京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2008年02月29日

京都のスペイン料理史

フレンチ・イタリアンに続けとばかりに、最近熱いのがスペイン料理。
どこがいいですか?と時々きかれるのですが、それぞれ魅力があるので、少し私の知ってる範囲でまとめてみると。

半世紀を生きてきた私が子供の頃に嵐山に「ボデゴン」高島屋にナガサキヤ「パティオ」が誕生。祇園の「フィゲラス」が続いた。
「ボデゴン」は、嵐山の渡月橋のたもとの、アンの入ってない桜餅の老舗の高田さんが開かれたお店。貿易のお仕事もされていて、スペイン家具なども扱われ、中近東に近藤先生と行った父から、よく貿易商としての高田さんのお話を聞いた。
ナガサキヤ「パティオ」は、当時チョコレートや洋菓子で大きくなった「ナガサキヤ」が、四条河原町のフレンチのお店などに続いて京都で先駆け的なスペイン料理店をデパートに開こうとしたのだが、当時イタリアンもまだ一般的でなかった時代に、オリーブオイルの匂いが受け入れられず、パエリアもオリーブオイルで作るのに、匂いで食べられないとの声が多かった為、やむなくバターで作らなければならなかった。場所柄子供連れの多いデパートという事もあったが、それほどまだ日本人にオリーブオイルが普及していなかった。ここで私は、2年お世話になった。
祇園「フィゲラス」は、現在超人気の建築家の一人、若林さんの奥さんのお店としてしられている。永く現場で料理を作ってこられた山本さんが、現在京都駅の「スバコ」店。「タパタパ」も含めてフィゲラス伝統の味を、守っておられる。夕方働いている私にとって、タパタパは一番身近な存在。若林さんは、私の陶芸のホームグランドだった円山公園「東観荘」時代、2階の一番奥が、私の「円山陶芸倶楽部」。隣が、私も企画店に出品していた「たちきち」で「アダム&イブ」ブランドに関わってきた若林さんら「アバコ」の3人の会合の場になっていたので、吉川妙佳さんのお引き合わせでお出会いした。ちょうど南海ラピートの設計でブレイクされ、「西利」本店の設計でも話題になっておられた頃。『西利』の平井専務のお話では、アダム&イブの時代から、店舗設計などは、若林さんに任せておられるとの事。信頼の厚さが伺える。今、三条御幸町の「アートコンプレックス」の取り組みで、若者文化をリードする建築家を支えた奥様もまた、スペイン料理を京都に発信してこられたパイオニアの一人なのだ。
 
 スペイン料理といえば、「パエリア」。この料理に使う鍋の輸入を始めたのが、私のいた「グランピエ商会」の岡田社長。学生時代をスペインで過ごし、銀閣寺の『橋本関雪記念館』内の「ノアノア」の地下でスタート。現在もショールームがある東天王町のマンションに移る。北白川にスペインのバールをイメージした無国籍料理「カプリチョース」をオープン。スペイン語の気まぐれの意味。天王町に2を意味する「セグンド」に続き、現在も山田さんががんばっている三条木屋町一筋北の「セサモ」がオープンした。
一番スペインを意識した「セサモ」が唯一残っている。グランピエは、その後「鹿々ケ谷山荘」「ちょうちょ」など和食中心に展開。「セサモ」は、独立している。

スペイン人シェフのお店として有名になったのが、「アントニオ」アンダルシアの料理を二条寺町西入る、和の立派な家具で有名な「やまかわ」さんの西隣。ただし夜のみが原則で、昼はパーティーのみ。もう一軒は、銀閣寺の「ペィオペペ」。有名なドライシェリーの名前。四条大宮・など2度の移転で、現在の場所に。シェフは、「ボデゴン」出身。

御池の木屋町の「JAMPACK」も人気のお店姉妹店リコリコが出町柳に。メキシコ・ペルー料理の「ビクーニャ」が移転してきてにぎやかになりそう。

今は、岩倉の「フラメンコ教室」になっている「アリコイリス」は、かつて祇園にスペイン料理店を経営しておられた。聖護院の人気の仕出し店「山秀」のお嬢さんが、フラメンコを勉強され、開かれたお店。当時何度か寄せていただいた。

京都でスペイン料理が40年近い歴史のなかで、今注目なのが、海鮮スペイン料理「ラマーサ」など3軒のオーナー木下さん。
お寿司屋さんにワインを置いて、新鮮なネタに合う物を研究していたらスペイン料理になった。と。
三条キョウエンのガリシア料理店「ガジェガ」炭焼きの「エルフォゴン」「フイゴ」などスタッフを、別々の地域に勉強に行かせる方法。
御所南裁判所東に「セラディエスタ」がある。カフェバー

京都駅ビル伊勢丹の「スバコ」の「フィゲラス」は烏丸に三号店が。長岡京にもアレグレが。

新しいターミナルの顔がスペイン料理になってきたのは、スペイン料理の時代到来を感じさせる。

同じカテゴリー(欧州料理)の記事
 北山セレブの隠れ家「和蘭芹」イオンモールにも (2015-07-18 22:17)
 金閣寺「いただき」で素敵な洋食1300円 (2015-07-09 21:10)
 「同志社定食」は「グリルデミ」烏丸夷川西 (2015-06-29 23:59)
 「キッチンごりら」の厚切りポークステーキ (2015-06-24 20:20)
 スペイン料理「テイオペペ」でビンチョスセット千円。 (2015-06-24 19:39)
 烏丸高辻イタメシランチ880円 (2015-05-28 20:07)

Posted by こやまあきゆき at 17:54│Comments(1)欧州料理
この記事へのコメント
スペイン語料理おいしいな・・・
Posted by スペイン語翻訳者 at 2012年01月27日 15:31
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。