京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2012年07月08日

イタリアのブックカフェはやらさないと

イタリアで増えているブックカフェは、読書を推奨する行政と連動して広がっている。公立図書館から、大型書店まで、コーヒーだけでなく洒落たフード充実の居心地のいい空間が沢山できる事で、年齢に関係なく無駄使いしなくても、充実した時間が過ごせる。だいたい日本の建物に誰もが座れる空間が無さすぎる。市内でもせいぜい4人用プラスチックベンチが申し訳程度に置いてある。高齢化 観光推進 その為には休憩スペースをいっぱい作るべきだ。
 喫茶店とかが損するなんて、真逆だ。飲食する時はする。ないから疲れて長時間粘っておしゃべりしたり。人に優しい町になれば、もっと出歩く人が増える。このまま人に不親切な社会になれば、外出せずに自宅で引きこもる高齢社会になってしまう。本は面白いよ。

最近目 小山晶之がここ3か月間に再読した食関係蔵書

紅茶読本 日本の緑茶 茶の世界史 優しい懐石料理 ワインの世界史 現代人の栄養学 スパイス チョコレートの本 パスタ食材カタログ 食肉ジャーナル 食材辞典台所道具の歴史 中国采譜 山菜入門 村上信夫の西洋料理 べネシアのハーブ便り 世界のコーヒー 京の旬 食料問題 食品 脳細胞は甦る 食べ合わせ 日本人の食生活 日本の料理シリーズの春の本と材料 食品メーカー グリーンツーリズム パン作り 地理歴史旅行関係除く


同じカテゴリー(京都国際食文化研究所)の記事
 京都くいしんぼうの会・京都国際食文化研究室事務局移転 (2016-05-10 18:05)
 いやいやえん大槻さん (2016-02-06 16:59)
 1年間ありがとうございました。 (2013-12-31 21:56)
 滋賀県の世界の料理グルメさん (2013-07-01 20:35)
 京都美食器倶楽部他府県会員募集れ (2012-09-10 23:53)
 夏のペルシャ人の知恵 (2012-07-16 15:10)

この記事へのコメント
何年も前ですが、夫が都道府県を越えて異動になっていました。
いわゆる普通の転勤ではなく(元々転勤のない職種です)、リストラ目的の左遷みたいなものでした。 夫以外にも何人かの対象者がいらっしゃいました。 夫はそれでも前向きに成り済ましていました、 その姿を見ていると感謝の気持ちが涌と同時に、恥ずかしながら大の大人の男の人とはいえいじらしさも感じて涙が出ました。

左遷
Posted by 赤塚慎也 at 2012年07月08日 10:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。