京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年07月24日

床のタイ料理の老舗「佛沙羅館」でランチ

今日のキエフビヤガーデンには、このブログを読んでる方もたくさん来店された。

しかし、このブログが本になった「定番にしたい異国料理店」は、まだ知らない方が多い。

偶然「チャンノイ」といううタイ料理店気にいってるので、まだ新しいお店だけれど、八百屋さんが家業だったから野菜にうるさいしおいしいから行って見なさい。と初老の紳士に紹介されました。

せっかくのので「定番にしたい異国料理店」をお店すると。「載ってるじゃないですか・・・」

もう一組は美女軍団。ビール党から飲めない方までいるので、キエフビヤガーデンには、キリン一番搾りや黒生スタウト・ウオッカサワー・焼酎以外に、本日のフルーツジュース(パインやマンゴ)本日の野菜ジュースの黄色か緑が用意してあります。梅酒も人気。そこでご紹介したのが、西院のベルギービールの輸入元のお店「モニュマンブルー」デザートも料理もおいしい。飲むのが専門の方は「フライイングKEG」元田中の里の前交差点の南西。世界中のビールが揃う。

更に、京都いや世界の超一流企業の戦士とやはり美女スタッフ達。
こちらもブログファンが数名いくださり、「メキシコ料理ビクーニャ」いい店ですね。宝ヶ池乗馬倶楽部にある「ホンキートンク」知ってる?カントリーやフラメンコライブもある・・・など話が弾む。

ところで、キエフに外大でフレンチを学ぶ美人スタッフがいる。両親が来たら床案内したい。どこういですか?
床はいろいろある。予算にジャンル。アアダコーダ「豆屋源蔵」「ろこ」・・・私が今日食べに行ったタイ料理「佛沙羅館」は、床¥4000程から。お昼は\1000前後でもアラカルトやランチがある。

せっかくなので、今日は¥2500の月のコース
エビやイカなどサラダ前菜3種。次に料理3品(エビのチリソース・タイのから揚げ・豆腐とお肉の料理)そしてしっかりしたエビ他が入った「トムヤンクン」の次に3品のメインから選んだ「タイグリーンカリー」(これは、チョイス)。そしてさわやかなアイスや南国フルーツなどのデザート。  これだけ食べて美味しくって鴨川眺めながらは贅沢です。昼は床ではないが、

実は、「琢磨」で天丼たべようか?「天周」の天丼か、迷ってた。エビが食べ苦なった。でも暑い。やっぱりタイ料理やメキシコ料理スペイン料理はいいですね。

午前中「ティオペペ」のランチと夜のメニューのパンフいただきました。
イタリアンもいいし、暑いけどがんばってる京大周辺の弁当屋の¥350食べ歩こうかなど迷いました。

実は今日も朝7時半から「ホテルフジタ レストランピエスデゥー」の裏方で一汗。料理は仲良しでベテランの西山さん。ホールの中国人陸さんにも中国料理について教えてもらう。ここには京大生のスタッフもいる。

昼から「キエフ」へ、それからタイ料理「佛更紗館」でランチ月¥2500を食す。

「キエフ」に戻って事務仕事。
3時スタッフとまかない今日は「牛肉たっぷりのピラフ」サラダ・具沢山味噌汁。

ここで問題です。
今日は崎濱料理長の公休日。星山主任がストーブ前です。大阪に会った世界的一流企業のクラブハウス専属のフレンチ料理人ホッシャンのまかないです。味は最高です。味噌汁は唯一の女性コックの高ピーです。毎日前日からまかないの仕込みもしてくれるくいしんぼう仲間のヨネチャンは昨日(水曜日)私同様公休日。今日は仕込みが忙しい合間のまかないでした。

今夜の夕食はなんがか楽しみです。
昨夜家内の特製オムレツでした。

ちなみに小山家のここ1週間の夜食(家族は夕食)は、撮り五目炊込みごはん・風呂吹き大根・蟹1ぱいとか蟹クリームコロッケ他ミックスフライとか、ピッツァ&パスタ&ライ麦パン・野菜スープとか韓国惣菜&キムチとかウズベキスタン料理とかカリー&ナンとかまったく日によって多国籍。

おまけにキエフのまかないも冷シャブ・トマトと野菜のパスタ・鳥の甘酢・秋刀魚とひじきと大根とか。キエフのまかないカレーは3日位前から仕込むので最高。大皿に土手盛りしてカレーがなくなればおかわり。ルーがなくなればおかわりで特大大盛り2杯は食べます。やっぱりくいしんぼうはやめられません。

  


Posted by こやまあきゆき at 00:48Comments(0)アジア・アフリカ料理