京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2014年09月27日

京都地ビール「一乗寺ブリュワqリー」でラフティー

一乗寺ブリュワリーで、自家製地ビールの「シナモン」にはじまりフルーティーでおいしいビールを楽しんだ。
場所は、一乗寺下がり松交差点より2つ南側、マクドや7イレブンの向い。

沖縄料理店でもあるので、「ラフティー」を注文したら安いのにでかい。

豚食ってます。

  


2012年02月01日

なかぐぁ酒店で沖縄しました

久々に三条一筋下がった、沖縄屋台のなかぐぁ酒店で、オリオンビールと沖縄料理で居心地のいい時間を過ごしました。この日は二筋北にある姉妹店から応援に来ておられる日なので、以前は一番よく行ってたのにしばらくいってなかったので、色々楽しいお話を聞く事が出来ました。

あの超人気のタイ出身のイケメンカリスマスタッフも健在。また、今日も飲んで食べて3000円でおつりが出るリーズナブルさ。百万遍のゴーヤも出町柳の橋の西側の本店も、女性や若者の強い見方です。  


Posted by こやまあきゆき at 16:15Comments(0)日本の郷土料理

2011年08月27日

中川酒店 手打ちソーキソバまた始まりました

沖縄料理とえば、西木屋町の赤ひげ オリエンタル食堂グループ 他にも伏見の大手筋商店街下がったとこや、北白川の洋服の青山の北側にも新しいお店が。
中でも人気が、百万辺と銀閣寺道の間のゴーヤ。中川酒店グループ。こちらでは、出町本店で手打ちソーキソバ再び始まりました。お蕎麦は、グループ店にも届くので、私は、いつも三条木屋町一筋上がる西入る。なかぐぁ酒店でいただきます。

北白川に、美味しい北京料理店 盛華亭があります。こちらのお店からも美味しい一品が三条のお店に届きます。同級生つながりだそうです。  

三条木屋町店は、屋台風なので気楽に蕎麦だけでもOK?!
でも、タイ屋台パクチーもそうですが、皆がんばっているので、食べ歩いてね。  


Posted by こやまあきゆき at 15:55Comments(0)日本の郷土料理

2010年10月05日

京大病院 職員食堂 「はんなり」で蕎麦

今日は、「はんなり」でのお昼はお蕎麦でした.

職員食堂なので皆さんどうぞとは行きませんが、蕎麦屋となると、近くには河道屋本店があります。学生時代聖護院に住んでいたのでよく行きました。今は、自宅からすぐの一乗寺の「ぎお門」。ここも「無国籍料理カプリーチョース」時代に岡田社長お気に入りで、行ったのが最初。もう30年通っています。

蕎麦といううとスロベニアレストラン「ピカポロンツア」(太秦天神川上る)の蕎麦パン。「わたつね」さんの蕎麦。京都1安いお店の一つ、「いやいやえん」で土曜日限定で打たれる蕎麦。そして今熊野東入るの「澤正」の蕎麦菓子と蕎麦懐石。

ちなみに、はんなりは天麩羅蕎麦でしたが、キエフの前の「松葉」さんは、にしんそば。「ぎお門」では蕎麦定食。が定番。

今日の定食は「牛丼」や「おろしハンバーグ」でした。本日のカレーは「インドのチキンカレー」。

昼食は、ロシアレストランキエフで、ボリュームたっぷりのお肉料理。ごはん大盛り。最近まかないに牛肉山盛りが多いのです。

それだけに、今日たまたま定食が肉系ばかりだったので、蕎麦にしました。

ちょっとお魚が食べたい気分です。和食かスペイン料理でも行きますか。  


Posted by こやまあきゆき at 11:11Comments(1)日本の郷土料理

2010年02月06日

京都雪です。あったまりましょうか。

「すみや」文字通り炭屋さんです。でもお料理は多彩。産地から取り寄せたお肉と野菜。こだわりの料理をアットホームなお店で。JR二条駅から御池通りを西へ。075-801-8148 ここは創作エスニックですが。

「うしのほね」あの御池の川端の路地奥のお店が、こんなに立派にがんばって焼いてます。
http://www.ushinohone.com/

「まんざら亭」芽亜里の斎さんのお気に入りですね。大きくなりました。
http://www.manzara.co.jp/index.html

「祇園 喜鳥(こちょう)」祇園の花見小路四条下がって1筋目西へ。夜は¥5000台からの懐石のお店が、お昼は¥1800からのメニューでいただける。祇園界隈にたくさんの人気店を持つ松下さんのお店。まずお昼に行ってみてはいかが。

「おめん」釜揚げうどん¥1100が有名な銀閣寺の老舗。今は四条大橋西などお店が増えたがhttp://www.omen.co.jp/
あの吉田山荘の女将さんが。・・・といううことで、姉妹店。ただしこちらは1桁上のお値段。でもカフェがあるんです。
http://www.yoshidasanso.com/plantohozon/special%20plan_dinner.htm

「釜飯 月村」西木屋町四条下がる。京都で老舗の釜飯の専門店。ほかのも食べたくなるメニューがいっぱい。歴史あるお店
ですが、いい加減なお化粧で行かない方がいいかも。・・・その意味わかる人は「つう」です。


  


Posted by こやまあきゆき at 23:23Comments(0)日本の郷土料理

2008年04月07日

4月8日沖縄料理GOYA」百万遍にOPEN

ジャマイカ料理でおなじみの「中川酒店」の4号店「ゴーヤ」いよいよオープンです。
この前のブログでご紹介しました。
皆さん忘れないで、まずいってください!
吉田神社北の参道上がり口の近くです。(ローソンの向かい辺り)

中川酒店からいただいた御案内によると

MENU ぐるくん(沖縄県魚)のハーブ蒸し ¥720
     スーチカ(塩漬け茹豚)と京水菜の生春巻き ¥630

4月14日から ランチタイムもオ-プンと書かれています。

075-752-1158  


Posted by こやまあきゆき at 16:44Comments(0)日本の郷土料理

2007年09月30日

京都の沖縄料理2「赤ひげ30週年」

京都の沖縄料理の老舗「赤ひげ」。
私が、学生時代始めて沖縄料理を食べたのが、このお店。
「古酒泡盛」が、かめに入って置いてあり、初めての味だが感動した思い出がある。
今回は、「三種盛」「やぎの刺身」「ラフティー丼」・・・人気の泡盛やカクテル。オリオン生ビール。など飲んでいたら、カウンターに座るのは、1人の女性ばかり。どうやら個性は揃いのスタッフのファンなのでは?目の前でイケメンのスタッフが、カクテルを作っていたらやたらかっこいい。思わずもう1度見たくて「同じもの僕にも」と頼んだら、隣の女性と少しおしゃべりする流れになって、おしゃべりしていたらもうカクテルできてきた。
とにかく、映画のワンシーンの中に、自分も溶け込んでいく雰囲気。
今年30周年を迎えたが、元々本店は大阪の樟葉。
今回改めて教えてもらったが、そういえば昔も同じ事聞いた。
店のスタッフは、何回か代替わりしているが、「赤ひげ」は「赤ひげ」
西木屋町を四条から」上がって、最初の橋を越えたところ。
ちなみに向かいの「ブーズk」のコウチャンや「シエスタ」の西さんも皆友達だが、彼らのお店を紹介するときは、いつも「赤ひげ」の向かいですむ。それぐらいメジャーな店。
ちなみに「山羊の刺身」は、「ミミガー」のような皮の食感とやわらかい部分が一緒に味わえる。  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 23:40Comments(0)日本の郷土料理

2007年09月26日

京都の沖縄料理1「オリオン食堂」

京都の沖縄料理店の中で、まず今急成長で、1番沖縄の物産がストレートに楽しめる本格派が、「海と空」グループ。
・七条梅小路本店 下京区朱雀内畑町44-3 075-322-4122
   営業は、昼のみ。
・「ちゃんぷる食堂」四条大橋西詰め「東華菜館」の2つ西のビルの3階。212-5040
   日15時~24持 金土は1時まで 不定休
・「オリオン食堂」河原町六角東入る。青い目立つお店。
   平日15時~24持 金土祝前日は4時まで
 お料理約100種類 ドリンク300種類以上。泡盛250種類

 小高代表によると、奥様が沖縄出身。すべて本物の沖縄が京都に持ち込まれています。
お店の壁に並ぶ泡盛のボトルに圧倒されます。
 ちなみに、昨夜はお酒が飲めなかったので、私だけ「茶願寿」「シークワーサー」「タンカン」「グワバ」
・・・ときて、デザートは、沖縄のグワバアイスなど2種いただき、後は、tとドーナッツをいただきました。  続きを読む


Posted by こやまあきゆき at 18:43Comments(0)日本の郷土料理