京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2014年01月20日

はなふさEASTのブレンドとチーズケーキ

昔、私が責任者を勤めていた「無国籍料理カプリチョース」時代の事である。

銀閣寺の「橋本関雪記念館」の敷地内ないにある「パスタのノアノア」の地下にあった輸入民芸「グランピエ商会」の事務所が、京都市左京区岡崎の東天王町に移った後、事務所は2階。お店が1階で隣が「カプリチョースセグンド」だった。最初にできた「カプリチョース北白川店」は、北大路の東の北白川どんつきの地下にあった。

当時の私の生活は、岡崎店「カプリチョースセグンド」1番置くの革張りの席で寝ていた。
朝7時には、お隣の「はなふさ」の準備の水道の音が壁越しに伝わってくる。
私の目覚ましである。毎日ではなかったが、朝起きると顔を洗ってお隣に珈琲を飲みに行く。

それから買い物と仕込み。
昼のランチ営業を1人でして、忙しいと隣のグランピエのスタッフのひでさんがよく手伝ってくれた。
今の家内もそこのスタッフで、ランチを食べ来ていた。

夕方4時に元北山「オーク」のコックだった、三好チーフが出勤すると、私は北白川店の主に厨房スタッフになって、元スペイン料理フィゲラス料理長の平山チーフと仕事。彼は現在御前御池にあるレストラン「すみや」のオーナーシェフである。
鶏飯もあった。

昨日は、グルメで京都の街作りにもたくさん関わっていて、京産大OB会京都支部の世話人でもあるMさんと2人で「はなふさEAST」へ行った。
「はなふさ」の伝統を受け継ぐ3軒の中の1つだそうだ。

2人はそれぞれ「ベークドチーズケーキ」「レアチーズケーキ」とブレンドをいただいた。
モカ・コロンビア・ブラジル・キリマンジャロ・・・いろいろある珈琲店である。

私にとっては目覚ましの思い出のお店である。

ちなみにカプリとセグンド2軒時代にプランができたのが3号店の三条木屋町1筋上がる西入る地下のスペインバル「セサモ」山田さんのお店。また平山くんが担当して当時4号店となったのが「三越エレガンス地下」にあった「プエルタ」。その後セグンドのお店が「プエルタ」になって金子さんが登場して、北白川に「カプリチョース麺粥」が5号店になった。

今ななき「カプリチョース」グループ。あえてゆうなら、宇治植物園の「ちょうちょ」ホテル銀モンド地下の「丁子屋」は縁のお店。

また、カプリ出身のメンバーは個性派が多かったので、皆独立している。

和食に蕎麦やエスニックもある左京区清水町「いやいやえん」。や「すみや」。私が「うどん博物館」館長。
川端今出川東のイタリア料理「フリーゴ」。元田中の中国料理「上海バンド」。熊野神社のベトナム料理「クワトロバーバー」や京大病院南側のカフェ「マルク」。三条新町のメキシコ料理「エル・ポニート」。そしてカプリおケーキはスロベニアケーキ「ギバニッツア」。現在の「京都国際レストランンエットワーク」会長イゴールのケーキだった。ちなみに岡崎店は、当時三条木屋町にあった世界のビール「ブラック」のオ^ーナーの黒ちゃんが焼いていた時代と山科のスイスケーキ「ローヌ」のチーズケーキの時代がある。前者のスタッフのコーちゃんが現在西木屋町で「ブーズK」をやっていて、「ローヌ」のケーキは、当時薬大横の喫茶グリル「モントレー」でも出されていて、4店舗あったモントレーに林野さんが「カプリチョース」の相談役だった。オーナーの岡田さんの同級生だそうだ。そのご縁で私は「モントレー」でも3ヶ月の応援だが働いている。

その時の遠藤チーフと赤石さんや喫茶部の林くんみんな仲良しだった。赤石さんはケンタッキーに行き、遠藤さんは親会社ホンダプリモに行った。

同じカテゴリー(カフェにて)の記事
 Castella do Paulo ようやくゲット (2015-07-21 18:17)
 三条会「さらさ3」「ダリK」そして「亜紀」のランチ (2015-07-18 22:45)
 立命館・佛教大女子に人気の「CAFE MACHICO」 (2015-07-07 19:17)
 京都で最低な老舗の喫茶店 (2015-06-30 00:15)
 女坂の「坂」のみそカツいただきました。 (2015-06-24 19:57)
 京都のカレー好きは下鴨のカフェ「Verdi」へ! (2015-05-21 19:48)

Posted by こやまあきゆき at 19:18│Comments(0)カフェにて
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。