京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2012年03月19日

食べて健康 自分で直す大百科

耳掃除をした後、雑草博士入門という全国農村協会から出版された、岩瀬徹さんと川名興さんの本を読んでいたら、キーンという耳なりがしているのに気付いた。
隣室の次女に聞いても、階下にいた長女に聞いても、何も聞こえないとの事。

いつもの事だが、こんな時はいつも主婦の友社の現代家庭医学百科や主婦と生活社のNICE こんなときどうする?大事典で調べて、改めて耳の構造や機能チェック、関連の病気や症状に書かれている事を調べる。あくまでも素人診断なので必要ならば病院に行くが、健康診断か外傷か歯医者以外で病院に行った経験がほとんどない。
今年も定期健康診断は、受けている。

今日も今自宅で何が出来るか確認した。
その上で改めて読むのが、京都料理飲食業国民健康保険組合により、法研から帯津良一先生総監修で出ている本である。

症状別に、何を食べて補うか?体のツボのどこをマッサージすべきか?今すぐ自宅で出来る事は何かが分かり易く図解入りでまとめてある。医食同源を基本にしている私にとって、その日の体調を自己分析して、今は何をすべきかを教えてくれる頼もしい味方である。

ちなみに、私にとって食事は一番の楽しみだが、味わうだけでなく食べたら食材の何が身体にどうなって、体の一部になったり、体の一部に働きかけたりするのを考えるのも楽しい。食事を体で楽
しみ、心で楽しみ、頭で楽しむからだ。

山登りしていて、喉が渇いていたら、美しい岩瀬の湧き水をみつけ、口に含んでみるとあまりの醍醐味に感動した。
まさに、体も心も頭も大満足している。ちなみに、京都の醍醐も素晴らしい水から来ていて、お寺や醍醐天皇陛下の名前の由来になっている。興味のある方は、語源や由来を調べてみてください。

最後に、人間の体にツボがあるのは、皆さんご存じでしょうから、百円ショップでもツボマッサージサンダルで、ここがどこのツボか書いてありますから、履いてみて痛いところは、血の巡りが悪くなってる要注意部位です。手のひらや指の関節揉んでも痛いところは、揉みほぐすようにしています。ちなみに、手足のツボは同じポイントの可能性があります。なぜなら、ホモサピエンスヒト科は、元々手が四本だったようで、二足歩行になって足二本だそうです。だから、人間が二足歩行になったので手が発達して火を使った訳ではないそうです。ただ、ツボと対応する体の部位が左右反対の場合もあります。歯が痛いときに押すツボが、痛い場所の上下左右反対だったりしますから、最終的には歯科医に行かないと治療にはなりません。

同じカテゴリー(医食同源)の記事
 お腹からきれいになるオリ-ブオイル (2015-09-25 18:40)
 六角間之町「八百一」の「そのひの野菜のレストラン」 (2015-04-06 17:33)
 百万編で遠藤青汁・ダイコクヤ帰り (2014-07-24 19:45)
 東山松原の「ゆたか屋」の健康おばんざい (2013-05-23 14:09)
 左京区巡り京大病院で (2012-09-28 22:38)
 京都府立病院にはホテルオークラのレストランが (2012-03-26 18:55)

Posted by こやまあきゆき at 02:46│Comments(0)医食同源
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。