
◎インド料理「サーガル」「ムガール」「ケララ」「アショカ」インド料理のジャンルが1番たくさん残っている。他にもカレー系の「DiDi」なども紹介されている。
◎カントり-ミュージックとケイジャン料理の「ホンキートンク」は、今も変わらない西部劇時代を彷彿させるお店だ。今はインディアンが悪役になったものも多かったせいで、ほとんど作られなくなり、音楽と料理が独り歩きしているだけに、ホンキートンクはまさに世界遺産みたいだ。
◎タイ料理「イーサン」は、タイの北東を意味する。同志社大学の近くにには、エスニック料理店が少なかったので今に残る貴重なお店である。今でこそたくさんのタイ料理店が出来ているが、1番の老舗「デポサワディー」や人気No1の「タムサバイ」が消えて。老舗の生き残り。
◎ブラジルカフェ「カフェジーニョ」ブラジル料理が本格的に食べられるのに、ブラジルコーヒーも激安。悪名でも道楽的なこのお店は、Brazil珈琲好き料理好きにはたまらないお店。しかもカウンターには、商売家のないオーナーに毎日愛に来る人たちが並ぶ。まさにBrazil。
◎メキシコ料理「エルラティーノ」「ビクーニャ」「エルコヨーテ」共に京都でそれぞれタイプが違うメキシコ料理の老舗。ビクーニャには、あの伝説のインカ料理店「森繁」の伝統の味ホワイトシチュー(ホワイトカレー)が生き残っている。共に音楽やダンスの伝統も残る。

この本に紹介されているお店で、場所が移転したりオーナーが変わって店名が変わったお店もほかたくさんあるが、何よりも今の人気カフェ
「さらさ」が、紹介されていること。 ちょうど「ざっくばらん」が「セカンドハウス」を生んだように、多くのお店が展開している。  


Posted by こやまあきゆき at 19:56Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2013年09月14日

京都寒くないですか?

京都寒くないですか?
あの真夏日から一転して京都の観光地が人人人です。
おかげでうどんミュージアムのある祇園商店街も人で溢れています。
うどんくんを30人以上の人に囲まれてパフォーマンスするぐらいです。

こうなるとしっかり食べたいですね。
この3日間我家では3日もすき焼きとか肉と野菜食べています。

うどんミュージアムには超人気の海老てんカレーうどんが入りました。
ココナッツミルクも入ったこってりカレーがうどんにかかっていて、上に揚げたて海老天。
ご飯と白髪ネギ添え。うどんのあとご飯でカレーを楽しめます。

といううことで、
カレーはインド料理・ネパール料理が美味しくなったので、
洋食なら「安井亭」「七番館」「円居」「平和」
イタリアン「ディボディバ」「タントタント」「エルパッパラルド」「ロビンソン」「ながぐつ亭」「フクムラ」「タントタント」
焼肉「天壇」「南山」「いちなん」
ビールとソーセージ「ミュンヘン」「アサヒ」「エビスビール」
夜はもちろん「アンテキシエンエ」「ベルギー料理モニュマンブルー」

ちょっとあたらしいおいしい店探してます。
「すみや」がいいかも。

家で作るとこんなに美味しいのにといつも思います。
ミュージアムにかしわうどんがあります。毎日かしわはその日に煮込んでます。

いちなんの焼肉とソーセージでビールとか「セサモ」の料理とかやっぱり美味しいよね。
なんで「京都国際レストランネットーワーク」のお店が皆繁盛しているかって、ただただ安くって美味しいからだけでしょう。

新しい店が進出しては潰れているけど、目新しいだけでは続かんです。

一時16店舗を超えて京都に進出してきた大手のお店、最近ガラガラです。たくさん全国にお持ちだから持ちこたえて宣伝広告費かけまくっているようですが、京都人が行かないから観光客相手だけです。地元のいろんな会合で反対運動も起こっているので、見せかけの商売は通じません。京都は国際観光都市なので、ここ数年で京都の繁華街にどんどん店舗展開している大阪の和菓子チェーン店があります。どうして和菓子の都京都で真空パックの和菓子買って帰るのか、せっかく生菓子で美味しいものが山ほどお店があるのに。京都のお店でも工場生産で真空パックで店舗展開しているものたくさんあります。できればここ1軒しかない手作りの和菓子屋さんで、出来立てを買ってください。

ただし、北野天満宮向かいの粟餅なら持ち時間が長いと売ってくれません。目の前でこねて出来立てを食べるからです。みたまやの黒みつだんごも5パックほどなくなったら作っています。祇園のおはぎもなくなったら作ってます。大徳寺の有名なお茶菓子は昔から毎日作る量が決まっています。なくなったらおしまい。それが1番美味しいです。

我が家のすき焼きは「末広」が特別に用意してくれるお肉です。店頭のお肉ではありません。「三嶋亭」ほどではありませんが、我が家は昔から切ってもらってます。昔は1KG買ってました。

いちなんの孫さんまた行くからね。  


2012年11月23日

ワニ?ダチョウ?さすが京都大学屋台

アフリカ料理店アシャンティーがなくなって、ワニやダチョウを食べ比べできなくなくなったと思っていたら、さすが京都大学。NFの吉田グランドお祭り広場屋台にダチョウやワニの串焼きが登場。

本部周辺会場にもアイス揚げの競演とかタコスや水餃子も。なつかしのフランスの!とか、幻の?とか。農学部系は美味しいと期待してしまう。口直しに?沢山ある食堂行きたいけど開いてる?京大周辺には、沢山店あるから帰り道にも楽しみがあります。
まずワニ?ダチョウ?

京都工芸繊維大学でも松ヶ崎祭開催中です。
http://www.kit.ac.jp/01/topics/2012/matugasakisai121122.html


つぎは、同志社EVEです。  


Posted by こやまあきゆき at 12:32Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2012年11月03日

本日世界の屋台が国際交流会館で

左京区蹴上にある京都国際交流会館で、本日4時までOPEN DAY
世界の屋台出店

スペイン料理ティオぺぺも出店  


Posted by こやまあきゆき at 14:01Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2012年11月02日

秘密の扉の向こうの楽園

京都には、すごく居心地のいいお店でも、なんでこんなに入りにくいの?てな店がたくさんある。例えば、京都最大のエスニック料理店とも言える、インドネシア料理店ハティハティでも、六角木屋町の雑居ビル群ともいえる、第一観光ビル第二観光ビルなどが並ぶビルの真ん中の地下階段を降りていくと、やや殺風景な踊場。レストランの入り口の扉にしては、重い大きな扉に初めての人は、気後れして帰ってしまう。しかも扉の向こうは、以外とこじんまりした空間で、カウンターには丸坊主?時にサングラスっぽいメガネの怪しげなオーナーがいる。120席あり、結婚披露宴も多いこの店は、広すぎて、平日は半分以上が間仕切りの向こうにある。怪しげなオーナーはいたって陽気。インドネシア各地の料理もある。

河原町六角にあるレゲエ酒場ラスタも、エレベーターを上がると大きな扉を開けるのに勇気がいる。開けるとまるで洞窟内。手作りモザイクタイルのテーブル。安くて居心地抜群。女子会利用も多い。

京都をお洒落にカクテルなど楽しむお店は、やはり祇園のフィンランディア。あの一力さんの西に入ったお茶屋さん街の並びなので、一見さんお断りかと思えば1人初めてでも大丈夫。バーなのでとても親切なパーティーダーさんが静かな中でお話しなど。女性1人の方も多い。扉が二つあるので知らないと気後れするが、京都の思い出に寄りたいお店。

楽園と名が付くのが、バリやタイ料理の楽園アジア。京都国際ホテルの北向かい。二階にグループ席がある。

スペイン料理が安くて美味しいスペインバルのセサモは、三条木屋町上がって一筋北。気のせいか奥のテーブル席が時間忘れ席。

丸太町大宮下ル、カリフォルニアレストラン 青い扉の向こうには、優しいオーナーが作る料理 ラホヤのカリフォルニアレストランは、アメリカンとメキシカンがひとつになっている。  


Posted by こやまあきゆき at 05:32Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2012年07月29日

夏バテはフルーツソースで

猛暑が続く中、満席状態のお店をみていて気づきました。
インド料理 タイ料理 インドネシア料理 メキシコ料理 沖縄料理 地中海料理 もちろん暑い国の料理なんですが、中でもお酢や香辛料以外に、フルーツを使っている料理が人気なんです。

私は以前、北山駅上がったバリスィーツのお店のバリガシさんのトロピカルフルーツを料理やスィーツに使っているのを、ご紹介しました。
 タイ料理も出している京都国際ホテル北側にある、楽園アジアには、若鶏のパイナップルソースがあります。タイ料理には、パイナップルが入ったパイナップルチャーハンがあるお店があります。インド料理人気の大将軍のヌラーニさんに、トロピカルフルーツを使った料理が出る事も。家庭用も販売されているマンゴーチャツネは、家庭のカレーだけでなく、シチューやトーストのトッピングやチキングリルに少し加えたり、我が家では常時使います。
ブラジル料理で、私が昔カプリチョースで出していたのが、豚肉とパイナップルのグリル。酢豚にパイナップルを使ったり、シュラスコに使うのも、パイナップルは豚肉を柔らかくして旨味を増します。フィリピン料理アジアティカ祇園に、豚の脂身のパイナップル煮込みが絶品です。
 リンゴは焼くと、とても旨味がでます。砂糖とシナモンで焼くだけでもいいし、ミキサーで潰すか裏ごししてグリルやソース 煮込みに使います。デミグラスソースを毎日煮込んでいたレストランでは、種や芯以外デザートに使う以外の残りは、全部寸胴に放り込んでました。ステーキや焼き肉のタレコンクールで約35種類の中から一位に選ばれたタレにも、隠し味にリンゴを沢山入れてました。シンプルなリンゴ料理で有名なタルトタタンは、岡崎のLa Voitureで頂けます。また、元々姉妹店のスペイン料理フィゲラスにもおいでますので、京都駅伊勢丹前スバコ二階へ。
 ベリー系はスィーツの定番で、特にアメリカ大陸上陸時、一面ベリーが群生してた為、パパジョーンズのチーズケーキやベリーベリーカフェ スピークイージーのバーガー他いろんなアメリカンな店で使いますが、ホテルオークラ地下二階のイタリアアンに京豚のグリル栗とオリーブのブルーベリーソースがあらます。ロシアレストランキエフのコースのザクスカに自家製ハムがのる場合は、グランベリーソースがゼリーでのっています。
 バナナとスモモは、我が家の食卓に常時置いてます。バナナはすぐ柔らかくなるので、食事代わりにも食べます。しかし焼きバナナは絶品です。ラム酒や我が家ではおれんじリキュールを使いますが、本物をしっていると、驚きの味です。御所南にある、カリブサンドクレオールさんの絶品を推薦します。ラム酒が最高のサトウキビから造られているのがポイント。オーナーが世界最高のラム酒を造るマルティニーク出身です。その辺の酒屋のラム酒と香りが別物。
 フルーツまだまだいろんな使い方がありますが、最後に鴨料理といえばオレンジ。そのままでもアレンジでも、鶏は特に相性がいい。また、ペルシャやトルコでは、ライム汁をレモンよりポピュラーに使います。様々な煮込みにも入ってます。京都では、一本買いはできませんが、お店ならぐるぐるカフェに相談して、ハラル食品のドルフィンでビン入りがケース買いできます。このライム汁は、水で割ってシロップ少し加えるだけで夏バテ予防になります。
 おまけですが、ブラジルファーストフードのパステルのカクテル裏メニューが、カインシェーバーとかいうそうで、オクタビオが特別に作ってくれました。普段は忙しいのでやらないので、自分でやって。店では、シェーカーにライム汁一個分とグラニュー糖小さじ一杯。少しビール加えてシェーク。泡立つからビールは砂糖溶かす程度だけ。混ざったものにビールを加えて飲むだけ。ビールテイストしません。また、様々な料理に様々なフルーツジュースを使いたい方は、YAMAYAをお薦めします。左京のイズミヤカナートや四条烏丸他店舗も増えています。  


Posted by こやまあきゆき at 19:03Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2012年01月05日

イタリタ?インド?ペルシャ?プネプネのまかない

河原町高辻に、カフェレストランぷねプネプネがある。
イタリアン インディアン ペルシャンレストランプネプネ
席数が多いので、毎日沢山のパーティーが入っている。しかしこの店。メインシェフは一人。
現在はインド人シェフ。2年前まで、今のシャンディーズのイラン人シェフ嵐も、この店にいた。つまり2人は同僚。という事で、1週間休みのプネプネのシェフが、まかないを作りに来てくれた。とはいえまかない。店にあるスパイスや材料でチキンの料理が完成。本人は、もっと使いたいスパイスがあったと、ややもの足りない顔だが、だいたい他流試合みたいな他の店で、ありあわせでまかない作ってプロの料理人たちが食べている中、どうだいうまいだろう的顔する地合いは、テレビ以外見たことない。うまい!とか、黙って美味いって顔して食べてたら、たまにニコニコする人もあるが、基本的に皆プロとして、毎日沢山の人に美味しい料理作ってるから、一々一喜一憂してられないし、自分の味覚で間違いないと思ってつくっているから。しかし、やはり文化の違う人が食べる時は、やはり表情が気になる様子。
おかげで、今日は、嵐シェフに会いに来たプネプネの料理長が作ってくれたインド料理まかないでした。

最後になりまさたが、タイトルの3つの料理は、古代において密接な関係にあったのです。
ローマ帝国やアレキサンダーの時代を考えてください。
詳しくはまた。  


Posted by こやまあきゆき at 23:07Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2011年11月08日

丁子屋と宇治植物園のちょうちょ

御池のホテルギンモンドの地下にある丁子屋は、スペインと中国高級料理店に和の要素も加わったような無国籍な感じの料理店。お店のスタッフに聞いても創業までの経緯をよく知らなかったので、勝手に解説すると、このおみせは、銀閣寺道にある日本画家の橋本関雪記念館内ノアノア地下からスタートした輸入雑貨グランピエ商会を設立した岡田幹司という類い希なセンスを持ったスペイン帰りの経営者が作り上げた無国籍空間である。岡田氏は、北白川にエスニック料理の草分けのカプリチョースを設立。岡崎にセグンド。三条セサモ。祇園プエルタ。カプリ麺粥。更に鹿ヶ谷山荘。忘我ボア スペイン語で猪。宇治にちょうちょ。丁子屋。ロコを作った。猪鹿蝶などが語源。
輸入雑貨グランピエと雑貨の丁子屋は、寺町二条上がるにる。2つの丁子屋は同じロゴ。今のスタッフは、昔話なので知らなかったが、そんなうんちくより、料理は実に良かった。グランピエなどにいる中原兄弟が最後の生え抜きかも。ちなみに御前御池のすみやの平山紀久雄がカプリや初期丁子屋でチーフなどを勤めた。彼の店に伝説の鶏飯がある。  


Posted by こやまあきゆき at 16:43Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2011年08月29日

東地中海料理「ZAMZAM」まもなくOPEN

お待ちかねの東地中海料理を集めたお店「ZAMZAM」が、木屋町六角下がるに完成しました。
正式なOPENはまだ未定ですが、今日工事が終わったばかりのZAMZAMの店内を拝見してきました。
最終的には、9月に入って9日を予定しているそうです。
その為にも、今以上スタッフが必要になります。
メニューには、トルコ料理やレバノン料理からギリシャ料理のキャバブやちょっとおもしろいイタリアンも。
地中海は、北アフリカ・ヨーロッパ・アジアというう枠を超えて、昔から常に料理の面でも交流がありました。
更に、今回の店名は、ムスリムの方には、大変大切な聖なる水を意味しています。イランなどでは、コーラのブランド名にもなっていますが、これもペプシコからZAMZAMに改名されたそうです。お酒を出すのはどうかというご意見も確かにございますが、このお店は、宗教や国の枠を超えて、地中海周辺のまだ知られていない料理を、もっと多くの方にしっていただいて、楽しんでいただければと考えています。スクリーンで現地の踊りなどの映像なども流しますので、お楽しみに。
スタッフとしての参加に関心のある方は、オーナーのレザさんまで。
 090-9989-2689 もちろん日本語は堪能です。
レザさんは、イランジュニアのサッカー代表でした。日本のフットサルをラモスさんらと始めた方でもあります。  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 20:04Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2011年07月03日

アジアンレストラン芙蓉園でランチ

中華料理とタイ料理が主なメニューになっている烏丸今出川西側の「芙蓉園」で、1日ランチしました。
タイカレーセットを注文しました。

なんとなく予想していたのですが、タイノグリーンカレーにコーンスープを入れたような食感。

1階が満席で、急きょ2階席を用意してくださいました。

持って来た方が、タイ人らしき感じで、レジに来た方が中国系の方のようなアクセント。

・店の雰囲気は、きれいな中国料理店。
・タイカレーは甘い味付けで、辛さがない子供でもOK味。

満席でしたが、思ったほど待たされず。スタッフも忙しい中丁寧な対応なので、あまりエスニックを食べない方向けのお店です、向かいにタイ料理「イーサン」があるので、あえてタイ料理は、日本人の食べなれてない方向けになっているのかも知れません。

ちなみに、マレーシアでは、マレー系の方はマレーシア料理を。中国系の方は中国料理を。インド系の方はインド料理を食べていますが、タイは、中国系の方も対に同化しています。しかし、タイ料理の現在までのい過程で、中国料理の要素も利用されているので、そんな中から生まれたお店のような感じです。つまり、2つの料理文化が、融合に向かって動きだした時代的なお店でした。

  


Posted by こやまあきゆき at 16:12Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2011年06月28日

中川酒店「GOYA」で夕食

沖縄+アジアンな「GOYA」は、ご存じレゲーとジャマイカ&中南米料理の「中川酒店」の4番目のお店。

お昼は、素敵なマダム中川が笑顔で迎えてくれる。

今回は、夜 エビチリ他3品を注文。

ここに、なんとかっこいいタイ人男性がスタッフのして出てきた。

(もちろん女性スタッフも素敵ですが)

色々教えていただいたのですが、普段は、「中川酒店木屋町店」のスタッフだそうです。

モデルか映画俳優でもいける超イケメンですよ。

もちろん料理も最高

銀閣寺道と京大農学部前の間。

裏ぐらいには有名な「寺田バレー」があります。

並びの「セカンドハウス」のスィーツや「ウリウリ」ハワイアンアイスクリームもおすすめです。  


Posted by こやまあきゆき at 15:15Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年12月07日

顔見世の後のエスニック

顔見世の後のお食事場所。10時過ぎると和食が、おでん屋さん・居酒屋さん。蕎麦屋さん。になってしまうので、エスニック系のお店を、おすすめします。

まず、スペイン料理「フィゲラス」。四条縄手上る。同じくインドネシア料理「バリバリインドネシア」。(四条縄手北へ2軒目)

タイ料理「アジアティカ」(先斗町上る地下)。スペイン料理「プラテロ」(四条木屋町上る)

ちなみに、ロシア料理「キエフ」は、夜9時でレストランはラストオーダー。水曜日と日曜日以外は酒房タイム24時まで。23時までは、ボルシチ・きのこの壺焼きグリビー・ピロシキセット¥1500がありますが、イベントが多い店なので、ご予約ください。
紅葉が始まった頃から、昼のランチが50以上で、満席が続いています。週末は、昼から23時頃まで満席だった事も。うれしい悲鳴ですが、営業しながら奥でピロシキ作ってました。つまり売り切れごめんがあります。ご予約は075-525-0860キエフ
尚、22日から25日までは、夜クリスマスメニューのみになります。クリスマスライブがあり、鴨川のお席は¥500ミュージックチャージが付きます。東山のお席は演奏がないのでMCなし。毎年予約満席になるので、お早めによろしくお願いします。

  


Posted by こやまあきゆき at 22:01Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年12月01日

京大近くの「ASH FORK」で、エスニック宴会

百万遍を北へ、更に西へ。和食の「門」の向かいに、気楽にエスニックも楽しめるパブ風のお店。

宴会したい。しかし予算が。

「ハングリーコース」は¥3000 90分
枝豆・アイリーンサラダ・ハマチのカルパッチョ・ジャーマンポテト&ウインナー・鶏唐BBQソース・メキシカンアボガドピザ・トマト煮込みハンバーグ・デミグラスライス

「二次会プラン」¥2500 60分 

+フリードリンク¥1980 (ドリンク100種類以上)で時間も上 120分 下 90分に延長されます。

「おむら屋」「ももじろう」「串八」「くれたけ」・・・宴会ですな!みなさん。

エスニック宴会?

もちろん

ジャマイカ料理「中川酒店」ネパール料理「アニル」他おすすめがいっぱいですが、ネパール料理店に飲み放題プランが多い事も意外と知られていません。ちなみにロシアレストラン「キエフ」は、¥5000で食事+2時間フリードリンクプランができますが、アフター9の¥2000とか¥3000フリードリンク2時間プラン(1時間半)や¥1500こばらセット(ピロシキ・ボルシチ・壺焼き・サラミ)で夜食代わりに来る方も。

いろんなお店のセットプラン。また、紹介します。

  


Posted by こやまあきゆき at 00:00Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年10月09日

エスニックの「すみや」が5周年

10月15日から17日
御池御前の「すみや」が5周年記念で生ビールが半額になります。

「すみや」は、元々地元の炭屋さんや米屋さんを営む平山さんのお店。

元スペイン料理「フィゲラス」・無国籍料理「カプリチョース」「プエルタ」などの店長。チーフを務めた、こやまの相棒の一人。

実家でこの店を開いて5年目になりました。

あの長蛇の行列の店「無国籍料理カプリチョース」の伝説的メニュー「奄美大島風鶏飯」などもある。

地下鉄二条からも近い。

スペイン料理はおすすめ。

  


Posted by こやまあきゆき at 00:28Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年09月10日

この季節におすすめのお店

夏が長すぎて、秋がないまま冬になるのでは?
そんな今年、もうすぐしたら和食も含めて秋を味わいたいですよね。

しかしその前に、まだ最後の暑さが残っていて、食欲も出てきた今だから行きたいお店を選んでみました。

ポイントは、どちらかといううと熱い地域の料理店。
いろいろ楽しめて友人たちとわいわいがやがや楽しめるお店。

◎沖縄料理店
  「赤ひげ」四条西木屋町上る
  「チャンプル食堂」と「オリエンタル食堂」わかりやすいのは、四条大橋西側
  「ゴーヤ」今出川通り 京大農学部前と銀閣寺道の間(この並びにたくさん、いいお店ができています。

◎メキシコ中南米料理野中で
  「マリアッチ」四条木屋町上る
  「タケリアパチャンガ」元田中上る
  「エルコヨーテ」三条先斗町下がる」
  「エルラッティーノ」熊野神社西入る
  「ビクーニャ」御池木屋町下がる
  「エステレーラ」先斗町三条下がる2階
  「中川酒店」
  「ラスタ」
  「ラホヤ」

太平洋
  「バラクーダ」山科西友前北側
  「アロアナカフェ」河原町丸太町上る(荒神口下がる
  「ウリウリ」銀閣寺道西
  
  
アジアアン・アフリカ・多国籍
  「ちょうちょ」
  「芽亜里カフェ」
  「ビバラムジカ」天下一品本店下がる
  「クーシン」北白川北大路西へ
  「ざっくばらん」熊野神社
  「アジアンエレメンツ」木屋町御池下がる
  「アリシレラ」
  「ジパング」
  「カフェ ノイナー」
  「ギャラリーカフェ ナイノア」
  「カフェ 一期一会」
  「シッツ・ゲッツサン」
  「カフェミューズ」アジアン

その他
  「ジャンパッグ」スペインバル
  「プラテロ」スペインワイン・シェリと料理
  「セサモ」スペインバル
  「アシュクルク」アラブ他
  「バリバリインドネシア」
  「パクチー」タイ屋台
  「カティー」タイカフェ
  「アニル」ネパール居酒屋
  「キンカーオ」タイ・ラオス料理
  「楽園アジア」バリ&タイ
  「バリガシ」バリスィーツ
  「さるぅ屋」
  「アジアンレストラン福」
  


Posted by こやまあきゆき at 14:51Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年03月28日

京都7大多国籍料理店

Coo-Cin ・・・京都の多国籍料理の草分け店。
        御所の東にあった頃は、いろんな国の料理人が所狭しと働いていた。長い歴史とその膨大なレシピを持って、
        京都市左京区一乗寺染殿町40-106 ・・・北大路のエイデン交差と北白川の間の南西角。
ざっくばらん・・・ジャズ&ダイニングカフェ。京都の無国籍料理の草分け。おいしければジャンルは問わない。
        熊野神社北東少し東へ。地下

シッツゲッツサン・・・ザックバラン・セカンドハウス・・・シゲサンの歴史+自由な創作料理も。週末は混んでます。
        河原町四条と三条の間人気ギャラリー「マロニエ」の北路地を東へ

アジアンエレメンツ・・・アジアンが本当においしいお店。しっかりいろいろ集めてます。女性に人気
        木屋町御池下がる

中川酒店・・・ジャマイカ・中南米・沖縄・・・レゲーから始まった中川酒店現在4店舗。出町本店にオーナーがいます。4件目は         「ゴーヤ」。美人奥様が担当。沖縄にはまってます。

バラクーダ・・・太平洋の料理を集めたスキューバーからはじめたお店。ハワイ・グアム・台北・沖縄・オーストラリア。海は広いな
        山科西友向かい

すみや・・・・・スペイン料理「フィゲラス」・無国籍料理「カプリチョース」・「丁子屋」いろんなお店の料理長を勤めた平山さんの歴         史がアットホームな中で、出ている。特に伝説の無国籍料理「カプリチョース」のメニューが生きている。JR二条駅        北側から御前御池への南側。Pあり。  


Posted by こやまあきゆき at 01:57Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2010年01月28日

くいしんぼうの原点「ZAC BARAN」

熊野神社を東に行くと北側に赤いネオンで「ZACBARAN」の文字が。
地下の JAZZ ライブの名店。向かいに静のジャズ喫茶「YAMATOYA」がある。
南西にメキシカンの「エルラティーノ」もラテンライヴが開かれる。

深夜の営業は、熱く語り合う場でもある。

http://internationalresutaurantkyoto.kyo2.jp/e173244.html


今京都に大きな輪になった「京都国際レストランネットワーク」の一員に。
また、ライブなどで熱い熊野周辺のお店で、熱いネットもできつつある。「ZAC HOLL」
http://www.secondhouse.co.jp/  


Posted by こやまあきゆき at 22:23Comments(2)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年12月21日

多国籍料理「Coo-Cin」

京都の多国籍料理の老舗「クーシン」さんにお昼お邪魔しました。

アフリカ料理「アシャンティー」のケンさんなど、様々な国の方もかつてスタッフだったこのお店。
今日初めて知りましたが、岡崎のメキシコ料理「レイナデレイナ」やメキシコ食材の輸入会社の社長の別所さんと同級生とかで、同級生に2人も京都に世界の食文化を持ち込んだ友人同士っていいですね。

長年御所東にありましたが、今は北大路の高野の北白川の真ん中です。
メニューが豊富でリーズナブル。お昼からやってます。

『国際レストランネットワーク』参加です。  


Posted by こやまあきゆき at 14:55Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年10月13日

京都のエスニック党におすすめは

いろいろエスニック料理が食べたい。そんな方に超おすすめのお店をご紹介します。

・多国籍料理「クーシン」・・・京都多国籍料理の草分け。御所東にあった時代は、各国料理人が並んで自国料理を作っていた。
アフリカ料理「アシャンティ」のケンコフィーもその一人。高野(北大路に面して北大路と北白川の間)昼営業あり。

・アジアンエレメンツ・・・木屋町三条と御池の間。名前通りの基本アジアン。いろいろ各国料理が楽しめるのがいい。女性に人気。ちなみに経営母体は美容院だそうです。

・「セサモ」・・・スペイン料理店としても超人気の地下のスペインバル。三条木屋町一筋上る西。夜のみの営業。山田さんに感謝。300円ぐらいからいろいろ。

・「すみや」・・・JR二条駅の北側の三条御前 元スペイン料理「フィゲラス」や無国籍料理「カプリチョース」料理長平山さんのお店。家族でもいけるアットホームで駐車可。

・「シッツゥ・ゲッツゥ・サン」・・・ご存知河原町三条と四条の間のギャラリー「マロニエ」北路地奥。元「ざっくばらん」や「セカンドハウス」の中核メンバー。創作性抜群のエスニック。安い!

・「アジアンレストラン」 福」長岡京市でアジアンが楽しめるお店。

・「ちょうちょ」・・・・・無国籍料理「カプリチョース」や「鹿ケ谷山荘」を開いた岡田ワールドが宇治の植物園に作り上げたお店。

・「バラクーダ」・・・山科西友向かいの太平洋エスニックワールド。スキューバーが共通点。

・「CAFE NICO」銀閣寺道西にある、カフェ風アジアン。素敵な女性オーナーの気持ちいい空間。

・「NAINOA」・・・アジアンありメキシカンあり蛸薬師麩屋町東にあるカフェバー風無国籍空間。気楽にランチもある。

・「ラスタ」・・・アフリカン・ジャマイカ他、レゲーから始まった不思議な洞窟。居心地抜群。「BAL」ビル北路地5F。夜のみ。

・「アシュクルク」・・・アラブ・アフリカ・北欧・・・ワインとチーズに合うものいろいろ日替わりで今出川川端東一筋下がる。夜。


  


Posted by こやまあきゆき at 22:28Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年09月05日

クイズ、京都のグルメ洞窟的おすすめ5店は、どこでしょうか?

1、ジャマイカ料理 「バル」ビルの北側の道の真ん中あたりのビルの上階にあるお店。

2、北山通り、鴨川の橋のたもとにあり、石積みのレストラン。

3、三条一本北の地下にある、京都でもトップクラスの人気のスペインバル。L字型の店内の奥はまさに・・・

4、四条烏丸のオフィス街地下なのに、忍者屋敷のように籠の個室もあるお店

5、戦争中の防空壕をイメージして作られたお店四条上る

番外

6、トルコの世界遺産の名前の付いた寺町四条上ったトルコ料理店

7、アゼルバイジャンの温泉地の洞窟の名勝の名前をつけた、アゼルバイジャン・トルクメニスタン・ペルシャ料理店

  あなた、何軒わかりましたか?  


Posted by こやまあきゆき at 16:49Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年08月07日

五条の陶器祭りで何食べる?

五条の陶器祭りが始まりました。

若い頃、私も参加していました。

いつも困ったのは食事。真ん中の蕎麦屋さんかラーメン屋さんか?

五条坂には、学生時代に行った「ひのき」というう喫茶店があります。

五条坂上ると新しいお蕎麦屋さん。消防署まで行くと「スマイルバーガー」と

様々な国のお惣菜を店内でも食べられる「デリ」があります。

正面通りまで下がると、ネパール料理「マチャプチャレ」

もちろん七条にはスペイン料理「レバンテ」

馬町の角にあたらしいエスニックなカフェ

今日は、南の東から10軒目位の岡田さんや森里さんのお店を覗きました。

明日も昼頃行きます。  


Posted by こやまあきゆき at 23:36Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年04月21日

「京つう」ブログから生まれた本全国発売になりました。

『京つう』ブログに書き綴た「京都くいしんぼうの会」のブログにプロのカメラマン達が、ブログをたどって写真撮り。
「教材研究所」のスタッフの英知が加わって、すごい本になりました。

東アジア・フレンチ・イタリアン地中海以外の全世界の料理や文化を、京都で食べ歩きながら理解できる構成です。
おまけに、昼¥1000前後夜¥3000前後でも楽しめる。良心的なお店しか掲載されていません。

京都で暮らす留学生でも学生でも、若い方でも日常の食事ばしょとしても利用できる「京都くいしんぼうの会」の面々の超おすすめ店ばかり。おまけに、普段雑誌などの取材お断りのお店も200軒協力してくださり、掲載しています。

どこも、くいしんぼう仲間達の日常の食やお酒・スィーツを楽しむお店ばかりです。

全国の書店でご予約ください。

タイトルは「定番にしたい異国料理店」 小山晶之(こやまあきゆき)著 教材研究所 刊

ちなみに、東アジアと仏伊地中海は、次号以降の予定です。

ちなみに、京阪神と首都圏の主要書店はほとんどご予約いただきました。

四条大宮の《ブックファースト》は、100冊ご予約いただきました。

皆さん是非読んで見て下さい。

きっと、知らなかった京都人の素顔が見えてきます。  


Posted by こやまあきゆき at 22:38Comments(2)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年03月29日

エスニック

「NAINOA」蛸薬師麩屋町 http://www.nainoa.jp/concept/index.html

「アシュクルク」出町 名前はアラビア語 ワイン&チーズと世界の料理 http://www.ash-k.com/

「メリーアイスランド」欧州とエスニック

「MEAL&BAR すみや」元「カプリチョース」「フィゲラス」などの料理長平山さんのお店。御池御前  


Posted by こやまあきゆき at 23:10Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年03月16日

エスニックな「NAINOA」の2階はメンズファッション

今日は、今、若い人に1番人気の御幸町通りの蛸薬師西入るにあるカフェダイニング「NAINOA」でいただきました。
なんと、もう10年の歴史を試行錯誤の中で積み重ねてきたとおっしゃってましたが、10年続けられたらもう大丈夫です。

お店には、サーフボードが庭に置かれていたり、周囲におしゃれなお店が増えた為か、御幸町ファッションに包まれた若者たちが、1人、また1人と入ってきて、ポップな音楽と程よい落ち着ける空間に包まれ、実に居心地のいいおみせです。

実は、このあと「花遊小路さらさ」に寄ったのですが、若い女性で超満員。席待ち状態だったので、「また来るわ!」と一声かけて出てきたのですが、ある意味「西陣さらさ」で、ポケーっとくつろぐ居心地の良さがあります。
メキシカンなソーセージとライスなどのセットにナイノアブレンドコーヒーをいただきました。
http://www.nainoa.jp/latest_menu/index.html
2階はメンズファッション「TRANZISTAR」です。

この店の感覚は、他のお店でいううと
・熊野神社の「ざっくばらん」
・「カフェスーア」
・「ラトナカフェ」
・「そうげんカフェ」
などみたいにメニューが充実していきそうな気配。
ただ、どちらかといううと、男のカフェかも。

メニュー的には、メキシカンとかナシゴレンとかケーキセットもあり、昼ランチでコーヒーなど付けるとプラス¥100でドリンク付きにできます。夜はお酒を楽しむダイニングバーとして、飲みにいくけどちょっとこばらが好いていてもOK!的です。

このようなメニューは、もうすぐ他のカフェでも定番になっていく、これからのカフェ&バー系の典型的な形になっていくでしょう。
以前も書いていますが、「ナシゴレン」「タイカレー」「キーマカレー」「ビビンバ」「ロコモコ」「ピタパン」「タコス」などが、これまでのハンバーグ・パスタ・ピラフ・サンドに変わる、または加わる定番になっていくでしょう。

お店で食べた感覚では、同志社の「バザールカフェ」でランチをいただいた感じですが、¥100で追加のドリンクもいいです。

場所が蛸薬師といううのは、新京極や寺町の「ロフト」のある通りを、西へすぐです。
少し西に行くだけで、ごったえしてる京極よりものんびりくつろげます。(もとも月曜日の昼だったからかも)  


Posted by こやまあきゆき at 23:16Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年03月08日

ホワイトディはどこへ?何買う?

ライブハウス やっぱりここかな
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/index.htm
http://www.geisya.or.jp/~takutaku/

お食事なら おすすめ 要 予約(ロシア料理「キエフ」を別にして
和食「鹿ケ谷山荘」

アフリカ料理「アシャンティ」

メキシコ料理「レイナ・デ・レイナ」

ブラジル料理「エステレーラ」

ベルギー料理「モニュマンブルー」

インド料理「アショカ」

タイ料理「チャンノイ」

ベトナム料理「パパイヤベール」

アゼルバイジャン料理「シャンディーズ」

ペルシャ料理「プネプネ」

スペイン&イタリアン「ペペ」

そして「生シヨコラ」

〔カフェで過ごすなら〕

「茂庵」

「月庵」

「プルナマバリ」

「ゴスペル」

「吉田山荘」

「天使のカフェ」

「カフェショコラ」

「セカンドハウス」

「サラサカフェ」

「ニュージーランドカフェ グリーン」

「アロアナカフェ」

「カフェノイナー」



べt



  


Posted by こやまあきゆき at 23:52Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年02月17日

京都国際レストランネットワーク誕生

京都にエスニックの料理店が誕生して半世紀

ようやく念願の記録の本が誕生します。

この本には、世界の料理を理解していただく為に約40軒のそれぞれ異質のお店が紹介されます。

1冊で、京都で食べ歩き世界旅行です。

更に今回100軒を越えるお店が取材に協力してくださいました。

ほとんどが友人とはいえ、ありがとうございました。

以前から200軒近いお店のスタッフと個別に交流がありますが、今回の出版を通して様々な協力をいただいたお店の有志と念

願の「京都国際レストラン・料理店」ネットワークが正式に活動開始しました。

たくさんの仲間が世話人になってくれましたが、当面代表世話人は私「こやまあきゆき」が担当させていただきます。

事務局は、「キエフ」で、取締役の加藤美知世さんにお願いしました。

「キエフ」には、ロシア人スタッフ2人以外に、ロシア語・ドイツ語・フランス語・など様々な言語が話せるスタッフがいます。

更に、イタリア生まれ・育ちのNとか。インド料理店などのサポートをしている。N&Rさん。とか、様々な専門家が協力してくれま

す。また大学・公的機関・ともネットワークでつながります。ホテルは「フジタ」にネット資料コーナーを開設します。他とも連動されるでしょう。周りに労働ビザ問題や、様々なプロフェッショナルが揃ってます。大いにがんばりましょう。  


Posted by こやまあきゆき at 00:44Comments(1)無国籍・多国籍・エスニック料理

2009年02月13日

タイのラオス料理?トルコのアルメニア料理?・・

あるお店の看板を見て、入ってメニューを見ると別の国の料理がある。
なぜに?理由解明編。

タイ料理店「キンカーオ」のラオス料理・・・これは、もともとメコン川流域が1つの料理文化圏だったため。店じまいしたが、西浜さんの「333」もメコン料理店だった。東南アジアは、タイ・マレー・カンボジアなどの原住民と中国・インド料理が入り込んでいる。もともと南インドにいた民族を、インドアーリアン系が支配したときも、かなり東南アジア方面へ移住している。

トルコ料理店「カッパドキア」のアルメニア料理・・・厳密には、この地域の住民としては、アルメニア人が先住民。シルクロードの民族大移動の中、トルコ系民族が東から来て、ぺルシャ系と融合したり、そんな中でアルメニアも支配された歴史もある。ただアルメニアは常に独自性を守り通した為に、やや移動している。「アララット」はノアの箱舟伝説のある山で、古代キリスト教徒(コプト)である彼らは、かなり苦難の道を歩んで来た。

バリをイメージした『楽園アジア』に、タイ料理があるのは、最初にバリで大谷高校出身のオーナーが出会ったのが、タイ料理店勤務だったから。

ロシア料理「キエフ」にグルジア料理やウズベキスタン料理があるのは、旧ソビエトユニオン時代の名残。150民族国家。


  


Posted by こやまあきゆき at 02:21Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理

2008年12月10日

ワイントチーズの「bar アシュクルク」ペルー&南アフリカ

ワインとチーズのお店「アシュクルク」は、今出川川端を東へ。
額縁の「大地堂」の西の露地を下がったところ。

名前はアラビア語

この日は、南アフリカノワインとペルーのジンジャースープ
いただきました。

オーナーも話し込むと楽しい方・  


Posted by こやまあきゆき at 22:00Comments(0)無国籍・多国籍・エスニック料理