京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
プロフィール
こやまあきゆき
こやまあきゆき
YUKI(ニックネーム)こやまあきゆきは、本名小山晶之 
京都東山の泉涌寺の登り窯のあった陶芸の家「黒門」で誕生。
世界の食文化の研究家。父はシルクロードの工芸研究家で陶芸家の小山喜平。「京都国際学生の家」の同期8人と「くいしんぼうの会」を結成。会員15カ国150名。京都の伝説の無国籍料理店カプリチョース初期の責任者 現在200店舗の外国料理店で、「京都国際レストランネットワーク」を作る。(会長イゴールライラ・スロベニアレストラン「ピカポロンツア」事務局ロシア料理「キエフ」「グリーン」「フィゲラス」「バリバリインドネシア」他11店舗。)代表世話人。「京都国際食文化研究所」代表 京都エスニック50年記念出版「定番にしたい異国料理店」(教材研究所)は、約400冊が、京都の図書館・医療機関・大学・国際交流機関に無償配布されている。京都府農業会議「ダーチャプロジェクト」立案・NPO「ふるさとテレビ」顧問・NPO「京都環境21」理事・「北野創生会議」・「京都プロデュース協会」会員・「民族芸術学会」会員・「ワールドミュージックネットワーク」世話人 幼小中の教育大附属桃山の同級生とのお誕生会以来、人生で出会った沢山の仲間達と、今も様々なご飯食べ会を楽しんでいる。

著者 「定番にしたい異国料理店」教材研究所 刊
共著 「はらはらと」円山公園東観荘で吉川女将を囲む100人畑岡先生編集
陶芸出品 「京展」「日展」他 約200回
個展   「アートスペース八源」「しまだい」他
特別制作 「京都市中央市場65周年市長賞場長賞副賞制作
     「大乗寺200天目茶碗」「円山公園東観荘織部の間&庭園」
     「京都大学医学部茶道部茶会の為の天の岩戸の水差し」
     「同じく 平安神宮茶会の為平安神宮白砂の水差し」
代表作  「母なる大地」(第3回チェラミスタ池坊と花器展 買上)
     「砂漠の蜃気楼 バーミヤン」(現代工芸展)「ペトラ砂漠の神殿」
     「心のブラックホール」(チェラミスタ 近鉄百貨店)「塔・ボロブドゥール」
     「回想」「宙」(日展)「勾玉伝説」(炎の陶芸展)
展覧会企画「アートスペース八源」(二年)「美食器展」(14回)
     「ホテルフジタ京都平安京ギャラリー」(1年)
     「京都市美術館チェラミスタ展」
     「京都国際ホテル35周年記念日本庭園舞台に浮遊群」
     「京都歴史都市博チェラミスタ展 七つの島企画担当」
     「京都府陶磁器組合連合会青年部六団体新世代 inしまだい」
陶芸指導 「京都市公立小学校」「京都市保健所リハビリ陶芸」
     「長尾谷高校」「つくば開成高校」と五つの陶芸倶楽部
      などでこれまでに約3千名に陶芸指導(円山陶芸協会)
出版物紹介「作務衣の手ざわり」あさかよしこ 京都の百人の職人の1人
     「日本の陶芸」共著陶芸実技小山喜平 実技写真モデル
現在   「京都国際食文化研究室」代表。
     「幸せの100円パン生地工房」にて、現役のパン生地職人。
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年07月05日

ロイヤル&スパで「マレーシア料理バイキング」

私のたべあるき仲間。
まずは、「国際学生の家」(Hdb)で3年間に出会った8名で結成した『京都苦胃辛抱の会』有志とハウスのOBを中心に事務局もHdbに置く『京都くいしんぼうの会』代表世話人は、京大教授のハビと三菱電機研究員のグッチ。何よりも事務局のエッチャンは、「京都苦胃辛抱の会」創立会員で、『京都センチュリーホテル」退職後「ちゃらん」をOPEN。常に事務局を勤めてくれた。
先週国際学生の家の「国際料理フェスティバル」に教材研究所の枝川さんと参加。10数カ国の料理&ドリンクを堪能。

教育大附属小中学校時代の友人たちと楽しんでいる「くいしんぼう桃源郷」
代表世話人は三条河原町のパレット商店街に参加する印房「アキノヤ」の店主。主なメンバーに「ウエステイン都」に勤務するタッチら。最近行ったのがアゼルバイジャン料理「シャンディーズ」・ブラジル料理「エステレーラ」そして次回が「マレーシア料理バイキング」なんと、バイキング&フリ-ドリンクで¥2500.しかも、予約した7月15日は宵々山。まだ予約OK。食後に祇園祭り散策に行きます。烏丸周辺と違うからかラッキーです。

「円山也阿弥円遊会」陶芸研究&指導に使っていた円山公園東奥。「東観荘」ここは、「円山公園」の名前の由来になっている「安養寺」の6つあったたっちゅの一つ「也阿弥」があったところ。明治時代に京都最初の「也阿弥ホテル」が建った地。この頃の写真がとんぼの本で『写真で見る京都今昔』過去に2冊も買った大好きな本。ここに、円山公園の山手に建つ巨大ホテル群の写真が掲載されている(その分家の常盤ホテルが現在の「京都ホテルオークラ」)。現在のこの「也阿弥」庭園に並ぶ陶芸のオブジェ達がこやまあきゆき作品である。吉川妙佳当時の女将やホテルを創建した長崎商人井上家の末孫井上よしたかさん(関西電力OB)らと、こやまの器で小山の料理を楽しむ「円山円遊会」は、「北野天満宮」でも2回開いた。この会に参加したマッチャンが13年間同級生というう私の親友。神官が本職。お父様は「伏えおられt見稲荷大社」の神職に就いておられた。

他に「キエフ」に「シルクロードの会」「バルカン会」「カスピ会」「月読の会」「キエフ倶楽部アミューズ京都散策」・・・など23もの会がある。おかげで、昨日も昼は「ヤーマチカの会」などがある。  


Posted by こやまあきゆき at 15:18Comments(0)アジア・アフリカ料理