京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

2007年10月12日

男のラーメン「志七そば 吉田屋」

京阪・叡電出町柳に「カットマン」という散髪屋さんがある。¥1400早い・安い。最近時間に追われる生活になって、ちょうど通り道のこの店に飛び込む事が多くなった。
スタッフは、若手ばかりで、皆気さくな好青年。おいしい店の話にも花が咲く。
 一昔前の髪結い談義だ。
店長がよくいくおいしいお店の中に、京大農学部前をやや東に行ったところの「志七そば」の店の名があった。時間が合わないのか、なかなか空いてる時間にいけなかったが、水曜の昼時に前を通ったら空いていたので飛び込んだ。
 志七そばと焼き飯セットで注文。やや細めんだが、なかなかのいい味だった。

ただこの店。他の店と決定的に違うのが、京大の近くなのに、学生や女性の姿が見られなかったこと。たまたまかもしれないが、1人か2人の、今仕事中コスチュームの男の世界。皆、ただひたすら黙々と食べている。これは、たぶん時間帯が昼時だったからだとは思うが、ただ、誤解を招かないように、申し上げておくが、私は、ブログの最初の頃に良く書いた話だが、1番おいしい食事は、汗水流して働いた後、一息ついて、真剣おなかがすいた。とにかく体が栄養求めてる。的感覚になった時の食事は、とにかく最高に旨い。そして、ただ黙々と食べる。この、真剣に誰もが、昼時だからご飯食べようではなく、真剣に、今体が求めているから食べてる的空間は、禅寺で精進料理を、作法に則って黙々と食べている姿にも見えた。「我是足知」。今まで行ったお店は、女性や若い人にに人気のお店が多かったが、この店ほど、スタッフも若く、中もこぎれいで、カウンターだけだからか、働く男の世界を感じるお店に始めてきた。むろん、一人の私も、ただ黙々と無心に(是だけ観察していたら、無心な分けないが)食して、悟りを開いた。やはり「我是足知」。この日は、この昼食を最後に、何も食べなかった。
これ以上、体が求めていなかったから。

同じカテゴリー(食堂・日常の和洋中華)の記事
 三条会「さらさ3」「ダリK」そして「亜紀」のランチ (2015-07-18 22:45)
 高野イズミヤカナート「福泰厨房」餃子もおいしい (2015-07-18 21:42)
 京産18歳のくいしんぼうは「おうちごはんクラ」 (2015-07-18 21:30)
 セカンドハウス東洞院店はやっぱりいいです。 (2015-07-18 21:19)
 立命館大東の「わからん?」のサバ煮 (2015-07-09 21:24)
 金閣寺「いただき」で素敵な洋食1300円 (2015-07-09 21:10)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。